EMUI、HarmonyOSからopenEulerまで、HuaweiがOSを自社開発するワケHuaweiは何を考えているのか

デバイスメーカーのHuaweiは、複数のOSを自社開発している。Huaweiが目指している未来とは何か。

2021年11月23日 08時00分 公開
[Adrian BridgwaterComputer Weekly]

 Huaweiはソフトウェアも自社開発している。「Android」ベースのOS「EMUI」(旧称Emotion UI)は恐らくユーザーに最もよく知られているソフトウェア製品だ。

 他にも自社開発のOSとして「HarmonyOS」と「MagucUI」があり、さらに「openEuler」の最新版を2021年10月にリリースした。openEulerは2019年に発表されたオープンソースOSで、アップデートが続けられている。

 openEulerはサーバ、クラウド、エッジIoT機器などで動作し、Huawei製の通信基地局、ルーター、産業用制御装置にも搭載される。

HuaweiがOSを開発する理由

 Huaweiの輪番会長(訳注)エリック・シュー氏は、HarmonyOSとopenEulerの2つのOSについて次のように説明している。

訳注:Huawei独自の制度で、少人数の経営者が交代(輪番)で会長を務める。CEOも輪番制を採用しており、同社はそれぞれ「輪番会長」「輪番CEO」と呼称している。

 HarmonyOSはスマート端末やIoTの広範なユースケースを視野に入れている。openEulerはサーバやクラウドインフラの用途でチャンスが多いとみている。

iStock.com/Prostock-Studio

 両OSが「Windows」「iOS」「UNIX」、Androidと何らかの形で競合する可能性はある。だが明言するのは難しい。

 Huaweiの長期ミッションは、ビジネスの基盤を最終的には(ハードウェアから)ソフトウェア寄りに変換することだ。それが「痛みを伴うが素晴らしいニュース」とシュー氏が評した変革だ。

 ソフトウェアへの転換はクラウドにも及ぶ。

 前輪番会長のグオ・ピン氏がイベント「HUAWEI CONNECT 2017」の基調講演でクラウドの全体像を示したことは有名だ。クラウドは今後大手5社に絞られ、Amazon Web Services、Microsoft、Googleのトップ3に加えてまだ決まっていない一社(恐らくIBM)とHuaweiが残る2枠を埋めるという見解だ。

 Huaweiは「HUAWEI CONNECT 2021」を利用してAIやクラウドの取り組みについても報告している。「HUAWEI CLOUD」は現在、約230万人の開発者と6000社のパートナーをホストしているという。

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。