MicrosoftのDaaS「Azure Virtual Desktop」「Windows 365」のすごい点と注意点激動の仮想デスクトップ市場【第5回】

Microsoftは「Azure Virtual Desktop」(AVD)と「Windows 365」という2つのDaaSを提供している。これらのメリットや利用する上での注意点とは何か。活発化するDaaS市場の行方は。

2023年03月29日 08時15分 公開
[Gabe KnuthTechTarget]

 Microsoftは、2019年から2021年にかけて「Azure Virtual Desktop」(AVD)と「Windows 365 Cloud PC」(Windows 365)という2つのDaaS(Desktop as a Service:仮想デスクトップのクラウドサービス)を提供開始した。どのような特徴があるのか。

「AVD」と「Windows 365」は“これ”がすごいが“あれ”に注意

 AVDとWindows 365は、Microsoftのクラウドサービス「Microsoft Azure」(Azure)のサービスの一つだ。そのためAzureのユーザー企業は、仮想デスクトップを含めたコストやコンピューティングリソースの一元管理がしやすい。

 オフィススイート「Microsoft Office」をAVDやWindows 365で使うためには、ユーザー企業はクラウドオフィススイート「Microsoft 365」(Office 365)のライセンスを購入する必要がある。AVDやWindows 365の仮想デスクトップでは、ローカル端末にインストールしたMicrosoft Officeアプリケーションを直接実行することはできない。

 AVDはクライアントOS「Windows」をマルチユーザーで利用できる。ただしWindows 365では利用できないことに注意が必要だ。

CitrixやVMware、Microsoft以外のサービスも充実

 Microsoftはデスクトップ仮想化市場の主導権を握りつつある。この状況は他ベンダーにとって必ずしも悪いことではない。MicrosoftのパートナーであるCitrix SystemsやVMwareは、ユーザー企業に対してMicrosoftがまだ提供していないAVDやWindows 365の管理機能を提供している。

 Azureのユーザー企業も、そうではないユーザー企業も、さまざまなベンダーの仮想デスクトップサービスを選ぶことができる。例えばAmazon Web Services(AWS)はDaaSの「Amazon WorkSpaces」を中心に、仮想デスクトップサービスのラインアップ充実を図る。NutanixはDaaS「Nutanix Frame」の機能を拡充させている。

 市場には他にもWorkspotやCameyoの同名DaaSに加えて、さまざまな仮想デスクトップサービスやデスクトップ仮想化製品が存在する。デスクトップ仮想化市場は再編成が進んでいるため、さまざまな変化が生じると考えられる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...