2019年09月26日 08時00分 公開
特集/連載

SD-WAN導入事例SD-WANだから実現した「世界中で均質なサービス展開」

複数カ国でサービスを展開する際に課題になるのは、レイテンシや地域ごとに異なるプロバイダーを使わざるを得ない複雑性だ。SD-WANによってこれらを解決した事例を紹介する。

[Alex Scroxton,Computer Weekly]

 ここ数年、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)がネットワーク担当者必携のツールとして定着している。それに伴い、ソフトウェア定義WAN(SD-WAN)にも関心が集まり始めている。

 SD-WANは、SDNを利用して企業のサイトとデータセンター間のトラフィックのルーティングに優先順位を付けて自動化する。その実現のため、トランスポートに依存しない仮想オーバーレイをネットワークインフラの上位に重ねるか、「as a Service」型のオプションとして運用する。

 IT部門では、広域ネットワーク(WAN)に対するこのアプローチの人気が高まっている。WANのプロビジョニングと管理を一元化することで、負担になることが多いネットワーク管理の作業が軽減されるためだ。

 ただし、企業がSD-WANに投資するにはそのメリットがIT部門以外にも広がらなければならない。新進気鋭のSD-WANサプライヤー、Aryaka NetworksがSD-WAN技術を使って行おうとしているのがその点だ。

 Aryakaの最高マーケティング責任者(CMO)を務めるシャシ・キラン氏によると、SD-WANは企業のデジタル変革のさまざまな戦略に不可欠な要素として真価を発揮するようになっているという。「現在、ほぼ全ての最高情報責任者(CIO)が、デジタル変革を加速する方法に目を向けている。そのためには多くの場合、クラウドモデルに移行することになることから、クラウドへの接続の重要性が高まっていることを認識し始めている」と同氏は話す。

 こうしたことを念頭に置いて、オランダを拠点とする食品サービス企業HMSHost International(以下、HMSHost)の事例を紹介する。

グローバルな成長をサポートするSD-WAN




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...