ESXi「サポート切れ」後の代替候補になるHyper-V、KVM、AHVの違いはこれだ「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第3回】

「VMware vSphere」や「ESXi」のサポート終了は、ハイパーバイザーの移行を検討する機会になる。「Hyper-V」「KVM」「Nutanix AHV」など、主なハイパーバイザーの特徴や比較するときのポイントを説明する。

2024年03月28日 05時00分 公開
[小林浩和, 篠崎智昭ネットワンシステムズ]

関連キーワード

VMware vSphere | VMware | サーバ仮想化


 VMware(Broadcom が2023年11月に買収)のハイパーバイザー「ESXi」を含むサーバ仮想化製品群「VMware vSphere」(以下、vSphere)のバージョン6.5と6.7は、2023年11月にEoTG(End of Technical Guidance:テクニカルガイダンス期間の終了)を迎えた。EoTGを過ぎたバージョンのvSphereは、セキュリティパッチ(パッチ:修正プログラム)の配布や新機能の追加がされなくなる。

 本連載は、vSphereの古いバージョンを使い続けるリスクと、ESXiのバージョン7.0以降に搭載された新機能を解説してきた。vSphereのサポート終了は、バージョンアップだけでなく、ESXi以外のハイパーバイザーを検討する機会でもある。ハイパーバイザーの選択肢はさまざまで、それぞれ細かな機能の差はあるが、仮想マシン(VM)の実行や管理に必要な大抵の機能は備えている。ただし機能面での比較は単純ではない。

 企業が利用するハイパーバイザーの選択肢としてはESXiの他に、Microsoftの「Hyper-V」やRed Hatが開発したオープンソースの「KVM」(Kernel-based Virtual Machine)、Nutanixの「Nutanix AHV」などが挙げられる。これらの3つのハイパーバイザーの特徴を説明する。

ESXiの代替候補「Hyper-V」「KVM」「Nutanix AHV」の違いとは?

Hyper-V

 Hyper-VはMicrosoftのサーバOS「Windows Server」で実行可能なハイパーバイザーとして、基本的にはWindows Serverの更新に合わせてバージョンアップがなされている。Windows ServerのうちHyper-Vの機能だけを搭載した無料のハイパーバイザー「Microsoft Hyper-V Server」も存在するが、同製品は2019年版が最新で、2022年版(「Windows Server 2022」対応版)は発表されていない。

 ハイブリッドクラウド向けアプライアンスの「Azure Stack HCI」の提供が開始してから、Microsoftの仮想化製品戦略は変化しつつある。Azure Stack HCIのOSは、以前はWindows Serverベースであったが、現在はAzure Stack HCI独自のHyper-VベースのOSに切り替わっている。

 従来のWindows ServerのHyper-Vは、2〜3年ごとに大規模なアップデートがあった。しかし近年は、最新のハードウェアやクラウドサービスの新機能に追従するために、Hyper-Vのライフサイクルは変化している。今後Microsoftの仮想化製品は、Azure Stack HCIが主流になると考えられるため、Hyper-Vを利用するユーザー企業には、バージョンアップのタイミングを見直すことが求められる。

KVM

 KVMは、OS「Linux」で利用可能なオープンソースのハイパーバイザーだ。2007年に発表されたLinuxのカーネル2.6.20以降は、KVMが搭載されている。

 KVMはLinuxのアクセス制御機能である「Security-Enhanced Linux」(SELinux)を利用して、VMのセキュリティを強化できる。KVMは他のハイパーバイザーと同様に、基本的なVMの管理機能を備えている。

 単一のホスト(サーバ)で数台のVMを手動で管理することも可能だが、企業が利用する場合は、KVMを基にしたRed Hatのハイパーバイザー「Red Hat Virtualization」や、同社のコンテナ管理製品群「Red Hat OpenShift」などのソフトウェアを利用するのが一般的だ。

 Red Hatの「Red Hat OpenStack Platform」は、Red Hat Enterprise Linuxをベースに、パブリッククラウド(リソース共有型のクラウドインフラ)またはプライベートクラウド(リソース専有型のクラウドインフラ)を構築するためのソフトウェアだ。「OpenStack Compute」はRed Hat OpenStack Platformの機能の一つで、KVMを使用して仮想マシンを実行する。Red Hat OpenStack Platformのバージョン16と17は、4年間のサポート(Production Support)がある。最終年度はオプションでExtended Lifecycle Support(ELS)となり、合計5年間のサポート期間がある。

Nutanix AHV

 Nutanix AHV(以下、AHV)はKVMをベースにNutanixが開発したハイパーバイザーだ。企業向けの管理機能やセキュリティ強化に重点が置かれている。

 AHVは、Nutanix製のHCIでのみ利用できる。Nutanix製HCIは他のハイパーバイザーも利用できるが、AHVならではのメリットがある。それは専用ハイパーバイザーとして無料で利用できることと、Nutanix製HCIとAHVを組み合わせた場合にだけ利用可能な機能があることだ。

 Nutanixのクラウドインフラ構築・運用ソフトウェア群「Nutanix Cloud Platform」とAHVを利用すれば、IaaS(Infrastructure as a Service)のVMを構築できる。オンプレミスのインフラとクラウドサービスを連携させるハイブリッドクラウドインフラの構築や、オンプレミスシステムのクラウド移行が可能になる。

ESXi

 ESXiは、1台のホストサーバで利用することも、サーバ管理ソフトウェアの「VMware vCenter」で複数台のホストサーバのクラスタを構成して利用することも可能だ。ESXiはDell Technologiesの「Dell VxRail」(以下、VxRail)といった、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)のハイパーバイザーとして組み込まれていることもある。

 VxRailはDell TechnologiesとVMwareが共同開発した製品のため、他のVMware製品との相性が良い。VxRailでVMware vSphereが使われるのはその一例だ。

 vSphereを使い、IaaSのVMを構築することもできる。オンプレミスインフラを、VMwareのクラウドインフラ構築用ソフトウェア群「VMware Cloud Foundation」で構成することで、ハイブリッドクラウドの構築や、オンプレミスシステムのクラウド移行ができるようになる。


 各ハイパーバイザーを比較する場合、何に着目すればいいのか。例えば主要ハイパーバイザーの一つであるESXiとAHVは、どちらもVMを動作させるための基本的な機能を搭載している。

 ESXiとAHVを比較する際は、ハイパーバイザーの機能やコストだけに着目すべきではない。仮想化インフラを構築するために利用中のハードウェアやソフトウェア、クラウドサービスとの関係性を考慮して比較するのがよい。

 次回は、ESXiととAHVのサポート体制や、VMのクラウド移行という選択肢について詳しく説明する。

執筆者紹介

小林浩和(こばやし・ひろかず) ネットワンシステムズ ビジネス開発本部応用技術部

主にVMware製品を担当し、製品の評価・検証を実施。近年ではエッジコンピューティングやAI(人工知能)技術など、クラウドインフラに関わる先進技術の調査にも取り組んでいる。

篠崎智昭(しのざき・ともあき、「崎」は正しくは「たつさき」) ネットワンシステムズ ビジネス開発本部応用技術部

2018年からビジネス開発本部 応用技術部に所属。サーバやHCI(ハイパーコンバージドインフラ)製品担当としてプラットフォーム製品の提案や設計、検証、構築、運用などに取り組み、技術的観点からビジネスを推進している。


ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...