Computer Weekly日本語版

「Computer Weekly日本語版」の連載記事一覧です。

ありがちな原因を整理

システムを守るためのバックアップが失敗していたら致命的だ。確実にバックアップを取得するために、失敗の要因を低減しておこう。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
実現への道のりと可能性

DNAにデジタルデータを書き込むDNAストレージは、膨大な容量と100万年レベルの保持能力を提供する。その可能性と実現に向けた取り組みを紹介する。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
Gartnerが各種の不満を総括

AWS、Microsoft、Googleは間違いなくクラウドサービス界のリーダーだが、各社のサービスを利用しているユーザー企業は不満を抱いている。Gartnerが同社クライアントから集めた不満点とは?

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
安全なWeb/モバイルアプリ開発【後編】

Webアプリケーションの保護手段として、GartnerはクラウドWAFに注目する。主要なクラウドWAFプロバイダーとサービスの一部を紹介する。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
最新ストレージ仮想化ソフトウェア

ストレージ仮想化ソフトウェア「Valence」は、オンプレミスのフラッシュストレージからクラウドのストレージやオフラインのテープまで、あらゆるストレージを統合管理できるという。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
ストレージをゾーンで管理

SSDの領域をゾーンで分割してゾーン単位で操作する「Zoned Storage」。これによりシーケンシャルアクセスの性能が向上する。

【Bryan Betts , Computer Weekly】()
安全なWeb/モバイルアプリ開発【前編】

Webアプリケーションやモバイルアプリケーションの脆弱性のほとんどは、ごく当たり前な処理の欠落に起因しているという。開発者が絶対にやるべきこととは何か。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
ストレージAPIとは何か

ストレージAPIは多義的な用語であり、提供者や場面によって意味が異なる。本稿ではストレージAPIという用語の再整理を試みる。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
何が普及を妨げているのか

普及すると目されているがいまだに普及しているとは言い難いNVMe-oF。導入をためらわせる制約とは何か。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
クラウドストレージ選びの基本

クラウドストレージサービスの比較にストレージのスペックを単純に適用することはできない。クラウドならではの複雑性を理解し、重視するポイントを絞る必要がある。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
デメリットも理解しておく

クラウドネイティブ、モダナイゼーション、DXなどの文脈でもてはやされているマイクロサービス。全ての企業が取り組むべきものなのか。デメリットも含めて再整理しよう。

【Daniel Robinson , Computer Weekly】()
リアルタイム分析【後編】

意思決定の迅速化を追求するとリアルタイム分析に行き着くことになる。そこからメリットを引き出せる企業の条件とは何か。逆に、ある企業はリアルタイム分析に確実に失敗する。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
米国政府機関公式

米国サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁が、ランサムウェアに対してどの程度の防御力と回復力を備えているかを評価するデスクトップツール「RRA」を公開した。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
データレイクハウスとは

「データレイクハウス」という新たな考え方が登場した。名前から概要は想像が付くが、具体的にどのような特徴があるのだろうか。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
一元管理型セキュリティは時代遅れ

エッジで発生したインシデントを中央のセキュリティスタックに送って処理するセキュリティモデルには多くのデメリットとリスクがある。これからはセキュリティスタックをエッジに移動すべきだという。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
リアルタイム分析【前編】

一般論として、リアルタイムな意思決定はビジネスに寄与する。だが「リアルタイム」の定義は誤解されている。また、リアルタイムな分析が必要とは思えない場面もある。リアルタイムへの投資には熟考が必要だ。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
オンプレミス化は戦略的に

パブリッククラウドに移行したワークロードをオンプレミスに戻す動きが増えている。そこには、クラウドのメリットを生かすことができず夢破れた企業の残念な現実がある。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
ホワイトハッカー利用の壁

防衛上の弱点を発見するために部外者に攻撃させるという手法は、軍隊でも活用されている。これをサイバーセキュリティに応用したものがホワイトハッキングだ。だが利用には壁を乗り越える必要がある。

【Declan Doyle , Computer Weekly】()
Microsoftの思惑と現実

Microsoftが「Windows 11」にしたかった理由は理解できる。だがユーザー視点ではどうか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
人間に劣る危機対処能力

人間の危機対処能力はAIをはるかに上回る。AIは異常の説明や解決能力を持たない。AIが臨機応変な対応力を獲得する鍵はメンタル共有モデルにあるという。

【Fred Werner , Computer Weekly】()
コンピュテーショナルストレージ動向【後編】

多くの可能性を秘めるコンピュテーショナルストレージだが、それを活用してメリットを引き出すためには幾つかの課題を解決する必要がある。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
ストレージ選びの基本

多彩なストレージの中からどれを選ぶべきか。選定の要件は複雑化する一方だが、パフォーマンスに関しては5つの指標に集約できる。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
医療機関のデジタル化【後編】

データを活用することで、医療機関の治療や経営を改善できる。請求データなど、医療機関が保有するデータの一部だけでも多くの洞察を得ることが可能だという。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
コンピュテーショナルストレージ動向【前編】

コンピュテーショナルストレージの動向を概観するとともに、コンピュテーショナルストレージ導入企業がNGD Systems製品を導入した理由を紹介する。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
オープンソースで公開

オランダの研究機関が、人体の免疫システムを模倣し、サイバー攻撃に対して自身で判断して機能を停止したり再起動したりして自己修復するソフトウェアをOSSとして公開した。

【Kim Loohuis , Computer Weekly】()
医療機関のデジタル化【前編】

治療の改善やコストの削減を実現するにはデータを統合的に分析する必要がある。にもかかわらず、医療機関は特定の機能に限定されたポイントソリューションを導入してデータの統合に苦労している。なぜか。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
頼りにならないサイバー保険

ランサムウェア対応のサイバー保険に加入しても、被害をカバーできない可能性がある。身代金を払ったとしても、その後に待ち受けるのはさらなる被害だ。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
Snap Layoutsに注目

Windows 11でGUIが大きく変更される。話題のSnap Layoutsや新スタートメニュー、通知やアクションセンターの使い勝手はどうか。内部仕様の変更はユーザーに何をもたらすのか。

【Simon Bisson , Computer Weekly】()
「Linuxが動く」SSDをどうする?

「ストレージに実装されたCPU」でLinuxが動く製品も登場したコンピュテーショナルストレージ。これを利用するには何が必要なのか。ソフトウェアの変更が必要なのか。研究者に話を聞いた。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
複雑な関係性をデータ化

エンティティーの関係性に着目して管理・分析可能にするグラフデータベース。この技術が人事管理分野で注目されているという。

【Amy Holder , Computer Weekly】()
メリット/デメリットを考える

コンテナを実行する環境として、ベアメタルと仮想化環境が考えられる。当然ながらどちらにもメリットとデメリットがある。自社が重視すべき要件は何か。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
コンピュテーショナルストレージ製品ガイド【後編】

コンピュテーショナルストレージには、圧縮や暗号化を行ったりMySQLのクエリを高速化したり、NVIDIAのGPUを使ってデータをリアルタイム処理したりするものもある。

【Daniel Robinson , Computer Weekly】()
VPNの正しい選び方【後編】

各VPNプロバイダーは差別化のために多数の機能やサービスを用意している。だが自社に必要なものであるとは限らない。自社にとって必要なプロバイダーを選ぶにはどうすればいいのか。

【Nicholas Fearn , Computer Weekly】()
Armがクラウドも席巻するか?

Oracle Cloud Infrastructureに1コア1時間1セントのArmインスタンスが追加された。クラウドでもArmアーキテクチャが勢力を拡大するのか。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
コンピュテーショナルストレージ製品ガイド【前編】

CPUを搭載し、ある程度の処理を自身で完結させる「コンピュテーショナルストレージ」。ついにOSが起動する製品が登場した。どのようなユースケースがあるのか。

【Daniel Robinson , Computer Weekly】()
VPNの正しい選び方【前編】

有象無象のVPNプロバイダーがあり、その品質やサービスは玉石混交だ。低品質なだけなら良い方で、中にはマルウェアに感染させる悪質なものまである。

【Nicholas Fearn , Computer Weekly】()
量子コンピュータに超低温が必要な理由は

スウェーデンのチャルマース工科大学が、超低温をミリケルビン単位で計測できる温度計を開発した。なぜこれが必要だったのか。量子コンピュータを10ミリケルビン(−273.14度)に冷却する必要性とは何か。

【Gerard O'Dwyer , Computer Weekly】()
コンピュテーショナルストレージ最新動向【後編】

ストレージに演算能力を追加することで、どのようなことができるのか。使い道や各社の製品を紹介する。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
ハード&ソフトによるセキュリティ機能

HP Wolf SecurityはPCに実装されたセキュリティ機能とソフトウェアによってBIOSレベルからPCを保護する。OSにソフトウェアをインストールするだけでは不十分という時代が来るかもしれない。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
情報漏えいはいつ起きる?

受信メールの安全性をチェックすることは重要だが、そこにセキュリティ対策が偏り過ぎている。情報漏えいは送信メールでこそ発生するのだ。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
オープンソースには悪影響

パブリッククラウドによるOSSのサービス提供は、OSS企業独自の制限ライセンスの適用を招いた。この現状はさまざまな弊害を生んでいるが、ユーザーはこれをどう見ているのだろうか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
コンピュテーショナルストレージ最新動向【前編】

データをCPUに転送することなくストレージで処理するコンピュテーショナルストレージ。その定義と技術動向を紹介する。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
テープ時代のルール

テープバックアップの時代に考案された3−2−1バックアップルールは今でも有効なのか。クラウドバックアップを前提にすると何が変わるのか。3−2−1ルールを改めて検討する。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
物理的な盗難にも対応

AIを搭載し、OSやCPUに頼らず自分でマルウェアを防御するSSDが登場した。物理的な盗難も検知して情報漏えいを防ぐという。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
データは中立ではない

偏見や差別意識を持たず、中立性を重視して作成したはずのAIが不公平な結果を出力することがある。なぜこのようなことが起こるのか。責任あるAIを実現するためにはどうすればよいのか。

【Triveni Gandhi , Computer Weekly】()
失敗しない導入方法とは

CX(カスタマーエクスペリエンス)の改善に効果的と考えられるAIと自動化。だが適用する場面を間違えるとCXの悪化やコスト増を招く。失敗しない導入方法と成功例、そして残念な失敗例を紹介する。

【Karine Cardona-Smits and Ian Jacobs , Computer Weekly】()
RPA導入成功の条件【後編】

RPAのメリット/デメリットを理解し、効果的なユースケースを検討するだけではまだ足りない。経営陣はRPAの導入効果について“誤った考え方”に傾きがちだ。RPA推進者はこれを防ぐ必要がある。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
各種法令にも準拠

自分が承認した相手(企業)に個人情報を提供し、対価を得る。企業は、良質なデータを取得できる。これがYouGov Safeだ。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
独自のx86チップを構築可能に

Intelがx86のライセンス提供に踏み切るという。これにより、Intelの顧客企業が独自機能を組み込んだx86チップを構築できるようになる。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
RPA導入成功の条件【前編】

APIによるシステム統合はモダナイズの要と考えられているが、全てのケースにAPIがマッチするわけではない。APIを使うべきではない場合もあり得る。APIよりもRPAが向いている場面とは何か。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
リスクが急増する日

2021年5月にWindows 10 Version 1909のサポートが終了した。新バージョンに更新しなかったユーザーは、以後定常的にセキュリティリスクを抱えることになる。そして「あるタイミング」は特にリスクが高まるという。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
EUでビジネスする企業は要注意

EUが進めているAI規制案は、プライバシーや人間の行動を制約するAIの開発や利用を制限あるいは禁止する。違反には「全世界の売上高の6%」という制裁金が科される可能性もある。日本企業も注視する必要がある。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
既に始まっている

6Gの開発競争は既に始まっている。拡張現実や仮想現実を活用するには5Gではスペック不足という見方もあり、6Gはその解決策として期待されている。まだ先のことではあるが、6Gの現状を知っておいて損はない。

【Joe O'Halloran , Computer Weekly】()
ブロックチェーンの真価とは【後編】

ブロックチェーンを使えばセキュリティが強化されるというわけではない。だがブロックチェーンにすることによって守れるものもある。ブロックチェーンが必要な用途と不要な要とを見極める必要がある。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
NAME:WRECKの衝撃

メジャーなTCP/IPスタックで脆弱性が発見され、膨大な数のIoT機器が影響を受けることが判明した。パッチの適用が最善策だが、適用できないIoT機器を保護する方法はあるのか。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
オンプレ/クラウドDWH【後編】

データウェアハウスをオンプレミスに構築することは可能だが、スケーリングなどの面で課題がある。ここで、十分に成熟してきたクラウドサービスが選択肢になる。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
スマート化するRPA【後編】

RPAとAIを連携させることにより、インテリジェントに意思決定するシステムを構築できる。自ら学習し、改善するシステムの可能性も開ける。だが、RPAにはあるリスクが内在する。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
ブロックチェーンの真価とは【前編】

ブロックチェーンの目的はセキュリティではない。機密情報の秘匿性を実現するものでもない。では、ブロックチェーンとは何なのか。どのように使えばいいのか。ブロックチェーンの専門家に聞いた。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
GPT-3を2日でトレーニング

CPUからGPU、GPUからCPUへのデータコピーのボトルネックを解消するため、NVIDIAはArmベースのCPUを開発した。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
テープからディスクへ

ある企業がテープバックアップからディスクバックアップに移行した。コスト的なメリットは得られなかったものの満足しているのはなぜか。同社が解決したかったものとは何か。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
オンプレ/クラウドDWH【前編】

データレイクを経てデータを分析するのがデータウェアハウス(DWH)だ。DWHのストレージ要件とはどのようなものか。オンプレミス構築の課題を解決してくれるDWHアプライアンスとはどのようなものか。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
スマート化するRPA【前編】

RPAはもはや人間の作業を模倣するだけの存在ではなくなった。むしろ人間よりも優れている面もある。RPAの適用方法を検討する上で、こうした優位点を考慮する必要がある。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
メールセキュリティサービスの選び方【後編】

メールセキュリティサービスを選ぶに当たり、プロバイダーに質問すべき7項目を紹介する。さらに、既存の対策が無効化される脅威に今から備える必要がある。

【Nicholas Fearn , Computer Weekly】()
何が課題で、何が実現しているのか

当然ながら、量子コンピューティングを実現するには量子コンピュータとそこで実行するアプリケーションを開発する必要がある。従来型コンピュータとは全く異なるそれらを扱えるようにするIBMの取り組みとは。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
失敗しないコンテナ化戦略【後編】

Kubernetesの自動スケーリング機能(オートスケーラー)を利用することで、クラスタのサイズを自動的に調整できる。だが、ここに落とし穴がある。

【Adrian Bridgwater、Cliff Saran , Computer Weekly】()
コンテナの誇大広告を斬る

レガシーシステムをコンテナでマイクロサービス化することがトレンドの一つになっているが、それが常に最良の方法というわけではない。企業はコンテナとどう向き合うべきなのか?

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
メールセキュリティサービスの選び方【前編】

メールセキュリティサービス選びで妥協してはならない。フィッシングメールの検知率はもとより、大量のユーザーの移行やアーカイブなども考慮されたサービスであれば運用も効率化する。

【Nicholas Fearn , Computer Weekly】()
欠点も考慮すべし

フラッシュストレージの容量当たりの価格は下落し続けている。これを加速させている要因の一つがQLCの普及だ。低価格・大容量だが欠点もあるQLCの使いどころとは何か。

【Maxwell Cooter , Computer Weekly】()
失敗しないコンテナ化戦略【前編】

レガシーアプリケーションのコンテナ化にはどのような課題が発生するのか。それを最小限のコストで解決するためのヒントを紹介する。

【Adrian Bridgwater、Cliff Saran , Computer Weekly】()
コンテナ採用に高い壁

今や誰もがコンテナを前提に話をする。確かにコンテナには多くのメリットがある。ではアプリケーションのモダナイズに際して、皆コンテナ化に取り組んでいるのだろうか。

【Cath Everett , Computer Weekly】()
AIの価値【後編】

AI導入の最も重要なポイントは「AIでなければできない」ことにAIを使うことだ。「AI導入」が目的ではなく手段であることを見失わなかった2つの事例を紹介する。

【Cath Everett , Computer Weekly】()
メールセキュリティ戦略【後編】

メールはその性質上、システムの一部に人間が必然的に含まれる。だが優秀な管理者はここに活路を見いだす。彼らが堅牢なメールセキュリティ層を構築する方法とは何か。

【Nicholas Fearn , Computer Weekly】()
ServiceMax導入事例

客先に出向いて機器のメンテナンスなどを行うフィールドサービスにおいて、派遣するエンジニアの手配やエンジニアの事務処理の最適化は収益に直結する。ServiceMaxによってこれに成功した事例を紹介する。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
AIの価値【前編】

多くの企業が、AIの本格導入やAIによる財政的な利益獲得に成功していない。成功企業と失敗企業の違いとは何か。AIから利益を得るには何が足りないのか。

【Cath Everett , Computer Weekly】()
メールセキュリティ戦略【前編】

必要だがマルウェアの主な侵入経路ともなるメールのセキュリティは昔も今も重要だ。メールセキュリティを考える上では、最大の弱点と効果的な防衛ラインを知る必要がある。

【Nicholas Fearn , Computer Weekly】()
クラウド利用の新たなリスク

サービスプロバイダーの判断しだいで事業継続が不可能になるという事態を続けざまに見ることになった。ビジネスの中枢を担うシステムをホストしているクラウドが、サービス提供を突然拒んだらどうする?

【Lydia Leong , Computer Weekly】()
トラフィックの優先度設定が可能

Wi-Fi Allianceは、Wi-Fiにトラフィックの優先度を制御する標準規格を策定した。この規格がWi-Fiに実装されることでどのようなメリットがあるのだろうか

【Joe O'Halloran , Computer Weekly】()
Clubhouseの諸問題【後編】

企業は従業員のClubhouse利用をどう考えるべきか。専門家たちの意見を紹介する。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
Google Workspace導入事例

コロナ禍によりビジネスモデルや働き方の変更を迫られたときどうするか。Google Workspaceを使ってこれらに成功した2つの事例を紹介する。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
公衆Wi-Fiを安全に

ホテルなどのWi-Fiのセキュリティを強化できるWi-Fiルーター「GL-MT1300(Beryl)」。コンパクトで持ち歩きも可能なことが最大の特徴だ。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
5つの検討ポイント

非構造化データの増大は頭痛の種でもあるが、分析によって価値を引き出せる可能性がある。分析を前提にこのデータを効率的に保存するにはどんな方法があるのか。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
独自構築か商用製品か、どの商用製品か

コンテナ運用にKubernetesは不可欠だが、Kubernetes環境の構築は難易度が高い。そしてKubernetesだけでは足りない。他のツールも必要だ。困難な独自構築を試みるか、商用製品を購入するか。検討のポイントとは?

【Erica Langhi , Computer Weekly】()
Clubhouseの諸問題【前編】

突如話題が沸騰した「Clubhouse」だが、次から次へと問題も噴出した。同意なく収集される連絡先、暗号化されているかどうかも分からない通信、ちらつく中国の影。専門家の意見は?

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
AIと人間の最良の関係とは

少なくとも現時点におけるAIは知能と呼べるものではない。そして推論した理由を十分に説明することができない。このようなAIを信頼できるだろうか。人間はこうしたAIをどう扱えばいいのだろうか。

【Jamil El Imad , Computer Weekly】()
Nutanix Xi Frame導入事例

ロバート・ゴードン大学は、GPUを使うアプリケーションを学生に提供するために「Xi Frame」による仮想デスクトップを展開した。Xi Frameを採用した決め手とは何か。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
データレイク構築のススメ【後編】

データレイクの構築を決断したとして、オンプレミスで運用するのが適切なのか。クラウドを利用すべきなのか。各社の製品とサービスを紹介する。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
従業員監視システムの使用は妥当なのか?

コロナ禍に伴うテレワーク下、AIを応用したシステムで従業員を監視する企業があるという。Gartnerによるとそうした従業員の1割以上が監視システムを欺くという。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
「Microsoftも貢献しなければならない」

MicrosoftではRustの利用が増大しており、「Microsoftも貢献しなければならない」という決断に至ったという。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
キーパーソンインタビュー

電気自動車や自動運転車に搭載されるソフトウェア(制御機構は除く)は、一般的な「組み込みソフトウェア」とは異なるという。どのような技術スタックを使っているのだろうか。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
データレイク構築のススメ【前編】

データレイクを構築するメリットは何か。データレイクに適したストレージとは何か。クラウド化すべきかオンプレミスで運用すべきか。基礎から解説する。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
テレワークのための3アプローチ【後編】

人々の物理的な移動が制限される状況において、ARとVRの業務活用の可能性が開けた。実際にARやVRを活用してコロナ禍に適応している事例を紹介する。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
オンプレ&クラウドHPC【後編】

オーストラリアのChildren's Cancer Instituteは当初オンプレミスでHPCを構築したがクラウドベースのHPCに移行することにした。だが他にも、一般企業でもあり得る課題を抱えていた。

【Sooraj Shah , Computer Weekly】()
IBMとMicrosoftが積極推進

IBMとMicrosoftは量子コンピュータをクラウド経由で使えるようにする取り組みを進めている。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
何を考慮すればいいのか?

