「Office 365」はなぜ遅くなるのか? SaaSが引き起こすネットワーク問題クラウドサービスのトラフィック最適化【第1回】

SaaSなどのクラウドサービスは生産性向上につながる一方で、ネットワークの逼迫(ひっぱく)といった問題も招きます。本稿はネットワークの問題を生じさせるクラウドサービスの特性を考察します。

2020年02月17日 05時00分 公開
[石塚 健太郎A10ネットワークス]

関連キーワード

ネットワーク | Office 365 | SaaS


 デジタイゼーション(デジタル技術で業務プロセスを変革し、生産性向上などの成果につなげること)や働き方改革の推進に伴い、オフィススイートの「Office 365」や「G Suite」、ファイル同期の「Box」、顧客管理システム(CRM)の「Salesforce」といったSaaS(Software as a Service)を利用する企業の動きが広がっています。SaaSの普及によって、生産性向上や社内のコミュニケーション活性化につながる業務アプリケーションを迅速に導入できるようになりました。一方で社内システム向けのトラフィックが全てインターネットに流れる点は従来型の業務アプリケーションとは異なり、注意が必要です。

 企業ネットワークの構成は、各拠点からインターネットへ接続する通信をデータセンターに集約することが一般的です。この構成ではSaaSのトラフィックを十分かつ安定的に扱うことができず、SaaSの快適な利用が阻害されることがあります。生産性を高めることが目的だったはずのSaaSの導入が裏目に出てしまうのです。

 本連載は、まずはSaaSを中心としたクラウドサービスを活用する際に注意すべき企業ネットワークの問題を明らかにします。そしてその問題に対処するために必要なクラウドサービスのトラフィックを最適化する方法、さらに適切な製品/サービスの選び方を解説します。

IaaSにはないSaaS活用の利点

 クラウドサービスに共通した特徴として、高額な初期導入コストをかけずに迅速に導入可能である点や、効率的な運用管理ができる点があります。社内システムを自社のデータセンターから「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」(Azure)のようなIaaS(Infrastructure as a Service)に移行する動きが広がっており、これも同様の利点を企業が享受しようとしているためだと言えます。

 業務アプリケーションをOffice 365、G Suite、BoxのようなSaaSに切り替える際にも同様の利点を期待できますが、IaaSとは異なる利点もあります。SaaSの代表的なメリットを下記にまとめました。

  • 社内外問わず業務を遂行できる環境を用意できる
  • 迅速なデータの共有やコラボレーションを促進できる
  • 常に最新の機能を利用できる
  • クラウドベンダーに社内システムの管理を高いサービスレベルで任せられる

SaaSが引き起こすネットワーク問題

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。