Webブラウザで使えるVisual Studio Code「OpenVSCode Server」GitHub Codespacesとの違いは?

GitHub Codespacesに続きWebブラウザ版が公開されるなど、インストール不要のVS Codeが盛り上がっている。Gitpod社のOpenVSCode ServerもWebブラウザで使えるVS Codeだが、Microsoft純正品とは異なる特徴がある。

2021年11月19日 08時00分 公開
[Adrian BridgwaterComputer Weekly]

 「Gitpod」は「GitLab」「GitHub」「Bitbucket」とネイティブに統合され、開発環境を自動的に構築できるオープンソースのWeb IDE(統合開発環境)だ。Gitpodにより、開発環境をローカルに手作業で構築するという煩わしさから解放される。

 同ツールを開発しているGitpod社は、「Visual Studio Code」(VS Code)の独自実装である「OpenVSCode Server」を中心とする新しいオープンソースプロジェクトを立ち上げた。

 OpenVSCode Serverにより、任意のサーバでVS Codeを実行して好きな端末でアクセスできる。必要なのはブラウザだけだ(訳注)。

訳注:Webブラウザ版のVS Codeは他にも「GitHub Codespaces」(旧Visual Studio Codespaces)、「Visual Studio Code for the Web」がある。これらがサービスとして提供されるのに対し、OpenVSCode Serverは自環境にインストールできるサーバソフトウェアである点が異なる。

 以下のスクリーンショットは、DockerでインストールしたOpenVSCode ServerにEdgeでアクセスして、OpenVSCode ServerのJavaScriptコードを開いたところ。

OpenVSCode ServerにEdgeでアクセスするとこうなる

 「ここ数カ月、OpenVSCode Serverを自社製品や日常のワークフローに導入したいという問い合わせが大企業や個人開発者から数多く寄せられている」とGitpodのスベン・エフティンゲ氏(創設者兼CEO)は語る。エフティンゲ氏によると、(本稿執筆時点で)Microsoftは「GitHub Codespaces」のソースコードをまだ公開していないという。

 CNCF(Cloud Native Computing Foundation)のクリス・アニシュチク氏(CTO:最高技術責任者)は言う。「クラウドネイティブの開発者はクラウドベースの開発環境を好むようになっている。Gitpodは業界全体を前進させるソリューションを提供する最前線に立っている。Gitpodの新しいプロジェクトにより、開発チームはブラウザを使ってコーディングできるようになることは間違いない」

 OpenVSCode ServerはGitHubでダウンロードできる。Dockerでコンテナとして起動することも可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...