過去記事一覧 (2021 年)

5 月

/tt/news/2105/12/news01.jpg
オンプレミス「AD」と「Azure AD」を比較【後編】

「Active Directory」(AD)とクラウドの「Azure AD」を同期させる方法とは

「Azure AD」を利用しても、必ずしもオンプレミスの「Active Directory」(AD)をなくせるわけではない。将来的にオンプレミスのADをなくすとしても、それまではAzure ADと共存させる選択肢がある。その方法とは。

/tt/news/2105/10/news06.jpg
「DaaS」はテレワークの必需品か【後編】

テレワーク長期化を「DaaS」で乗り越えるための注意点と解決策

DaaSの導入はテレワーク実現の有力な手段だ。ただし急場しのぎではなく長期的なテレワークの手段としてDaaSを活用する場合、導入や運用時に注意しなければならないことがある。それは何か。どう解決すればよいのか。

/tt/news/2105/07/news06.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

Tableauの現CEOが古巣AWSの次期CEOへ 期待される手腕は

AWSはアンディ・ ジャシー氏の後任として、Tableau Softwareの現CEO、アダム・セリプスキー氏を迎え入れる。同氏のリーダーシップの下で、AWSが目指す成長戦略とは。

/tt/news/2105/06/news15.jpg
クラウド利用の新たなリスク

「デプラットフォーム」による事業継続性リスクを軽減する方法

サービスプロバイダーの判断しだいで事業継続が不可能になるという事態を続けざまに見ることになった。ビジネスの中枢を担うシステムをホストしているクラウドが、サービス提供を突然拒んだらどうする?

4 月

/tt/news/2104/30/news04.jpg
クラウドニュースフラッシュ

マネーフォワードがFinTechサービスを「AWS」で動かす理由

時事通信社やマネーフォワードが自社サービスのシステムにクラウドサービスを活用した事例や国内のパブリッククラウド市場調査結果など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。

/tt/news/2104/28/news04.jpg
オンプレミス「AD」と「Azure AD」を比較【中編】

「Azure AD」がオンプレミスのActive Directory(AD)より魅力的な3つの理由

「Azure AD」は、クラウドサービスの利用状況によってはオンプレミスの「Active Directory」(AD)よりも魅力的に映る。オンプレミスのADとAzure ADの違いを理解する上で、重要な3つのポイントを紹介する。

/tt/news/2104/27/news01.jpg
「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第4回】

Google「Anthos」を利用できるHCIは? Kubernetesをハイブリッドクラウド化

「Kubernetes」と「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)の組み合わせはハイブリッドクラウドにも広がっている。Googleのハイブリッドクラウド構築サービス群「Anthos」を取り入れるHCI製品を紹介する。

/tt/news/2104/26/news01.jpg
Google Workspace導入事例

Google Workspaceでビジネスモデルの転換や働き方の変革を実現

コロナ禍によりビジネスモデルや働き方の変更を迫られたときどうするか。Google Workspaceを使ってこれらに成功した2つの事例を紹介する。

/tt/news/2104/26/news08.jpg
「DaaS」はテレワークの必需品か【前編】

投資顧問会社がコロナ禍で実感した「DaaSでテレワーク」のメリットとは?

投資顧問会社のJohnson Investment Counselは、テレワークにVMware製品ベースのDaaSを利用している。COVID-19の拡大を理由に全社的なテレワーク体制を開始した同社が、スムーズにテレワークへ移行できた理由とは。

/tt/news/2104/22/news04.jpg
クラウドサービス移行ロードマップの作り方【後編】

クラウドサービスへのシステム移行順を迷わず決める鉄則とは?

オンプレミスのインフラからクラウドサービスへシステムを移行させる際、システムの移行順をどのように決めればよいのか。その鉄則を紹介する。

/tt/news/2104/21/news10.jpg
オンプレミス「AD」と「Azure AD」を比較【前編】

「Active Directory」(AD)と「Azure AD」の違い クラウド版だけの機能とは

「Microsoft 365」などのクラウドサービスを利用する際、必ずしもオンプレミスの「Active Directory」(AD)までクラウドに移行する必要はない。ただし選択肢はある。ADと、そのクラウド版の「Azure AD」の違いは。

/tt/news/2104/17/news01.jpg
プライベートクラウド管理者のための認定資格と教材【後編】

AWS、Google、Dell EMCの「プライベートクラウド」構築に役立つ認定資格とは?

プライベートクラウド構築に携わるIT管理者を支援すべく、ベンダー各社は自社製品に関する知識や技術の獲得に役立つ認定資格や教材を用意している。AWS、Google、Dell EMCの認定資格や教材を紹介しよう。

/tt/news/2104/15/news05.jpg
クラウドサービス移行ロードマップの作り方【中編】

「クラウドサービス移行」の失敗企業が見落としがちな“理念”の重要性

システムのクラウドサービスへの移行を検討するに当たって、CIOが考えるべきことは幾つかある。移行に役立つ製品/技術は豊富にあるが、まず注目すべきことはそれではない。では何なのか。

/tt/news/2104/14/news01.jpg
データレイク構築のススメ【後編】

データレイク、オンプレ運用か? クラウド利用か?

