2018年05月01日 08時00分 公開
特集/連載

次世代ネットワークを巡る通信事業者のSD-WAN戦略Computer Weekly製品導入ガイド

SD-WAN技術の到来で、通信事業者によるWANサービスの囲い込みが実質的に排除された。市場の現状について解説する。

[Bernt Ostergaard,Computer Weekly]

 全ての企業はWAN(Wide Area Network)のための固定で、専用で、モバイルアクセスできる方法を必要としており、サービス事業者(大抵は通信事業者)に料金を支払っている。だがほとんどの時間帯は、個々のアクセスチャネルは使われていない。そこで通信事業者はアクセス回路の容量を超えた契約を取り付けることができ、同時にMPLS(Multi-Protocol Label Switching)のようなサービス品質(QoS)保証を提供して、さらに高い料金を設定している。

 ソフトウェア定義WAN(SD-WAN)技術は、仮想化やクラウドサービスの進展と並行して、ハードウェアに定義されたアクセスチャネルをソフトウェアにシフトさせることにより、こうした状況を変化させる。

 全てのWANアクセスチャネル(MPLS、ブロードバンド、4G/LTE、VSATなど)や、ファイアウォール、負荷分散、セキュリティ、スイッチ、ルーターおよび最適化といったネットワーク機能は、これまで専用の装置に閉じ込められ、WANエッジでベアメタルSD-WANルーターにプログラミングされていた。

通信事業者の囲い込みを排除

 SD-WANルーターは、インテリジェントなパスコントロールをクラウドサービスへのOver-The-Top(OTT)接続と組み合わせる。コントロールとデータ面を切り離し、オーケストレーション面を付加することによって、実質的に通信事業者による囲い込みを排除する。

 これでユーザーはコントロールを取り戻すことができる。全てのWANアクセスを単一の仮想チャネルに統合し、低帯域幅のIoTトラフィックからレイテンシに敏感な音声などの高帯域幅データトラフィックまで、幅広い通信業務に対応できる。これでネットワーク接続の柔軟性(帯域幅の増大、コスト削減)が実現し、中央での管理が簡略化される。

 こうしたトレンドの影響は、




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...