2018年10月18日 08時00分 公開
特集/連載

SAPの2025年問題リスクが多過ぎる、S/4HANAへのアップグレード

ECC6からS/4HANAへのアップグレードが問題になっている。S/4HANAの導入には多くのリスクがあるという。2025年のECC6サポート終了を前に、企業はSAPシステムの意義を見つめ直す必要がある。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 ディスカウントスーパーマーケットチェーンのLidlは、コストの上昇を理由に「SAP HANA」の導入中止を決めた。これは「SAP S/4HANA」へのアップグレード問題を表す初期の兆候になるかもしれない。

Computer Weekly日本語版 10月17日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 10月17日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 LidlがSAPの利用を中止する理由はほとんど明かにされていない。だが小売業者のプロジェクトに関するレポートによると、コストの高騰がきっかけだとされている。

 英Computer WeeklyがSAPプロジェクトは失敗するのではないかと考え始めたのは1990年代後半のことだ。その要因の一つが導入コストだった。問題だと感じたのはSAPの販売形式だ。同社は世界有数の企業のビジネスプロセスをカプセル化し、それをパッケージ化したビジネスプロセスのセットとして販売した。だがSAPを導入しようとする企業の多くが利用するビジネスプロセスは、このパッケージと一致しなかった。そのため多くの場合カスタマイズが必要になった。

 「SAPのカスタマイズは避けるべきだ」というのが、20年以上にわたる専門家の一致した意見だ。カスタマイズすればコストと複雑さが急増する。これは1990代に初めて「SAP R/3」を導入した当時も、これからS/4HANAを導入する場合も変わらない。

 2025年、SAPは「ECC6」のサポートを正式に終了する予定だ。ECC6は同社のコアERP Central Componentだ。SAPの立場としては、S/4HANAを導入するまで猶予期間を6年弱も設けたという。

 20年にわたってSAPシステムを導入、運用している企業が既存のSAPカスタムコードをS/4HANA向けに開発し直す方法を決めるのは難しい。

ITmedia マーケティング新着記事

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...

news046.jpg

F1層(20〜34歳女性)に聞く「タピオカドリンクを飲む理由」――ミュゼマーケティング調べ
タピオカドリンクを購入する理由などを、20〜34歳女性1764人にリサーチしています。

news043.jpg

「GAFA」を脅威と言う前に正しく理解する――オプトホールディング鉢嶺 登氏インタビュー
『GAFAに克つデジタルシフト』(日本経済新聞出版社)を上梓したオプトホールディング代...