英SAP顧客「HANAに大満足」 vs. SAP優良顧客「SAP製品は二度と買わない」矛盾する2つの調査結果の謎

2016年夏、SAP HANAに関する2つの調査結果が相次いで発表された。1つは、中小企業もHANAに高い満足度を示した。一方、SAP自身が紹介した優良顧客の60%は、二度とSAP製品は買わないという。

2016年10月25日 08時00分 公開
[Brian McKennaComputer Weekly]

 英国のある企業の調査によると、インメモリデータベース「SAP HANA」は、この製品に批判的な人々の主張よりは包括的であり、安価で、迅速に展開できることが分かったという。ところがこの結果は、調査会社Nucleus Researchが2016年6月に発表したHANAに関する調査結果とは矛盾するようだ。この調査では、SAPが紹介した顧客の60%(そのほとんどは米国で活動している顧客)が、「SAPテクノロジーはもう二度と購入しない」と回答した。

中小企業もHANAに大満足

 今回発表されたのは、SAPなど複数のエンタープライズ向けIT製品のリセラー(再販業者)であるCentiqが市場調査会社Coleman Parksに委託した調査の結果だ。この調査は、英国でSAP HANAのライセンスを保持する企業250社を対象に、2016年4月〜5月に実施された。

 “HANAの信頼性を感じる点はどこか”という設問に対して、92%の回答者が「ITインフラのコスト削減に役立った」、87%は「(システムの)運営費用が削減された」と答えた。また、98%強のHANAプロジェクトが予算の範囲内で完了し、現在進行中のプロジェクトの65%が「予算内で収まる見通し」だとしている。

 Centiqの調査は、HANAは実稼働までの期間が比較的短いことを強調したいようだ。72%は6カ月以内に稼働を開始したという。ただし、その実装のスピードは業界によって大きく異なる。

 製造業(79%)、ハイテクおよび電気通信業(75%)、小売および流通業(62%)はデータベースを半年以内に実装できたが、公共機関の回答者の67%は実装に7〜12カ月を要したと答えている。

 「われわれは、HANAのライセンス保有者の満足度が高いことに驚いた。SAPは、こうした(中小企業の)プロジェクトを稼働させるところでも優れた実績を残しているし、大企業でもHANAの実装はすばらしいという評判が高い」と、Centiqで技術および事業部門のディレクターを務めるロビン・ウェブスター氏は語る。

60%超のSAP顧客は今後の製品購入を望んでいない




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...