Kubernetesが普及するにつれ、バックアップの重要性が増している。だが、「何を」「どのように」バックアップすればいいのか。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
テレワークのための3アプローチ【前編】

テレワークの恒常化が進む中、コラボレーション&コミュニケーションにはビデオ会議では埋められない面があることも明らかになってきた。事例を通して解決する方法を紹介する。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
オンプレ&クラウドHPC【前編】

ハイパフォーマンスコンピューティングのワークロードに最適なのはオンプレミスかクラウドか。AstraZenecaとMcLaren Racingはオンプレミスを選択した。その理由とは何か。

【Sooraj Shah , Computer Weekly】()
実現するシナリオとは

Wireless Broadband Allianceが発表した論文によると、5GとWi-Fi 6のコンバージェンスにより多くのメリットが生じるという。どのようなシナリオが考えられるのか。

【Joe O'Halloran , Computer Weekly】()
DockerよりKubernetesの方が効率的

Kubernetesクラスタに感染するマルウェアが発見された。侵入されるとKubernetesが管理している多数のコンテナが侵害されるためDocker単体を狙った攻撃よりも事態は深刻だ。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
製品名が長い

SAPが同社プラットフォーム用開発環境の拡充を発表した。ローコード/ノーコード開発もサポートし、開発の効率が向上するという。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
Pass-the-cookie攻撃の脅威【後編】

Pass-the-cookie攻撃を完全に防ぐ方法はないが、緩和することはできる。組織やユーザーを守るために何ができるのか。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
構造化データも非構造化データも

何の前処理も行っていないデータレイクから必要なデータだけを取り出してデータウェアハウスにインポートして……と、データ分析には手間が掛かる。オープンデータレイク分析は煩雑な部分をまとめて処理する。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
クラウドビッグ3のファイルストレージ

かつてクラウドストレージといえばオブジェクトストレージだったが、クラウド大手3社はファイルストレージも提供するようになった。クラウドのファイルストレージのメリットとは何か。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
クラウドビッグ3のDRオプション

クラウドビッグ3のAWS、Azure、GCPはそれぞれ災害復旧のためのサービスを用意しているが、アプローチは全く異なる。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
分散拠点のファイルアクセスを実現

北米やアジアに複数の拠点を擁する建築会社が、ストレージをオンプレミスからクラウドNASに移行。各地からのファイルアクセスとコスト削減に成功した。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
Pass-the-cookie攻撃対策【前編】

多要素認証は、Pass-the-cookie攻撃によって迂回される可能性がある。攻撃に成功すると、サイバー犯罪者は正規ユーザーになりすましてシステムを利用することができる。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
ハイパフォーマンス(Oracle談)

MySQLとMySQL Analytics Engineを統合し、単一プラットフォームでOLTPとOLAPのワークロードを実行できるサービスが登場した。DWHを使わずにデータの分析が可能になるという。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
パッチ適用を巡る諸問題【後編】

多くの管理者を悩ませる、パッチ適用時に不可解な理由で発生する障害。これを確実に避ける方法とは何か。

【Peter Ray Allison , Computer Weekly】()
別の可能性も検討すべし

S/4HANAが優れた製品であることは言うまでもないが、S/4HANAへの移行が全ての企業にとってベストとは限らない。「S/4HANA移行」が意味することを改めて検討してみよう。

【Janine Burns , Computer Weekly】()
CentOS Streamでは不安な人へ

CentOSプロジェクトの方針変更は多くのCentOSユーザーを驚かせた。コミュニティーベースのRHELフォークをうたうAlmaLinuxは、CentOSからの移行に最適かもしれない。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
HDDと同じ設計では不可

RAIDは重要な技術であり続けた。だが、SSDでもRAIDは有効なのか。使うべきなのか。結論としては有効だが、HDDと同じ設計で使ってはならない。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
パッチ適用を巡る諸問題【前編】

各種ソフトウェアのパッチを適用することはセキュリティリスクを低減させるが、システムが稼働しなくなるというリスクを内包している。技術的な課題を解決したIT部門は、さらに事業部門との問題も解決しなければならない。

【Peter Ray Allison , Computer Weekly】()
無料版もあり

コンテナの課題の一つが永続ストレージだ。これを実現する方法は幾つかあるが、今回は無料版もあるRobin.ioに着目した。Robin.ioによって何が実現するのだろうか。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
ノイマン型コンピュータの限界

量子コンピューティングとともに、ニューロモーフィックコンピューティングの実用化が急がれている。両者の使い道の違いは何か。ニューロモーフィックコンピューティングが必要な理由とは何か。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
ダウンロード&ビルドも可能

Googleがモバイル向けの新たなOSをオープンソースで開発中だ。まだ多くの点が不明だが、既にダウンロードしてビルドすることも可能になっている。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
リストアできなければ無意味

単にデータをバックアップしているだけになっていないだろうか。いざというときに確実にリストアできなければ意味がない。リストアできることを確認するバックアップテストで確認すべき5つのポイントを紹介する。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
クラウドストレージコスト削減法【後編】

クラウドストレージの何がコストを発生させているのかを確認しよう。契約内容を再チェックすると、必須ではない要素が存在する可能性がある。必要な機能でも、使い方を工夫することでコストを削減できる可能性がある。

【Rene Millman , Computer Weekly】()
真の可能性はそこじゃない

DevOpsの解釈に正解はないが、間違いはある。DevOpsの解釈を間違えたまま実践しても真の価値は得られない。

【Kai Hilton-Jones , Computer Weekly】()
いまさら聞けないサーバレス入門【後編】

サーバレスには悩ましい問題がまだまだある。予測できないコストや構築が難しいテスト環境などだ。だが、サーバレスに対する正しいアプローチは欠点に目を向けることではない。

【Daniel Robinson , Computer Weekly】()
300万以上の端末に感染か

「Google Chrome」と「Microsoft Edge」のブラウザ拡張機能がマルウェア感染の温床になっているという。そうしたブラウザ拡張機能の手口とは。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
クラウドストレージコスト削減法【前編】

データ量がクラウドストレージの料金に最も影響するのは当然だが、他にも課金される要素が存在する。これを見逃すと請求書に仰天することになる。

【Rene Millman , Computer Weekly】()
現在の性能は?

IBMやMicrosoft、AWSなど複数の企業の量子コンピュータを利用できるようになりつつある。今後、これらの性能、そして量子超越性といえる性能を定量化する必要がある。AtosのQ-scoreがそれを実現するかもしれない。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
いまさら聞けないサーバレス入門【前編】

サーバレスには多くのメリットがある。だが幾つか認識しておくべき問題もある。パフォーマンスを制御できない(実行速度を予測できない)とはどういうことなのか。解決する方法はあるのか。

【Daniel Robinson , Computer Weekly】()
なぜJPEG XLがお薦めなのか

画像処理の研究者にして開発者でもあり、JPEG XLの仕様策定にも関わっているスナイアーズ博士が、JPEG XLの特徴を解説する。JPEGからの移行は進むだろうか。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
ボトルネック解消が成功の鍵

ビジネスプロセスの自動化を検討しているなら、まずボトルネックを最適化する必要がある。事例を参考に、自社に最適な方法論を見つけよう。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
テレワーク環境の提供【後編】

オックスフォード大学社会科学部は、統計処理用の各種アプリケーションを学生に使わせる必要があった。だが仮想デスクトップの負荷やOSの違いに煩わされたくなかった。そこで全く異なるアプローチを選択した。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
受け入れがたい問題に直面

自国や自社にロックダウンが生じていなくても油断はできない。海外のロックダウンがIT部門を悩ませることもある。何が起きたのか。

【Joe O'Halloran , Computer Weekly】()
開発者は修正済みライブラリの適用を

Google Play Coreライブラリには致命的なバグがあった。Googleは2020年4月に同ライブラリを修正したが、このライブラリを使用している多くのアプリが未対応のまま放置されている。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
2021年のWindows【後編】

Microsoftはマルチプラットフォーム対応を積極的に推し進めている。Apple製品やAndroidにどう対応するのか。強化されるArmサポートの動向とは。Microsoftの多方面作戦の状況を概観する。

【Simon Bisson , Computer Weekly】()
ムダな自動化を回避

最新のツールを活用すれば業務の自動化は実現する。だがそれが業務の改善や効率化に直結するとは限らない。自動化しても業務が改善しないのは、重要なステップを見落としたからだ。

【Akshay Anand , Computer Weekly】()
企業を悩ませる課題とは

新常態は何を変えたのか。テレワークが引き起こした技術的な課題とは何か。ネットワーク事業者の予想を超えた変化とは何か。

【Joe O'Halloran , Computer Weekly】()
過去の経験を生かす

米TechTargetはコロナ禍にどう対応し、対処したのか。IT運用・製品開発担当バイスプレジデントは大雪の経験が生きたと語る一方、予想外の出来事を挙げた。

【Joe O'Halloran , Computer Weekly】()
フラッシュよりHDD

フラッシュストレージの低価格化・大容量化はHDDの終わりを意味しない。HDDの方が向いている用途もある。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
2021年のWindows【前編】

既知の通り、2021年のメジャーアップデートでWindows 10のユーザーインタフェースが刷新される。そこからアプリケーション開発者に対するMicrosoftの戦略を垣間見ることができる。

【Simon Bisson , Computer Weekly】()
テレワーク環境の提供【前編】

テレワークの常態化を前提とすると、VPNは制約が多過ぎる。ニューノーマル時代のネットワークに必要な技術は何か。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
GitをGUIで操作

バージョン管理ツール「Git」をGUIで操作できるVershdの最新版がリリースされた。ブランチ比較ツールが追加され、コードのブランチの状態を簡単に把握できるようになった。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
Kubernetes創始者ジョー・ベダ氏インタビュー【後編】

複数のKubernetesディストリビューターが競争し、コミュニティーが発展し、Kubernetes用の多数のツールが生まれている。ジョー・ベダ氏が考えるエコシステムの理想型とは。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
対DDoS攻撃戦略【後編】

DDoS攻撃は他のサイバー攻撃のカムフラージュである可能性がある。「DDoS攻撃が終わったら復旧すればいい」という認識は新たなリスクを生み出す。DDoS攻撃を受けてもシステムをダウンさせてはならない。

【Sebastian Klovig Skelton , Computer Weekly】()
アプリが激変

Optane DC Persistent MemoryはSSDではない。単なるメモリでもない。使い方次第でアプリやシステムのパフォーマンスを劇的に向上させることができる。ただし2つの動作モードを理解する必要がある。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
統合ストレージへの道【後編】

ファイルシステムベースのストレージとオブジェクトストレージを統合するメリットはあるのか。統合による影響とは何か。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
Kubernetes創始者ジョー・ベダ氏インタビュー【前編】

VMwareのKubernetes関連製品群がVMware Tanzuだ。VMwareはTanzuで何をやろうとしているのか。Kubernetesの創始者の1人で現在はVMwareのプリンシパルエンジニアであるジョー・ベダ氏に聞いた。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
対DDoS攻撃戦略【前編】

DDoS攻撃は政治的な意図(抗議など)によるものが多く、頻度も低くかった。だが現在は異なる。「自社には関係ない」という認識は改めなければならない。だがどうすればいいのか。

【Sebastian Klovig Skelton , Computer Weekly】()
電力サイドチャネル攻撃が可能

IntelとAMDのプロセッサでまた脆弱性が発見された。両社のプロセッサを搭載したPCやクラウドサーバがこの影響を受ける。新たなサイドチャネル攻撃はどのように行われるのか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
統合ストレージへの道【前編】

ファイルシステムベースのストレージとオブジェクトストレージを統合することで両者の利点を享受しようという動きがある。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
モダンなソフトウェア開発の課題【後編】

マイクロサービスはシステムの複雑性を増大させる。これを解決するにはどうすればいいのか。

【Adrian Bridgwater & Cliff Saran , Computer Weekly】()
マルチクラウドは既に常識

ハイブリッド/マルチクラウドはもはや常識だ。今後はマルチクラウドを前提としたワークロード配置の最適化やコスト効率の向上をよりインテリジェントに実現するツールが重要になる。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
モダンなソフトウェア開発の課題【前編】

コンテナ化されたマイクロサービスや自動化されたテストを効果的なコラボレーションやコミュニケーションと組み合わせれば、ソフトウェアのイノベーションを加速することができる。

【Adrian Bridgwater & Cliff Saran , Computer Weekly】()
DNSセキュリティ【後編】
【Nicholas Fearn , Computer Weekly】()
NVMe over Fabric再入門【後編】

既に構築されているストレージ環境を再利用すればNVMe-oFへの移行コストを抑えることができる。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
次世代Wi-Fi【後編】

IEEEは既にWi-Fi 7に取り組んでおり、近い将来に利用可能になる。業界とCIOは、Wi-Fi 6に移行するかWi-Fi 6Eを待つか、一気にWi-Fi 7にするかのジレンマに陥る可能性がある。

【Michael Gold , ITmedia】()
エッジ機器はKubernetesを実行するには小さ過ぎ
【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

モダンなソフトウェアとは何か。それを開発するチームには何が必要なのか。今そして今後のソフトウェア開発に求められる条件を紹介する。

【Adrian Bridgwater & Cliff Saran , Computer Weekly】()
運用をより容易に

RHEL 8.3は各種の自動化機能がさらに強化されている。RHEL 8.3の概要を簡単に紹介する。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
NVMe over Fabric再入門【前編】

NVMeには、ローカル接続が前提という制約がある。これを解決して共有ストレージを実現するのがNVMe-oFだ。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
次世代Wi-Fi【前編】

Wi-Fi 6の普及を待つ間もなく、その次の規格「Wi-Fi 6E」が浮上してきた。現在の市場とWi-Fi 6Eの動向を解説する。

【Michael Gold , Computer Weekly】()
もう競争は始まっている

多くの企業が、将来の競争優位を得るため量子コンピューティングのテストを始めている。量子コンピューティングからメリットを得るには、効果がある領域を特定する必要があり、先進企業はそれを見つけつつある。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
AIによる利益は

全世界を対象とした調査により、企業におけるAIの利用実態が明らかになった。AIはどのように使われているのか、AIの開発に際して何が分かったのか。AIによって利益を生み出しているのか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
イレージャーコーディングの正しい使い方【後編】

多くのメリットがあるイレージャーコーディングだが、あらゆる課題を解決できるわけではない。イレージャーコーディングの適用が不適切なケースを紹介する。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
Nutanix製品は安いだけではない

英国コンピュータ協会はVMware製品からNutanix AHVに移行してコスト削減に成功した。60以上の仮想マシンの移行は問題にならなかったのか。コスト以外のメリットとは何か。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
DNSセキュリティ【前編】

インターネットの根幹を支えるDNSへの攻撃は致命的な結果をもたらす。DNSが攻撃されると何が起きるのか。セキュリティを強化する2つのプロトコルとは何か。

【Nicholas Fearn , Computer Weekly】()
ストレージの未来

ストレージ市場はこれからどうなっていくのか。HDDやテープは消えるのか。SSDの次にくる技術とは何か。新たに浮上したヘリウムドライブとは?

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

AI(人工知能)は、予測的なセキュリティ対策や自動対応を実現できるといわれる。そうした見方がどの程度正確なのかを検証する。

【Paddy Francis , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

ITセキュリティとハッカー界との戦いは、常にいたちごっこの状況だった。だがその戦いの自動化が進展している。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

セキュリティツールの一種であるSIEMは有用だが、真価を発揮させるのは容易ではない。だがAIを運用に応用することでSIEMを活用できる可能性が開ける。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
リスクをいかに回避するか

テレワークを解除して従業員をオフィスに呼び戻す際は、安全性、生産性、プライバシーのバランスが重要になる。3つ全てがリスク要因となり、バランスが崩れると困難を引き起こすことになる。

【Bart Willemsen , Computer Weekly】()
ストレージ分析【後編】

ストレージの自動管理が現実的になってきた。現時点で入手・利用可能なツールを幾つか紹介する。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
イレージャーコーディングの正しい使い方【前編】

HDDの大容量化によって欠点が露呈したRAIDに代わって注目されたのがイレージャーコーディングだ。多くの面でメリットがある技術だが欠点もある。イレージャーコーディングはどう使うのが正解なのか。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
だからテープはなくならない

バックアップ、リカバリー、長期的なウォームアーカイブ、コンプライアンス、WORMといった用途やデータを保護する「エアギャップ」など、テープがもたらすメリットを解説する。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
犯罪者の資金源を遮断

米国政府は、金融機関や保険会社などがランサムウェアの身代金支払いを支援した場合、罰金を科したり刑事告発したりする可能性があると警告した。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
Wi-Fiがさらに進化

シームレスな接続性やセキュリティ、混雑緩和など、Wi-Fiのユーザーエクスペリエンス向上を目的としたWi-Fi VantageがWi-Fi 6をサポートした。

【Joe O'Halloran , Computer Weekly】()
「自然な文章」の真実

人間が書いたような自然な文章を生成することで知られるGPT-3は、プログラムやSQLの生成にも応用されている。だが、既に幾つかの課題や限界も見えてきた。

【Anthony Caruana , Computer Weekly】()
今作っているのは冷凍庫

現在の量子コンピュータは64量子ビットにすぎない。IBMはこれを百万超の量子ビットにスケールアップする計画だ。そのためにIBMは現在どのような取り組みをしているのだろうか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
AIによるソフトウェア開発【後編】

GPT-3がプログラムコードを生成するのは可能かもしれないが、それは完璧なものだろうか。そうした懐疑論者もソフトウェア開発にAIを応用する可能性は認めている。だが、別の危険性も内包しているという。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
英国と欧州にとっての大惨事?

NVIDIAがArmを買収するというニュースはさまざまな臆測を呼んでいる。この買収は業界にとってプラスとなるのか。NVIDIAにどのようなメリットがあるのか。アナリストの見解はかなり否定的だ。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
ストレージ分析【前編】

ストレージの管理は複雑化する一方で、企業には専門家を雇用する余裕がない。AIOpsに対応したストレージ管理ツールはこの状況を改善する可能性がある。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
二重脅迫ランサムウェアの脅威【後編】

二重脅迫ランサムウェアは、盗み出したデータを「ネットにさらす」ことをネタにするためファイルをリストアするだけでは対抗できない。だが、二重脅迫ランサムウェアに対抗する効果的な方法がある。

【Nicholas Fearn , Computer Weekly】()
若者が語る低価格コンピュータの重要性

Raspberry Piの誕生から8年。この低価格コンピュータを手にした子供たちの中から企業家が生まれ始めている。15歳の若者が語る取り組みと将来の夢、低価格コンピュータがもたらす可能性とは。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
メリットは料金だけではない

1日当たり140億回のAPI呼び出しを必要とするHotelbedsは、API処理のコスト増に悩んでいた。リクエスト数に依存しない料金体系のTykはコストの大幅な削減を実現したが、他にも多くのメリットがあった。

【Sebastian Klovig Skelton , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

コラボレーションや情報共有をデジタルでもっとうまく行う方法を見つけることは、政府機関が取り組むべき課題だ。それを達成する方法を解説する。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

COVID-19が流行する中で、市民サービスの提供や自治体運営のデジタル化が加速している。レガシーの制約がありながら、クラウドの採用も増加しつつある。

【Angelica Mari , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

公共セクターにおけるデジタルトランスフォーメーションの進展はまちまちだ。だが中にはこの戦略を取り入れているCIOもいる。

【Mark Samuels , Computer Weekly】()
二重脅迫ランサムウェアの脅威【前編】

ランサムウェアを使った「二重脅迫」が増えているという。「データの公開」をネタにさらに脅迫されるため、バックアップからデータを復元したとしても回避できない。

【Nicholas Fearn , Computer Weekly】()
IAMに取り組む方法【後編】

IAMマネージドサービスの選択に当たっては、確認すべき項目が多数ある。自社に最適なサービスをどう選べばいいのか。検討項目や推奨事項を紹介する。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
ストレージ階層化は不適切

高速メディアと低速メディアを組み合わせるストレージ階層化を否定する企業が現れた。VAST Dataは、HDDレベルの価格で高速・大容量で階層化を必要としない「ユニバーサルストレージ」を提供する。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
クラウドステージング戦略のススメ

新型コロナウイルス感染症対策としてDaaSを検討する企業は多いが、移行には課題も多い。従業員の反発を招くことなく円滑に移行するためには、クラウドステージングという戦略が有効だ。

【Jason E. Smith , Computer Weekly】()
AIによるソフトウェア開発【前編】

OpenAIの「GPT-3」は自然言語処理分野に大きな驚きをもたらした。GPT-3が持つ文章生成能力は、プログラムのコーディングにも応用できるのではないか。そう考えた人々による取り組みも始まっている。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
マルチデバイス対応ディスプレイレビュー

PCやゲーム機、Androidスマホに対応しており、さまざまな使い方ができるVissles-M。実際の使用感や動作、使ってみて分かったことなどをお知らせする。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
柔軟なビルド、デプロイを実現

複数のパッケージを単一リポジトリで管理するMonorepoが注目されている。1つの変更を関連する複数のパッケージに適用できるなどのメリットがあるが、優れたツールがなければ破綻する。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
IAMに取り組む方法【前編】

法規制が変化する中、特に多国籍企業ではIDとアクセス権の管理が悩みの種となる。一貫性を確保して適切に管理するにはどうしたらいいのか。サービスとしてのIAMが解決の鍵になるかもしれない。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
攻撃は突然始まるわけではない

サイバー犯罪者は、ランサムウェア攻撃を開始する前に決まったパターンの行動を取るという。これらを攻撃の兆候として検知できれば、事前に防御することも可能になる。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
IBCによる相互接続

特定のタスクに専門化した異なるブロックチェーンを相互運用することによるメリットは計り知れない。それを実現するIBCは開発者の必須知識となるだろう。

【Christopher Goes , Computer Weekly】()
インテリジェントなセキュリティ対策【後編】

AIは万能ではない。弱点もあるし、全てのケースに適用できるわけでもない。だがAIの限界と適正を理解して用いればセキュリティの強化に役立てることができる。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
充実した開発者サポートが魅力

やや旧聞になるが、AWSの量子コンピューティングサービス「Amazon Braket」を紹介する。さまざまな量子コンピュータへのアクセスや支援ツールに注目だ。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
今までのストレージ階層化は失敗?

Panasasがファイルサイズに基づくストレージ階層化を打ち出した。小さいサイズをSSD、大きいファイルをHDDに配置する方がパフォーマンスがいいという。使用頻度による階層化は過去のものになるのだろうか。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

災害復旧を導入する際のさまざまな選択肢を取り上げ、それぞれどの程度の価値があるのかを検討する。

【Paul Rummery , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

災害復旧の選択肢として利用できるフェイルオーバー、社内および社外施設、クラウドについて検討する。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
オブジェクトストレージのデータを直接アーカイブ

FujifilmのFUJIFILM オブジェクト アーカイブは、S3プロトコルを使ってオブジェクトストレージのように振る舞い、S3のデータを直接アーカイブできる。

【Yann Serra , Computer Weekly】()
インテリジェントなセキュリティ対策【前編】

セキュリティツールの一種であるSIEMは有用だが、真価を発揮させるのは容易ではない。だがAIを運用に応用することでSIEMを活用できる可能性が開ける。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
コンテナのリスク

コンテナには特有のリスクがある。これを正しく認識して対策を講じるにはどうすればいいのか。コンテナを安全に活用するための4つのステップを紹介する。

【Alan Taberham and Niall Quinn , Computer Weekly】()
フラッシュドライブの信頼性向上【後編】

SSDの故障率が増大する条件の特定とその回避策の実装までの流れを解説する。業界がどのようにSSDを改善してきたのかがよく分かる。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

災害復旧の構築に際して、完全なセルフサービス型かアシスト型かマネージド型かの選択は、何を守る必要があるのか、そしてどんな社内リソースがあるのかにかかっている。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
DASからクラウドへ

多数の拠点を擁するAPi Groupは、ストレージコストの増大に悩まされてきた。DASからWAFS、そしてNasuniのクラウドストレージに至る同社の事例を通してストレージコスト削減のヒントを探る。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
解決まで数年?

多くのAndroidスマートフォンに使われているQualcommの「Snapdragon」で脆弱性が発見された。この影響を受ける何億台もの端末にパッチを適用するには数カ月から数年かかる恐れがあるという。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
プロビジョニングや運用はもう要らない

IT技術者はデータベースに関連する多くの要素に悩まされてきた。これらはDBaaSによって解決するという。DBaaSは本当に有用なのだろうか。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
企業が直面する間違いとは?

