過去記事一覧 (2020 年)

3 月

/tt/news/2003/27/news07.jpg
低遅延を実現するが利用には制限も

AWSを自社のすぐ近くで動かせる「AWS Local Zones」とは?

AWSのITインフラをユーザー企業の近くに展開できるサービス「AWS Local Zones」が登場した。その用途と利用方法、課題を説明する。

/tt/news/2002/21/news10.jpg
「Viptela」の選定理由も紹介

朝日新聞社が「SD-WAN」でコスト削減できた理由 Office 365も快適に

朝日新聞社はSD-WANを導入してネットワークの逼迫に対処するとともに、ネットワークコストを削減した。どのようにして実現したのだろうか。

/tt/news/2003/26/news05.jpg
IT予算計画で重視するもの【前編】

2020年のIT予算計画、まず「事業部門の目標」と「既存IT環境の問題」を見極めよ

IT予算計画の策定は概してストレスが多く複雑な作業だ。まずは事業部門のリーダーやユーザーとコミュニケーションを取り、既存のIT環境にどのような問題があるか洗い出す必要がある。どう進めればよいのか。

/tt/news/2003/25/news08.jpg
「脱クラウド」はなぜ起きる?【前編】

クラウドをやめて“オンプレミスに回帰した方がいい”と判断すべき理由は?

パブリッククラウドではコストや運用管理、コンプライアンスに関する問題を抱える可能性がある。どのような場合でクラウドからオンプレミスにシステムを戻すことが適切な判断となるだろうか。

/tt/news/2003/25/news02.jpg
AWSの障害対策における4つのポイント【後編】

AWS障害からの復旧計画時に意識したい「RPO」「RTO」とは?

「Amazon Web Services」(AWS)に障害が起きたときのために、どのように復旧計画を立てればよいのだろうか。「復旧対象のデータの評価」「復旧計画に使う指標」「復旧の訓練」の観点から説明する。

/tt/news/2003/24/news09.jpg
専門家が占う2020年VDI市場【前編】

「Windows Virtual Desktop」と「Linux仮想デスクトップ」がVDIの“主役”になる?

2019年、VDI(仮想デスクトップインフラ)市場は大きな変化に見舞われた。2020年もこの状況は続くのだろうか。VDI市場の2020年のトレンドを専門家に予測してもらった。

/tt/news/2003/24/news06.jpg
“専用”と“汎用”のクラウド比較【前編】

「ニッチクラウド」と「ハイパースケールクラウド」の4つの違いとは?

比較的小規模な「ニッチクラウド」と大規模な「ハイパースケールクラウド」にはそれぞれメリットとデメリットがある。どちらのクラウドが適しているかを判断するための4つのポイントを紹介する。

/tt/news/2003/19/news11.jpg
「Windows Virtual Desktop」の弱点とは【後編】

「Windows Virtual Desktop」の管理機能が持つ4つの制約

「Windows Virtual Desktop」は、管理面ではまだ完成度が足りない。本稿で取り上げる4つの機能は、CitrixやVMwareの製品ほど強力ではない。

/tt/news/2003/19/news02.jpg
「Windows Server 2008」サポート終了後の選択肢【後編】

Windows Server 2008の移行手段「コンテナ」「Storage Migration Service」とは

オンプレミスの「Windows Server 2008/2008 R2」で稼働させていたアプリケーションやファイルサーバを新環境にどう移行すべきか。主要な手段である「Windowsコンテナー」「Storage Migration Service」を解説する。

/tt/news/2003/18/news08.jpg
AWSの障害対策における4つのポイント【前編】

AWSの可用性を確保する方法とは?

適切なデータ保護と復旧の対策は、障害が起きる前に講じておかなければならない。「Amazon Web Services」(AWS)の障害に備えてやるべきことは幾つかある。主要な対策を紹介しよう。

/tt/news/2003/17/news03.jpg
ゼロトラストセキュリティとは何か【後編】

「ゼロトラストセキュリティ」に賢く取り組む3つのベストプラクティス

「ゼロトラストセキュリティ」は、クラウドによって多様化する企業ITを保護するための有力なアプローチだ。どのように実現すればよいのか。必要な要素とベストプラクティスを紹介する。

/tt/news/2003/16/news02.jpg
重い処理をクラウドにオフロード

クラウドでAndroidアプリを実行して配信する「Anbox Cloud」

コンテナ化したAndroidアプリをクラウドで実行して配信できる「Anbox Cloud」が登場した。端末の性能や差異に依存しない単一のアプリを開発するだけでよく、大容量ファイルも扱えるようになる。

/tt/news/2003/14/news01.jpg
「Windows Virtual Desktop」の弱点とは【前編】

Microsoft純正DaaS「Windows Virtual Desktop」はどう進化する? 課題は?

