2019年04月05日 08時00分 公開
特集/連載

恐怖をあおるセキュリティ業界に喝!真のリスクを見極めるべし

過剰にリスクを並べ立てて人々の恐怖をあおるセキュリティ企業がある。ユーザー企業は、恐怖戦略に耳を貸すことなく、信頼できるサプライヤーと正しくリスクに向き合う必要がある。

[Computer Weekly]

 「FUD」は、Fear(恐怖)、Uncertainty(不安)、Doubt(疑念)を表す略語だ。このFUDが近年のサイバーセキュリティ分野をかつてないほど曖昧にしている。企業やサプライヤーがこの言葉の持つ力に飛び付いて、恐れを感じている顧客に自社製品を売り込むチャンスにしているためだ。

 これに関する大きな問題は、顧客や企業(従業員)が絶え間なく殺到する異様なクレームや異様な恐怖にマヒすることだ。残念ながら2019年は、確実に「FUDへの疲弊」を目にすることが多くなるだろう。

 サプライヤーによるFUDの利用は意思決定のプロセスを弱体化し、考え抜いたサイバー戦略を台無しにする。今四半期の販売員のノルマがどうであれ、FUDは顧客を怖がらせて購入させるひねくれた策略にすぎない。

最大のサイバーリスク

 企業にとっての最大のサイバーリスクは、ブロックチェーンを使って攻撃的なAI駆動型の量子ウイルスを駆使する中国のウィザードクラスのハッカーが最高財務責任者(CFO)をハッキングすることではない。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news117.jpg

Instagramがコロナ禍で苦境の飲食店を救うためにやっていること
Facebook JapanはInstagramで飲食店を含めた中小ビジネスを支援するためのさまざまな施策...

news069.jpg

ライフネット生命が13年間で培ったオンライン専業ならではの「顔が見える接客」とは?
既存のビジネスがデジタルを起点としたものに生まれ変わる上では、カスタマージャーニー...