2020年01月09日 08時00分 公開
特集/連載

パブリッククラウドがベストとは限らない企業に広がる「パブリッククラウドからオンプレミス」への移行

パブリッククラウドからオンプレミスにアプリケーションを戻す動きが広がっているという調査結果が発表された。これは何を意味するのか?

[Cliff Saran,Computer Weekly]
iStock.com/PhonlamaiPhoto

 多くの企業が、アプリケーションをパブリッククラウドからオンプレミスのデータセンターに戻している。これは調査会社Vanson BourneがNutanixの委託を受けて実施した調査の報告書「Nutanix Enterprise Cloud Index 2019」で明らかにされている。

 この調査はIT意思決定者2650人を対象に行われた。その調査報告書によると、回答者の4分の3近く(73%)が幾つかのアプリケーションをパブリッククラウドからオンプレミスに戻したと答えている。そのうち約5分の1(22%)は5つ以上のアプリケーションを戻したという。

 アプリケーションをパブリッククラウドからオンプレミスに戻したと答えたIT意思決定者は、従来型データセンターの利用が急増したと話している。オンプレミスデータセンターに戻されるアプリケーションには、デスクトップとアプリケーション仮想化、CRMとERP、データ分析とビジネスインテリジェンス(BI)、データベース、開発とテスト、データのバックアップとリカバリーなどがある。

 Nutanixによると、パブリッククラウドからオンプレミスへの回帰は、




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...