2018年08月30日 08時00分 公開
特集/連載

徹底分析「Alibaba Cloud」Computer Weekly製品ガイド

AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platformの独占状態にあるパブリッククラウド市場。だが中国のIaaS大手Alibabaも世界制覇を狙う。

[Caroline Donnelly,Computer Weekly]

 パブリッククラウドの計画についてCIO(最高情報責任者)と話をすると、「Microsoft Azure」よりも「Amazon Web Services」(AWS)を使うメリット、あるいは反対にAzureを使うメリットがよく話題になる。

 AWSの幅広いサービスや新サービスを打ち出すペースの速さも魅力だが、多くの企業が自分たちのワークロードやアプリケーションをホスティングするインフラとしてAWSに頼っているという事実そのものが、選ぶべきはAmazonのクラウドだとCIOに確信させる。

 一方で、Microsoftのパブリッククラウドの成長は、同社のオンプレミス技術を長年使ってきたユーザーによるアップグレードと、Azureへのワークロード移行が原動力となっている。こうしたユーザーは、Azureへの全面的な移行か、ハイブリッドクラウド戦略の採用かを選択できる。

 「Google Cloud Platform」が言及されることも少なくない。特に、企業向けの「G Suite」を超えたオフンプレミスサービスの利用拡大を検討している企業はその傾向が大きい。

 そうした状況を見ると、パブリッククラウド市場はこの3社の争いのように思える。だが、中国のサービス事業者Alibaba Cloudが第4の勢力として急浮上しつつある。

 世界のIaaS市場に関するGartnerの2017年の統計によると、2016年を通じたAlibabaの収益の伸びはAWSやMicrosoft、Googleを上回り、2億9800万ドル(約328億円)から6億7500万ドル(約743億円)へと126.5%増えた。

 同報告書はまた、Alibaba Cloudを世界3位のパブリッククラウド事業者と位置付ける。Alibabaの市場シェアは約3%。これに対して2位のMicrosoftは7.1%、世界首位のAWSは44.2%で、Googleは4位に位置する。

 Alibabaは本国中国のパブリッククラウド市場で47.6%のシェアを確保してトップに立つ。同社は過去2年ほどの間に、AWSやMicrosoft、Googleと直接対抗することにより、海外でも同じ成功を収めることを目標にしてきた。

世界進出を阻む障壁

 世界制覇を目指すAlibabaの計画を阻みかねない要因としてGartnerは2017年6月、Alibabaになじみが薄い中国外のCIOを説得して、他社ではなくAlibabaを選んでもらうことの難しさを挙げた。

 世界のIaaS市場動向について分析したGartner Magic Quadrantが指摘する通り、Alibabaにはパブリッククラウド分野で他社と差別化を図れる要素が「ほとんどない」。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...