2011年08月04日 09時00分 公開
特集/連載

専門家2人が優劣を論じるHyper-VとVMwareで動的メモリ割り当て機能を比較する

MicrosoftのDynamic MemoryとVMwareのメモリオーバーコミットは、どちらも動的なメモリ割り当てを行う機能だが異なるアプローチを取っている。以下では、仮想化の専門家2人が両機能の優劣を論じたコラムを紹介する。

[TechTarget]

 Hyper-VのDynamic Memory機能は、VMwareのメモリオーバーコミット機能に対するMicrosoftの回答だ。

 動的なメモリ割り当てを行うDynamic Memoryと、メモリオーバーコミットは、いずれも仮想サーバインフラにおけるメモリ管理の改善を目的としており、共通の技術を使用している。しかし、両者は異なるアプローチを採用しており、非常に異なるユーザーエクスペリエンスを提供する。

 これらの違いに加え、Hyper-Vでは2011年まで動的メモリ割り当ての仕組みがなかったことから、VMwareユーザーとMicrosoftユーザーの間では、それぞれの機能のメリットをめぐって活発な議論が行われてきた。以下に、仮想化の専門家であるグレッグ・シールズ氏とエリック・シーバート氏によるHyper-VのDynamic MemoryとVMwareのメモリオーバーコミットの優劣を論じたコラムを紹介する。

関連ホワイトペーパー

Hyper-V | VMware | Microsoft(マイクロソフト) | Linux


ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...