データレイクの構築を決断したとして、オンプレミスで運用するのが適切なのか。クラウドを利用すべきなのか。各社の製品とサービスを紹介する。

/tt/news/2104/14/news03.jpg
「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第3回】

Nutanix、Red Hat、NetAppの「HCI×Kubernetes」は? マルチクラウドも視野

「Kubernetes」がさまざまなHCI(ハイパーコンバージドインフラ)製品で利用できるようになってきた。本稿はNutanix、Red Hat、NetAppの取り組みを紹介する。

/tt/news/2104/13/news02.jpg
PCaaSとDevices as a Serviceの導入を検討する【後編】

「PCaaS」と「Devices as a Service」は何が違うのか? 選定のポイントは

「PCaaS」(PC as a Service)と「Devices as a Service」は結局、何が違うのか。主要3社のPCaaS/Devices as a Serviceの内容を基に、両者の違いやサービス検討時の注意点を整理する。

/tt/news/2104/12/news02.jpg
オンプレミスとクラウドの様相【前編】

「ハイブリッドクラウド」はさらに複雑化 役立つ運用管理ツールはあるのか

オンプレミスのインフラとクラウドサービスが混在し、企業のシステム運用は複雑になっている。この問題は簡単に解決しない。今後さらに複雑になる可能性もある。それはなぜなのか。

/tt/news/2104/10/news01.jpg
プライベートクラウド管理者のための認定資格と教材【前編】

「プライベートクラウド」のスキルが育つHPEとMicrosoftの認定資格・教材とは?

プライベートクラウドの構築と管理には広範なスキルが求められる。こうしたスキルの習得に役立つのが、ベンダーによる認定資格や教材だ。まずはMicrosoftとHPEの主な認定資格や教材を確認しよう。

/tt/news/2104/09/news17.jpg
「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【後編】

AWS「CloudEndure」「Azure Site Recovery」の保護対象、料金、サポートの違い

大手クラウドベンダーのAWSとMicrosoftは、それぞれ「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」というDRaaSを提供している。これらの保護対象と課金体系、サポート内容を比較する。

/tt/news/2104/08/news16.jpg
クラウドサービス移行ロードマップの作り方【前編】

「クラウドサービス移行」の見切り発車は失敗のもと まず考えるべきこととは?

システムのクラウドサービス移行を成功させるためには、綿密な移行ロードマップの策定が必要だ。あれもこれもとむやみに移すのではなく、自社に本当に必要な移行計画を立てるために何が必要だろうか。

/tt/news/2104/07/news01.jpg
データレイク構築のススメ【前編】

データレイクとは何か――メリット、ストレージ、オンプレ/クラウドの是非

データレイクを構築するメリットは何か。データレイクに適したストレージとは何か。クラウド化すべきかオンプレミスで運用すべきか。基礎から解説する。

/tt/news/2104/07/news03.jpg
PCaaSとDevices as a Serviceの導入を検討する【中編】

Dell、HP、Lenovoの定額制PC「PCaaS」「Devices as a Service」の違いを比較

「PCaaS」(PC as a Service)と「Devices as a Service」の代表的なベンダーに、DellとHP、Lenovoがある。3社のサービス内容と特徴を説明する。

/tt/news/2104/06/news12.jpg
オンプレミスとクラウドの様相【前編】

「オンプレミス回帰」「脱クラウド」でクラウドサービスの顧客離れは進むのか

オンプレミスのインフラとクラウドサービスを組み合わせて利用することが一般的になり、企業は運用管理が複雑になる問題に直面している。クラウドサービスへの移行の失敗も問題をややこしくしている。

/tt/news/2104/02/news08.jpg
「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【中編】

AWS「CloudEndure」と「Azure Site Recovery」 2大DRaaSの似た機能、違う機能

AWSとMicrosoftはそれぞれ、災害対策用のインフラをクラウドサービスに構築できる「DRaaS」を提供している。それぞれのDRaaSはどのような機能があるのか。

/tt/news/2104/05/news01.jpg
クラウド時代のネットワーク最適化【第4回】

Cisco、VMware、Silver PeakのSD-WAN製品を比較 クラウド高速化技術の違いは?

クラウドサービスとの接続の最適化に有効なSD-WAN製品。さまざまな製品が登場しており、それぞれ異なる特性を持ちます。ここではCisco Systems、VMware、Silver PeakのSD-WAN製品の特徴を見てみましょう。

/tt/news/2104/01/news13.jpg
「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第2回】

「HCI」を「Kubernetes」でクラウドネイティブ化 VMwareとCiscoの動きは?

コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」をHCI(ハイパーコンバージドインフラ)に組み合わせる動きが広がっている。まずはVMwareとCisco Systemsの取り組みを紹介する。

/tt/news/2102/24/news06.jpg
AaaSからXaaSまで

「as a Service」主要43種の一覧 あなたは幾つ知っている?

