2012年05月14日 09時00分 公開
特集/連載

主要な仮想化バックアップツールを評価してみた仮想化環境用バックアップツールを比較検討する(前編)

DR戦略の一環として仮想化環境のバックアップツールを導入する場合、確認すべき8つの機能がある。本稿では幾つか具体的な製品を取り上げ、各ツールの特徴や機能比較の結果を紹介する。

[David Davis,TechTarget]

仮想化バックアップツールの選定で確認すべき8つの機能

 サーバ仮想化の台頭は、仮想化環境用バックアップツールの布石にもなった。物理サーババックアップベンダーは仮想化の定着を見て取ると、仮想マシン(VM)のバックアップ機能を自社製品に盛り込むようになった。ただし、全ての物理サーババックアップツールが仮想化環境用バックアップツールに匹敵するVMバックアップ機能を提供できているわけではない。

 一方、仮想化環境用バックアップツールは通常、物理サーバのバックアップに対応していない。従って、現時点で全ての物理サーバを仮想化できていない場合は、2種類のツールが必要になる(関連記事:バックアップ/リカバリ体制の確立に必要なツールの条件とは?)。

 仮想化バックアップツールを選択する際は、その成り立ちと変遷を考慮しよう。また、ディザスタリカバリ(DR)戦略を成功させるために必要な機能が全てそろっていることを確認してほしい。

 確認すべき仮想化バックアップツールの主要な機能は、次の通りだ。

  1. 仮想化環境のバックアップ──物理環境のバックアップも可能か
  2. イメージベースのバックアップ
  3. ファイルレベルのリストア
  4. インスタントリストア
  5. バックアップデータの重複排除と圧縮
  6. ディザスタリカバリ対策としてのオフサイトへのバックアップデータのレプリケーション
  7. エージェントベースのバックアップかエージェントなしのバックアップか
  8. 展開──Windowsアプリケーションとしてインストールするか、構築済みVMとして提供されるか

 また、仮想環境用バックアップツールと他のツールでは価格体系が異なるため、両者のコストを比較する必要がある。

 本稿では仮想化バックアップツールで実現し得るメリットの他、幾つか具体的な製品を取り上げ、各ツールの概要や機能比較の結果などを紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。