2019年09月25日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品ガイド低過ぎるストレージ使用率の最適化

ストレージの使用率が低下している。つまりストレージに余計なコストがかかっているということだ。なぜこのような状態が続くのか。コスト削減は使用率の向上によって解決できる。

[Valdis Filks & Santhosh Rao,Computer Weekly]

 データセンターのストレージは、推計で約30%が無駄になっている。その原因は、主にストレージ管理ポリシーとベストプラクティスが徹底されていないことにある。

 スキル上の課題もストレージの使用率に影響を及ぼす。ITスタッフの数が減ってIT全般を担当するスタッフがストレージを管理するようになった結果、ストレージ管理能力を欠くシステム管理者がストレージ管理を担うケースが増えている。それに拍車を掛ける現実として、新しいストレージ製品に対しても古くて効率の悪いストレージ管理技術が使われている場合もある。

ストレージコストの削減

 データセンターコストの削減を求める継続的なプレッシャーにさらされて、ほとんどのITプロフェッショナルはストレージの調達時に値引き率や価格の安さに目を向ける。だが、既存ストレージの使用率向上によるコスト削減の方が単純で効率的な場合もある。

 ストレージ使用率は、利用可能または設定されたストレージ容量に対する使われている容量の割合を指す。調査の結果、データセンターのストレージ使用率は過去6年にわたって減り続けている。ストレージ使用率は2011年の67%から、2016年には過去最低の54%に落ち込み、2017年はやや改善して56%になった。これに伴い、実質的なコストは11%増大していることが分かった。

 一般的な300TBアレイにおいて、ストレージの未使用あるいは使用率の低下10%につき、ソフトウェアとサポートおよびメンテナンスを含めたコストはハイブリッドアレイの場合で約1万2000ドル(約128万円)、ソリッドステートアレイの場合は6万ドル(約638万円)に上る。もしストレージが60%程度しか使われていない場合、




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...