クラウドサービスの普及と共に、多様化が進んだ「as a Service」。具体的にはどのようなサービスがあるのか。主要なas a Serviceをアルファベット順に紹介する。

3 月

/tt/news/2103/31/news15.jpg
VMwareの主要製品を理解する【中編】

「vSAN」「Virtual Volumes」(vVols)の違いは VMwareのストレージ仮想化製品

VMwareはSDDCを実現するためのさまざまな仮想化製品を提供している。その中からストレージ仮想化を実現する「vSAN」「VMware vSphere Virtual Volumes」と、運用管理の「VMware vRealize Suite」を取り上げる。

/tt/news/2103/31/news10.jpg
クラウドニュースフラッシュ

資生堂が「Dynamics 365」を日本とタイに導入した理由とは?

資生堂が国内やタイの拠点に「Dynamics 365」を導入した事例やIaaS/PaaS市場の調査結果など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。

/tt/news/2103/23/news02.jpg
「オンプレミス回帰」の国内動向【後編】

「脱クラウド」「オンプレミス回帰」で選ばれる製品とは? IDC Japanに聞く

パブリッククラウドからのオンプレミス回帰を計画する企業は、どのような製品を選択すればよいのか。オンプレミスのインフラとパブリッククラウドを使い分ける視点と併せて、IDC Japanのアナリストに聞いた。

/tt/news/2103/30/news01.jpg
「Amazon Elasticsearch Service」「Amazon Kendra」を比較する【後編】

Amazon Elasticsearch ServiceとAmazon Kendraの違いとは AWS2大検索サービス

AWSが提供する「Amazon Elasticsearch Service」と「Amazon Kendra」は検索サービスという点では同じだが、機能や適した用途、課金条件などに違いがある。どちらを選ぶか検討するときのポイントを説明する。

/tt/news/2103/29/news03.jpg
クラウドが変える学位と資格の評価【第5回】

クラウドエンジニアが「コンピュータサイエンス学位」にこだわらない納得の理由

クラウドサービス関連の業務に携わるエンジニアが大学でコンピュータサイエンスの学位の取得を目指しても、自身に必要なスキルを得られない恐れがある。その理由とは。

/tt/news/2103/27/news02.jpg
ロックインと引き換えの快適さか、オープンの自由度か

「Amazon Kinesis」「Amazon MSK」の違いは? AWSの2大ストリーム処理サービス

ストリーム処理のために、AWSは「Amazon Kinesis」と「Amazon Managed Streaming for Apache Kafka」(Amazon MSK)という2種類のサービスを用意している。両者の違いとは。

/tt/news/2103/26/news05.jpg
「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【前編】

AWSのCloudEndure Disaster RecoveryとAzure Site Recoveryの用途、構造の違い

代表的なDRaaSであるAWSの「CloudEndure Disaster Recovery」とMicrosoftの「Azure Site Recovery」。両者は何が違うのか。用途とアーキテクチャの観点から比較する。

/tt/news/2103/16/news04.jpg
「オンプレミス回帰」の国内動向【前編】

「脱クラウド」「オンプレミス回帰」が国内で拡大する理由は IDC Japanに聞く

国内でもパブリッククラウドを活用していた企業の間で「脱クラウド」「オンプレミス回帰」の動きがある。具体的にどのような動きがあり、なぜ起きているのか、IDC Japanのアナリストに状況を聞いた。

/tt/news/2103/24/news01.jpg
「クラウドファイル共有」7選【第4回】

「Azure Files」「Panzura」で何ができる? 高速ファイル共有が可能な理由は

「クラウドファイル共有」を利用する際に考慮したいのは、オンプレミスのインフラからのアクセスだ。この点に配慮した「Azure Files」「Panzura」を紹介する。

/tt/news/2103/23/news09.jpg
クラウドが変える学位と資格の評価【第4回】

エンジニアがあえて大学で学びたくなる「学位取得」だけではないメリット

大学でなければ得られないスキルを求めるのでなければ、エンジニアが学位を取得する必要性はあまりない。ただし学位取得以外にも、大学でなければ得られないメリットが幾つかある。それは何か。

/tt/news/2103/19/news05.jpg
サーバ&ストレージに関する読者調査レポート

クラウドやHCIの導入状況は? 「脱クラウド」「オンプレミス回帰」は4割以上に

サーバ&ストレージ製品の導入状況や投資計画に関する読者調査を実施した。クラウドサービスやHCIの導入が広がりつつあること、「脱クラウド」「オンプレミス回帰」に前向きな組織が4割を超えることなどが分かった。

/tt/news/2103/19/news03.jpg
「VPS」と「VPC」の違い【後編】

いまさら聞けない「VPC」(仮想プライベートクラウド)とは 普通のVMとの違い

「VPC」とはどのようなクラウドサービスなのか。VPCを利用するメリットと注意点とは。一般的なパブリッククラウドの仮想マシンサービスとの違いを交えて解説する。

/tt/news/2103/18/news02.jpg
Amazonトップ交代が「AWS」に与える影響【後編】

AWSのジャシーCEOがAmazonのCEOになる“本当の意味”とは?

