2016年10月25日 08時00分 公開
特集/連載

矛盾する2つの調査結果の謎英SAP顧客「HANAに大満足」 vs. SAP優良顧客「SAP製品は二度と買わない」

2016年夏、SAP HANAに関する2つの調査結果が相次いで発表された。1つは、中小企業もHANAに高い満足度を示した。一方、SAP自身が紹介した優良顧客の60%は、二度とSAP製品は買わないという。

[Brian McKenna,Computer Weekly]

 英国のある企業の調査によると、インメモリデータベース「SAP HANA」は、この製品に批判的な人々の主張よりは包括的であり、安価で、迅速に展開できることが分かったという。ところがこの結果は、調査会社Nucleus Researchが2016年6月に発表したHANAに関する調査結果とは矛盾するようだ。この調査では、SAPが紹介した顧客の60%(そのほとんどは米国で活動している顧客)が、「SAPテクノロジーはもう二度と購入しない」と回答した。

中小企業もHANAに大満足

 今回発表されたのは、SAPなど複数のエンタープライズ向けIT製品のリセラー(再販業者)であるCentiqが市場調査会社Coleman Parksに委託した調査の結果だ。この調査は、英国でSAP HANAのライセンスを保持する企業250社を対象に、2016年4月〜5月に実施された。

 “HANAの信頼性を感じる点はどこか”という設問に対して、92%の回答者が「ITインフラのコスト削減に役立った」、87%は「(システムの)運営費用が削減された」と答えた。また、98%強のHANAプロジェクトが予算の範囲内で完了し、現在進行中のプロジェクトの65%が「予算内で収まる見通し」だとしている。

 Centiqの調査は、HANAは実稼働までの期間が比較的短いことを強調したいようだ。72%は6カ月以内に稼働を開始したという。ただし、その実装のスピードは業界によって大きく異なる。

 製造業(79%)、ハイテクおよび電気通信業(75%)、小売および流通業(62%)はデータベースを半年以内に実装できたが、公共機関の回答者の67%は実装に7〜12カ月を要したと答えている。

 「われわれは、HANAのライセンス保有者の満足度が高いことに驚いた。SAPは、こうした(中小企業の)プロジェクトを稼働させるところでも優れた実績を残しているし、大企業でもHANAの実装はすばらしいという評判が高い」と、Centiqで技術および事業部門のディレクターを務めるロビン・ウェブスター氏は語る。

60%超のSAP顧客は今後の製品購入を望んでいない




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。

news091.jpg

オンライン医療が進む中国と台湾、日本 iOS「メディカル」アプリ最新人気ランキング
今回は、2020年2月度における中国、台湾、日本市場におけるiOS「メディカル」モバイルア...

news137.jpg

SDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車――ブランド総合研究所調査
国内の主力企業のSDGsへの取り組みやESG活動に対して1万500人に聞いています。