2008年07月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

スケーラブルな運用が可能に64ビットWindowsは仮想化にうってつけ

仮想化がホットなトピックとなっている最大の理由は、仮想化をサポートするインフラが整備できるようになったことだろう。そうしたインフラの要素として64ビットWindowsがある。

[Christa Anderson,TechTarget]

 仮想化は今ホットなトピックだ――。アプリケーション仮想化、OS仮想化、プレゼンテーション仮想化など、仮想化を実現する技術はいずれも、そのような触れ込みで紹介されているはずだ。

 だが実のところ、これらの技術は以前からあり、登場してかなりの年数がたっているものもある。マルチユーザーWindows技術は1992年からさまざまな形で存在し、Windows 2000でWindowsの主要な要素となった。VMwareは創業以来、仮想化されたサーバやクライアントの普及を推進している。SoftGridは2006年にMicrosoftに買収されるずっと前から、アプリケーションの隔離やストリーミングを行う技術を売り込んできた。人々の支持も広がっていた。

 では、なぜ仮想化は2年前ではなく、2008年の今ホットなトピックとなっているのか。

 幾つかの理由が考えられる。まず、仮想化ソフトウェアの機能がリリースごとに向上しており、その結果、仮想化されたコンピュータのパフォーマンスが、仮想化されていない場合に近づいてきている。また、環境に優しいコンピューティングソリューションへの関心の高まりを背景に、リモートアクセスやサーバ統合への関心も増大している。

 だが、仮想化がホットなトピックとなっている最大の理由は、仮想化をサポートし、仮想化環境のスケーラブルな運用を可能にしながら、高い利便性を提供するインフラが整備できるようになったことだろう。そうしたインフラの要素として、信頼性の高い高速なLANやWANとともに64ビットWindowsがある。

 実際、64ビットWindowsは仮想化を支える重要な要素だ。仮想化の大きなボトルネックの1つはメモリだからだ。物理メモリ(コンピュータに搭載されたDIMM)と仮想メモリ(OSが使用中のデータとアプリケーションを保存する場所)の関係から見てみよう。

関連ホワイトペーパー

仮想化 | 64ビット | Microsoft(マイクロソフト) | VMware


ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...