リモートデスクトップで文字が打てない場合の「デバイスマネージャー」の使い方リモートデスクトップのキーボードトラブル解消術【第4回】

リモートデスクトップで、キーボードを使った文字入力ができないことがある。トラブルシューティングに役立つ「デバイスマネージャー」の使い方を簡単に解説しよう。

2023年09月21日 07時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

 MicrosoftのクライアントOS「Windows」が、標準機能として搭載する「リモートデスクトップ接続」は、ローカル端末で離れた場所にあるPCやサーバといった端末を操作可能にする。リモートデスクトップの利用時に、キーボードが利用できなくなることがある。キーボードそのものや、リモートデスクトップのクライアントアプリケーション「リモートデスクトップ接続」の設定が適切でも、トラブルが解消しない場合には、どのようにして対処すればよいのか。トラブルシューティングの5つの手順のうち、5つ目を整理する。

5.「デバイスマネージャー」を確認する

 リモートデスクトップでキーボードが使えないトラブルが発生している場合は、Windowsのデバイス管理ツール「デバイスマネージャー」(画面2)で、Windowsがキーボードのトラブルを報告しているかどうかを確認する。デバイスマネージャーを開いたら「キーボード」の項目を展開し、「リモートデスクトップキーボードデバイス」がリストされていることを確認する。

画面 画面2 デバイスマネージャーの画面(編集部がスクリーンショットを取得)《クリックで拡大》

 デバイスマネージャーは、キーボードにトラブルが発生している場合、キーボードアイコンの上にエラーを示すアイコンを重ねて表示する。リモートデスクトップキーボードデバイスを右クリックし、ショートカットメニューから「プロパティ」を選択することでも、デバイスが正しく動作しているかどうかを確認可能だ。トラブルが解消しない場合は、プロパティ内の「ドライバー」タブで、正しいドライバが実行されているかどうかを確認できる。


 これまでの手順でキーボードのトラブルを解決できない場合、リモートデスクトップで別のリモート端末に接続し、そこでキーボードが動作するかどうかを確認することで、トラブルを絞り込める場合がある。同様に別のクライアント端末で、トラブルのあるリモート端末に接続して、キーボードやその他のトラブルがあるかどうかをテストするのもよい。そうすることで、トラブルがローカル端末に存在するのか、リモート端末に存在するのかが分かる。

 Windowsのイベントログを調べることも役立つ。イベントログには、どのようなトラブルが起こっているかに関するヒントが含まれている場合がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...