2019年08月08日 08時00分 公開
特集/連載

AIシステムに要求されるストレージ要件AIとストレージ【前編】

AIを構築するに当たって求められるストレージとはどのようなものか。何を保存する必要があり、どのようなアクセスが発生するのか。

[Stephen Pritchard,Computer Weekly]

 Facebookのアクティブユーザーは24億人弱、1日にアップロードされる写真は3億5000万枚、投稿されるコメントは毎分50万件を超える。こうした膨大な量の情報を追跡、監視して価値を得るため、同社はどのような取り組みをしているのだろうか。

 「ユーザーが数十億人ともなれば、人間が分析するのは不可能だ」と話すのは、調査会社Gartnerのリサーチ部門でディープラーニングなどの機械学習を担当するディレクター、チラグ・デカテ氏だ。

 Facebookは人工知能(AI)を使って投稿をスキャンしている。「摘発対象となる発言や炎上案件を見つけたり、タグを付けたり、広告収益を上げたりするのに、動画や画像を一つ一つ分析することはできない」(デカテ氏)

 AIは学術研究から飛躍し、医薬、法執行、保険、小売りといった幅広い分野に進出している。ソーシャルメディアも増加の一途をたどるAI活用事例の一つにすぎない。

 こうした成長は企業のITシステムに広く影響を及ぼしている。その中の一つがデータストレージだ。

多岐にわたるAI用ストレージ

 AI向けデータストレージの要件は、応用事例とソースとなる資料によって大きく異なる。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...