シンガポールのSP DigitalはDevOpsで大きな成果を挙げている。同社は一歩進んでDevSecOpsの確立に着手した。だが、DevSecOpsには不可欠な要素がある。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
コンテナとゼロトラスト【後編】

コンテナによって生じるリスクの軽減にはゼロトラストが有効だ。ではどうすればコンテナにゼロトラストを適用できるのか。

【Nicholas Fearn , Computer Weekly】()
今すぐ始めるべし

AIを使ったサイバー攻撃は主流ではないが、いずれ犯罪者が活用するようになることは明白だ。こうした攻撃に対抗する方法とは何か。今すぐ始められることは何か。

【Lee Howells and Yannis Kalfoglou , Computer Weekly】()
AIが自動診断とアドバイス、視覚化を提供

「DataStax Vector」は、OSSのデータベース「Apache Cassandra」の運用をサポートするAIOpsサービスだ。このサービスによって何が実現するのか。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
コントローラーの機能をオフロード

ストレージコントローラーの機能の一部をクラウドにオフロードしてハードウェアコストを削減するというクラウド定義ストレージ。ソフトウェア定義ストレージと何が異なるのか。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
フラッシュドライブの信頼性向上【前編】

物理的破損が生じない分だけHDDよりも信頼性が高いとされるSSD。しかしSSDにもデータが破損する問題が存在した。まずはSSDの課題が検証されてきた歴史を再確認しよう。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

クラウドネイティブと誰もが口にするものの、ほとんどの企業は何もない所からやり直せるほど幸運ではない。レガシーアプリケーションをどうすれば前進させられるかを検討する。

【Sebastian Klovig Skelton , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

アプリケーションのモダナイゼーションに際しての課題の一つに、旧システムの知識がある。事例からレガシーの近代化のヒントを探る。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Azure Quantumの活用事例も公開

Azure Quantumは、Microsoftが提供する量子コンピューティング環境だ。開発キット(QDK)と開発言語(Q#)も提供されている。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

レガシーアプリケーションと新しいデジタルプラットフォームを統合する方法について検討する。

【Cliff Saran and Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
今の機械学習開発スタイルは時代遅れ

機械学習の分野は自動化されておらずパイプラインは不安な、旧態依然とした体勢で運用されている。MLOpsを導入することで、機械学習の世界に産業革命をもたらすことができるという。

【Daniel Kobran , Computer Weekly】()
コンテナとゼロトラスト【前編】

コンテナは有益である半面、従来型セキュリティモデルに重大な課題を突き付ける。コンテナのセキュリティにゼロトラストが必要な理由を明らかにする。

【Nicholas Fearn , Computer Weekly】()
AWS、MS、Googleのオンプレミスハードウェア【後編】

大手クラウドベンダー3社はオンプレミスハードウェアの提供やサポートを通じてハイブリッドクラウド戦略を推し進めている。今回はAzureとAnthosの製品を紹介する。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
プロプライエタリDBに移行してコスト削減

日本のPropre Japanは、オープンソースのデータベースに見切りをつけてあるプロプライエタリのデータベースに移行した。結果、大幅なコスト削減に成功したという。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
クラウドファイルストレージ

クラウドではAmazon S3をはじめとするオブジェクトストレージの利用が拡大しているが、ファイルストレージが必要なユースケースも多い。3大クラウドプロバイダーが提供するファイルストレージを理解しておこう。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
AWS、MS、Googleのクラウドストレージ【後編】

クラウドサービスのオプションは複雑化して全体像を把握するのは容易ではない。本記事ではAWS、MS、Googleのクラウドストレージオプションを整理する。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
AWS、MS、Googleのオンプレミスハードウェア【前編】

大手クラウドベンダー3社はオンプレミスハードウェアの提供やサポートを通じてハイブリッドクラウド戦略を推し進めている。まず3社のアプローチの違いとAWSの製品を紹介する。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
パスワードも指紋も不要

利用者に特別な操作を要求せずにユーザー認証できる、行動的生体認証技術が注目されている。ユーザー体験とセキュリティが同時に向上する仕組みとは?

【Karl Flinders , Computer Weekly】()
もうAPIだけでは足りない

システムを連携させるAPIとAPI記述言語が増えるに伴い、SOAPにとってのWSDLのような「APIスキーマ」が必要になってきた。なぜAPIスキーマが必要なのか。

【David Brown , Computer Weekly】()
動的型付け言語の弱点をカバー

動的型付け言語(動的言語)の場合、変数に値が代入されるまで型が決定されないため、静的テストでは十分な検証ができない。動的言語の一つであるPythonもこの問題を抱えている。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
初代Surfaceにダメ出しした記者が絶賛

移動中や外出先での作業(モバイルワーク)に適した端末を探し続けている筆者がSurface Go 2をレビュー。初代Surfaceに落第点を付けた彼がSurface Go 2を絶賛した理由とは何か。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
アプリとインフラを分離

MicrosoftとAlibaba Cloudが提携し、「Open Application Model」(OAM)を立ち上げた。OAMとは何か。OAMによって何が実現するのか。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

パブリッククラウドとオンプレミスの共存に注目する企業やクラウドネイティブアプリケーション開発にフォーカスする企業がけん引する形で、ネットワークに対する新たな関心が高まっている。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
どこでもWi-Fiは実現するか

Wireless Broadband Allianceが、Wi-Fiを相互接続してWi-Fiネットワーク間を自由に行き来できるようにする取り組みを開始した。WBA OpenRoamingによって何が実現するのか。

【Joe O’Halloran , Computer Weekly】()
積極的なネットワーク部門幹部

多くのネットワーク部門幹部は5GやWi-Fi 6によって自社にイノベーションがもたらされると考えているという。彼らは5GやWi-Fi 6をどのようなユースケースに適用しようとしているのだろうか。

【Joe O’Halloran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

クラウドネイティブコンピューティングによって弾みがついている3つのネットワーク技術を紹介する。

【Andrew Lerner and Danellie Young , Computer Weekly】()
使えなくなるAIアプリも?

AIシステムにもCOVID-19の影響が及ぶだろう。COVID-19によってあらゆるものが変わり、以前に学習したモデルは適用できなくなるかもしれない。この変化に対応できるAIシステムのアーキテクチャとは?

【Bryan Betts , Computer Weekly】()
AWS、MS、Googleのクラウドストレージ【前編】

ファイル、ブロック、オブジェクトストレージそれぞれに対応したクラウドストレージサービスがあり、3大プロバイダー(AWS、Microsoft、Google)に限っても多岐にわたる。まずはユースケース別に整理しよう。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
テレワーク中のコラボレーション【後編】

採用コンサルタント会社のHarvey Nashは、ロックダウンによって一部の従業員を一時帰休とした。同社はMicrosoft Teamsを活用して「あなたは1人ではない」と伝え続けた。その真意とは何か。

【Cath Everett , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

SD-WANはIT業界が大好きな“一大ブーム”の一つだ。SD-WANは企業に多くのメリットをもたらすが、レガシー製品を「SD-WAN」と呼ぶサプライヤーもあるので本当に役立つ製品を見極める必要がある。

【Joe O’Halloran , Computer Weekly】()
職務分掌の設計が重要

SAP ERPの導入時にありがちなのが「誰が何をできるのか」を十分に考慮して実装しないことだという。S/4HANA移行が本格化しつつある今、再び同じミスを繰り返してはならない。

【Brian McKenna , Computer Weekly】()
データセンターの液冷化【後編】

データセンターの液冷化には地域の省電力化など多くのメリットがある。にもかかわらず液冷化が進まないのはなぜか。理由は非常に単純明快だ。

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
国によって動作が異なるスマホ

Huawei、Samsung、Xiaomiのスマートフォンは、同機種でも国によってセキュリティレベルが変化するという。ある国で安全だった端末を某国に持っていくと侵害される可能性が生じる。ここでもあの国の名前が挙がった。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
Kubernetesはどうなる?

コンテナオーケストレーションのデファクトスタンダードとなったKubernetesは次にどのように進化するのか。進化とともに改善すべき点とは何か。

【David Gonzalez , Computer Weekly】()
AIを可視化して信頼性を高める

AIの公平性や信頼性向上の鍵を握り導入のハードルを下げるためには、監査可能性や説明可能性が不可欠と目されている。Microsoftはこの分野を前進させるツールを提供している。

【Nick NcQuire , Computer Weekly】()
データセンターの液冷化【前編】

冷却効率の高さとコスト削減の可能性によって注目されている液冷システム。ある事業者は液冷化を必然と捉えて準備を進めている。当然、懐疑論者もいる。データセンターは変わるのだろうか。

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
バックアップ対その他【後編】

レプリケーションにはどのようなメリットがあり、どのような欠点があるのか。スナップショットとは何が違うのか。バックアップは不要になるのか。同期/非同期レプリケーションの真価を検討する。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
手話のテキスト化から始まる可能性

AWSは今、機械学習を応用して障害者とのコミュニケーションを支援する取り組みを行っている。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
テレワーク中のコラボレーション【前編】

テレワークによりコミュニケーションやコラボレーションのツールが急速に普及した。それは「Zoom疲れ」を引き起こしている。何がいけなかったのか。

【Cath Everett , Computer Weekly】()
Storjがオブジェクトストレージ化

ユーザーのストレージを利用して利用料を還元するクラウドサービスのStorjが、Amazon S3互換オブジェクトストレージサービスTardigradeを開始。QNAP製品をTardigrade化するアプリもリリースした。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

ゼロトラストを推進するに当たり、幾つかのハードルを越える必要がある。特に文化的な問題を軽視すべきではない。

【Paul McKay , Computer Weekly】()
バックアップ対その他【前編】

バックアップはデータを保護する唯一の方法ではない。スナップショットも有効な方法の一つだ。これはバックアップの代替となるのか。メリット/デメリットを検証する。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

ゼロトラストに向けて世界が動き始めている。ゼロトラスト導入の課題は何か。MicrosoftとGoogleの取り組みを交えて紹介する。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
ランタイムのOSS化で自由度拡大

Anvilは、Pythonだけで開発できるフルスタックのWebアプリケーション開発環境だ。ランタイムがオープンソース化されたことで、オフライン環境にもアプリケーションをデプロイできるようになった。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

信用はセキュリティリスクの重要な要素であり、ゼロトラストでは「信用しながら検証する」としてきた従来のモデルが変化する。セキュリティ担当者は懐疑的な上層部を納得させなければならない。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
銀行による量子コンピューティング検証

複数の銀行が量子コンピュータの可能性を検証している。従来型コンピュータと量子コンピュータのハイブリッドモデルや量子コンピュータによる暗号解読への対抗策を紹介する。

【Karl Flinders , Computer Weekly】()
優位を主張するRed Hat

仮想マシンとコンテナの統合管理が課題になり、Kubernetesの仮想マシン対応が主戦場となりつつある。Red HatはVMwareとの競争をどう見ているのか。Red Hatの主張を紹介する。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
フラッシュメモリより1000倍高速

NAND型フラッシュメモリより1000倍高速で消費電力は1000分の1というReRAM。このReRAMを開発しているイスラエルのスタートアップ企業の取り組みを紹介する。

【Yann Serra , Computer Weekly】()
日本でも販売してほしい

Imouの「Ranger IQ」は魅力的なホームカメラだ。人間を識別して自動追尾し、異常な行動があればアラートを発する。会話もできるのでコミュニケーションにも使える。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
破られた二要素認証【後編】

2FAや生体認証はパスワード認証よりも堅牢だが、実は多くの場合「本人認証ではない」という欠点を抱えている。これを解決して真に安全な認証を行う方法を紹介する。

【Peter Ray Allison , Computer Weekly】()
失敗しないための注意点は?

複数のクラウドサービスを組み合わせた「マルチクラウドストレージ」には多くのメリットがある。そのユースケースと失敗しないための注意点を解説する。

【Rene Millman , Computer Weekly】()
破られた二要素認証【前編】

パスワード認証を補完、強化、代替するものとして広まった二要素認証と生体認証。だが、今やそうした認証の回避策も現れ安全とは言えなくなった。

【Peter Ray Allison , Computer Weekly】()
攻撃者の手口を知ろう

今、サイバー犯罪者たちはどのような攻撃を使っているのか。これから何が脅威になるのか。今後さらに増加すると想定されている、JavaScriptによるスキミングについて知っておこう。

【Fabian Libeau , Computer Weekly】()
アプリケーションモダナイゼーション【後編】

メインフレームだけがモダナイゼーションの対象ではない。DEC Alphaサーバで稼働しているTru64 UNIXのデータベースは、一体どうしたらいいのか。事例からレガシーの近代化のヒントを探る。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
人事部門のRPA活用事例集【後編】

RPAが普及し組織での利用が拡大するとどうなるのか。正しく活用するなら、それは雇用を奪うものではないという。先進事例からRPA活用の在り方を考えよう。

【SA Mathieson , Computer Weekly】()
極めて簡単な自衛策

Web会議の利用増に伴い、Zoomを悪用したマルウェアが登場した。感染すると厄介だが、感染を防ぐ方法は非常に簡単だ。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
量子コンピュータ時代に備えよう

この数年間で量子コンピュータ分野は大きく進み、研究者でなくても触れられる可能性が拡大した。来る量子コンピュータ時代に備えてプログラミングを学ぶ方法とは。

【Abraham Asfaw , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

オフィスエッジとモバイルエッジの次に来るのは産業エッジだ。コンピューティングパラダイムのシフトについて解説する。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
コンポーザブルインフラの登場【後編】

コンポーザブルインフラによってコンピュータのあらゆる構成要素を動的に再構成できるようになれば、ワークロードに最適なリソースを割り当てられるようになる。だがデメリットもある。

【Daniel Robinson , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

エッジコンピューティングはIT業界で最も重要なトレンドの一つであり、クラウドに取って代わるかもしれないという見方もある。

【Dan Robinson , Computer Weekly】()
人事部門のRPA活用事例集【前編】

RPAによる人事プロセスの自動化はさまざまなメリットをもたらす。3つの成功事例がRPA導入のヒントを提供してくれる。

【SA Mathieson , Computer Weekly】()
アプリケーションモダナイゼーション【前編】

アプリケーションのモダナイゼーションに際しての課題の一つに、旧システムの知識がある。メインフレームで運用していたデータベースを最新のデータウェアハウスに移行するのは困難を伴った。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
5Gの複雑性を解決

HPEが地理的に分散し複数世代の技術が混在した環境を前提に、5Gインフラの構築を実現するソフトウェアを提供するイニシアチブを発表した。

【Joe O’Halloran , Computer Weekly】()
幅広いプラットフォームに対応

Java SE 14仕様に完全準拠したOpenJDK 14ビルドの「Zulu」が一般公開された。Zuluを中心にJavaの動向の一部を紹介する。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
「キーボードが必要だ」という人へ

物理キーボード付きスマホにこだわるPlanet Computersが、今度は5G対応の新端末を発表した。新機構のスライド式キーボードを搭載したAstro Slideの概要を紹介する。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
ストレージでデータ処理

CPU(やASIC、FPGA、GPU)を搭載し、ストレージで直接データを処理する「コンピュテーショナルストレージ」が注目されている。どのようなメリットがあり、どのような用途に使われているのか。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
コンポーザブルインフラの登場【前編】

構成が固定的なハードウェアでは、現在の複雑なワークロードを効率的に処理できない。そこで登場したのが異種(ヘテロジニアス)コンピューティングだったが、これも十分ではなかった。

【Daniel Robinson , Computer Weekly】()
ただし「ガイドラインに準拠していれば」

5Gをはじめとする無線通信技術に対する健康上の懸念は根強い。独立機関のICNIRPは2020年版のガイドラインを公開し、このガイドラインに準拠すれば健康リスクはないと結論付けた。

【Joe O’Halloran , Computer Weekly】()
Kubernetesストレージの基礎【後編】

Rookは、各種ストレージハードウェアやクラウドストレージ、SQLおよびNoSQLデータベースをまとめてソフトウェア定義ストレージ化する。Kubernetesユーザー注目のソリューションの魅力と課題を紹介する。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
一時的な効率低下をどう解決した?

自治体もまた、一般企業と同じくコスト削減とサービス向上に迫られている。スウェーデンの自治体は大学の研究プログラムを利用してAIやRPAのトライアルに着手。現場の不信感を解消しつつ成果を挙げている。

【Gerard O'Dwyer , Computer Weekly】()
世界初?

フィンランドのNokiaは最近、2つの大プロジェクトを抱えていた。アイルランド航空局のネットワークアップグレードと楽天モバイルのバックボーンとなる光ネットワークの構築だ。

【Joe O’Halloran , Computer Weekly】()
脆弱性最少言語はPython

WhiteSource Softwareがオープンソースコードのセキュリティ状況を調査し、レポートを公開した。脆弱性は前年比50%増と増大傾向にあるという。プログラミング言語別の脆弱性の状況も明らかになった。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

継続的インテグレーション(CI)と継続的デリバリー(CD)はソフトウェア開発の高速化を約束する。だが採用に当たってはまず、成果を引き出すための基本事項を押さえておく必要がある。

【Lindsay Clark , Computer Weekly】()
各SSDの特徴を再整理

SSDには複数の種類があり、速度もコストも特徴も異なる。ユースケースに最適なSSDを選ぶには、各種SSDの仕様を理解しなければならない。場合によってはSSDによるストレージ階層化も検討すべきだろう。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

継続的インテグレーションと継続的デリバリーを採用すれば、ソフトウェアの開発を加速させることができ、弾力的な運用を実現する一助になる。CI/CDを機能させるためのツールや企業文化の変化について解説する。

【Cliff Saran and Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
Kubernetesストレージの基礎【前編】

コンテナのストレージもKubernetesで管理することが一般化してきた。まずはKubernetesにおけるコンテナストレージの仕組みを基礎から解説する。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
実は困難なゼロトラスト

今、セキュリティかいわいでは「ゼロトラスト」がもてはやされている。だが導入・実践は困難でコストもかかる。ゼロトラストの効果を早期に得ることができる導入方法を紹介する。

【Simon Persin , Computer Weekly】()
Alibaba vs. AWS、MS、Google【後編】

トップクラスのクラウドプロバイダーに成長したAlibaba Cloudだが、欧米市場への進出には苦戦している。欧米のユーザー企業はAlibabaをどう見ているのか。採用の可能性はあるのか。

【Sooraj Shah , Computer Weekly】()
KDEまで動くスマホ

「Cosmo Communicator」は、物理キーボードを搭載するクラムシェル型フォームファクターのAndroidスマートフォンだ。このたび、KDEまで動くDebian GNU/Linuxとのデュアルブートが実現した。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
各種セキュリティ製品が連携可能に

各社のセキュリティ製品が共通のメッセージフレームワークに準拠して情報をやりとりする。これにより各製品が自動的に連携して防御する。これを実現するのがOpenDXL Ontologyだ。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
民衆の敵になったRobbinHood

正当なベリサイン署名されたドライバを媒介してWindowsに入り込むランサムウェア「RobbinHood」。カーネルモードで動くためセキュリティ製品も無効化できる。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
ヒントはセガのFootball Manager

セガの「Football Manager」がヒントになって起業されたSciSportsは、サッカーのあらゆる要素をデータ化してディープラーニングを応用して分析。パスの成功率まで予測する。同社の分析が行き着く先とは?

【Kim Loohuis , Computer Weekly】()
結論:素晴らしい

英Computer WeeklyのInspect-a-Gadgetチームが、Logitech(ロジクール)のキーボードを試用した。絶賛にあふれたレビューを紹介する。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
Alibaba vs. AWS、MS、Google【前編】

今、Alibaba Cloudが世界中に拠点を築いてビジネスを拡大しようとしている。Googleを抜き市場シェア3位となったAlibaba Cloudはこのままシェアを拡大し続けるのか。

【Sooraj Shah , Computer Weekly】()
Microsoftサービス契約の是非

コンサルタント企業Cernoが、Microsoftサービス契約の条項には問題があると主張している。Microsoft製品で他者と共有したコンテンツは全世界に公開される可能性があるという。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

ローコード開発ツールには生産性の向上や製品化の期間短縮、専門スキルへの依存度低下など、数多くのメリットがある。だがコストやセキュリティ、製品の選定やアプリケーションについては慎重な検討が必要だ。

【Paul Vincent , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

5年前に初めて“ローコード開発”という用語が登場した。そして今、エンタープライズアプリケーション開発における新たな成熟期を迎えている。このトレンドはあらゆる種類の組織が恩恵を受ける。

【Lindsay Clark , Computer Weekly】()
エッジ:データのフロンティア【後編】

エッジコンピューティングは既に現実的なソリューションだ。StarbucksとMicrosoftが構築したエッジコンピューティングシステムがその一例だ。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

最新のローコード開発ツールは、ビジネスユーザーと開発者の両方の助けになり得る。その現状を解説する。

【Bob Tarzey , Computer Weekly】()
災害復旧が失敗する6つの落とし穴【後編】

IT部門はシステムやデータの扱いには慣れており、災害時の復旧手順も心得ている。だが復旧時は「人」が重要なファクターになる可能性がある。これを見落とすと痛い目に遭う可能性がある。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
なぜそうなるかを説明しなさい

AIの普及に伴い、AIの説明可能性のニーズも高まっている。企業はどうすれば、技術的課題と倫理的課題を解決できるのか。

【Lindsay Clark , Computer Weekly】()
人は何にだまされるのか

フィッシングメールの件名を調査した結果、受信者がつい開封してしまう件名が明らかになった。こうした件名のメールには要注意だ。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
延長メンテナンスは2030年末まで

SAPがECCのサポート延長を発表。タイムリミットの緩和により企業のS/4HANA移行は促進するのか、それとも問題が5年先送りされるだけか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
エッジ:データのフロンティア【前編】

エッジは次のフロンティアであると見なされている。そこでデータを処理するエッジコンピューティングは創造的破壊を起こし、ビジネスに新たな価値をもたらすだろう。しかし、自社でやろうと考えるべきではない。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
銀行導入事例

Amazon Pollyは、ディープラーニングを利用してブランドイメージに合わせた音声を生成できる。オーストラリアの銀行は、コンタクトセンターに「オーストラリア英語」で応答するAIを導入しようとしている。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
新アプローチのストレージクラスメモリ

Formulus Blackのソフトウェア製品「Forsa」は、通常のメモリ(DRAMやOptane)をブロックストレージとして使えるようにする。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
クラウドベンダーのOSS利用は是か非か

クラウドベンダーがオープンソースを搾取している、オープンソースに貢献していない、という批判がある。だが、オープンソースとは貢献を要求されるものだったのだろうか。

【Rod Cope and Justin Reock , Computer Weekly】()
金融業はAIを人員削減に利用

金融業界では、将来的に人員をAIに置き換える動きが始まると予想されている。一方でAIを行員のトレーニングに利用して人材の強化に取り組んでいる銀行もある。AIが職を奪うとは限らない。

【Karl Flinders , Computer Weekly】()
重い処理をクラウドにオフロード

コンテナ化したAndroidアプリをクラウドで実行して配信できる「Anbox Cloud」が登場した。端末の性能や差異に依存しない単一のアプリを開発するだけでよく、大容量ファイルも扱えるようになる。

【Joe O'Halloran , Computer Weekly】()
対策方法は?