AmazonのCEOは2021年中に創業者兼CEOのジェフ・ベゾス氏からアンディ・ジャシー氏に交代する。ジャシー氏はAWSの現CEOだ。AWSの次期CEOは誰になるのか。CEO交代後のAmazonの行方は。

/tt/news/2103/17/news20.jpg
「Amazon Elasticsearch Service」「Amazon Kendra」を比較する【前編】

AWSの2大検索サービス「Amazon Elasticsearch Service」「Amazon Kendra」とは

AWSの主な検索サービスには「Amazon Kendra」と「Amazon Elasticsearch Service」がある。それぞれの機能と特徴、利用方法を説明する。

/tt/news/2103/12/news14.jpg
「VPS」と「VPC」の違い【前編】

いまさら聞けない「VPS」(仮想プライベートサーバ)とは 利点と注意点を整理

「VPS」と「VPC」は何が違うのか。まずは両者の簡単な違いを整理した上で、VPSの特徴や注意点を解説しよう。

/tt/news/2103/12/news12.jpg
「CASB」選定ガイド【前編】

「プロキシ型CASB」とは? フォワードプロキシ型とリバースプロキシ型の違いは

安全にSaaSを利用するセキュリティ対策として利用が広がりつつあるのが「CASB」だ。その主要な種類である「プロキシ型CASB」とは何か。「フォワードプロキシ型CASB」と「リバースプロキシ型CASB」の違いとは。

/tt/news/2103/11/news04.jpg
クラウドビッグ3のファイルストレージ

クラウドファイルストレージの5つのメリット

かつてクラウドストレージといえばオブジェクトストレージだったが、クラウド大手3社はファイルストレージも提供するようになった。クラウドのファイルストレージのメリットとは何か。

/tt/news/2103/09/news11.jpg
Windows Virtual Desktopに最適なシンクライアントの選び方【後編】

Windows Virtual Desktopが快適に使える「シンクライアント」の条件とは?

シンクライアントを選ぶときは何を考慮すればよいのか。MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」を利用する場合を例に挙げ、シンクライアント選びのポイントを説明する。

/tt/news/2103/10/news09.jpg
Amazonトップ交代が「AWS」に与える影響【前編】

AmazonのベゾスCEOが退任 後任がAWSのジャシー氏になる“納得の理由”

Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが2021年に退任し、AWSのアンディ・ジャシーCEOが後任に就く。この人事交代に対して、アナリストは「当然の判断だ」と口をそろえる。その理由とは。

/tt/news/2103/10/news01.jpg
「クラウドファイル共有」7選【第3回】

クラウドファイル共有「Egnyte」「FileCloud」とは オンプレミスからの接続も

「クラウドファイル共有」は、異なる場所で作業をする人同士のコラボレーションを支援するためにさまざまな機能を搭載する。代表的なサービスである「Egnyte」「FileCloud」で何かできるのか、詳細に見てみよう。

/tt/news/2103/09/news04.jpg
分散拠点のファイルアクセスを実現

20%のコスト削減に成功したクラウドNAS導入事例

北米やアジアに複数の拠点を擁する建築会社が、ストレージをオンプレミスからクラウドNASに移行。各地からのファイルアクセスとコスト削減に成功した。

/tt/news/2103/09/news05.jpg
クラウドが変える学位と資格の評価【第3回】

IT認定資格で「証明できるスキル」と「証明できないスキル」

ベンダーや資格団体が認定する認定資格を取得することで、自身の持つITスキルの一部を証明することができる。ただし認定資格は万能ではない。

/tt/news/2103/08/news01.jpg
「AWS Certification」の受かり方【後編】

「AWS認定クラウドプラクティショナー」に合格するための“7つのステップ”

AWS認定資格「AWS Certification」を取得するには、試験に向けた入念な準備が必要だ。最も基本的な資格「AWS認定クラウドプラクティショナー」を例に取り、試験対策から試験当日までの7つのステップを説明する。

/tt/news/2103/05/news02.jpg
AWS、Microsoft、Google、IBM、Oracleのクラウド戦略【後編】

AWSではなく「Azure」「GCP」「IBM Cloud」「OCI」を選びたくなる強みとは?

代表的なクラウドサービスが「Amazon Web Services」(AWS)であることは明確だが、AWSのみがクラウドサービスではない。独自の強みをアピールする、他の主要ベンダー各社が提供するクラウドサービスの特徴とは。

/tt/news/2103/04/news03.jpg
Windows Virtual Desktopに最適なシンクライアントの選び方【中編】

Windows Virtual Desktopが使えるシンクライアントの本命は? 5社の違いを比較

シンクライアントの代表的なベンダーにはDellとHP、IGEL Technology、NComputing、Stratodeskがある。これらの主要ベンダーが提供するシンクライアントの特徴を説明する。

/tt/news/2103/03/news09.jpg
「AWS」が支えたコロナ禍の人工呼吸器生産【後編】

人工呼吸器を大増産した医療機器メーカーは「Amazon SageMaker」をどう使ったか

Vyaire Medicalは新型コロナウイルス感染症拡大を機に人工呼吸器の大幅増産を決めた。部品の安定調達や生産時の不良率低減といった課題を解決するために、同社が活用したのがAWSで構築したデータ分析システムだ。

/tt/news/2103/02/news08.jpg
クラウドが変える学位と資格の評価【第2回】

企業がIT人材に求める「学位」よりも重要なものとは

企業がIT人材の採用をするときに、コンピュータサイエンスの学位を持っているかどうかよりも重視する要素がある。それは何か。

2 月

/tt/news/2102/27/news02.jpg
クラウドニュースフラッシュ

蔦屋書店がWebサービスを「マイクロサービス化」して「AWS」に移した理由

「Microsoft Azure」などのクラウドサービスで教育システムのフルクラウド化を進める鴻巣市教育委員会や、「Amazon Web Services」を導入した蔦屋書店の事例など、クラウドに関する主要なニュースを6本紹介する。

/tt/news/2102/26/news06.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

「AI」で小売業者のECシフトを支援 Googleの新クラウドサービスの中身は?

