2016年08月10日 08時00分 公開
特集/連載

JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」タイプセーフの仕組みを解説

JavaScriptにはさまざまな欠点があり、その1つであるタイプセーフを実現するツールも複数存在する。今回は、JavaScriptでタイプセーフを実現する実装の1つ、「Onux JS++」について、Onuxの創設者に話を聞いた。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]

 「JavaScriptはもろいプログラミング言語だ。タイプミス1つでサーバがダウンすることもある」。そう話すのは、ロンドンに拠点を置くOnuxの創設者ロジャー・プーン氏だ。

Computer Weekly日本語版 8月3日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 8月3日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

JavaScriptを重視するMicrosoft、Facebook、Google

 実のところ、JavaScriptの型チェックがコンピュータ科学の最重要分野の1つであることは確かだ。Microsoft、Facebook、Googleがこの問題に取り組んでいることからも、それがいかに困難かつ重要であるかが分かる。

 JavaScriptには6つの型がある。Object、Number、String、Boolean、Null、未定義の6つだ。

 問題なのは、99%の正確性ではよしとはされず、100%の正確性が求められることだ。

 OnuxはJavaScriptの「タイプセーフ」版である「Onux JS++」をリリースした。プーン氏によれば、コードを実行せずにJavaScriptを分析するのは非常に難しく、その上Webブラウザやプラットフォームごとにコードの実行方法が異なる場合があることから、このテクノロジーを思い付いたという。

JS++の型システムはオプションかつ妥当

 「妥当」というのは、開発者が型を宣言することに決めたら、コンパイル時も実行時も、その型の正しさが常に保証されることを意味する。これにより、開発者は小さな変更を1つ加えただけでアプリケーションが停止してしまうという心配をせず、自信を持ってコードの品質を徐々に改善していくことができる。

 JS++のソリューション(特許出願中)は、JavaScriptの全ての型を1つの型に「統一」する。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...