WAVファイルにマルウェアを組み込んで拡散する手法が発見された。どのような仕組みのマルウェアなのか。そしてこのマルウェアからPCを守る方法とは何か。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
規制の正当性とは何か

市場が独占状態にあることは好ましくない。市場を独占する支配的な企業は規制する必要がある。それは誰の利益のためなのだろうか。GoogleやFacebookによって不利益を被っているのは誰なのか。

【Tim Worstall , Computer Weekly】()
災害復旧が失敗する6つの落とし穴【前編】

さまざまな要因により、災害復旧の優先度が高まっている。だが多くの企業が、普通に考えれば落ちるはずのない落とし穴にはまって復旧に失敗している。この、当然回避できる落とし穴になぜ落ちるのか。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
プロセッサの勢力図再検討【後編】

Intelよりも低コストを実現したEPYC。魅力的なアーキテクチャで存在感を示すPOWER。AMDとIBMの動向とともに、CPUを取り巻く市場の変化を解説する。

【Daniel Robinson , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

リスクとガバナンスに対する統合アプローチを効率的に管理する方法について、専門家が解説する。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
AIの企業導入の実際【後編】

AIの導入事例は珍しくなくなったが、特定製品の実際についての情報はまだ少ない。ここでは「Salesforce Einstein」と「SAP Leonardo」の事例を紹介する。

【Cath Everett , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

デジタル化の時代は組織に新たなリスクをもたらす。従ってセキュリティ対策も連携性を強化する必要がある。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
ユーザー行動の原因と結果

ユーザーはなぜその行動を取ったのか。ユーザーの行動の原因と結果を理解することはビジネスの成功に直結する。機械学習によって因果関係を分析する因果推論が次のトレンドになるだろう。

【Adam Kinney , Computer Weekly】()
GraphQLなしのAPI呼び出しは絶望的

『GraphQL for Modern Commerce』の著者による、GraphQLのメリットとデメリット。これを読むと、REST APIだけでの開発がいかに絶望的であるかが分かる。

【Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

データドリブンなプロジェクトやセキュリティ強化の必要性が原動力となって、統合型リスク管理が台頭している。

【Peter Ray Allison , Computer Weekly】()
プロセッサの勢力図再検討【前編】

絶対王者の地位を死守してきたIntelだが、今後もそれは続くのか。市場の変化は新たな勝者を生み出すのか。IntelとArmの戦略とその有効性を概観する。

【Daniel Robinson , Computer Weekly】()
量子コンピューティングは実用化の局面

CES 2020にIBM Researchのディレクターが登壇。量子コンピュータのプログラミング方法を学ぶ必要性を訴え、量子コンピュータの基礎理論やIBM Qの現状を解説した。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
岐路に立つオープンソース精神

AWSはオープンソースを搾取している。OSS企業のライセンス変更に始まりNew York TimesによるAWS批判記事へと発展した騒動は今、ライセンス変更に対する疑問に進展した。他のOSS企業・団体の意見とは?

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
CI/CDパイプラインの活用【後編】

CI/CDパイプラインをいかに使うか。チェックインやリリースのタイミングはいつにするか。CI/CDパイプラインにどのような機能を持たせるか。識者の意見を聞いた。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
AIの企業導入の実際【前編】

多くのサプライヤーが機械学習アプリケーションを製品化し、誇大宣伝を繰り返している。だがユーザー企業はサプライヤーの思惑通りに踊る気はまだないようだ。

【Cath Everett , Computer Weekly】()
スマホよりVR/ARゴーグルか

Ericssonが実施した調査により、2030年までに没入型エクスペリエンスが主流になり、現実と区別できなくなると考える人が多いことが分かった。どのような世界が想定されているのか。

【Joe O’Halloran , Computer Weekly】()
自社で構築するのは大変

Kubernetesの運用管理に役立つオープンソースツールなどを統合したSaaSが登場した。この環境を独自に構築するのは容易ではない。SaaSとして利用できるなら合理的かもしれない。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
手帳ブランドによるデジタル革命

手帳ブランドとして知られるMoleskineが今、紙とデジタルの融合による新たな文化を提案している。同社の製品は“PowerPoint疲れ”している企業文化に一石を投じる。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
NYTいわく「AWSはストリップマイニングしている」

New York Timesが、AWSはオープンソースプロジェクトに貢献せずに利益だけを得ていると批判する記事を掲載。AWSは「全く筋違いの主張だ」と反論した。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

ロボティックプロセスオートメーションを利用してデジタルトランスフォーメーションを推進する企業が増えている。この市場の進展について解説する。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
病院では既に実用段階

シンガポール発のプロジェクトがApache Software Foundationのトップレベルプロジェクトに昇格。ディープラーニングモデルを効率的に分散トレーニングさせることができ、既に実用化されているという。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

RPAの利点は人の行動を模倣できる点にある。その原則を念頭に、botによる自動化のセキュリティ対策を講じ、セキュリティの失敗を防止しなければならない。

【Dionisio Zumerle and Cathy Tornbohm , Computer Weekly】()
量子コンピュータの経済効果は年48兆円

フィンランドのIT企業がIBMやGoogleに対抗して独自の汎用量子コンピュータ&量子プロセッサを実現しようとしている。フィンランドの産官学連携プロジェクトは成功するのか。

【Gerard O'Dwyer , Computer Weekly】()
QLCにもあるオンリーワンな使い道

QLCは書き込み速度が遅く、セルを書き換えられる回数も少ない。だが用途によっては非常に有用だ。QLCの真価を引き出す使い道とは何か。

【Rene Millman , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

組織のデジタルトランスフォーメーション戦略を支援するRPAについて解説する。

【Adrian Bridgwater and Cliff Saran , Computer Weekly】()
CI/CDパイプラインの活用【前編】

ソフトウェア開発の新潮流として継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)が注目され、多くの企業が取り入れつつある。CI/CDを学ぶのは今からでも遅くはない。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
特定分野・用途向け検索サービス【後編】

業種/用途特化型検索サービスはそれぞれユニークな特徴と機能を備え、特殊な使い方を提案している。こうしたサービスとGoogleなどの汎用検索エンジンの決定的な違いとは何か。

【SA Mathieson , Computer Weekly】()
発見時に対処していれば……

Androidで深刻な脆弱性「StrandHogg」が発見された。実際に金銭的な被害も発生している。問題は、この脆弱性は4年前から知られていたことだ。4年前にGoogleが取った行動とは?

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
データベースのモダナイズ【後編】

NoSQLデータベース、インメモリデータベースが成熟し、リレーショナルデータベースの代替たり得る存在となった。さらにマイクロサービス化がこの流れを後押ししている。

【Lindsay Clark , Computer Weekly】()
特定分野・用途向け検索サービス【前編】

Googleの検索エンジンがいかに優れていても、汎用的であるが故に限界がある。一方で特殊な用途や特定の業界に特化することによってしか実現しない検索サービスが存在する。

【SA Mathieson , Computer Weekly】()
「ユーザーは自らを守れ」と言われても……

5Gプロトコルに11件の脆弱性があることが判明した。悪用されると何が起こるのか? 想定される最悪の事態とは何か。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
ハックしたくなる要素山盛り

JavaScriptで独自アプリを開発・実装でき、TensorFlow Liteを利用したAIアプリも作れる。ハードウェアは分解も容易。そんな開発者を刺激する要素満載のスマートウォッチとは?

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
ただし導入には覚悟が必要

既存のネットワークインフラを使って高速アクセスを実現するNVMe over TCP。高性能と低コストを両立させた優れた選択肢だが、今導入するならちょっとした覚悟が必要だ。

【Eric Ebert , Computer Weekly】()
「Slackは単なるメッセージツールではない」

Slackはメッセージングツールの枠を超えた存在になろうとしている。サードパーティーアプリケーションとの統合もその動きの一つだ。Slackは他に何をしているのか、最新動向を紹介する。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
パブリッククラウドがベストとは限らない

パブリッククラウドからオンプレミスにアプリケーションを戻す動きが広がっているという調査結果が発表された。これは何を意味するのか?

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

人事部に対して個々に合わせたサービスを求める従業員の期待が強まる中、アジア太平洋地域では従業員を採用し、関係を強め、つなぎ留める目的でHCMソフトウェアを導入する企業が増えている。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

アルゴリズムによる仕事の割り当ては、従業員にとっても雇用主にとっても恩恵があるかもしれない。だが人材を尊重しながら公正に仕事を割り振ることはできるのか。

【SA Mathieson , Computer Weekly】()
パッチ適用も簡単ではない

コンテナのセキュリティ対策には多くの課題がある。大量のコンテナにパッチを適用することに限定しても、検討事項は多い。コンテナの弱点になりそうなポイントを理解しておく必要がある。

【Maxwell Cooter , Computer Weekly】()
データベースのモダナイズ【前編】

Webサイトのパフォーマンス問題に悩む企業が出した答えはSQL ServerからRedisへの移行だった。同社の事例を通してデータベースのモダナイズの実際を紹介する。

【Lindsay Clark , Computer Weekly】()
クラウド対テープ【後編】

クラウドストレージにはメリットもあるが、デメリットもあるので必ずしもベストな選択肢とはならない。テープの方が優れている場合もある。どちらを選ぶべきか、その判断の目安を紹介する。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
RPAだけが解決策ではない

RPAによる業務の自動化がもてはやされているが、全ての業務を自動化しようとするのは間違いだ。RPAには使うべき用途と同時に、「使うべきではない用途」がある。RPAよりも優れた手段がある場合もある。

【Francis Carden , Computer Weekly】()
実用化後に必要なもの

現在のコンピュータアーキテクチャでは困難な証券取引処理を量子コンピュータならば処理できる可能性が示された。量子コンピュータの実用化後にも残されそうな課題とは何か。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
クラウドサービス非依存

多くの人がKubernetesのメリットを認識しているが、これを実装するにはスキルとノウハウが必要で、何から手を付ければいいか分からない、という人もいるだろう。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
オンプレミスオブジェクトストレージという選択【後編】

オブジェクトストレージを選ぶポイントとは何か。オブジェクトストレージに必須の要素とともに、主要サプライヤーとその製品の特徴を紹介する。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
何が企業を悩ませる?

AIの活用が叫ばれ、多数の成功事例が登場している。にもかかわらず自社のAI導入が進展しないのはなぜか。あなたの会社は3つの壁に行き当たっているのかもしれない。

【Brian Manusama , Computer Weekly】()
ITアーキテクトは諦めムード

リレーショナルデータベースのためにDXができない、進まないと考えているITアーキテクトが多いという調査結果が発表された。この状態から脱却する方法は存在するのか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
先人の失敗に学ぶ

開発する機能を再利用可能なAPIとして実装することにより、ソフトウェア開発の生産性が向上する。だがAPI化すればいいというものでもない。APIファーストのメリットとともに再利用性を高める方法を紹介する。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
クラウド対テープ【前編】

テープも進化を続けており、他のメディアにはない無視できない利点も多い。一方で解決し難い弱点もあり、テープでは不適切な用途も出てきた。まずはテープのメリット/デメリットを再確認しよう。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
2年前から存在するKRACK

データののぞき見が可能になってしまう脆弱性が2017年に発見された。あなたのAmazon EchoとKindleにも「KRACK」の脆弱性が残っているかもしれない。早急に確認しよう。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
オンプレミスオブジェクトストレージという選択【前編】

ストレージ市場に新たなトレンドが生まれている。既に始まっているオブジェクトストレージへの移行に加え、クラウドからオンプレミスへの回帰が見られる。今何が起きているのか。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

エンタープライズコラボレーションソフトウェアのSlackは、2019年の上場で一気に名声を高めた。この分野にはどのような選択肢があり、この技術をどう使っているのか。

【Ben Sillitoe , Computer Weekly】()
慎重に進めたRPA導入

John Lewis PartnershipはRPAを導入して6.6億円のコスト削減に成功した。同社の事例から、経営層や事業部門に受け入れられる導入プロセスの在り方を見ていく。

【Karl Flinders , Computer Weekly】()
QLCよりも大容量化するが……

IntelはOptaneラインアップの拡充を発表するとともに、「PLC」を開発中であると示唆した。QLCよりもさらにユースケースが限定されると予想されるPLCは、市場や業界に何をもたらすのか。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

ソーシャルツールはコラボレーションの向上につながり得る。ただしスタッフをメッセージ漬けにしてはいけない。

【Rob Bamforth , Computer Weekly】()
多くのタスクが自動化される

Oracleがさかんにアピールする自律型データベースにより、多くの管理タスクが自動化される。それはデータベース管理者の失業を意味するのか。それともデータベース管理者の進化の始まりなのか。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
5Gのユースケース【後編】

5Gは小売業や農業、自動運転車やAIにどのような恩恵をもたらすのか。5Gによって実現する技術やイノベーションとは何か。各業界の識者が5Gの可能性を紹介する。

【Rene Millman , Computer Weekly】()
新興チップメーカーの挑戦
【Aaron Tan , Computer Weekly】()
曖昧になるメモリとストレージの境界

Intelは2020年にIntel Optaneのラインアップを拡充する予定だ。新Intel Optaneは速度と容量が向上し、メモリがストレージの役割も担うようになるだろう。

【Yann Serra , Computer Weekly】()
コンテナはセキュリティホールまみれ?

リポジトリで公開されているコンテナの多くには多数の脆弱性が含まれており、さらに改ざんされるリスクもある。コンテナからコンテナへ、リスクが水平移動する恐れもある。これらにどう対処すればいいのか。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
量子コンピュータは君臨しない

量子超越性の証明により量子コンピュータの能力が再確認されたが、量子コンピュータの時代になっても古典コンピュータが駆逐されることはないだろう。それどころか量子コンピュータは古典コンピュータを必要とするという。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
コンフィデンシャルコンピューティング始動【後編】

ハードウェアベースのコンフィデンシャルコンピューティングの中核を成すのがIntel SGXだ。Intel SGXと専用ソフトウェアの組み合わせにより、処理中のデータも暗号化される。

【Adrian Bridgwater & Warwick Ashford , Computer Weekly】()
今できること、すべきこと

脳とコンピュータをつなぐブレインマシンインタフェースが成果を上げ始め、夢の技術ではなくなりつつある。今何ができるようになったのか。そして今、何をなさねばならないのか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
量子コンピューティングに一歩前進

量子コンピュータをクラウド経由で利用できる量子計算センターが開設された。IBMの目的や既に始まっているプロジェクトを紹介する。

【Cliff Saran , ITmedia】()
5Gのユースケース【前編】

「5Gで通信が高速化する」という理解だけでは5Gの可能性は語れない。5Gを活用すると各業界はどのように変化するのか。何が実現するのか。各業界の専門家が5G時代を予想した。

【Rene Millman , Computer Weekly】()
現行技術の寿命はあと5〜6年?

データセンター内の帯域幅は増加し続けているが、現行技術ではあと5〜6年で限界に達する可能性がある。シリコンフォトニクスは、ネットワークにさらなる高速化を約束する。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
Komprise導入事例

ストレージの運用に行き詰まっていたノースウエスタン大学は、Kompriseのストレージ管理製品を導入することで数々の課題を解決。結果としてストレージコストの半減に成功した。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

HCIはストレージ共有よりも優れた選択肢になり得るのか。どんな組織がどのような規模で導入した場合に最大の恩恵を受けられるのか。

【Rene Millman , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

コスト削減とパフォーマンス向上を目的としたハイパーコンバージドインフラの導入方法について解説する。

【Stuart Burns , Computer Weekly】()
RESTで十分な用途もあるが

RESTはコンピュータ間のクエリをシンプルに解決してくれたが、不便な場面も見られるようになった。複雑なクエリについてはGraphQLの方が向いているかもしれない。

【ITmedia】()
エンドポイントはシンプルに

資産管理会社のAberdeen Standard Investmentsは、VDIをグローバル展開するに当たって端末のOSに「IGEL OS」を採用した。IGELのツールによりWindowsからの移行も容易だったようだ。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
KubernetesもDockerもGo製

Goを愛する筆者が、Goの魅力のごく一部を紹介する。JavaやPHPのコーディング経験があるなら移行も簡単だ。

【Matt Boyle , Computer Weekly】()
コンフィデンシャルコンピューティング始動【前編】

保管中のデータと転送中のデータについては暗号化による保護の方法論が確立している。だが処理中のデータは無防備で、漏えいの危険性がある。これを抜本的に解決する取り組みが始まった。

【Adrian Bridgwater & Warwick Ashford , Computer Weekly】()
ローカル5Gの可能性【後編】

ローカル5Gはさまざまな分野で活用されるだろう。中でも特に有望で効果的なユースケースとは何か。そしてローカル5Gは今後18カ月の間にどのような展開を見せるのだろうか。

【Rene Millman , Computer Weekly】()
ユーザー名とパスワードを分散化

パスワードの流出事故は後を絶たない。だがTide Foundationが発表した暗号化メカニズムを使えば、流出したパスワードが悪用されるのを防げるかもしれない。少なくとも従来のハッシュよりは強力だ。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
問題のあるペンテスターも

システムを実際に攻撃して脆弱性がないかどうかを調べるペネトレーションテスト。セキュリティの強化に有効ではあるが、ペネトレーションテスターが公開する情報が攻撃者に悪用されているという。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Wi-Fiでも5Gでもない選択肢

英グレインセイ島は、老朽化した有線回線の代わりに光無線技術「Li-Fi」によるワイヤレスブロードバンドサービスを導入した。屋内だけでなく「ラストワンマイル」の接続にも利用している点に注目だ。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
事前コンパイルで高速起動

Facebookは、JIT(Just In Time)よりも高速にアプリが起動するAOT(Ahead Of Time)を採用したJavaScriptエンジンをオープンソースで公開した。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
必要なのは第三勢力

Office 365とG Suiteを中心とした生産性ツール市場をGartnerが分析。今後の市場動向と、MicrosoftとGoogleが取るであろう戦略を語った。

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
ローカル5Gの可能性【前編】

5Gの帯域を利用してプライベートネットワークを構築する「ローカル5G」が注目されている。ローカル5G実現の前に立ちはだかる課題とは何か。

【Rene Millman , Computer Weekly】()
面積はB5用紙とほぼ同じ

Cerebrasが、「チップ」の概念を覆す巨大なAI専用チップを発表した。B5用紙に匹敵する面積の「Wafer Scale Engine」は性能もすさまじい。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
用途はセキュリティだけではない

セキュリティ対策の手段としてログの活用が重要であることは言うまでもない。だが、ログの用途はセキュリティ対策だけではない。優れたツールを使って、ログをさらに活用すべきだ。

【Stuart Burns , Computer Weekly】()
ついやってしまう失敗

CIOとして新たな職場に着任するとき、何に気を付けるべきか。これまでに多くのCIOが犯してきた4つの失敗を紹介する。これらはCIOとしてリーダーシップを発揮できるか否かの分かれ目となるだろう。

【Kelly Calhoun Williams , Computer Weekly】()
「こんなはずではなかった」になる前に

多くの企業が課題解決を期待してハイパーコンバージドインフラを導入する。だが、考慮すべき点をわずかに見落としただけで、無残な結果をもたらす。失敗を避けるには、以下の6つの事項を検討すべきだ。

【Rene Millman , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

クラウドサービスのおかげで、Windows 10を常に最新の状態に保つという管理者にとっての重要な仕事がやりやすくなった。

【Tim Anderson , Computer Weekly】()
SD-WAN導入事例

複数カ国でサービスを展開する際に課題になるのは、レイテンシや地域ごとに異なるプロバイダーを使わざるを得ない複雑性だ。SD-WANによってこれらを解決した事例を紹介する。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

ストレージの使用率が低下している。つまりストレージに余計なコストがかかっているということだ。なぜこのような状態が続くのか。コスト削減は使用率の向上によって解決できる。

【Valdis Filks & Santhosh Rao , Computer Weekly】()
事例で見るコラボレーションツール導入【後編】

Royal Bank of ScotlandはWorkplace by Facebookを導入してコラボレーション環境を確立した。同行が導入に成功したと見なす定量的な根拠とは何か。

【Christian Annesley , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

MicrosoftはWindows 7までの方式を一変させ、Windows 10で小さなアップデートを頻繁にリリースする方式に切り替えた。これはIT管理者にとっても大きな変化を意味する。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
機械学習でBad Rabbitを発見

「Bad Rabbit」をわずか14分で悪意のあるマルウェアであると立証するなど、Microsoftの機械学習利用は成果を上げている。だがサイバーセキュリティ分野のCTOのケリー氏は機械学習に懸念を抱いている。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
ユニファイドコミュニケーション新時代【後編】

UCaaSの新規導入あるいは旧来のUCからの移行に際してまずやるべきことは、UCaaSの3つの導入形態を選択することだ。「こんなはずではなかった」を防ぐには、それぞれの長所と短所を理解する必要がある。

【Rene Millman , Computer Weekly】()
Microsoftが停止した理由は?

MicrosoftがDMARCレポートの送信を停止したことを受け、英国立サイバーセキュリティセンターが「大きな悪影響を及ぼす」と同社を批判。DMARCレポートがなぜ重要なのか。そしてMicrosoftが停止した理由は何か。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
パスワードのない世界にまた一歩前進

Windows Helloなどによって、Windows 10のパスワードレスサインインは既に部分的に実現している。次期メジャーアップデートでは、この機能がさらに拡張されるという。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
従来型WANでは駄目な理由

従来型WANではパフォーマンスの課題や運用の問題に直面する。さらに安全性が低下するという。それはなぜか。しかし、単にSD-WANを導入すればいいということではない。SD-WANには何が必要なのか。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
ファームウェアの課題が浮き彫りに

多くのマザーボードに採用されているVertiv Group製BMCファームウェアに深刻な脆弱性が見つかった。BMCは独立したプロセッサなのでOSの再インストールでは防ぐことができない。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
どんな情報が収集されているのか

無料のWebサービスを使うと、どのような個人情報が収集されるのか。F-Secureがこれを簡単に確認できるツールを公開した。このツールを使って一度確認してみることをお勧めする。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
事例で見るコラボレーションツール導入【前編】

従業員エンゲージメント活動を繰り返してもうまくいかなかった組織が、「Workplace by Facebook」導入に成功した理由とは何か。

【Christian Annesley , Computer Weekly】()
驚きの導入効果

英レディング大学は、手間と時間がかかり過ぎるテープバックアップインフラをHDD&SSDアプライアンスにリプレース。その効果は絶大だった。同大学が得た導入効果とは?