Googleは、AI技術を利用した小売業者向けクラウドサービス3種を発表した。小売業者のECへの移行を支援するという。これらのクラウドサービスで小売業者は何ができるのか。

/tt/news/2102/25/news10.jpg
「クラウド管理者」必修スキル【後編】

クラウド管理者に「IaC」「CI/CD」が役立つ理由と、必要なスキルの身に付け方

クラウド管理者が仕事をする上で必要なスキルはさまざまだ。そのうち「IaC」「CI/CD」のスキルを紹介した上で、クラウド管理者を目指す人がこれらを含めた幅広いスキルを習得する方法を説明する。

/tt/news/2102/25/news04.jpg
「脱クラウド」検討のポイント【後編】

企業が「脱クラウド」を選んでしまう4つの理由

オンプレミスのインフラからクラウドサービスへのワークロード移行で失敗しないためにはまず、企業が「脱クラウド」を決断する理由を把握しておくとよい。主要な4つの理由を説明する。

/tt/news/2102/25/news01.jpg
「脱クラウド」戦略の基本【後編】

「脱クラウド」の注意点は? 「脱IaaS」「脱PaaS」「脱SaaS」の違いは?

脱クラウドに踏み切る際、使用をやめるクラウドサービスが「IaaS」なのか、「PaaS」なのか、「SaaS」なのかによって注意すべき点が異なる。どのような違いがあるのか。

/tt/news/2102/24/news05.jpg
「クラウドファイル共有」7選【第2回】

「Box」と「Dropbox」を比較 2大ファイル共有サービスは何が違う?

「Box」と「Dropbox」は、いずれも広く利用されているクラウドファイル共有だ。多彩な機能を提供する両サービスだが、どちらかを選択する際にはどのような点を考慮すればいいのか。違いを具体的に見てみよう。

/tt/news/2102/17/news03.jpg
クラウドサービスのトラフィック最適化【第7回】

“速いMicrosoft 365”をかなえる「クラウドとの距離」を縮める利点と課題

クラウドサービスを快適に使うために、通信を最適化する方法はさまざまです。今回はそれらの中から、クラウドサービスとの距離を最小化する方法のメリットとデメリットを紹介します。

/tt/news/2102/23/news01.jpg
クラウドが変える学位と資格の評価【第1回】

クラウド認定資格を取ればコンピュータサイエンス学位は不要なのか?

クラウドサービスの導入が急速に進むとともに、コンピュータサイエンスの学位と、ベンダーや資格団体が認定する認定資格の評価が変化しつつある。その理由とは。

/tt/news/2102/22/news06.jpg
AWS、Microsoft、Google、IBM、Oracleのクラウド戦略【前編】

AWSがついに「ハイブリッドクラウド」に本腰か “クラウド王者”の戦略は

クラウドサービス市場をけん引するAWSは、自社のクラウドサービスや事業をどう強化し、どう拡大させようとしているのか。同社のクラウド戦略と、ユーザー企業がAWSを利用するときの課題を整理する。

/tt/news/2102/19/news06.jpg
「AWS Certification」の受かり方【中編】

AWS基本資格「AWS認定クラウドプラクティショナー」をあえて取る理由

AWS認定資格「AWS Certification」のうち、最も基本的な資格が「AWS認定クラウドプラクティショナー」だ。能力をアピールしたい人にとって、あえてAWS認定クラウドプラクティショナーを取得する意味とは。

/tt/news/2102/18/news09.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

「Oracle APEX」ベースのノーコード/ローコード開発クラウド、Oracleが提供

「Oracle Database」の標準機能として、ノーコード/ローコード開発機能「Oracle APEX」を提供しているOracle。このOracle APEXをクラウドサービスとして提供するのが「Oracle APEX Application Development」だ。

/tt/news/2102/18/news08.jpg
Windows Virtual Desktopに最適なシンクライアントの選び方【前編】

Windows Virtual Desktopは「シンクライアント」で使うべき納得の理由

MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」の仮想デスクトップを使うクライアント端末として「シンクライアント」を選ぶメリットとは何なのか。代表的なベンダーと共に説明する。

/tt/news/2102/01/news14.jpg
クラウド時代のネットワーク最適化【第3回】

「SD-WAN1.0」「SD-WAN2.0」の違いは? “遅いMicrosoft 365対策”は基本の基

「Microsoft 365」などのクラウドサービスの動作が遅くなる問題を解消する策の一つが「SD-WAN」製品です。機能が多岐にわたるSD-WAN製品を理解するポイントを解説します。主要SD-WAN製品の一覧表も掲載しています。

/tt/news/2102/17/news01.jpg
クラウドストレージコスト削減法【後編】

クラウドストレージの無駄なコストを節約する勘所

クラウドストレージの何がコストを発生させているのかを確認しよう。契約内容を再チェックすると、必須ではない要素が存在する可能性がある。必要な機能でも、使い方を工夫することでコストを削減できる可能性がある。

