電子サインツールの“基本形”「DocuSign eSignature」とは?テレワークで脚光の「電子サイン」ツール6選【第3回】

DocuSignの「DocuSign eSignature」は、電子サインツールの基本的な機能をそろえている。具体的にはどのような機能があるのか。

2023年03月28日 05時00分 公開
[Christine ParizoTechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のまん延をきっかけにテレワークの需要が高まったことで、電子的な署名や押印である「電子サイン」があらためて脚光を浴びている。本稿は代表的な6つの電子サインツールのうち、2つ目を紹介する。

2.DocuSign eSignature

 DocuSignの電子サインツール「DocuSign eSignature」は、複数関係者でドキュメントを回覧する機能を備える。誰がドキュメントを閲覧し、署名したかを可視化する機能もある。カスタマイズ可能な入力フィールドを組み込んだテンプレートを、エンドユーザーが作成することもできる。

 API(アプリケーションプログラミングインタフェース)を使用することで、DocuSign eSignatureは400種類以上のアプリケーションと連携できる。連携可能なのは、Microsoft、Salesforce、Zoom Video Communications、SAP、Google、Oracleなどさまざまなベンダーのアプリケーションだ。複数の言語で利用できる。

 料金(年間一括払いの場合)は、個人向けプランの「Personal」が月額1000円、企業向けプランの「Standard」は1ユーザー当たり月額2800円となっている。


 第4回は、Adobeの「Acrobat Sign」を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。