無料版もある電子サインツール「PandaDoc」は何ができる? 有償版との違いはテレワークで脚光の「電子サイン」ツール6選【第5回】

テンプレートからのドキュメント作成、ドキュメント承認ステータスの追跡など、さまざまな機能を持つ電子サインツールが「PandaDoc」だ。無料版もあるPandaDocの特徴は。

2023年03月31日 05時00分 公開
[Christine ParizoTechTarget]

 電子的な署名や押印である「電子サイン」は、テレワークを実現しやすくするだけではなく、生産性向上にも役立つ。適切な電子サインツールを選定する際の判断基準となるのが、機能の豊富さだ。本稿は代表的な6つの電子サインツールのうち、4つ目を紹介する。

4.PandaDoc

 PandaDoc社の同名ツールは、ドキュメントの承認ステータスを追跡する機能を備える。誰かがドキュメントを開いた、閲覧した、コメントした、署名したといった通知を受け取れるモバイルアプリケーションを用意。契約書や提案書、請求書など750種以上あるテンプレートを利用すると、エンドユーザーは要素をカスタマイズするだけで独自のドキュメントを作成できる。

 API(アプリケーションプログラミングインタフェース)によってサードパーティー製アプリケーションとPandaDocを連携させ、PDFファイルなどのドキュメントファイルに署名を追加できる。Salesforce、Zapier、Zoho、HubSpot、Dropboxといったベンダーのアプリケーションとの連携機能も備える。

 PandaDocには、無制限のドキュメントアップロードと送信、オンライン決済処理支援機能などを含む無料プラン「Free eSign」がある。有料プランの料金(年間一括払いの場合)は、最小構成プラン「Essentials」が1ユーザー当たり月額19ドルで、こちらはドキュメントのテンプレートに加えて、ドキュメントの編集やステータス追跡機能を含む。


 第6回はairSlateの「signNow」と、SecureDocsの「ReadySign」を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。