/tt/news/2102/16/news06.jpg
「クラウド管理者」必修スキル【中編】

クラウド管理者なら身に付けたい、仮想化、コンテナ、データ/コスト管理スキル

クラウド管理者に求められる基本スキルはさまざまだ。その中から「仮想化」「コンテナ」「データ管理」「コスト管理」に関するスキルを説明する。

/tt/news/2102/15/news01.jpg
いまさら聞けないサーバレス入門【後編】

開発者を悩ませるサーバレスのロックイン、コスト、テスト問題

サーバレスには悩ましい問題がまだまだある。予測できないコストや構築が難しいテスト環境などだ。だが、サーバレスに対する正しいアプローチは欠点に目を向けることではない。

/tt/news/2102/15/news05.jpg
「脱クラウド」検討のポイント【中編】

「脱クラウド」しやすい企業、クラウドにとどまらざるを得ない企業の違い

「脱クラウド」が比較的容易なワークロードと、難しいワークロードがある。その違いとは何か。脱クラウドしやすいワークロードを構築することはなぜ必要なのか。

/tt/news/2101/13/news02.jpg
クラウドサービスのトラフィック最適化【第6回】

“遅いMicrosoft 365”を解消する「SD-WAN」の利点と、見落とせない課題

「Microsoft 365」(Office 365)をはじめとするクラウドサービスを快適に利用するために、通信を最適化する手段として「SD-WAN」があります。そのメリットと注意点を整理します。

/tt/news/2102/12/news09.jpg
「AWS」が支えたコロナ禍の人工呼吸器生産【前編】

「AWS」導入の医療機器メーカー 人工呼吸器を1日6台から750台へ大増産できた訳

人工呼吸器メーカーのVyaire Medicalは、自社のデータを一元管理するシステムを「AWS」で構築した。新型コロナウイルス感染症によって人工呼吸器の需要が急増したときに、このシステムはどう役に立ったのか。

/tt/news/2102/11/news02.jpg
「AWS Certification」の受かり方【前編】

いまさら聞けないAWS資格「AWS Certification」の基礎 4カテゴリーの違いは

AWSの認定資格「AWS Certification」は、AWSに関するスキルや知識を客観的に証明する有力な手段だ。全部で4カテゴリー、12種類あるAWS Certification資格の違いを説明する。

/tt/news/2102/10/news03.jpg
クラウドストレージコスト削減法【前編】

クラウドストレージの見落としがちな課金要素に注意

データ量がクラウドストレージの料金に最も影響するのは当然だが、他にも課金される要素が存在する。これを見逃すと請求書に仰天することになる。

/tt/news/2102/10/news11.jpg
「クラウドファイル共有」7選【第1回】

AWSとオンプレミス間でファイルを同期できる「AWS Storage Gateway」とは

同僚間でのファイルのやりとりや共同編集を可能にする「クラウドファイル共有」には、さまざまな種類がある。AWSが提供する「AWS Storage Gateway」の機能を詳しく見てみよう。

/tt/news/2102/09/news08.jpg
「クラウド管理者」必修スキル【前編】

クラウド管理者に「Linux」「Windows」のスキルが必要な理由

クラウド管理者の役割は企業ごとに異なる。ただしクラウド管理者として成功するために必要な基本スキルは共通している。その代表例が「Linux」と「Windows」関連のスキルだ。

/tt/news/2102/09/news04.jpg
「グリーンストレージ」の基礎【後編】

「クラウドストレージ」が“省電力ストレージ”の本命になれる理由

電力効率の高い「グリーンストレージ」を採用するなら「クラウドストレージ」の利用が有効な選択になる。その理由を整理した上で、ストレージ関連のコストを抑制するための基本的な考え方を紹介する。

/tt/news/2102/08/news01.jpg
いまさら聞けないサーバレス入門【前編】

サーバレスが抱える「パフォーマンスを制御できない」問題

サーバレスには多くのメリットがある。だが幾つか認識しておくべき問題もある。パフォーマンスを制御できない(実行速度を予測できない)とはどういうことなのか。解決する方法はあるのか。

/tt/news/2102/08/news08.jpg
「脱クラウド」検討のポイント【前編】

企業はなぜ「脱クラウド」したくなるのか Gartnerに聞く

クラウドサービスで稼働させているワークロードをオンプレミスのインフラに移行させる「脱クラウド」を検討する企業がある。こうした動きはなぜ起こっているのか。脱クラウドの現状を説明する。

/tt/news/2102/04/news04.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「年収1000万円エンジニア」が狙えるクラウド資格とは

コロナ禍でクラウドサービスの利用が広がる中、クラウドエンジニアのニーズが高まっている。こうした状況でクラウドエンジニアが求職活動を有利に進める手段が、クラウド認定資格の習得だ。注目資格を紹介する。

/tt/news/2102/04/news02.jpg
「脱クラウド」戦略の基本【中編】

「脱クラウド」を成功させるヒント “隠れコスト”に要注意

「脱クラウド」戦略を検討する際は、社内のさまざまな関係者を巻き込み、さまざまな注意点に目を向ける必要がある。具体的にどのようなポイントを押さえておくべきなのか。

/tt/news/2102/03/news05.jpg
コロケーションとクラウドの「うるさい隣人」対策【後編】

クラウドサービスでのずうずうしい「うるさい隣人」問題を防ぐ4つの対策

リソースを過剰に消費して他のワークロードの稼働に影響を与える「うるさい隣人」問題は、クラウドサービスの使用時にも発生する。主要な4つの対策を紹介しよう。

/tt/news/2102/03/news04.jpg
バイデン政権下で巨大IT企業はどうなる【後編】

バイデン政権に「GAFA弱体化」を進める大義名分と覚悟はあるのか?