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

クラウド管理問題の解決を目指す企業が考慮すべきさまざまな要因を解説する。

【Lauren Nelson , Computer Weekly】()
ユニファイドコミュニケーション新時代【前編】

オンプレミス型のUCは減少傾向にあり、時代後れの感がある。代わって台頭してきたのがクラウド型のUCaaSだ。UCaaSのメリットと、サービス選定時の注意点を紹介する。

【Rene Millman , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

マルチクラウド導入に対する企業の関心が高まっている。だが管理しなければならない不確定要素はあまりに多い。ほとんどの企業にとって有効活用はあまりに難しく、恩恵を受けるには至らないのが現実なのか。

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
現状は自動運転車ではなくオートマ車

Oracleのマーク・ハードCEOは、Oracle Databaseの自動化によってデータベース管理者は全員失業すると言い放った。現実問題として、データベースはそこまでの自動化を実現しているのだろうか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
VPNプロバイダー選びは慎重に

世界上位の主要VPNプロバイダーの中には、全幅の信頼を置くことができない企業が含まれる。もしかしたら、ユーザーのプライバシーはその企業が属する国に漏れているかもしれない。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
コンテナ時代のバックアップ基礎の基礎

Dockerは多数の抽象化レイヤーから成り、レイヤーごとにバックアップ方法も異なる。まずDockerの何を保護するのかを決めることが、バックアップ戦略のベースとなる。

【Eric Ebert , Computer Weekly】()
AIとストレージ【後編】

AI用のストレージ要件はフェーズやユースケースによって変化する。要求される速度にも種類があり、場合によっては速度が重要ではないこともある。学習時と推論時でも要件は大きく異なる。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
WaaSモデルに立ち向かうには

Windows 10が企業に課す頻繁なアップデートを効率的に管理する方法はあるのか。企業がやりがちな「最も好ましくないアプローチ」とは何か。

【Mark Lockwood , Computer Weekly】()
ブロックチェーンはプロトコル

CIOはまだブロックチェーンについて十分に理解しておらず、混乱が見られる。企業の情報基盤として利用するために必要な機能が欠落している。ブロックチェーンに対するGartnerの姿勢はいまだに慎重だ。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
人類はこれを解決できるのか

複数国でサービスを展開するインターネットプロバイダーとSAPは、AIの導入によって成果を出しつつある。だが彼らには共通する悩みがあり、まだ解決の糸口は見えていないようだ。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
電波漏れの不安は解消

光を利用する無線技術「Li-Fi」の実用化が進んでいる。Gartnerが指摘するようにまだ制限もあるが、Wi-Fiにはないメリットもある。用途によっては有力な選択肢になるかもしれない。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
ハイブリッドクラウド管理【後編】

ワークロードのクラウド移行に当たっては多くの課題が残っている。これらを解決して効率的に運用するには何が必要なのか。Gartnerの調査によると、ハイブリッドクラウドに乗り出した企業が求めたツールがある。

【Max Cooter , Computer Weekly】()
書き換えないデータを高密度に格納

読み込み/書き込みを伴うランダムアクセスのさらなる高速化が求められる一方、読み込みしか発生せず、低コストでの大容量化が必要な用途もある。後者の実現を目指すZonedStorage.ioのアーキテクチャとは?

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
iOSおよびAndroidアプリを調査

iOSおよびAndroidアプリを調査した結果、いまだに「驚くほど多くのアプリケーションの安全性が非常に低い」ことが分かった。安全なアプリがないに等しい状況でデータを守るにはどうすればいいのか。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
5Gと健康被害【最終回】

人体への深刻な悪影響はないという調査結果に基づき、各国各地で5Gの導入や実証実験が進められている。一方でこれに反対する市民運動により導入を中止した自治体もある。進歩と停滞、どちらを選ぶべきか。

【Investigate Europe , Computer Weekly】()
AIとストレージ【前編】

AIを構築するに当たって求められるストレージとはどのようなものか。何を保存する必要があり、どのようなアクセスが発生するのか。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
プライバシーも悪意も見えない時代

SSLなどの暗号化プロトコルの使用が増加すると、悪意のあるデータまでが暗号化されて検知が難しくなるという課題が顕在化してきた。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
ハイブリッドクラウド管理【前編】

ハイブリッドクラウドはインフラ管理が複雑になる場合もある。それだけでなく、管理ツールを導入しないと支出が多くなる可能性がある。

【Max Cooter , Computer Weekly】()
機能と短期的メリットを過大評価

宣伝文句が先行した結果、ブロックチェーンの周辺ではさまざまな問題が生じている。Gartnerは、安全性を確保し、陳腐化を防ぐためにブロックチェーン基盤のリプレースが必要と主張している。

【Karl Flinders , Computer Weekly】()
リリース速度を向上

JCPの委員長を務めるバンチュラ氏は、Computer WeeklyのインタビューでOpenJDKの開発を継続すると表明。若い世代を引きつけるプラットフォームであり続けると語った。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
マイクロサービスに警鐘

アナリストは、マイクロサービスの利点ばかりが注目され、内在するリスクが軽視されていると警鐘を鳴らす。マイクロサービスによって生じる複雑性とは何か。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
レーダー画像をAIがチェック

老朽化した地下インフラを地下レーダーでチェックしている川崎地質の悩みは、目視によるレーダー画像の解析には限界があることだった。しかし、AIの導入も容易ではなかった。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
5Gと健康被害【第3回】

5Gや携帯電話が健康に悪影響を及ぼすという研究結果と、健康に問題はないという研究結果。両者を比較検討すると、ある真実が浮かび上がってきた。また、信頼度の高い研究も進められている。

【Investigate Europe , Computer Weekly】()
SAP導入事例

英オープン大学CIOのユールズ氏は、SAP製品の導入に際してカスタマイズしないという方針を打ち立てた。どのような問題が生じたのか。それでもカスタマイズしなかった理由とは何か。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
「AI対人間」の構図は杞憂か?

アナリストのキナスト氏は、AIの規制について考え始めるタイミングであると説く。AIが人間を規制するSFチックな可能性だけでなく、同氏はより現実的であり得る問題を想定している。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
Chromebookインプレッション

Lenovo 500e ChromebookとHP Chromebook x360 11 G1 EEを試用する機会を得た英Computer Weekly編集部。使ってみて初めて分かったこととは?

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
AI+RPA=AIRPA?

ローコードソフトウェア企業のAppianがGoogleのAIサービスや各社のRPA製品とAppian製品を融合させる試みを続けている。これにより、ローコードでAIとRPAを利用したアプリケーションが実現する。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

クラウド大手AWSの製品やサービスは、決してセキュリティ面で妥協しない。それをどう実行しているのかを同社のCISOスティーブン・シュミット氏が語る。

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
単なるデータサイエンティストではダメ

あらゆる組織がデータサイエンティストを求めているようだ。だが適切なスキルを持った適切な人材を確保するのは難しい。データ分析能力があるだけでは役に立たないのだ。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
5Gと健康被害【第2回】

米国機関とイタリアの研究所が、電磁波による発がんリスクを指摘。これに対し携帯電話の業界団体GSM Associationは、携帯電話放射線は人の健康に影響を及ぼさないと否定した。

【Investigate Europe , Computer Weekly】()
個人情報の管理は企業にとってもマイナス

Microsoftは、企業が個人情報を収集して管理する現状を変え、個人が自分で管理できる「分散型ID」の導入に取り組んでいるという。Microsoftが目指すアイデンティティー管理の形とは?

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
エグゼクティブインタビュー

GoogleはAnthosで何を目指しているのか。Googleの技術インフラ担当シニアバイスプレジデント、ヘルツル氏に話を聞いた。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

企業が直面する脅威の一つにDDoS攻撃がある。ほとんどのスクラビングサービスはそうした攻撃に対抗する一助になるが、無傷の状態を保つためにはさらに包括的な対策が必要だ。

【Ai Lei Tao , Computer Weekly】()
優先度を整理

AIベースのセキュリティ製品の導入を考える前に、まず基本的なセキュリティ対策を行うべし。ベンダーの売り文句に惑わされてはいけない。だが、セキュリティの専門家はその先に悲観的な予測を持っている。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
DataOpsの誕生【後編】

データサイエンティストがDataOpsを実践するには、データを扱う環境が必要だ。都度IT部門と交渉して環境を整えてもらうようでは時間がかかり過ぎる。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
コラボレーションツールで何を送受信しているのか

調査の結果、コラボレーションツールの恐るべき利用実態が明らかとなった。コラボレーションツールにも適切なコントロールを適用しなければ、致命的な事態を引き起こす恐れがある。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
FPGA導入の高い壁

Amadeus IT Groupとスイス連邦工科大学の共同研究により、FPGAはGPUよりも4倍高速で、同じワークロードを7分の1のコストで実行できることが分かった。AIにとって非常に有効だが、FPGAには弱点もある。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
VDI/DaaSでグラフィックスアプリ

VDI/DaaSでもGPUを多用したグラフィックスアプリケーションは利用可能だ。そうなるはずだ。Googleのゲームサービス「Stadia」が全てを変えてしまうかもしれない。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
5Gと健康被害【第1回】

各国、各モバイル企業が5Gの導入を急いでいる。だが、5Gが発生させる電磁放射線に対する懸念については十分に議論、研究されているとは言えないようだ。われわれは5G導入を急ぎ過ぎてはいないだろうか。

【Investigate Europe , Computer Weekly】()
見え隠れするMSの真意

オープンソースソフトウェアも活用し、AIプラットフォームの強化を続けるMicrosoft。バイスプレジデントのガスリー氏は、競合他社とは異なる戦略があると語る。

【Tim Anderson , Computer Weekly】()
Amazon S3再入門【後編】

S3は優れたサービスではあるが、活用する上では幾つかの注意点がある。ちょっとした使い方の違いで請求額が大きく異なる場合もある。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
レベル5の実現は10年後?

Forresterが行った調査によると、自動運転車を開発している企業の多くがコストをはじめとする課題を抱えているという。人間の操作を必要としないレベル5の実現はいつになるのか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
DataOpsの誕生【前編】

データ活用の文脈から、DataOpsが浮上してきた。DataOpsを実践することにより、全てのベースとなるデータの運用体制が確立される。複数の識者が語るDataOpsの考え方とは?

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
XeonがTensorFlowやPyTorchに最適化

機械学習の(特に学習の)速度を向上させるため、各社はさまざまなカスタムハードウェアの開発と利用を進めている。出遅れ感のあるIntelは、この市場にx86 CPUで参戦しようとしている。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
説明責任が明文化

ECは「信頼できるAI」の実現を目指し、7つの指針を盛り込んだガイドラインを発表した。現時点で強制力を持つものではないが、このガイドラインを出発点とした法整備がEUで進む可能性もある。

【Angelica Mari , Computer Weekly】()
実名は挙げていないがアノ企業

Google Cloudの新CEO、クリアン氏が競合するクラウドプロバイダーの姿勢を批判した。同社は実名を挙げていないが、明らかに最近の一連の動きを念頭に置いたものだ。

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

高度にネットワーク化されたビジネスは、従来型のネットワークセキュリティを圧迫する。本稿では境界を打ち破る企業ネットワークについて解説する。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

セキュアなデジタルワークプレースの実現に向けた手順について紹介する。

【Manjunath Bhat , Computer Weekly】()
GPUやTPUは必須

AIへの投資は今後も増えるだろう。そのAIを支える機械学習にはGPUやTPUといったカスタムハードウェアによるアクセラレーションが必須だ。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

社内や社外のリソースに接続する端末の増加に伴い、ネットワークセキュリティ対策が課題になっている。ペリメータレスセキュリティは、ペリメータ保護に依存するのではなく、それぞれの接続点と全端末を保護対象とする。

【Stuart Burns , Computer Weekly】()
クラウドベースセキュリティのススメ【後編】

セキュリティインフラをクラウド化するクラウドベースセキュリティには多くのメリットがあるが、もちろん万能ではない。クラウドベースセキュリティの注意点とは何か。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
演算するストレージのメリットとは?

HDDやSSDのドライブに現状のコントローラー以上の演算能力を与える「コンピュテーショナルストレージ」がSNIAで検討されている。

【Bryan Betts , Computer Weekly】()
CNNの特徴マップを高速演算

膨大な演算が必要な機械学習において、量子コンピュータの応用が効果的であると実証された。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
テストチームの悩みを解決

アプリテストの自動化は必要だが、テストチームにテストスクリプトのコーディングスキルはない。スキルを持つ開発チームは、それをアプリ開発に使うべきだ。このジレンマを解決するのがコードレスツールだ。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
意外にゆっくり?

5Gの時代が始まった。これから5年間で5Gを巡ってどのようなことが起こるのだろうか。5年後にどの程度普及しているのだろうか。

【Matthew Iji , Computer Weekly】()
Amazon S3再入門【前編】

クラウドストレージのデファクトスタンダードになりつつあるのが、Amazon S3だ。S3の特徴について、改めて復習してみよう。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
クラウドベースセキュリティのススメ【前編】

端末の種類と用途が多様化した今、従来のセキュリティ対策製品では全ての脅威に対応し得ない。そこでクラウドベースのセキュリティサービスだ。そのメリットと7つのポイントを紹介する。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

ソフトウェア定義ネットワークに移行する企業にとっての現実的な問題と文化的な課題について検討する。

【Andre Kindness , Computer Weekly】()
RPA導入成功事例

英国の水道会社がIT部門主導のRPA導入を成功させつつある。RPAからメリットを引き出すため、RPAチームを率いるリーダーが重視する不可欠な要素とは何か。

【Karl Flinders , Computer Weekly】()
どのクラウドに移行したのか

クラウドで介護システムを提供するKarantis360は、当初Azureを利用していた。だがAzureにはパフォーマンスに問題があった。これを解決しつつIoTを活用するためKarantis360が選んだクラウドとは?

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

ソフトウェア定義ネットワークは今世紀のITで最も騒がれている話題の一つだ。だが現状はどの地点にあるのか。

【Steve Broadhead , Computer Weekly】()
IaaSとSaaSのコスト最適化【後編】

使われているSaaSの把握が第一歩だが、全て把握できる単一の検出方法は存在しない。使われているSaaSの検出方法から、ユーザー部門も納得の一元化方法まで、SaaS管理のコツを紹介する。

【Rich Gibbons , Computer Weekly】()
ヤバい従業員もあぶり出せる

実戦経験に勝るスキルアップ術はない。人為的な脅威を含む災害をシミュレーションすることで、IT部門のサイバーセキュリティスキルを向上させよう。業務部門のリスクを明らかにすることもできる。

【Peter Ray Allison , Computer Weekly】()
今後伸びるのはAzureかGCPか

パブリッククラウド市場におけるAWSの地位は盤石に見えるが、AzureとGCPがAWSに追い付きつつあるようだ。今後急成長が予想されるのはどのサービスなのか。

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

ソフトウェアに制御されるネットワークが主流になる過程において、われわれはどの辺りにいるのか。

【Christian Annesley , Computer Weekly】()
IaaSとSaaSのコスト最適化【前編】

パブリッククラウドを利用する際の最優先事項はコスト管理だ。IaaSの場合は今すぐできる簡単な方法から着手しよう。その後考慮すべきさらなる節約のヒントも紹介する。

【Rich Gibbons , Computer Weekly】()
サプライヤーの「言い訳」も封殺

サイトパフォーマンスに課題を抱えていた企業がVirtualWisdomを導入。遅延の発生箇所を特定することが可能になり、解決に要する時間が減少した。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
オープンソースとクラウドプロバイダー(後編)

クラウドプロバイダーがオープンソースベースのサービスを展開すると、開発企業のサポートビジネスは破綻する。オープンソースビジネスは転換点を迎えているのかもしれない。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
単なる従業員監視ツールか

ウェアラブル技術によって従業員のパフォーマンスを監視したりミスや事故を防いだりすることができるようになった。だが、従業員のプライバシーを侵害する恐れもある。

【Charlotte Allery , Computer Weekly】()
簡単で低コスト……なのか?

4Gおよび5Gのネットワークプロトコルに、端末のIMSI(国際移動体加入者識別番号)を攻撃者に取得されてしまう欠陥があることが判明した。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Kubernetesで分散学習

Intelがオープンソースのディープラーニングツール「Nauta」を公開した。Nautaでどのようなことができるのだろうか。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
ストレージ管理者はもういらない!?

ハイパーコンバージドインフラの進展は、ストレージ管理者の重要度を低下させた。ストレージ管理者が今後進むべき道は2つある。

【Yann Serra , Computer Weekly】()
AIがゲームをテスト

Candy Crushのテストプレイを担当しているのは、TensorFlowで学習させた仮想プレイヤーだった。開発からその導入効果までをKingに聞いた。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
AWS vs. MS vs. Google(第3回)

AWSを忌避する企業もあれば、積極的に活用している企業もある。だが政府はAmazonに疑念を抱き、介入を強めている。

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
なぜ“42”なの?

人間は、AIが下した決定の理由を答えられなければならない。それを実現するのがXAI(Explainable AI:説明可能なAI)だ。AIの決定に基づいて行われた結果の責任をAIに転嫁することはできない。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
真のリスクを見極めるべし

過剰にリスクを並べ立てて人々の恐怖をあおるセキュリティ企業がある。ユーザー企業は、恐怖戦略に耳を貸すことなく、信頼できるサプライヤーと正しくリスクに向き合う必要がある。

【Computer Weekly】()
優先度高くても進まないWindows 10移行

Windows 7のサポート終了という節目を目前に控え、DaaSやシンクライアントに力を入れるITベンダー。しかし、企業の関心は高くない。企業はWindows 10への移行をどのように考えているのか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
なぜGoなのか

アプリケーションパフォーマンス管理ベンダーのDynatraceが、Go言語アプリケーション用ツールを発表した。なぜGoなのか。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
オープンソースとクラウドプロバイダー(前編)

MongoDBが自社の収益を守るためライセンスを変更した。するとAWSはMongoDB互換サービス「Amazon DocumentDB」を発表した。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
AIを何に利用する?

AIの利用が広まりつつある中、CIOはAIにどうアプローチすべきなのか。どのような用途が考えられるのか。5人のITリーダーに、AIの展望やユースケースを聞いた。

【Mark Samuels , Computer Weekly】()
Telegraph Media GroupのCIOが絶賛

英国の老舗新聞社がパブリッククラウドの移行を開始した。同社がそれまでのAWSからGCPに移行する決断を下した理由は意外なものだった。同社CIOが絶賛するGoogleの一面とは?

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
コンテナはもう古い

アプリケーションと、そのアプリケーションの実行に必要な最小限のライブラリのみで構築した実行ファイルが「ユニカーネル」だ。このユニカーネルを作成できるツール「OPS」を紹介する。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
AWS vs. MS vs. Google(第2回)

MicrosoftとGoogleがAWSから顧客を奪うことに成功した。AWSに対する小売業界の懸念と合わせるとAWSが劣勢に立たされているように見える。だが果たしてそれだけだろうか?

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
ArangoSearchとGeoJSONサポート

数あるNoSQLデータベースの中で特異な位置を占めるのが、複数のデータモデルをサポートする「ArangoDB」だ。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
問題の発生源をピックアップ

Dockerは優れた技術だが、開発者個人が使うだけなら問題なくても企業レベルになると問題が生じる可能性がある。Dockerのメリットを最大限に引き出し、リスクを回避するため、企業が注意すべきこととは?

【Stuart Burns , Computer Weekly】()
見過ごされがちな「RPA導入の鍵」(後編)

事業部門はRPAによって業務を自動化したいと考える。だが、重要な点を勘違いしたまま導入しようとする。RPA導入を円滑に進め、メリットを最大化するには何が必要なのか。

【Lindsay Clark , Computer Weekly】()
国ごとに異なる重点分野

1200件の世界的研究プロジェクトを分析すると、国によって重視する研究分野が異なるなど、興味深い事実が明らかになった。そして、ある要素が「見落とされている」という。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
AWS vs. MS vs. Google(第1回)

小売業界におけるクラウドビッグ3の戦いは熾烈(しれつ)を極め、興味深い局面を迎えている。ダントツでリードするAWSも、この市場では弱点を抱えている。AWSはなぜ小売業者に嫌われるのか。

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
量子コンピュータの汎用化に一歩前進

IBMが商用量子コンピュータを発表した。まだ誰でも使えるとは言えないが、量子コンピューティングの扉が開かれた意義は大きい。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly導入ガイド

高速で安全なコンテナとコンテナオーケストレーションに、グローバル企業が目覚めつつある。だがセキュリティが脅かされることがあってはならない。

【Christian Annesley , Computer Weekly】()
Computer Weekly導入ガイド

Linuxを中心に構築されてきたクラウドネイティブにAzureは対応できるのか。クラウドネイティブアプリケーションのデプロイに適しているのか。

【Tim Anderson , Computer Weekly】()
見過ごされがちな「RPA導入の鍵」(前編)

事業部門がRPA(ロボティックプロセスオートメーション)による業務の自動化を企図したとき、ある壁が立ちはだかる。RPA推進の障壁とは何か。それを取り除くにはどうしたらいいのか。

【Lindsay Clark , Computer Weekly】()
無害に見えるページの正体

カスタムWebフォントを利用することにより、表示と内容(文字コード)が一致しないフィッシングページが発見された。悪意のあるコードを無害のように偽装する手口とは。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
記憶しなくてもよい認証ソリューション

パスワードを用いる認証手法そのものが脆弱であり、パスワードの複雑性を高めたりパスワード管理機構を追加したりしても本質的な解決には至らない。FIDOは一つの解答だが、それだけでは理想に少し足りない。

【Bruno Halopeau & Adrien Ogee , Computer Weekly】()
Computer Weekly導入ガイド

コンピューティングはこの数年で進化し、アジャイルな仕組みに重点が置かれるようになった。DevOpsとマイクロサービスが、いかにITアーキテクチャを進化させているかを紹介する。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
SMSベースの認証は脆弱

セキュリティ研究者が、SMSベースの二要素認証をバイパスするツールを公開。このツールによって二要素認証が必ずしも安全ではないことが明らかとなった。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
IEEE 802.11axは何をもたらすのか(後編)

802.11axは5Gと競合するのか。企業は急いでネットワークを802.11axにアップグレードすべきなのか。802.11ax導入の展望を紹介する。

【Peter Ray Allison , Computer Weekly】()
チップレベルのセキュリティ対策

プロセッサの脆弱性が判明してから1年が経過した。Intelは今、どのような取り組みをしているのだろうか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
5Gスマホが解決すべき技術的課題

5Gスマホの開発・製造には解決すべき技術的な課題があるという。その制約により初期の5スマホは大型で分厚く、高価なものになりそうだ。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
中小企業のクラウドストレージ導入(後編)

クラウドストレージの導入に際して気になるのはセキュリティとコスト、さらにはデータ保護だ。中小企業向けクラウドストレージはどの程度のサービスが提供されるのだろうか。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
次世代CPU技術解説

2019年もIntelとAMDの覇権争いが過熱しそうだ。両社の次世代製品はどのような仕様なのか。どのような市場を狙っているのか。大きく異なるその設計思想を解説する。

【Daniel Robinson , Computer Weekly】()
EU市民の個人データは鬼門

GDPRはEU圏外の国にも影響を及ぼす。EU市民の個人データを機械学習に利用すると説明責任が生じ、機械学習の内部はブラックボックスだという言い訳は通用しない。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
レガシーアプリ延命術

DockerはWindows Server 2008のサポート終了を好機と考えている。これはコンテナ導入を検討している企業にも当てはまる。1年後の大イベントを最小コストで乗り切るヒントとは?

