2020年07月13日 05時00分 公開
特集/連載

Microsoft 365(Office 365)の遅延解消に役立つ「ADC」「SD-WAN」の実力とは?クラウドサービスのトラフィック最適化【第3回】

データセンターに一極集中する従来型のネットワークのままでクラウドサービスを利用すると、遅延などのネットワークの問題が発生することがあります。どのような対策が求められるのでしょうか。

[石塚 健太郎,A10ネットワークス]

 前回「Office 365やG Suiteの『遅い』『つながらない』を招くネットワーク4大問題」は、SaaS(Software as a Service)を活用する際に従来型の企業ネットワークで生じる4つの問題を解説しました。第3回となる本稿は、SaaSをはじめとするクラウドサービスのトラフィックを最適化して、クラウドで稼働するアプリケーションの動作が遅くなる問題を解決する方法を紹介します。

 従来型の企業ネットワークの構成を大きく変えることなくクラウドサービスのトラフィックを最適化できる方法の一つが、企業の中核データセンターにおけるトラフィックの振り分けです。この方法は、アプリケーション層(OSI参照モデルのレイヤー7)の情報を用いてトラフィック制御ができる「アプリケーションデリバリーコントローラー」(ADC)をフォワードプロキシ(クライアントPCの代理でWebサーバに接続する役割)として利用します。これによりクラウドサービスを利用する際のボトルネックになりがちなプロキシサーバやファイアウォールを迂回(うかい)できるようになり、低遅延のクラウドサービス利用が実現します(図1)。

画像 図1 データセンターにおけるトラフィックの振り分け《クリックで拡大》

データセンターにおけるトラフィックの振り分け

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...