2011年01月24日 08時00分 公開
特集/連載

Microsoft「Dynamic Memory」のライバルはVMwareではなくCitrix Systems(前編)VMwareの独自技術、メモリオーバーコミット機能

「Windows Server 2008 R2 SP1」のHyper-Vに追加される新メモリ管理機能「Dynamic Memory」のアプローチは、VMwareの「メモリオーバーコミット」とは全く異なるものだ。

[Mike Laverick,TechTarget]

 Windows Server 2008 R2の「Service Pack 1(SP1)」のリリースが近づくのに伴い、仮想マシンの管理をめぐる議論が再び活発化することが予想される。

 今回の議論では、米Microsoftの新しい「Dynamic Memory」機能と米VMwareのメモリオーバーコミット機能の比較が主要なテーマになりそうだ。とはいえ、Dynamic Memoryとメモリオーバーコミットは大きく異なる技術であり、両社のそれぞれのハイパーバイザーが抱えている基本的な課題を解決するのが目的だ。つまり両技術は、原理的に異なる課題とアプローチから生まれたものであるため、比較するのは難しいということだ。

 以下に述べるように、Microsoftの Dynamic Memoryは実際のところ、米Citrix SystemsのXen Cloud Platform(XCP)リリース0.5で導入された「Dynamic Memory Control(DMC)」機能との共通点の方が多い。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

CEOの多くが「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測――Gartner調査
CEOの半数以上が「成長」に主眼を置き、危機を乗り越えた先には機会があると考えています。

news171.jpg

資生堂が考えるビューティー領域のDX マーケティングと営業の在り方はどう変わる?
資生堂とアクセンチュアは合弁で、ビューティー領域に特化したデジタル・ITの戦略機能会...

news165.jpg

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...