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
IEEE 802.11axは何をもたらすのか(前編)

接続端末の増加や用途の変化により、無線ネットワークにはさまざまな課題が生じている。これらを解決しつつ高速な通信を実現すると期待されているのが次世代規格「IEEE 802.11ax」だ。

【Peter Ray Allison , Computer Weekly】()
Computer Weekly導入ガイド

デジタルカスタマーエクスペリエンスの強化に向け、いかに小売り業務を転換すべきか。Forresterの「Digital Store Playbook」から抜粋して紹介する。

【Michelle Beeson , Computer Weekly】()
Computer Weekly導入ガイド

小売業者は何年も前から顧客情報を収集してきた。だが人工知能(AI)の普及により、この情報をもっと効率的に利用する機会が開ける。その課題とチャンスについて解説する。

【Clare McDonald , Computer Weekly】()
Computer Weekly導入ガイド

英ロンドンのジュエリー販売店Taylor & Hartが指輪購入のルールを変革するに当たり、中心的な役割を果たしたのはモバイルだった。

【Christian Annesley , Computer Weekly】()
まだストレージクラスメモリ普及前夜

HPEとDell EMCによるSCM搭載ストレージの市場投入によって、ストレージアーキテクチャが新たな段階に突入する。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
イメージほど高価ではない

時代遅れで高価で管理が難しいというイメージが定着しているメインフレームの価値を問い直す。大規模かつミッションクリティカルなシステムを運用するなら、コスト効率の高い選択肢の一つとなる。

【Tony Lock , Computer Weekly】()
Googleのメッセージは届いていない

企業デスクトップの選択肢の一つとして「Chrome Enterprise」がある。だが、Googleは顧客にメッセージを十分に伝えきれていないようだ。

【Richard Edwards , Computer Weekly】()
価格改定はチャンス

Microsoft Office 2019のリリースに合わせて、Microsoftは製品の価格調整を実施。結果としてライセンス料が上昇した。これによるコストアップを最小限にとどめるにはどうすればよいのか。

【David Chamberlain , Computer Weekly】()
ディープラーニングツール概説(後編)

TensorFlowやPyTorchなどのフレームワークばかりが注目されるが、ディープラーニングを支援する周辺ツールにも注目したい。今後さらに多くのツールが誕生することだろう。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
中小企業のクラウドストレージ導入(前編)

中小企業にとってもクラウドストレージが現実的な選択肢になってきた。まずは中小企業にとってのストレージ要件を整理しよう。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
クラウドに幻滅する理由

いまだにクラウド移行に失敗したり、想定したような結果が得られず幻滅したりしている企業は多い。残念ながら、クラウド神話を信じる人はまだまだ多い。

【Neil Briscoe , Computer Weekly】()
IT管理者の仕事が楽しくなる

多くの企業がRPA(ロボティックプロセスオートメーション)に象徴される自動化を取り入れようとしている。IT管理者が失業を回避するためには、自動化を先取りする必要がある。どうすればいいのか。

【Stuart Burns , Computer Weekly】()
量子鍵配送(QKD)実現の最前線(後編)

量子コンピュータの圧倒的な演算能力に対抗し得る量子鍵配送方式は、既に実用化されつつある。現在の取り組みと課題を紹介する。

【Peter Ray Allison , Computer Weekly】()
ディープラーニングツール概説(前編)

ディープラーニングプログラムを一から構築することも可能だが、既存のフレームワークやラッパー、周辺ツールを使うことでより迅速かつ容易に開発できる。まずは大企業が提供する主要なツールを簡単に紹介する。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
異なる設計思想

ThousandEyesが発表したレポートによるとAWSのネットワーク処理はAzureやGoogle Cloud Platformと大きく異なり、パフォーマンスの問題が発生する可能性があるという。AWSは何が違うのか。

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
余っているストレージ容量を共有

使っていないもの、余っているものを共有し、対価を得る。これをストレージに適用するとどうなるのか。Storjの挑戦は成功するのか。成功の条件とは何か。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
PyTorch 1.0とCaffe2で動作

FacebookがPyTorch 1.0やCaffe2で動く強化学習プラットフォームをオープンソースで公開した。Horizonを使うことで何ができるのか。その概要を紹介する。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
Ransomware as a Serviceに対抗

各国の警察機構とセキュリティベンダーが共同運営するNo More Ransom。ここでダウンロードできるツールを利用すれば、ランサムウェアに暗号化されたファイルを復号できる可能性がある。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
犯罪歴が参加条件

通常の方法ではアクセスできないダークネットに存在するダークウェブ。そこには、犯罪歴の証明が参加条件となるフォーラムもある。そうしたフォーラムではどのような情報がやりとりされているのだろうか。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
信者が語るChromebook&G Suiteの魅力(後編)

ChromebookでG SuiteではなくMicrosoft Officeを使う場合、何ができて何ができないのか。Chromebookをビジネスで活用する際に避けては通れない問題を検証する。

【Tim Anderson , Computer Weekly】()
量子鍵配送(QKD)実現の最前線(前編)

量子力学を応用してデータを暗号化・復号し、暗号鍵をセキュアに配送する量子鍵配送(QKD)。従来の暗号鍵配送プロトコルとの決定的な違いは、第三者による傍受を察知できるところにある。

【Peter Ray Allison , Computer Weekly】()
上層部の不興や高い離職率

企業の人事部門は今、追い詰められている。上層部からは不満を持たれ、従業員は評価を実感できず離職してしまう。調査の結果、人事部門はAIの導入に活路を見いだしていることが分かった。しかし……。

【Bill Goodwin , Computer Weekly】()
Red Hatは消えるのか

IBMによるRed Hat買収がさまざまな臆測を呼んでいる。楽観論もあれば悲観論もある。悲観的な人々は、一体何を恐れているのだろうか。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
「Solid」とは

ティム・バーナーズ=リー氏がInruptという企業を立ち上げた。その狙いは、オンラインデータの管理権限をそのユーザー自身に与えること。そのためのプラットフォーム「Solid」とは? 同氏が目指すWebとは?

【Sebastian Klovig Skelton , Computer Weekly】()
Cloud Foundry導入事例

ある企業が、PaaS基盤「Cloud Foundry」を商用版からオープンソース版に切り替えた。商用サポートを捨てるリスクと引き換えに同社が得たものは、コスト削減効果だけではなかった。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
ウォズが考えるプログラミング教育とは?

自身の体験から独自の教育哲学を持つスティーブ・ウォズニアック氏が、学校教育や親に苦言を呈した。同氏が考えるプログラミング教育とはどのようなものか。

【Clare McDonald , Computer Weekly】()
オーストラリア国外プロバイダーにも適用

オーストラリア政府の暗号解読法案にAppleが強く反発している。万人のプライバシーを守るべきか否か。同様の法律が各国に波及する可能性も懸念されている。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
信者が語るChromebookの魅力(前編)

Chromebookにほれ込んだ筆者が、Chromebookの業務利用をとことん追求して何ができて何ができないかを明らかにする。前編ではChromebookが直面する現実とG Suiteのコラボレーションの概要を紹介する。

【Tim Anderson , Computer Weekly】()
Google対Microsoft(後編)

G Suiteの出現はどのような意味を持つのだろうか。Microsoft Officeの覇権は崩れたのか。ITインフラアーキテクトのバンデルズワン氏は、Microsoft Officeに表れたある変化を指摘した。

【Ben Sillitoe , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

職場で利用できるデバイスの多様性を前提として、IT部門はデバイスのセキュリティを一元化する方法に目を向ける必要がある。

【Bob Tarzey , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

デスクトップをクラウドへ移行することは理にかなうのか。DaaSとVDIについて解説する。

【Tim Anderson , Computer Weekly】()
長過ぎるダウンタイム問題

調査の結果、ランサムウェアなどに起因するシステムダウンの復旧に多くの企業が課題を抱えていることが分かった。バックアップと復旧の目的を見失っている可能性がある。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

デジタルワークプレースの需要は、機能性、モバイル性、接続性の向上につながっている。デスクトップITの変化について解説する。

【Stephen Kleynhans , Computer Weekly】()
過信の結果は失敗

セキュリティ対策にブロックチェーンを応用するというアイデアは有益だ。だがブロックチェーンを過信してはならない。ブロックチェーンを安全に運用するためのベストプラクティスが必要だ。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
1000人のアナリストを導入してもムリ

1日に300万件発生する従業員のログイン、コーヒーマシンを含む20万のエンドポイントから収集するデータ。これらのセキュリティ業務を人間が行うのは不可能だ。そこでスターバックスは業務の自動化に取り組んでいる。

【Clare McDonald , Computer Weekly】()
それでもテープはよみがえる

アクセス頻度が低いコールドデータの保存には、やはりテープメディアが最適だ。しかし、盤石かと思われたこの市場にも変化が訪れようとしている。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
クラウドNASのススメ(後編)

クラウドNAS製品はベンダーによって特徴が大きく異なる。主要ベンダー8社と各社製品の特徴を簡単にまとめた。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
Google対Microsoft(前編)

G Suiteは採用企業を増やしつつあるが、Googleの苦戦は続くと見られている。ただしGoogleにも強みはあるという。

【Ben Sillitoe , Computer Weekly】()
Microsoft純正仮想デスクトップの弱点は?

Microsoftの純正仮想デスクトップ「Windows Virtual Desktop」によって同社は何をしようとしているのか。Azureで仮想デスクトップを提供しているCitrix Systemsの反応は?

【Tim Anderson , Computer Weekly】()
Dockerコンテナとネットワーク(後編)

コンテナを動的に立ち上げてマイクロサービスとして機能させるには、各コンポーネントが相互にリンクしていなければならない。そのために必要なものとは?

【Daniel Robinson , Computer Weekly】()
クラウドNASのススメ(前編)

データもアプリケーションもオンプレミスで完結しなくなった今、NASもそれに合わせて「クラウドNAS」に進化した。クラウドNASに最適なユースケースとは?

【Chris Evans , Computer Weekly】()
データを企業価値に転換

データの有効活用にソフトウェア定義ストレージがどのように貢献するのか。何が実現するのか。だがそのためにはストレージ管理者も変わらなければならないという。

【Beverley Head , Computer Weekly】()
そんなところにデータが残っている?

PCやネットワーク、ファイルサーバにセキュリティポリシーを適切に適用している組織は多いだろう。だが、機密文書や個人情報は意外な所に保存されている可能性がある。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
データを自動的に暗号化

書き込まれたデータを自動的に暗号化する自己暗号化ドライブは、多くのコンプライアンス要件を満たすことができる。ただし弱点もあることに注意する必要がある。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
その契約、本当に必要?

調査の結果、大多数の企業がソフトウェア保守契約を検討せずに更新していることが明らかになった。だがその保守契約から何らかの価値を得ているだろうか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

ソフトウェアのコンテナ化、コンポーネント化、コンパートメント化のアプローチは、企業の顧客対応を向上させる助けになる。だがCIOには、さらに複雑な環境を管理するという課題が生じる。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

DevOpsモデルはソフトウェア開発おけるアジャイルアプローチの上に成り立っている。変化を嫌う組織の中でDevOpsを始めるには、注意深く事を進める必要がある。

【Rob Bamforth , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

MicrosoftはWindowsに拘泥せず、Linuxやオープンソースに対応した開発ツールの拡充に注力している。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
クラウドコスト節約Tips(後編)

クラウドコストの適正化には、ソフトウェア資産管理のベストプラクティスが有効だ。しかし、事業部門による資産管理には限界がある。そこで重要度が増す要素とは?

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Dockerとネットワーク(前編)

Dockerでコンテナを作成するのは容易だが、それらがマイクロサービスとして機能するためには、さまざまな要素を考慮したネットワーク接続性が不可欠だ。基本的なところから復習しよう。

【Daniel Robinson , Computer Weekly】()
不評な顔認証も受け入れられる?

英国の価格比較サイトが行った調査により、非接触型決済に関するさまざまな消費者意識が浮き彫りとなった。非接触型決済が完全に主流となる条件とは? 身体にマイクロチップを埋め込むのは当たり前になるのか。

【Zach Emmanuel , Computer Weekly】()
パフォーマンスは良好

AI用プロセッサは用途によって実装方法が変わる。AlibabaがFPGAで開発したディープラーニングプロセッサは、畳み込みをサポートしており主に画像関係で威力を発揮するだろう。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
StarWindは完成度が低かった……

寿命を迎えたSANの代わりに導入した製品は、完成度が低く保守や更新が難しかった。次に選んだのは、ソフトウェアのハイパーコンバージド製品。中小企業でも手が届く価格でエンタープライズレベルの冗長性を確保した。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
SAPの2025年問題

ECC6からS/4HANAへのアップグレードが問題になっている。S/4HANAの導入には多くのリスクがあるという。2025年のECC6サポート終了を前に、企業はSAPシステムの意義を見つめ直す必要がある。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
メリットはコストだけか

Druvaが発表したレポートによると、クラウド導入企業の53%はクラウドへ移行してもコストを削減できていないという。だが、クラウドへの移行のメリットはコストの削減だけだろうか。

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
アプリはWindows VMで実行

Microsoftは、Windows 10に新機能を追加しようとしている。仮想マシンでアプリケーションを実行することにより、不正コードを隔離できる。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
クラウドコスト節約Tips(前編)

クラウドの導入は容易であり、IT部門を通さずに事業部門が直接導入するケースも見られる。だが、こうしたやり方にはデメリットも多い。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
コラボレーションツールの功罪(後編)

コラボレーションツールによって集中力はそがれ、情報を見つけるのに時間がかかるようになる。コラボレーションツールの導入によって低下した生産性を上げるには、どうすればいいのか。

【Peter Ray Allison , Computer Weekly】()
マイクロ仮想化技術で守るものとは?

攻撃を仮想マシン内に隔離してホストOSを守る従来のセキュリティ技術に対して、Bromiumが新たに提唱するのは仮想化で「アプリケーションを守る」セキュリティ対策。逆転の発想は受け入れられるのか。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

米カリフォルニア州の新興企業が、データから価値を引き出す手段の向上を目指している。

【Brian McKenna , Computer Weekly】()
AppleはAmazonに学べ

2018年、AppleとAmazonが相次いで1兆ドル企業となった。先行したAppleだが、同社はある弱点によってAmazonとの競争に敗れると予想される。両社の違いとは何か。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

複数のデータベースに異なる形で保存され、同じ人あるいは物を指しているのかどうかも分からない。このような状態から脱し、データをビジネスに活用するにはどうすればいいのか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

Siemensは、プロセスマイニングを採用したことでサプライヤーへの支払いや物流の管理、注文から現金化までのプロセス運営における非効率性を洗い出すことができた。

【Lindsay Clark , Computer Weekly】()
コラボレーションツールの功罪(前編)

メール増加の弊害から、各種コラボレーションツールの利用が広がった。だが、本当に生産性は向上したのか。コラボレーションツールが「第2のメール」になっているのではないか。

【Peter Ray Allison , Computer Weekly】()
GPU依存は誤り

マーシュ博士は、「GPUに依存したデータ分析は間違っている」と明言する。このアプローチでは将来のデータ増加に対応できないという。ペタバイト、エクサバイト時代のデータ分析はどうなるのか。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
英国とドイツでは?

AIや機械学習が誇大に宣伝されたことにより、セキュリティ面でもAI万能論がまん延していることが分かった。誤った認識の帰結はリスクの増大だ。対する英国とドイツの認識、そしてAIについての理解度は?

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
AWS対Azure対Google対IBM(後編)

主要ベンダーのクラウドストレージサービスには当然ながら類似点と相違点がある。構築するシステムやアプリケーションによっては、その違いが致命的になることもある。各社の違いを理解しておこう。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
OSのミニマリズム

汎用OSには不要な機能が多過ぎる。アプリごとに、OSの機能を極限まで削減したらどうなるか……。これがユニカーネルの概念だ。IncludeOSを例に、ユニカーネルの魅力を紹介する。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
サプライチェーンの課題が浮き彫りに

2018年8月、半導体メーカーTSMCの工場がコンピュータウイルスに感染して操業を停止した。これが新型iPhoneの出荷に影響を与える恐れが指摘された。この事件は、新たな脅威を象徴している。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
転移学習がより容易に

米国企業のIndicoが、Ensoというツールをオープンソースで公開した。自然言語による転移学習を簡便化するというこのツールを紹介する。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
AWS対Azure対Google対IBM(前編)

主要ベンダーのクラウドストレージサービスには当然ながら類似点と相違点がある。構築するシステムやアプリケーションによっては、その違いが致命的になることもある。各社の違いを理解しておこう。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
AIはパターンマッチングを超えられるか?(後編)

AIは膨大な情報から問題箇所を検知することができる。これだけでも十分有用だが、今のAIにはこれ以上のことができない。AI導入に際しては、「AIが理解するのはパターンだ」ということを理解する必要がある。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
メモリが不揮発性に

Intelが発表した新Optaneは、DDR4 DIMMスロットに装着できることが特徴だ。不揮発性メモリを通常のメモリとして利用できるようになったことで、ストレージアーキテクチャはどう変わるのか。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
盛者必衰のことわり

Oracleは過去7年間に4兆円近い額を買収に費やしたが、その間の増収は7%。規模は容易に測れないが、Oracleは衰退していると筆者は説く。その原因とは何か。

【Robin Fry , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

パブリッククラウド間でワークロードを移植する方法は複数ある。ただし、現状ではそれ以上に多くの壁を乗り越える必要がある。

【Lauren E. Nelson and Charles Betz , Computer Weekly】()
不自由な統一か、自由な断片化か

欧州委員会(EC)は、Googleに過去最高額となる43億4000万ユーロの罰金を科した。ECとGoogleの言い分の是非はともかく、両者の対立は何をもたらすのか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
フラッシュ対SCM(後編)

SCMやNVDIMMを効果的に使えば、これまで解決できなかったストレージボトルネックを解消できる。SCMやNVDIMMの用途や周辺動向を整理して紹介する。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
必要なメモリを大幅削減

メルボルン大学の科学者たちが新たなアルゴリズムを編み出し、量子コンピューティングのシミュレーションに必要なメモリを大幅に削減。量子コンピュータの実現にまた一歩近づいた。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

適切なチェックと管理を行わなければ、クラウドのコストはいとも簡単に制御不能に陥る。請求書に書かれた金額に仰天する前にやるべきこととは?

【Stuart Burns , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platformの独占状態にあるパブリッククラウド市場。だが中国のIaaS大手Alibabaも世界制覇を狙う。

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
それでもパスワードは滅びぬ

パスワード認証がなくなることは当分ないだろう。このパスワードとうまく付き合うには、覚えにくいパスワードや定期的な変更の強制という時代遅れな運用をやめ、多層防御に移行する必要がある。

【Maxine Holt , Computer Weekly】()
Windows 10はジェイルブレークOS

Windows 10は本質的にroot化/ジェイルブレーク状態のOSである。これまではそれが当たり前だったが、これからもそれでよいのか。今こそ「Windows 10(Sモード)」を検討すべき時期だ。

【Richard Edwards , Computer Weekly】()
AIはパターンマッチングを超えられるか?(前編)

機械学習、深層学習は与えられたデータセットからパターンを学習し、パターンマッチングを行う。実務分野に応用されて成果を出す一方で、機械学習がうまく適用できない分野も見えてきた。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
各国で進む実証実験の現状

東京オリンピックでは、中継に5G技術が活用される見通しだ。並行して、各国の通信事業者はさまざまな取り組みを行い、5Gの実現に向けて歩み続けている。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
フラッシュ対SCM(前編)

SSDは通過点にすぎず、ストレージはさらなるパフォーマンス向上を求められている。NVMeを通して見えてきた次世代技術であるストレージクラスメモリ、不揮発性DIMMについて解説する。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
オープンソースツールがまた一つ

機械学習のパラメーターやモデルの管理、APIの提供などができるPythonライブラリがオープンソースで公開された。Databricksの「MLflow」が解決する機械学習の問題とは?

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
量子コンピュータで揺らぐ暗号技術

量子コンピュータの高い演算能力は、暗号解読にも有効だ。暗号技術に依存したセキュリティ対策は、量子コンピュータによって無効化されるかもしれない。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
不満点はコストだけではない

医療機器メーカーPenlonは、Scale Computingのハイパーコンバージド製品に移行して約437万円のコスト削減を実現した。同社がライセンス費用以外で「VMwareフリー」にこだわった理由とは?

