2014年10月27日 12時00分 公開
特集/連載

完璧な製品は存在しない、4つの仮想化バックアップ/リカバリ製品を比較物理環境とは違った観点が必要

仮想環境では、バックアップ/リカバリの新しいアプローチが必要だ。本稿では、仮想バックアップの機能を備えた製品を紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]

 サーバ仮想化は現代のITインフラに欠かせない存在となっている。機敏性と弾力性の両方を向上しながら、データセンターのハードウェアコストを削減することができる。だが、サーバ仮想化にもデメリットはある。それは仮想バックアップでは物理環境と異なる対処が必要なことだ。

 有り難いことに、データバックアップ製品のベンダーは仮想化のトレンドに後れを取らずについて行っている。サーバ仮想化を初めて導入する場合やベンダーの変更を検討している場合は、仮想マシンのバックアップに使える製品が多数あることを知っておくとよいだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...