2017年08月29日 08時00分 公開
特集/連載

HANAの実装を巡る混乱に翻弄されるSAP顧客Computer Weekly製品導入ガイド

HANAに関する混乱のために、多くの顧客が二の足を踏んでいる。その課題について専門家に解説してもらった。

[Jim Mortleman,Computer Weekly]

 SAPは2014年の「Run Simple」キャンペーン開始当時、「SAPは扱いにくくて複雑だ」という評判を変えたいと考えていた。

 だがその後数年、HANAベースの製品やシステムの混乱が続き、多くの顧客は頭を抱えた。

 数々の製品に加えて「HANA Cloud Platform」や「Business One Cloud」があり、CRMや「Business Warehouse on HANA」のようなSAPコンポーネントも数多い。そしてもちろん、同社の主力ERPの「Business Suite on HANA」と、フル機能を装備した後継の「S/4HANA」もある。同社はまた、HANAブランド下でアプリやアクセラレーターを含む幅広い製品やサービスを展開している。

明瞭さが不十分

 英国とアイルランドのSAPユーザーグループが最近実施した調査では、ユーザーの70%が「S/4HANAへの移行ルートについて、SAPは明瞭に伝えることができていない」との認識を示した。

 長年SAP製品を使ってきたHillarys BlindsのICT責任者ジュリアン・ボンド氏は言う。「それはマーケティングの仕事だとSAPは考えている。これには良い点もあるが、顧客層には何がどうなっているのか全く見当が付かず、実際のところ、それ自体があらゆる混乱を引き起こしてきた」

 「われわれはBusiness Suite on HANAに移行した。これは、もともとS/4HANAになるはずだった。ところがSAPはゴール地点を動かして、その後に新バージョンをリリースし、それが実際のS/4HANAだと言っている」という。

 Hillarysは結果として、盛んに宣伝されているアプリポータル「Fiori」のような先端の機能を全面的には活用できていない。

HANAの課題

 SAP顧客にとっての問題は、S/4HANAへ移行するかどうか、そしてどう移行するかを決めることが、決して簡単ではない点にある。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...