2018年10月19日 08時00分 公開
特集/連載

製品選定失敗の果てに行き着いた、中小企業向けハイパーコンバージド製品StarWindは完成度が低かった……

寿命を迎えたSANの代わりに導入した製品は、完成度が低く保守や更新が難しかった。次に選んだのは、ソフトウェアのハイパーコンバージド製品。中小企業でも手が届く価格でエンタープライズレベルの冗長性を確保した。

[Antony Adshead,Computer Weekly]

 会計事務所Cover & Rossiterは、StorMagicのハイパーコンバージドソフトウェア製品「SvSAN」を導入した。これにより、同事務所はエンタープライズレベルの冗長性を確保し、SANを置き換えるコストを最大4万ドル節約した。

Computer Weekly日本語版 10月17日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 10月17日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 米デラウェア州を拠点とする同事務所は2カ所にオフィスを構え、60人の従業員を擁している。

 Cover & Rossiterは、DellのiSCSI SAN「PowerVault」を1台導入していたが、これが寿命に達した。さらに決定的だったのは、これが単一障害点になっていたことだと話すのは、同事務所のITコンサルタントD2 Technologyのダレン・ライト氏だ。

 「ストレージが単一障害点になっており、新しくする時期が来ていた。毎分ダウンタイムが発生し、損失が生じる恐れがあった。そのため、冗長性を確保することが大きな要素になった」(ライト氏)

 ライト氏は最初、StarWind Softwareのハイパーコンバージド製品「StarWind」を導入した。パフォーマンスと価格の面で魅力的だったのが導入の理由だったが、約12カ月利用した時点でStorMagicの製品に切り替えた。

 「StarWindのサポートは優れているとはいえなかった。そもそも製品の完成度が低く、保守や更新が難しかった。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...