反トラスト政策の支持者は、バイデン政権への移行とともに巨大IT企業の独占状態が解消されるものと予想する。一方ビジネス視点に立つと、巨大IT企業が弱体化することで米国経済は痛手を受ける可能性がある。

1 月

/tt/news/2101/29/news17.jpg
クラウドニュースフラッシュ

任天堂はなぜ「Nintendo Switch Online」のインフラに「AWS」を選んだのか

「AWS」でオンラインサービスを運用する任天堂の事例、通販システムをプライベートクラウドから「Oracle Cloud Infrastructure」に移行させたスクロールの事例など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。

/tt/news/2101/29/news10.jpg
仮想化時代の一押し技術【後編】

運用自動化にビッグデータ管理――IT管理者なら学んでおきたい技術

オンプレミスのデータセンターとクラウドサービスなど、複数のインフラを使い分ける企業は少なくない。さまざまなインフラを管理するために、IT管理者が優先して身に付けるべき技術とは。専門家が解説する。

/tt/news/2101/26/news08.jpg
AWS、Azure、GCPのDRaaS【後編】

「GCP」「IBM Cloud」「Oracle Cloud Infrastructure」で使えるDRの手段とは?

主要クラウドベンダーはシステムの災害対策(DR)を可能にするために、DRaaSをはじめとするDR関連サービスやDRに関するドキュメントを提供している。GoogleとIBM、Oracleが用意するDR支援策を説明する。

/tt/news/2101/27/news02.jpg
バイデン政権下で巨大IT企業はどうなる【中編】

バイデン政権はトランプ政権よりも「GAFA」に“攻撃的”か?

バイデン政権への移行で、巨大IT企業に対する連邦当局の取り締まりはさらに厳しいものになるのか。反トラスト政策と米政治家の思惑を探る。

/tt/news/2101/26/news05.jpg
AWS、Azure、GCPの「SaaS連携ツール」の違い【後編】

AWSやMicrosoftの純正品かサードパーティーiPaaSか SaaS連携ツールの選び方

SaaS連携ツールを選ぶときは、どのような観点で比較すればよいのだろうか。サードパーティー製の「iPaaS」を含めた選定ポイントを紹介する。

/tt/news/2101/25/news04.jpg
建設会社が「DaaSでテレワーク推進」で得たこと【後編】

建設会社がDaaS選びで「自宅回線が遅くても快適」を重視した“切実な理由”

米国の建設会社Mead & Huntは、テレワーク推進の手段として「DaaS」を選定する際に何を重視したのか。その背景とは。同社CIOに聞く。

/tt/news/2101/23/news01.jpg
企業のChromebook導入が進む?

「ChromebookでWindowsアプリを使う」がソフトで実現 もうChromebookで十分?

GoogleとParallelsは、Chromebookの法人向けモデルでWindowsアプリケーションの利用を可能にする「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」を発表した。Chromebookの企業利用が広がるきっかけとなるのか。

/tt/news/2101/22/news10.jpg
「VMware Horizon」トラブルの原因と対策【後編】

VMware Horizonのブラックスクリーン問題を招く「ファイアウォール」「画面転送プロトコル」「VRAM」の問題

ファイアウォールや画面転送プロトコル、VRAMの設定によっては、「VMware Horizon」の仮想デスクトップが利用できなくなる「ブラックスクリーン」問題が発生することがある。これらの問題を説明する。

/tt/news/2101/21/news10.jpg
コロケーションとクラウドの「うるさい隣人」対策【前編】

コロケーションでの傍若無人な「うるさい隣人」問題を防ぐ5つの対策

リソースを大量に消費するワークロードは、他のワークロードのパフォーマンス低下や停止を招く可能性がある。コロケーションサービス使用時に、こうした「うるさい隣人」問題に対処するための方法を示す。

/tt/news/2101/20/news11.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

クラウドDWHのFireboltが約3700万ドル調達 売りの「高速処理」の中身とは?

MicrosoftやGoogleなど既存のクラウドDWHベンダーの競合となるFireboltが、約3700万ドルの資金を調達した。同社が競合との差異化ポイントとしてアピールする「高速処理」の中身とは。

/tt/news/2101/20/news14.jpg
AWS、Azure、GCPのDRaaS【中編】

「CloudEndure」「Azure Site Recovery」とは? AWSとAzureの主要DRaaS

災害時に備えた予備のインフラをクラウドサービスとして利用できる「DRaaS」。主要クラウドベンダーのうち、Amazon Web ServicesとMicrosoft Azureの主要なDRaaSを取り上げる。

/tt/news/2101/20/news12.jpg
バイデン政権下で巨大IT企業はどうなる【前編】

バイデン政権誕生で「GAFAの解体」が進むのか?

