2019年01月24日 08時00分 公開
特集/連載

クラウドに幻滅する理由いまだに信じられている5つのクラウド神話

いまだにクラウド移行に失敗したり、想定したような結果が得られず幻滅したりしている企業は多い。残念ながら、クラウド神話を信じる人はまだまだ多い。

[Neil Briscoe,Computer Weekly]

 クラウドプロバイダーは、機敏性と効率性を高め、結局は利益性を高めるため、ビジネスに無限の機会を提供する。だが企業はクラウドの誇大広告に惑わされているだけかもしれない。移行が適切ではない企業もある。恐らくその事実には目を向けていない。

Computer Weekly日本語版 1月23日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 1月23日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 多くの企業は、クラウドを正確に理解しないまま、クラウドのメリットに引き寄せられている。運転する方法も知らずに自動車を買っている状態だ。

 多くのリーダーは、分散コンピューティングの誤った考えに導かれて新システムの導入時にビジネスにとって正しいと思われる決定を行っている。ただし、クラウドが進化するにつれ、こうした決定は難しくなっていくだろう。

 これらを念頭に置いて、本稿では企業が正しい決定を下せるようにクラウドにまつわる神話を幾つか取り上げ、それらを覆す。

神話1:全てをクラウドに移行しなければならない

 クラウドは革命だと誇大宣伝されている。多くの企業がクラウドを「全てを解決するソリューション」と位置付け、自社の全システムを一挙に移行できる場所だと考えている。

 現実には、多くのサービスがそのライフサイクルの異なる段階にある。そのため完全移行には適しておらず、レガシーシステムの運用を続けることも不適切ではない。

 目的に合わせてさまざまなシステムを検討し、どれが自社の戦略に最適なのかを見極めることが重要になる。不適切だと思えてもあえて試してみれば、セキュリティと運用上のあらゆる種類の問題が明らかになることもある。

神話2:クラウドはオンプレミスより安価

 データセンターが高価であることはよく知られている。だがクラウドインフラの管理にかかる隠れたコストも案外高くつくことがある。クラウドに移行する際の初期資本支出(CAPEX:Capital Expenditure)や導入コストの安さに惑わされてはいけない。継続的な運用経費(OPEX:Operating Expense)が負担になる恐れがある。

 Amazon Web Services(AWS)のようなパブリッククラウドサービスプロバイダーは、

続きはComputer Weekly日本語版 1月23日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 1月9日号 ディープラーニングツール総まとめ

Computer Weekly日本語版 12月19日号 犯罪者フォーラム潜入記

Computer Weekly日本語版 12月5日号 Chromebook大好き


ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

300を超える大手メディアから配信先を選定可能、マイクロアド子会社が新たな動画広告配信サービスを開始
マイクロアドの子会社であるエンハンスは、動画広告配信サービス「Enhance Locus」の提供...

news149.jpg

Tableau 2019.1が自然言語処理によるデータ分析機能を搭載
Tableau SoftwareはTableau最新バージョンとなる「Tableau 2019.1」をリリースした。主な...

news123.jpg

ヤフー、YDNに新メニュー「動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)」を追加
ヤフーは「動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)」の提供を開始した。