2020年12月24日 05時00分 公開
特集/連載

仮想マシンがフリーズした場合の対処法と、ネットワーク遅延の解消法サーバ仮想化製品の5大課題【中編】

仮想マシンがフリーズしたり、データの処理や通信に遅延が発生したりすることがある。その原因と解決策を説明する。

[Stefani Munoz,TechTarget]

 サーバ仮想化製品で仮想マシン(VM)を稼働させているときに、VMのフリーズやネットワークの遅延が発生することがある。「“遅い仮想マシン”を招く『ストレージリソース不足』の課題と対処法」に引き続き、サーバ仮想化製品で発生しやすい問題とその解決策を説明する。

課題2.VMのフリーズ

 VMで処理していたタスクが停止したり、ゲストOSが応答しなくなったりすることがある。こうしたVMのフリーズが発生した場合、管理者はVMの停止や再開、電源のオンオフといった処置をする必要がある。VMがフリーズする理由は、ストレージやネットワークの問題、ホストするサーバで使用可能なリソースの不足など、多岐にわたる。VMがフリーズした場合、ハイパーバイザーの管理コンソールを介してVMのタスクを強制終了することもできる。ただしこれは最後の手段にすべきだ。

 対策を講じる前に、管理者はフリーズしたVMが1台か、複数台かを確認する必要がある。1台の物理サーバでホストする数個のVMがフリーズした場合は、ハードウェアに起因したトラブルの可能性が高い。管理ツールを使った操作にVMが応答するのであれば、管理ツールのコンソールから、ログやエラーメッセージで問題を追跡できる。

 管理者は問題を絞り込めたら、VMがフリーズした根本原因の発見に取り組む。原因を追跡できない場合は、特定のタスクがVMをフリーズさせていないかどうかを確認すべきだ。VMやそれをホストするシステムの構成を調べ、十分なリソースが使用可能かどうかも確認するとよい。ネットワークと共有ストレージに、各VMからアクセスできるかどうかを調べることも必要だ。

課題3.ネットワークの遅延

 VMが稼働するには、ネットワークが不可欠な要素だ。死活確認コマンド「ping」の応答が遅いといった問題がパフォーマンス問題につながり、ひいてはシステムの稼働に影響することもある。管理者はネットワークの遅延に関連する問題を全て解消する必要がある。

 ネットワークの遅延は、ネットワークの混雑に起因する場合が少なくない。同じネットワーク内にある機器同士のIPアドレスの重複や、ネットワーク機器構成の欠陥・不備が遅延を引き起こすこともある。必要以上の処理能力を持つ仮想CPU(vCPU)を特定のVMに割り当てると、他のVMが十分な処理時間を確保できず、遅延を引き起こすことも無視できない。

 サーバOS「Windows Server」を利用する場合、ネットワーク遅延のよくある原因の一つに、電源プランの設定がある。性能と消費電力を両立させる「バランス」モード、性能より消費電力の削減を優先する「省電力」モードといった電源プランを設定すると、遅延を招くことがある。電源プランが原因となっている場合は「高パフォーマンス」モードに設定すると遅延が改善するはずだ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...