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
トイザらスとAmazonの成功の分かれ目(後編)

「トイザらスは時間をかけて自分の棺おけを作っていた。Amazonが棺おけを作って、トイザらスをそこに押し込んだわけではない」。トイザらスはどこで間違えたのか。何を間違えたのか。

【Ben Sillitoe , Computer Weekly】()
非Dockerコンテナ技術も

Kubernetesの登場でオーケストレーションに一定の成果を見たDockerのエコシステム。だが、コンテナの世界はさらに進化しようとしている。

【Daniel Robinson , Computer Weekly】()
ソフトウェア定義ストレージの進化(後編)

ソフトウェア定義ストレージ市場を活性化させるのは、個性的な新興企業だ。数あるサプライヤーの中から、注目に値する5つの新興企業とその製品を紹介する。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
パフォーマンスは期待以上

HDDベースの共有ストレージで映画を製作していたTechnicolorは、多くの課題を抱えていた。そこでExceleroの「NVMesh」を使ってNVMe over Fabricsを構築。すると「設定を間違えたのか」と疑うほど高速化したという。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
機械学習でシミュレート

AWS、Microsoft、Googleの料金体系には一貫性がなく、ユーザー企業が価格を比較するのは不可能だ。調査会社451 Researchは、機械学習を使って3社の価格をシミュレートし、低価格なサービスを発見した。

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
製品に応用される量子論

量子コンピュータが実用化されるのはまだ先の話になるが、1〜2年で実現する技術分野もある。これを好機と捉えて生かすか、様子を見るか。いずれにせよ、これから何が起こるのか知っておく必要がある。

【Paul Martin , Computer Weekly】()
QLC対SLC、MLC、TLC

QLC NANDフラッシュ製品がついに登場した。TLCの2倍の記憶密度を誇るQLCは、フラッシュストレージの大容量化に貢献するはずだ。にもかかわらず、その用途が限定されるのはなぜか。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
トイザらスとAmazonの成功の分かれ目(前編)

2017年に米トイザらスが経営破綻した。この原因をAmazonの存在に求める意見もあるが、事はそう単純ではない。小売りコンサルタントたちは、「Amazonが原因ではない」と言う。

【Ben Sillitoe , Computer Weekly】()
SCMの時代がやって来た(後編)

ストレージクラスメモリは高速かつ不揮発性という特徴があるが、まだ高価で容量は少ない。どのような使い方がベストなのか。ストレージクラスメモリの特性とサプライヤーの製品戦略を見てみよう。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
ソフトウェア定義ストレージの進化(前編)

ハードウェアのコモディティ化が進み、ソフトウェア定義ストレージを実現する環境が整ってきた。改めてソフトウェア定義ストレージの基礎から進化の方向性、製品の選び方を解説する。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
AI導入時に考えるべきこと

AIが実用化され、人々の関心は事業の実情に移りつつある。フォルクスワーゲンのブラッドショー氏は、AIによって「より安く・速く」することよりも考えるべきことがあると言う。

【Beverley Head , Computer Weekly】()
ブロックチェーンに欠けているもの

決済サービスを提供するWorldpayのスコット=タガート氏は、金融サービス業界におけるブロックチェーンの価値に否定的な見解を持っている。ブロックチェーンには何が足りないのか。

【Zach Emmanuel , Computer Weekly】()
最大2000万ユーロ(約26億円)

EU一般データ保護規則(GDPR)に強い関心を向ける企業は多いが、NIS指令(ネットワークと情報システムに関する指令)を意識している企業は少ない。だが、この罰金額は無視できない。

【Dan Mosca , Computer Weekly】()
実は穴だらけ

商用コードを監査した結果、多くのオープンソースコードが含まれていることが分かった。問題は、そのコードが内包している脆弱性が放置されていることだ。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

カスタマーエクスペリエンスを極限まで高めた「サイキックピザ」を実現するため、カスタマー分析アプリケーションにインテリジェンス層を追加する必要がある。

【Cath Everett , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

密接につながった世界の中で、企業が顧客のニーズについてきめ細かい理解を深めるための手段を紹介する。

【Christian Annesley , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

ディープラーニングは、「顧客を理解する」というカスタマーインサイトチームの目標達成を支援できる。

【Brandon Purcell , Computer Weekly】()
トポロジカル量子ビットに自信

Microsoftは、トポロジカル量子ビットを応用した量子コンピュータの実現に自信を見せる。同社の量子コンピュータへの取り組み、そしてその展望を紹介する。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
ガッカリな未来予想図

かつて画期的な技術と目されていた5Gは、今やすっかり色あせてしまった。5Gが実現しても通信環境は大して変わらないと筆者は主張する。5Gはなぜこんなにも残念な存在になってしまったのか。

【William Webb , Computer Weekly】()
SCMの時代がやって来た(前編)

不揮発性で既存のSSDよりもはるかに高速な「ストレージクラスメモリ」。IntelとMicronの3D XPointを筆頭に、Z-NANDやMRAMなどが市場に登場している。有望な技術はどれだろうか。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
Oracle Database 18cは管理者不要……らしい

OracleのCEOマーク・ハード氏が、同社の自立型データベース「Oracle Database 18c」の導入メリットを語った。同製品を導入すれば、「必要な管理者はゼロになる」という。

【Stuart Kennedy , Computer Weekly】()
エンターテインメント事業を科学に変えた

ディズニーは、主にテーマパークやリゾート施設の顧客体験向上にアナリティクスを活用しているという。一方でミュージカルの運営にも取り入れ、『ライオン・キング』の興行を成功させた。

【Angelica Mari , Computer Weekly】()
Pixelbookを1カ月使ってみた(後編)

Pixelbookではどのようなアプリが使えるのか。クラウドストレージとの連携は容易なのか。WindowsアプリやOffice 365の使い勝手はどうか。仕事で使うことを前提に使用感を紹介する。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
メリットが保証されるわけではない

サーバレスコンピューティングは誤解されやすい概念であり、全ての企業がメリットを享受できるわけではない。サーバレスが役立つのか否か。導入する前に絶対やっておくべきこととは?

【Stuart Burns , Computer Weekly】()
魅力は省電力

Microsoftは、Azureデータセンターの一部にMAID「Pelican」を展開しているという。過去に一時期話題になったMAIDとは何か。なぜ今MAIDなのか。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
演算リソースの不正利用をどう防ぐか

無断でPCやサーバの演算リソースを使って仮想通貨を採掘(マイニング)する「クリプトジャッキング」が問題になっている。中でも「ある人物」による犯行は検知が難しい。

【Paddy Francis , Computer Weekly】()
ハイブリッドクラウドオブジェクトストレージの基礎(後編)

どのような企業がハイブリッドクラウド対応のオブジェクトストレージを使うべきなのか。そうした企業が製品を選定する際に注目すべき8つのサプライヤーを紹介する。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
Pixelbookを1カ月使ってみた(前編)

各社が販売しているChromebookのフラグシップモデルともいえる製品を本家Googleが発売した。同社のPixelbookはどのようなChromebookなのか。まずはそのハードウェア仕様とその使用感を紹介する。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
RAID技術は百家争鳴

オールフラッシュアレイ製品を導入するに当たり、各製品が実装しているRAIDオプションを理解する必要がある。中には、独自拡張したRAID機能もある。RAIDの基礎と各社の技術を紹介しよう。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

大企業はどうすれば、モバイルアプリ開発のための効率的な組織を創設できるのか。

【Jeffrey S Hammond , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

スマートフォンメーカーが生体認証などの新機能を提供している。企業が利用できる限り最善のモバイルセキュリティ対策を実装するためには、何をすればいいのか。

【Zach Emmanuel , Computer Weekly】()
一般提供は?

AmazonがAWSでグラフデータベースを提供すると発表し、このニッチなデータベースジャンルにもスポットライトが当たるようになった。Neptuneの一般提供前にグラフデータベースについておさらいしておこう。

【Jason Stamper , ITmedia】()
Webに世代交代は来るのか

HTTP/HTTPSの欠点を解決する手段の1つとして、IPFSという分散ファイルシステムが開発された。IPアドレスに依存しないため、確かにデッドリンクの発生を低減できるかもしれない。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
Linux大好き

Microsoftのオープンソースコミュニティーへの貢献は称賛に値する。Windows上でLinux用実行ファイルをネイティブ実行する「Windows Subsystem for Linux」も興味深い施策の1つだ。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
ハイブリッドクラウドオブジェクトストレージの基礎(前編)

ハイブリッドクラウドに対応したオブジェクトストレージを使うと何が実現するのか。両者の特長を生かすことによって、データを柔軟に運用できるようになる。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
AIが履歴書をチェックして電話してくる

ペプシコが導入したAI「Robot Vera」は、求職者の履歴書をスキャンして適格者に電話をかけ、面接まで行う。ペプシコの導入事例を詳しく紹介する。

【Bill Goodwin , Computer Weekly】()
Webブラウザをコンピュータに(後編)

Webブラウザベースアプリの増加はChrome OS系OSにとって追い風だが、Windowsネイティブアプリの存在がWindowsからの移行を阻害している。だが、その問題にも解決策はある。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
CIOインタビュー

オムニチャネル戦略を推進するHobbycraftのCIO、トーマス氏にインタビュー。同氏が改革した社内アプリ、モバイルの顧客エクスペリエンス強化、そしてCIOにとってのイノベーションとは。

【Angelica Mari , Computer Weekly】()
それでもサーバレスには魅力がある

サーバレスには多くのメリットがある。プロビジョニングもサーバの管理も必要もない。しかし、サーバレスを使うなら4つの課題を覚悟すべきだ。

【Naveen Kumar , Computer Weekly】()
ドライブスキャンは無意味

HDDなどへファイルを書き込まないファイルレスマルウェアは、ドライブをスキャンするタイプのウイルス対策ソフトでは検知できない。この脅威に対処する方法はあるのだろうか。

【Greg Temm , Computer Weekly】()
Webブラウザをコンピュータに(前編)

Windowsデスクトップの切り崩しに名乗りを挙げたChrome OS陣営。その中でNeverwareはChromebookベンダーとは異なるアプローチを取る。Chromium OSベースの「CloudReady」は企業に受け入れられるのか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
ユーザー企業の経済的損失は

Veritasが行った調査の結果、多くの企業はクラウドがダウンしたときの責任について勘違いしていることが明らかになった。クラウドプロバイダーを責めても経済的な損失は埋められない。どうすべきか?

【Zach Emmanuel , Computer Weekly】()
Chrome OS&Chromebookのススメ(後編)

Windows 7のサポート終了は、「Windowsか否か」を決断する最後のチャンスになるかもしれない。今、Windows 10ではなくChrome OSを選ぶことは可能だろうか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

クラウドの普及がネットワークの要件を変化させている。現代の企業活動の中枢神経を担うネットワークには、新たな戦略が必要だ。

【Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

クラウドベースのワークロードには高い柔軟性が要求される。企業がそれに対応するためには、WAN戦略をどう見直すべきなのか。その鍵を握るのが5Gだ。

【Rene Millman , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

SD-WAN技術の到来で、通信事業者によるWANサービスの囲い込みが実質的に排除された。市場の現状について解説する。

【Bernt Ostergaard , Computer Weekly】()
モバイルアプリ開発の最前線(後編)

モバイルアプリに限らず、音声認識や拡張現実の重要性は高まっていく。それはなぜなのか。開発者はどの技術に注目すべきか。今後のために何をすべきなのか。

【Rob Bamforth , Computer Weekly】()
80%の幹部は自信なし

調査によると、サイバー攻撃のリスクに対応する自信があると答えた上級幹部は19%しかいなかった。サイバーリスクを適切に管理するために、まず着手すべきこととは?

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
重要度が増した組み込み市場

EPYCでサーバ市場にAMDが返り咲き、Intelとの競合が再び注目されるようになった。両社の戦いはデータセンター市場だけでなく、組み込み市場に拡大している。両社がこの市場を重視する理由とは?

【Daniel Robinson , Computer Weekly】()
意外に難しいクラウドデータ保護

クラウドプロバイダーが責任を追うのは可用性であり、データ保護はユーザー企業が行わねばならない。だが、IaaSやSaaSのデータをバックアップするのは意外に難しい。

【Stephen Pritchard , Computer Weekly】()
正当なアプリが不正なコマンドを実行

PowerShellやWMIなど、OSに組み込まれた「OSに信頼されている」プログラムに不正なコマンドを実行させるファイルレスマルウェアが注目されている。「ファイルレス」故に生じる問題とは?

【Adrian Davis , Computer Weekly】()
Chrome OS&Chromebookのススメ(前編)

Windowsよりもう少しましなものはないのか? 以前はMacだったかもしれないが、今は違う。企業向けデスクトップOSとしてChrome OSが浮上してきたのはなぜか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
CW:Azure Stackの自力導入には高いハードル

英国の公共機関の多くが、Microsoft Azureを選択しているという。UKCloudは、さらにAzure Stackを使ったハイブリッドクラウドの提供でその流れを加速しようとしている。

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
CW:モバイルアプリ開発の最前線(前編)

モバイルアプリ開発の課題は今も昔も変わらない。多様化するサイズやフォームファクターにどうやって対応すべきか。モバイル開発に使える各種ツールをまとめた。

【Rob Bamforth , Computer Weekly】()
CW:Windows Phoneの失敗から学べ

Microsoftはマインドシェアを高める必要がある。非Windowsユーザーや非PCユーザーとの関わりをもっと増やさねばならない。モバイルの波で失敗した同社が、デジタルアシスタントの波に乗ることはできるだろうか。

【Richard Edwards , Computer Weekly】()
CW:意外に根付かないRAD開発

パーツを選んで設定を変更して他のパーツにつなげる。こうしてコーディングせずにアプリケーションを開発できるのがローコードプラットフォームだ。これを使うのは開発者の甘えなのだろうか?

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
CW:現金 vs. キャッシュレス

キャッシュレス社会のメリットが叫ばれる昨今だが、欧州中央銀行はユーロ紙幣&硬貨の流通量を減らすつもりはないという。彼らが主張する現金のメリットとキャッシュレスのデメリットとは?

【Karl Flinders , Computer Weekly】()
CW:音声アシスタント時代の企業戦略(後編)

AlexaとGoogleアシスタントとでは、どちらが優れているのか。実際に使ってみると、両者の違いは明らかだ。いずれにせよ、対応アプリ開発にはあるものが欠けているという。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
CW:デジタル化とIoT製品導入戦略ガイド

モノのインターネットは多大なストレージを要求し、前例のない量と種類のデータを発生させる。フラッシュからオブジェクトからクラウドに至るまで、選択肢について検討する。

【Manek Dubash , Computer Weekly】()
CW:デジタル化とIoT製品導入戦略ガイド

クラウドベースプラットフォームは、IoTの試用に伴う経済的、ロジスティクス的負担を取り除く。だがCIOにとっての選択肢は豊富にある。そうした選択肢について検討する。

【Bob Tarzey , Computer Weekly】()
CW:デジタル化とIoT製品導入戦略ガイド

デジタルトランスフォーメーションを支える中堅ニアショアITサービス事業者の利用について、メリットとデメリットを検証する。

【Somak Roy , Computer Weekly】()
CW:コンテナストレージはアリなのか?(後編)

コンテナそのものを永続ストレージのプラットフォームにするというアイデアは、一見すると不適切だ。しかし、それを上回る数々のメリットがある。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
CW:将来どちらを選択するか

支持を集めつつあるサーバレスコンピューティングを採用すべきか否か。サーバレスとマイクロサービスの長所・短所は何か。現時点で知っておくべきことをまとめた。

【Neil Turvin , Computer Weekly】()
CW:送信者偽装を検知

フィッシング詐欺に引っ掛かってしまう原因の1つが、なりすましによって信頼できる送信者であると誤認することだ。DMARCによってなりすましを防げれば、不審なメールを検知できるようになる。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
CW:ライブパッチがないとどうなる?

リブートすることなくLinuxカーネルにパッチを適用するライブパッチ機能が実用レベルに達したようだ。この機能は仮想化時代になり、ますます重要度が増している。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
CW:音声アシスタント時代の企業戦略(前編)

Amazon Echoをはじめとするスマートスピーカーにより、音声による対話で機能する機器の普及が加速した。Alexaスキルの開発も活発化しているが、この流行に乗るにはどうすればいいのか。スキル開発の注意点とは?

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
CW:Windows 7サポート終了まで残り2年

業界の専門家は、口をそろえてWindows 10への移行を勧めている。Windows 10への移行はIT管理のパラダイムシフトを促し、「IT部門が責任を放棄するチャンスだ」という。しかし、IT部門の仕事は終わらない。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
CW:Dockerで永続ストレージ(後編)

外部ストレージのデータをDockerのコンテナから利用したいこともある。外部ストレージ利用には賛否両論あるが、それでも利用したい場合はどうすればよいのか。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
CW:リスクを強調するのは間違い

GDPRのリスクばかり強調する報道やプロバイダーに惑わされてはならない。GDPRに正しく向き合えば、多くのメリットを享受できる。GDPRの理念を真に浸透させるのは罰金への恐怖心ではない。

【Jim Mortleman , Computer Weekly】()
CW:コンテナストレージはアリなのか?(前編)

仮想化やコンテナの普及により、従来型の共有ストレージではニーズが満たせなくなってきた。コンテナ時代のストレージの要件とは何か。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
Javaが消滅? 脇に追いやられる?

Javaの前途は開けている。IBMのドゥイモビッチ氏は、Javaは依然として価値があり、活用すべき分野があると語る。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

クラウドネイティブアプリケーションは、組織のニーズに合わせたより動的なサポートを実現する。では、クラウドネイティブとは何だろうか。

【Clive Longbottom , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

エンタープライズアプリケーションを構築するためのコンテナベースプラットフォームの構成要素を解説する。

【Computer Weekly】()
なぜ料金が6倍に?

クラウドの料金体系は複雑化し、一方で各担当者は自分の担当分しか把握できない。全体を誰も把握しないまま、クラウド使用料は膨れ上がる。また、ちょっとしたミスが驚くべき請求額をもたらすことになる。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
仮想通貨取引凍結時にどうする?

開発者は今、そしてこれから、ブロックチェーンアプリケーションに関与するだろう。そのとき開発者はどこから始めればよいのか。ブロックチェーンに必須の作業とは何か。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

継続的デリバリーの動きに大企業が加わりつつある。DevOpsの採用に向けた課題について解説する。

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
オンプレミスとクラウドで何が違う?

オンプレミスのデータセンターとクラウドでは、Webサイトのセキュリティ対策に異なるアプローチが必要となる。セキュリティついて根本的に考え方を変えるべき3つの事項を紹介する。

【Paco Hope , Computer Weekly】()
ディセプション技術で犯罪者をだませ(後編)

ディセプション技術によってさまざまなことが判明し、有効な対策が生まれている。攻撃者の行動を監視する手法や資格情報の新しい防御方法、そして攻撃用AIと戦う防御用AIについて解説する。

【Nicholas Fearn , Computer Weekly】()
キャッシュレス先進国の現実

キャッシュレス先進国として知られるスウェーデンやノルウェーなどの北欧諸国。彼らはさらなるキャッシュレス化を目指しているが、国内には反対する人々もいる。

【Computer Weekly】()
複数のPBXが混在していても無問題

英国のある労働組合は、合併を繰り返したため複数の電話システムが混在する状態にあった。Skype for Businessへの移行は困難が予想されたが、意外にもスムーズだったという。だが、問題は別にあった。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
他人のHDDにファイルを保存?

ブロックチェーンをDropboxやGoogleドライブのようなクラウドストレージに応用するサービスがある。ブロックチェーンを使ったストレージサービスは普及するだろうか。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
信頼できるサプライヤーの見つけ方

今やネットワークはビジネスの根幹をなしており、自社の管理下で十分なユーザーエクスペリエンスを確保する必要がある。必要な能力を備えたサプライヤーかどうかを確認するには、以下の5つの質問をすればいい。

【Paul Ruelas , Computer Weekly】()
DNSの設定を変更するだけ

「Quad9」は、IBM Security、PCH、GCAなどが共同で提供する無償のDNSサービスだ。このDNSサービスを利用することにより、不正な行為を行うWebサイトへの接続を遮断できる。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
AIの誇大宣伝に混乱する企業たち(後編)

AIを導入した企業はどのような課題を抱え、解決したのか。本稿で紹介する2つの事例の共通点は、導入製品がAIであるかどうかを全く重要視していないことだ。彼らが重視したことは何だったのか。

【Cath Everett , Computer Weekly】()
ランサムウェア被害者に第三の選択肢を提供

「No More Ransom」イニシアチブは、ランサムウェアによって暗号化されたデータを復号するツールを無償で提供している。さらに、McAfeeは復号ツールの開発を支援するフレームワークを公開した。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
6社のソフトウェアHCI製品

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)には複数の展開方法がある。本稿ではソフトウェアのHCI製品に着目し、そのメリットと主要製品を紹介する。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
AIの誇大宣伝に混乱する企業たち(前編)

今、単なる画像認識や機械学習までもがAIとして過大に宣伝され、企業導入が進まないという事態を招いている。誇大宣伝や誤ったイメージから逃れ、AIに正しくアプローチする方法とは?

【Cath Everett , Computer Weekly】()
テープバックアップは不滅!?

テープバックアップ不要論はいまだに根強いが、一方でテープの進化も着実に続いている。テープをNAS感覚で使えるようにするLTFSによって、“テープNAS”というバックアップ手段も選択肢に入ってきた。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
全ての企業に最適というわけではない

Microsoft 365 Enterpriseには多くのメリットがある。しかし、全ての企業にとって最適というわけではない。Microsoft 365 Enterpriseにピッタリな企業の条件とは何か。

【Duncan Jones , Computer Weekly】()
GDPR順守だけではない電子メールセキュリティ(前編)

GDPRの施行を目前に控え、日本企業も改めて個人情報保護体制を見直す必要がある。まずは最も狙われやすい電子メールのためにやるべき有用な対策をまとめた。

【Peter Ray Allison , Computer Weekly】()
SDPとは?

SDPは、ネットワークを信頼できないものとして接続を暗号化し、認証したユーザーごとに適切な制限を設けたアクセスを許可する。その導入事例を紹介する。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
拡大するOffice 365の全体像(後編)

Office 365は、クラウドアプリ化することでマルチプラットフォーム対応を実現。非Windowsユーザーでも使えるツールになった。さらにその先、Microsoftのクラウド戦略はどこへ向かうのか?

【Simon Bisson , Computer Weekly】()
拡大するOffice 365の全体像(前編)

Office 365はアプリスイートの枠を超え、データ処理ポータルという新たな価値を創造してきた。Office 365のツールを組み合わせることで、どのようなアプリが生まれるだろうか。

【Simon Bisson , Computer Weekly】()
2017年 企業向けワイヤレスネットワークトレンド(後編)

ワイヤレスネットワークの進化は、高速化だけではない。今後の技術動向は企業のネットワーク戦略を大きく左右することになる。これから何が登場するのか?

【Rene Millman , Computer Weekly】()
SANの導入以来の大きな変化

今や、ストレージコントローラーがボトルネックになっているという。実際にストレージコントローラーを排除したシステムでパフォーマンスはどの程度向上するのか。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
リレーショナルデータベースの限界(後編)

現在のデータ分析ニーズに、リレーショナルデータベースと従来のクエリでは対応できない。現在進みつつある、人工知能やディープラーニング、コグニティブアナリティクスなどについて整理しよう。

【Bernt Ostergaard , Computer Weekly】()
陥りやすいライセンス超過

「クラウド化により、ライセンスが不足がちになるが、本当の問題はライセンス超過にある」と指摘するライセンスアナリスト。Office 365のライセンス料金を少しでも安くするにはどうすればよいのか。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
注意すべきはメールだけではない

調査の結果、フィッシング攻撃の手段が多様化していることが明らかになった。もはや、メールに注意しているだけでは防げない。今必要なフィッシング対策とは?

【Zach Emmanuel , Computer Weekly】()
もっと帯域を!

Intel、Oracle、IBM、そしてIMECが研究・開発しているシリコンフォトニクス。これを光リンクに利用することで、広帯域のデータリンクを低コストかつ高品質に提供できるという。

【Aaron Tan , Computer Weekly】()
コスト削減の観点からVMwareは除外

英国の慈善団体は、HPEのサーバからHyperGridに移行したことにより、95万ポンド(1億3700万円)のコスト削減と大幅な処理速度向上を実現した。選定の条件は、「VMwareを除外すること」だった。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
Wave 2のメリットを生かすには?

