2020年04月20日 08時00分 公開
特集/連載

Alibaba Cloudが欧米市場に進出するための条件Alibaba vs. AWS、MS、Google【後編】

トップクラスのクラウドプロバイダーに成長したAlibaba Cloudだが、欧米市場への進出には苦戦している。欧米のユーザー企業はAlibabaをどう見ているのか。採用の可能性はあるのか。

[Sooraj Shah,Computer Weekly]
iStock.com/RomoloTavani

 前編(Computer Weekly日本語版 4月1日号掲載)では、Alibaba Cloud最大の差別化要因とそれがもたらす効果を紹介した。

 後編では、欧米企業がAlibabaを採用する条件を検討する。

 AWSでヨーロッパ、中近東およびアフリカ(EMEA)におけるビジネス開発常務取締役と英国とアイルランドにおける常務取締役を務めるダレン・モウリー氏は、英Computer Weeklyのインタビューに次のように答えた。「GoogleとMicrosoftの2社を別にすると、Alibabaは規模、イノベーション、リソースの点で競争相手になる」

 「英国について言えばまだほんの始まりにすぎないだろうが、Alibabaをよく見掛けるようになった。世界の他の地域ではもっと顕著だろう」とモウリー氏は付け加える。

 モウリー氏は、AWSの方が多くの顧客ニーズを満たすことができると自信を見せるが、Alibabaは技術的に見て、多様性と幅広さの点で「面白いこと」をしていると話す。

 加えて、Alibabaは速いテンポで各国の規制、データ、プライバシーに対応していくと予想される。

 CCS Insightのマクワイア氏によると、ヨーロッパや北米に有効なAlibabaの参入実績が全くないのには、幾つか理由があるという。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...