Hyper-VとVMwareで動的メモリ割り当て機能を比較する専門家2人が優劣を論じる

MicrosoftのDynamic MemoryとVMwareのメモリオーバーコミットは、どちらも動的なメモリ割り当てを行う機能だが異なるアプローチを取っている。以下では、仮想化の専門家2人が両機能の優劣を論じたコラムを紹介する。

2011年08月04日 09時00分 公開
[TechTarget]

 Hyper-VのDynamic Memory機能は、VMwareのメモリオーバーコミット機能に対するMicrosoftの回答だ。

 動的なメモリ割り当てを行うDynamic Memoryと、メモリオーバーコミットは、いずれも仮想サーバインフラにおけるメモリ管理の改善を目的としており、共通の技術を使用している。しかし、両者は異なるアプローチを採用しており、非常に異なるユーザーエクスペリエンスを提供する。

 これらの違いに加え、Hyper-Vでは2011年まで動的メモリ割り当ての仕組みがなかったことから、VMwareユーザーとMicrosoftユーザーの間では、それぞれの機能のメリットをめぐって活発な議論が行われてきた。以下に、仮想化の専門家であるグレッグ・シールズ氏とエリック・シーバート氏によるHyper-VのDynamic MemoryとVMwareのメモリオーバーコミットの優劣を論じたコラムを紹介する。

関連ホワイトペーパー

Hyper-V | VMware | Microsoft(マイクロソフト) | Linux


ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...