IEEE 802.11acをベースとしたWi-Fi規格である802.11ac Wave 2は、高速な無線ネットワークを実現する。しかし、単にWave 2対応機器を導入しただけではWave 2のポテンシャルを引き出すことはできない。

【Peter Ray Allison , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

HANAに関する混乱のために、多くの顧客が二の足を踏んでいる。その課題について専門家に解説してもらった。

【Jim Mortleman , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

Hillarys Blindsはビジネスプロセス最適化のため、SAP CRMをOracleからHANAプラットフォームへと切り替えた。

【Brian McKenna , Computer Weekly】()
コスト削減は保証されない

Software Defined WAN(SD-WAN)に魅力を感じ、導入を検討する企業が増えている。だが、ほとんどの企業は誤解し、幻想に基づいて判断している。その幻想をぶち壊す。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
Microsoft Graph使ってる?

Office 365は単なる文書作成ツールの枠を超え、業務を進めるための分析やコラボレーションを支援するようになった。そして、Office 365の真価を引き出す鍵となるのが、「Microsoft Graph」だ。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
ストレージの利用法が激変

次世代の不揮発性メモリの出現が、ハードウェアアーキテクチャを根底から変えるという。データベースの書き換え処理はどう変わるのか。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
Bluetooth 5仕様策定の真意とは?

対応機器も発表され、普及への一歩を踏み出したBluetooth 5。その仕様やセキュリティ、IoTでの利用について、Bluetooth仕様の推進団体で開発者プログラムの責任者を務めるヘーゲンデルファー氏に聞いた。

【David McClelland , Computer Weekly】()
セキュリティ以外のリスク

Black Duck Softwareがオープンソースのアプリケーションを分析した結果、その多くでセキュリティ上の欠陥を内包していることが明らかになった。しかし、判明したリスクはセキュリティ面だけではなかった。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
メインフレームモダナイゼーション

メインフレームの維持やオープンシステムへの移行に悩む企業は多い。だが、最も手間とコストがかかるアプリケーションコードの書き換えが必要ないとしたら? この「リホスト」と呼ばれる手法を紹介する。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
フラッシュでも「RAIDの限界」が見えてきた

大容量HDDの出現により、「RAIDの限界」が取り沙汰され、イレージャーコーディングという代替策が登場した。フラッシュ時代にもこれは有効なのだろうか。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
CIOインタビュー

かつてeBayでCTOを務めたアヌヴェルト氏は今、Gumtreeで開発の指揮を執っている。大きな権限を与えた少数編成のチームを活用し、多くの成果物を生み出しているという。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
オープンデータ活用事例

スウェーデンの国土測量庁は、スウェーデンの地図をMinecraft用に変換して公開した。このMinecraft用の地図データはさまざまな形で活用されている。

【Eeva Haaramo , Computer Weekly】()
低コスト・大容量キャッシュを実現

DIMMスロットに装着できるDDR4互換のフラッシュメモリ「Memory1」。この製品のメリットとは何か。ビッグデータ時代の今こそ、Memory1を再評価すべきかもしれない。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
悪意のあるサイトから守る

セキュリティ戦略にDNSの防御を組み込む必要がある。今回は、悪意のあるサイトに引きずり込まれるのを防ぐのにも有効な、DNSプロキシサービスについて紹介する。

【Michael McIntyre , Computer Weekly】()
DNSの守り方

インターネットの根幹を成すDNSは、攻撃者にとって魅力的な標的だ。よく使われる3つのDNS攻撃と、その対策を紹介する。

【Richard Hollis , Computer Weekly】()
オールフラッシュも夢ではなくなった

フラッシュをもっと安く、大容量に。ユーザーの要求は限りないが、従来型のフラッシュでは限界が見えてきた。そこで注目されているのが「3D NAND」テクノロジーだ。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
デメリットもあることに注意

コモディティハードウェアとソフトウェアで実現するソフトウェア定義ストレージは、専用ハードウェアよりもコストが削減できる可能性がある。しかし、デメリットにも目を向ける必要がある。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
MicrosoftがAIの成果をデモ

Office 365のコラボレーション機能強化とAI研究に注力するMicrosoft。英ロンドンで開催されたイベントで、最新の成果が発表された。Office 365とAIが融合したとき、何が実現するのだろうか?

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Oracleの監査権限は実は曖昧

Oracleには本来、顧客企業の事業拠点に立ち入る権利はない。ライセンス契約の中に、Oracleの監査権限はほとんど盛り込まれていない。「正当な利用者」は、監査の主導権を握るべきだ。

【Robin Fry , Computer Weekly】()
増加するカードのスキミング

複数の研究者が、オンラインショップの現状に警鐘を鳴らしている。多くのオンラインショップにセキュリティ上の脆弱性が存在し、カード情報を入手するためのコードが埋め込まれたサイトもあるという。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
Android端末より壊れやすいiPhone

Blanccoが8月に発表したレポートによると、iOS端末の故障率が急増しているという。特に壊れやすいiPhoneは何か?

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

Webスケールのデータセットを整理するデータベースの台頭に関わるサプライヤー、そして「NewSQL」と呼ばれる新興勢力の動向について紹介する。

【Bob Tarzey , Computer Weekly】()
矛盾する2つの調査結果の謎

2016年夏、SAP HANAに関する2つの調査結果が相次いで発表された。1つは、中小企業もHANAに高い満足度を示した。一方、SAP自身が紹介した優良顧客の60%は、二度とSAP製品は買わないという。

【Brian McKenna , Computer Weekly】()
タイプセーフの仕組みを解説

JavaScriptにはさまざまな欠点があり、その1つであるタイプセーフを実現するツールも複数存在する。今回は、JavaScriptでタイプセーフを実現する実装の1つ、「Onux JS++」について、Onuxの創設者に話を聞いた。

【Adrian Bridgwater , Computer Weekly】()
相変化メモリの課題が解決

フラッシュメモリより高速で1万倍の耐久力があり、DRAMより低コストで不揮発性。それが相変化メモリ(PCM)だ。フラッシュストレージよりさらに高速なストレージが、もうすぐ登場するかもしれない。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
Watsonは常識に欠ける

営業支援コンサルタントやロボット弁護士、規制調査アプリケーションなど、人工知能「Watson」の導入実績も増えてきた。しかし、Watsonを導入するためには高い高いハードルを乗り越える必用がある。

【Lindsay Clark , Computer Weekly】()
メリットを全く生かしていない

LyncからSkype for Businessへ改称されて1年半。初期の混乱は収まったが、導入企業の多くがSkype for Businessのメリットを生かせていないという。

【Rene Millman , Computer Weekly】()
DBのパフォーマンスをアピール

クラウド移行が加速し、Oracleのソフトウェアの新規ライセンス売り上げは前年比10%減少した。新戦場のクラウドでは、AWSを強く意識していることがうかがえる。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

社内のIT管理プロセスのみを対象としていたID・アクセス管理の範囲が広がり、社外のビジネス関係にも焦点が当てられるようになった。

【Bob Tarzey , Computer Weekly】()
販促策の一環であることは察している

オープンソースコミュニティーとの協力関係を模索するAppleとMicrosoftの戦略は、好意的に受け止められている。企業利益のためであることを隠さない両社が受け入れられ、開発者が集まる理由とは?

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
無意識の利用がリスクを招く

オープンソースは必要に応じて積極的に活用する価値がある。だが、不用意な利用は法的なリスクを伴う。弁護士の立場から見た、オープンソースとのつきあい方を紹介する。

【Daniel Hedley , Computer Weekly】()
CIOインタビュー

3Dプリンティング用ソフトウェアの開発を手掛けるMaterialiseは、競合企業にも製品を販売して市場の拡大を目指している。同社CIOに、同社の戦略や3Dプリンティングの展望を聞いた。

【Jenny Stadigs , Computer Weekly】()
2016年IT優先度調査

Computer Weeklyが毎年実施しているIT優先度調査。2016年はどの分野の投資が活発化するのだろうか? この結果から、CIOの不安や期待が透けて見える。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
高速なPCIe SSDの使い道を考える

PCIe SSDには2つの使い方がある。低速なストレージのキャッシュにする方法と、ストレージ階層化における高速ドライブに利用する方法だ。ただし、それぞれ一長一短があることに注意が必要だ。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
攻撃者は最後にボロを出す

ビッグデータ分析を応用したセキュリティ対策は有効だが、万能薬ではない。しかし、他の手法と組み合わせることでより有益なツールとなる。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

ID・アクセス管理(IAM)が企業のアクセスポリシーの中心に位置付けられる理由について解説する。

【Andras Cser and Merritt Maxi , Computer Weekly】()
2年の実践的実習で学位も取れる

小売業者のSainsbury’sは、各種開発言語、ビジネススキル、チーム開発などの実習を提供する計画を発表。IT技術者不足が常に取り沙汰される昨今、こうした動きは広がるのだろうか。

【Clare McDonald , Computer Weekly】()
結局パッチ管理からは逃げられない

大量のパッチによる「パッチ疲れ」に陥ったとしても、パッチを放置することはできない。パッチ管理を実施するために、まずは5つの基本を実行しよう。

【Vishal Kara , Computer Weekly】()
フラッシュだからこそできるアプリの時代

システムの高速化を目的としたフラッシュストレージ導入はもう古い。既に、フラッシュを使うことで初めて実現するアプリケーションを開発する時代に入っている。それを“第4世代フラッシュストレージ”という。

【Bryan Betts , Computer Weekly】()
期待が高まるネットワーク機能仮想化

NFVが普及すれば、スイッチやロードバランサーなどの専用ネットワーク機器は不要になる。今、このNFVに通信系企業が引き寄せられている。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
「こんな人物は採用しない」

「当社は真のオムニチャネル展開を果たしている」と豪語するCIOの人材登用・教育論、そしてオムニチャネル戦略を聞いた。

【Clare McDonald , Computer Weekly】()
IPv6をセキュアにする意外な技術とは?

IPv4の限界を解決するために策定されたIPv6だが、全ての機器をIPv6化するとリスクが高まるという。IPv6の何が危険なのか? IPv6を安全に利用するために必要な、意外な技術とは何か?

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
金融業界が直面しているハイテク導入圧力

多くのコンシューマーが、銀行や保険会社に対してより進んだテクノロジーの導入を求めている。それができないなら、FacebookやGoogleでもよいと考えているという。

【Karl Flinders , Computer Weekly】()
MSの製品・サービスは発展途上

MicrosoftのCEOナデラ氏は、SharePointに関する戦略を発表した。しかし、まだまだ純粋なクラウドサービス企業に対して後れを取っているという印象を拭えない。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

マイクロサービスがITカンファレンスで注目されている。これはコンテナやソフトウェアの移植性というアイデアとも関係が深い。その仕組みと、注目すべき理由について解説する。

【Danny Bradbury , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

個別に導入できるモジュールで構成されたアプリケーションには、柔軟性の高いソリューション開発の未来がある。

【Randy Heffner , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品ガイド

個別にデプロイできるモジュールは、アジャイルアプリケーション開発にどう活用できるのか。この業界の主なサプライヤーも紹介する。

【Bob Tarzey , Computer Weekly】()
世界規模プロジェクトの全貌

ロールス・ロイスは、46カ国で4万人以上の従業員を管理する人事システムの入れ替えを行った。2012年に始まったプロジェクトのクライマックスは、46カ国で同日に実施するという驚くべきものだった。

【Bill Goodwin , Computer Weekly】()
主要企業は時代遅れの価格設定

複雑化したITシステムに限界を感じたスコットランドの法律事務所が、サーバ環境の刷新を決断。同社が選んだのは、実績の少ない新興企業Gridstoreのハイパーコンバージドアプライアンスだった。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
6時間ごとにコードを自動更新

短期間にコードを改変することで検知を困難にしているマルウェアが活発化し、多くのコンピュータが感染しているという。ただし、ある組織は意外な理由で攻撃を防ぐことができた。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
「自転車の乗り方は、本を読んでも分からない」

注目が高まるブロックチェーンにいつ着手すべきか? 技術標準が決まったら? 業界に普及したと感じたら? 答えは、「今」だ。

【Clare McDonald , Computer Weekly】()
攻撃者にとっても便利なPowerShell

かねて危険性が指摘されてきたPowerShellのリスクが、Carbon Blackの脅威レポートによって初めて定量化された。PowerShellを使ったサイバー攻撃が増加する中、防御策はあるのか?

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
なぜOcadoはロボットを作ったのか

Ocadoは、自社倉庫の課題を解決するためロボットを開発した。ネックだった制御用の通信システムも解決。これらとソフトウェアを合わせたソリューションの外販まで手掛けている。

【Alex Scroxton , Computer Weekly】()
プライベート、パブリック、ローカルを統合

プライベート/パブリッククラウドとローカルの間に設置し、各種ストレージを統合するのがクラウドストレージアプライアンスだ。目的や用途に最適なアプライアンスを選ぶには、その機能を理解する必用がある。

【Bryan Betts , Computer Weekly】()
Wordマクロ&PowerShellで実行

PowerShellはWindowsを最もうまく扱えるスクリプト言語だが、それが悪用されると極めて危険だ。そしてついに、WordマクロとPowerShellを組み合わせたランサムウェアが出現した。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
企業のErlang利用を阻むものとは?

並行処理、分散処理に優れたプログラミング言語であるErlangだが、企業利用例は多くない。Erlangを活用しているbet365は、Erlang普及のための活動を始めた。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
ボブはもういない

アクセス制御はITセキュリティ対策の基本だが、多くの企業がミスを犯している。最も多い5つの過ちを取り上げ、その対策をアドバイスする。

【Tim Holman , Computer Weekly】()
チェック方法から解消方法まで

仮想化の普及に伴い、ストレージは複数の段階で抽象化されるようになった。このとき、ファイルが「ミスアライメント」状態になると、I/O速度が低下し、さまざまな場面で不都合を生じさせることになる。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

オープンソースへの移行で得られるものは大きい。だがある程度の注意も必要だ。

【Clive Longbottom , Computer Weekly】()
深刻なトラブルを引き起こす可能性も

データの使用頻度や用途に応じて適切なストレージメディアにデータを配置するストレージ階層化。コストとパフォーマンスを両立する機能だが、その特性を理解しておかないとトラブルが生じる可能性がある。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
BYODにうってつけのセキュリティ対策

ゲームメーカーKingは、急成長によりモバイルアクセス管理にさまざま問題を抱えていた。認証システムを「Google Authenticator」に切り替えても解決できなかった同社が最後にたどり着いた解決策とは?

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
iPhoneも80%が該当

調査の結果、現在のAndroid端末の90%以上にはある問題があり、セキュリティ上の懸念点になっている。IT部門はこの状況にどう対処すべきなのか。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
身代金を払ってはいけない

ファイルを暗号化して身代金を要求するランサムウェア攻撃。この脅威からPCを守る方法と、感染してしまった場合の対処法を紹介する。

【Dan Raywood , Computer Weekly】()
仮想化とディザスタリカバリ

Hyper-Vはバージョンアップを重ねてVMware vSphereとそん色ないレベルになった。バックアップやスナップショット、ライブマイグレーション、VMレプリケーションなど、各種機能を詳しく解説する。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
専門家が企業のAndroid導入に警鐘

セキュリティイベントで必ず話題になるAndroidのセキュリティ問題。Siemens CERTのスプライツェンバース氏は、数あるAndroidの問題を列挙しつつ、「管理用APIの欠如」を指摘した。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
Google Apps導入費用も負担します

敵は世界で最も導入されているクラウドアプリ「Office 365」。Office 365をこの座から引きずり下ろすため、Googleが大胆な戦略を発表。「Google Apps for Work」へ移行する企業は増えるのか?

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
でもGoogleも悪いんですよ

調査の結果、Androidユーザーの多くが危険性を認識しながら対策を行っていないことが明らかになった。一方、Androidのリスクにはさまざまな要因があり、Googleやデバイスメーカーの責任も指摘されている。

【Computer Weekly】()
変わりゆくデータセンター設計

米Yahoo!は環境保護への配慮を重視し、さまざまな取り組みを行っている。その取り組みを同社担当者に聞いた。

【Caroline Donnelly , Computer Weekly】()
DNSデータの分析で何が見えるのか?

従来、DNSサーバが生成する膨大なデータは活用されてこなかった。しかし、ビッグデータの手法を応用することで利用の道が開け、ネットワークの状態を知る手掛かりとなる可能性が見えてきた。

【Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

戦略的計画立案と遂行との間の強力な連携を確立するためには、企業が透明性を高める必要がある。

【Margo Visitacion、Gordon Barnett , Computer Weekly】()
成り行き次第で98%引きも

ソフトウェアライセンス専門のコンサルタントは、サプライヤーが提示する請求額には透明性も根拠もないと口をそろえる。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
全PCの置き換えも検討中

Windows XPのサポート終了対策に悩んでいた英LoneStarは、WindowsマシンをRaspberry Piに置き換えることを決断。製造現場の情報表示・入力端末の置き換えに成功した。

【Mark Samuels , Computer Weekly】()
ユーザーがSAPに望むこと

英国のSAPユーザーグループ代表に、SAPに対する本音を聞いた。SAPのライセンス戦略を高く評価する一方でユーザーの立場から冷静に動向を観察している。

【Brian McKenna , Computer Weekly】()
生徒と教師にアンケート

英国の義務教育でプログラム作成、デバッグ、コーディングなどのコンピューティング科がスタート。生徒と教師を対象としたアンケートから、さまざまな課題が見えてきた。

【Kayleigh Bateman , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

必要な機能をコンテナに集約した小型データセンターシステム「マイクロデータセンター」には、従来のデータセンターや大型のモジュール式データセンターにはない魅力がある。

【Clive Longbottom , Computer Weekly】()
なぜKubernetesが魅力的なのか

Dockerの普及と共にさまざまなツールが登場しているが、中でもGoogleのKubernetesに注目が集まっている。Kubernetesとは何か? どのようなメリットがあり、なぜ注目されているのかを解説する。

【Janakiram MSV , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

仮想化を利用するメリットの1つに、バックアップ対応の充実が挙げられる。新旧のサプライヤーが提供する製品を紹介する。

【Bob Tarzey , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

ユーザーコンピューティングは、IT部門が保有して厳重な守りを固める社内ネットワークの安全な囲いから踏み出した。組織のデータを守り続けるためにはどうすればいいのか。

【Bob Tarzey , Computer Weekly】()
フラッシュのなぜ? に答える

フラッシュストレージはなぜ書き込み性能の方が低いのか? メーカーはどのような取り組みをしているのか? フラッシュストレージの仕組みをゼロから分かりやすく解説する。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

コンテキストベースのセキュリティ対策は、位置情報、時刻、デバイスの種類といった状況に関する情報を効果的な意思決定に結び付ける。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
IT部門は事業部門の支援を優先すべき

IntelのグローバルCIO、キム・スティーブンソン氏は、企業のほとんどのIT部門は「事業の妨げになる行為をしている」と批判。そしてIT部門のあるべき姿を説く。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
セキュリティ疑惑は事実無根?

製品にバックドアなどが仕掛けられているという疑惑から、米国進出が進まないHuawei。同社は米国外の市場拡大と米国への浸透の2正面作戦を取る。疑惑は払拭されたのか?

【Bill Goodwin , Computer Weekly】()
セキュリティ、コンプライアンスなどなど

セキュリティ、法規制、コンプライアンスなどの理由からパブリッククラウドストレージを利用できない企業も多い。そんな企業はプライベートクラウドストレージを検討してみてはいかがだろうか。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
忘れず、他人がコピーできず、ユニークなものとは?

英Barclays銀行は音声による生体認証の適用を拡大して、顧客の認証を合理化できないかどうかを検討している。しかしこのテクノロジーはまだ、多くの人々から信頼や理解を得る段階には至っていない。

【Warwick Ashford , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

英ミルトン・キーンズのデータセンター建設プロジェクトやアイスランドのデータセンターから、電力の効率化とコスト削減のポイントを探る。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
バグや失敗をどう解決した?

FacebookはHadoop分散ファイルシステムにRAIDを展開して、容量削減を実現した。だが、当初は期待通りに削減できず、データの破損に悩まされた。彼らはいかにして課題を解決したのだろうか。

【Archana Venkatraman , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

データセンターの電力使用量を削減し、コスト効率とエネルギー効率を高める比較的シンプルな手順を紹介する。

【Clive Longbottom , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

どのような理由であれ、エネルギー効率の高いデータセンターは環境のためになると同時に、会社の経費削減にもつながると専門家は指摘する。本稿ではデータセンターのグリーン化の一助となる主な技術を紹介する。

【Archana Venkatraman , Computer Weekly】()
システムリプレース計画も公開

米Starbucksは顧客中心のテクノロジーを掲げてモバイルおよびバックオフィスの刷新を続けている。「店内でより快適な時間を過ごしてもらいたい」と語る同社ティーグル氏の次の戦略は?

【Angelica Mari , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

ソフトウェアの明快なライセンシングを求めるキャンペーンを展開するトンプソン氏に、コンプライアンス順守を証明し、ベンダーの恣意的な要求に対抗する方法について話を聞いた。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()
重要度別データ保護のススメ

ベンダーのセールストークを真っ向否定する論客として知られるトイゴ氏が、今回もベンダーを痛烈に批判しつつ災害復旧のあるべき姿を伝授する。

【Antony Adshead , Computer Weekly】()
限界に達した電子メール

あらやるコミュニケーションを電子メールで行った結果、生産性の低下が問題視されるようになって久しい。電子メールに代わるコラボレーション手段とは何か、注目すべきベンダーはどこか?

【Rob Bamforth , Computer Weekly】()
祝メインフレーム50周年

メインフレームといえばレガシーシステムの象徴だが、先日行われたメインフレーム50周年式典で、IBMはメインフレームの新たな可能性をアピールした。モバイル時代のメインフレームとは?

【Kayleigh Bateman , Computer Weekly】()
Computer Weekly製品導入ガイド

企業にとってもクラウドストレージサービスの導入は不可避になってきた。そのリスクとメリット、Dropboxの代替について検討する。

【Manek Dubash , Computer Weekly】()
各社の製品動向を解説

PCIeスロットに直接挿入することで大幅な低遅延を実現するPCIe SSDストレージ。主要ベンダーの動向と製品を紹介する。

【Chris Evans , Computer Weekly】()
方法とベンダー

Webベースのアプリケーションをイントラネット外で運用する場合、何に注意して何をすべきなのか。監視から対策までをあらためてまとめた。

【Bob Tarzey , Computer Weekly】()
新興企業のアイデアに期待

CIO対象の調査において、イノベーションを求めるCIOの姿が浮かび上がった。約半数がITベンダーを変更し、4分の1が中堅・中小のベンダーと提携するとしている。

【Cliff Saran , Computer Weekly】()