2019年04月16日 05時00分 公開
特集/連載

「SD-WAN」でネットワークコストが安くなる“これだけの理由”鍵を握るのはWAN接続

SD-WANでは、コスト削減の利点が強調されることが少なくない。どのようにコストを削減できるのかを考察する。

[Robert Sturt,TechTarget]
画像

 ここ数年、企業のIT部門はセキュリティ対策を強化し、アプリケーションを効率的に管理し、ビジネスの継続性を確保するため、LANやWANといった企業ネットワークの改善に注力してきた。ネットワークは基本的にあらゆるビジネスに不可欠なインフラであり、その技術は急速に進化している。

 「SD-WAN」(ソフトウェア定義WAN)の導入を検討している企業は、コスト削減がSD-WANを利用する最大の利点だと考えている場合が少なくない。SD-WANによるコスト削減効果は確かに重要視すべき点ではある。だが忘れてはならないのは、SD-WANはネットワークの複雑さを軽減し、短時間でネットワークをプロビジョニング(配備)し、アプリケーションを効率的に展開できる点だ。

 クラウドサービスやIoT(モノのインターネット)、BYOD(私物端末の業務利用)が普及しつつある中で、ネットワークの接続性を向上させるための投資は、IT部門にとって最重要事項の一つとなっている。SD-WANベンダーもこのニーズを重要視している。

 まずはSD-WANのコスト面での利点について詳しく考察する。

インターネット接続によるSD-WANのコスト削減

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...