反トラスト政策を支持する勢力は、バイデン政権が反トラスト関連の訴訟や法制化を進めると予想する。本当にそうなのか。

/tt/news/2101/19/news06.jpg
AWS、Azure、GCPの「SaaS連携ツール」の違い【中編】

「Logic Apps」「Pub/Sub」――SaaS連携に使えるMicrosoftとGCPの主要ツール

MicrosoftやGoogleは、SaaS連携のためにどのようなツールを提供しているのか。両社の主要ツールとそれらの特徴を説明する。

/tt/news/2101/15/news19.jpg
建設会社が「DaaSでテレワーク推進」で得たこと【前編】

テレワーク拡大で生産性は下がるどころか史上最高に――DaaS導入の建設会社CIO

「DaaS」を使ったテレワークを推進している米国の建設会社Mead & Hunt。テレワークによって「生産性は史上最高になる」と同社CIOは語る。その理由は。

/tt/news/2101/15/news16.jpg
「脱クラウド」戦略の基本【前編】

「脱クラウド」戦略をクラウド使用前から考えるべき理由

クラウドサービスを利用する際は、「脱クラウド」に向けた出口戦略も併せて検討しておくことが重要だと専門家は主張する。それはなぜなのか。

/tt/news/2101/14/news08.jpg
仮想化時代の一押し技術【前編】

Docker、ハイブリッドクラウド、Ansible――IT管理者なら知っておきたい技術

仮想化技術の浸透に伴ってインフラが変化し続ける中、IT管理者が習得する必要がある技術も変化している。注目すべき技術とは何か。専門家が解説する。

/tt/news/2101/14/news05.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

AWS、AIの偏見を防ぐ「Amazon SageMaker Clarify」を発表 AI倫理問題に対処

AWSが発表した「Amazon SageMaker Clarify」は、機械学習モデルに内在するバイアスを検出する。昨今議論が激化している、AI技術に内在する差別問題への対処を支援する。

/tt/news/2101/13/news13.jpg
AWS、Azure、GCPの「SaaS連携ツール」の違い【前編】

「Amazon AppFlow」「Amazon EventBridge」の基礎 AWSの2大SaaS連携ツール

各クラウドベンダーは、複数のSaaS間でデータを送受信するためのSaaS連携ツールを提供している。その中からAWSの「Amazon AppFlow」「Amazon EventBridge」を説明する。

/tt/news/2101/12/news02.jpg
読者の「知りたい」をベンダーに聞く【WVDチップス編】

「Windows Virtual Desktop」(WVD)の賢い使い方は? マイクロソフトに聞く

MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」を使う際、仮想デスクトップにどうアクセスすればよいのか。他社製品との連携がもたらす利点とは。読者からの質問と日本マイクロソフトによる回答を基に紹介する。

/tt/news/2101/09/news01.jpg
「G Suite」からのユーザーは要確認

Google Workspaceは「ストレージ容量無制限」を廃止 既存ユーザーへの影響は

「G Suite」は「Google Workspace」への改称に伴い、無制限のストレージ容量が利用できるプランを廃止した。G Suiteのユーザー企業はどのような影響を受けるのか。

/tt/news/2101/08/news02.jpg
「ハイパーコンバージドインフラ」の未来予測【後編】

「クラウドベンダーのHCI」が注目されない理由と、HCIベンダーが目指す未来

クラウドベンダーも市場に参入するなど「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)は企業のデータセンターの今後を左右する存在になっている。HCIの重要性が今後さらに高まるのはなぜか。注目すべき動向を紹介する。

/tt/news/2101/06/news03.jpg
読者の「知りたい」をベンダーに聞く【WVDセキュリティ編】

「Windows Virtual Desktop」(WVD)のセキュリティ対策はどうする? マイクロソフトに聞く

MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」のユーザー企業が取り得るセキュリティ対策とは何か。読者からの質問と日本マイクロソフトによる回答を基に紹介する。

/tt/news/2007/29/news01.jpg
クラウドが変えるセキュリティ市場【後編】

「SASE」とは? クラウドの弊害にセキュリティとネットワークの合わせ技で対処

クラウドサービスの利用が活発化するとともに、クラウドサービスにまつわるさまざまな課題が顕在化してきている。その対策として新たに登場したのが「SASE」だ。SASEはどのような機能を備え、なぜ登場したのか。

/tt/news/2012/25/news07.jpg
「Xi Frame」と「Citrix Managed Desktops」を比較【後編】

CitrixのDaaSは「エコシステム」と「Microsoftとの協業」が強みか

「Citrix Managed Desktops」(「Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azure」)は関連製品の幅広さが特徴のDaaSだ。その概要を整理し、NutanixのDaaS「Xi Frame」と比較する。

/tt/news/2101/04/news01.jpg
マルチクラウドは既に常識

インテリジェントなマルチクラウド管理最新動向

ハイブリッド/マルチクラウドはもはや常識だ。今後はマルチクラウドを前提としたワークロード配置の最適化やコスト効率の向上をよりインテリジェントに実現するツールが重要になる。