MicrosoftはDaaS「Windows Virtual Desktop」(WVD)の機能拡充やパートナーとの協業を進めている。WVDでは今後、どのようなことができるようになるのか。WVDの課題とは。

/tt/news/2003/12/news07.jpg
ゼロトラストセキュリティとは何か【前編】

「ゼロトラストセキュリティ」とは? クラウドが求めたセキュリティモデル

「ゼロトラストセキュリティ」とは何か。その目的とは。クラウドの普及で企業ITが変化する中、有力なセキュリティモデルとして注目すべきゼロトラストセキュリティを概観する。

/tt/news/2003/11/news11.jpg
曖昧になるインフラ【後編】

「HCI」と「IaaSのオンプレミス版」のどちらを選ぶべきか?

HCI製品から、パブリッククラウドのソフトウェアやハードウェアをオンプレミス側で運用するアプライアンスまで企業が選択できるインフラは多様になり、境界が曖昧になってきた。どのような観点で選ぶべきなのか。

/tt/news/2003/11/news10.jpg
「Windows Server 2008」サポート終了後の選択肢【前編】

「Windows Server 2008」の移行先はクラウドとオンプレミスのどちらを選ぶ?

サポート終了の「Windows Server 2008/2008 R2」を安全に使うには「拡張セキュリティ更新プログラム」が必要だ。その利用条件を検討すると、クラウドへ移行すべきか、オンプレミスにとどまるべきかが見えてくる。

/tt/news/2003/10/news05.jpg
ネットワークの安定性やコスト面で課題も

クラウドにSAPのERPシステムを移行するメリットと注意点

SAPのERPシステムのホスト先をオンプレミスからクラウドに移行すると、ITインフラの運用負荷を軽減できる可能性がある。ただし目を向けなければならない問題もある。それは何なのか。

/tt/news/2003/02/news11.jpg
曖昧になるインフラ【前編】

「真のHCI」とは何か? 「CI」との違いを見極める方法

さまざまなHCI製品が登場するにつれて、CI製品とHCI製品の境界線が曖昧になってきた。最近登場した製品を含めて、HCI製品の特徴を整理する。

/tt/news/2001/20/news04.jpg
大規模システムへのPaaS活用

SOMPOグループが保険代理店向けシステムを「Heroku」に移行した理由

クラウドが広く普及する中、運用コストや拡張性などを考慮して、PaaSを導入する企業は少なくなくなった。その中から、「Heroku」で保険代理店向けシステムを構築したSOMPOシステムズの事例を紹介する。

2 月

/tt/news/2002/25/news02.jpg
専門家が語る2020年のクラウド動向【後編】

クラウドの「責任共有モデル」が2020年に崩壊する?

2019年に起こった金融大手Capital Oneの情報流出事件は、クラウドの「責任共有モデル」を変える可能性がある。この変化は、クラウドサービスのラインアップにどう影響を及ぼすのか。

/tt/news/2002/25/news06.jpg
D-WaveのCEOに聞く「量子コンピュータ」の可能性【後編】

D-Waveが語る「量子コンピュータ」のコスト問題を解決する方法は?

量子コンピュータの魅力とは何か。コスト問題にどう対処すべきなのか。量子コンピュータベンダーD-WaveのCEOに聞く。

/tt/news/2002/21/news04.jpg
岐路に立つオープンソース精神

ライセンス変更によるOSSのクラウド利用制限を巡る懸念

AWSはオープンソースを搾取している。OSS企業のライセンス変更に始まりNew York TimesによるAWS批判記事へと発展した騒動は今、ライセンス変更に対する疑問に進展した。他のOSS企業・団体の意見とは?

/tt/news/2002/18/news04.jpg
専門家が語る2020年のクラウド動向【前編】

「Docker」と「説明可能なAI」が2020年のクラウドで注目の理由

2020年に、クラウド市場にはどのような変化が起こるのか。特にコンテナと人工知能(AI)技術に関する動向を予測する。

/tt/news/2001/17/news05.jpg
クラウドサービスのトラフィック最適化【第1回】

「Office 365」はなぜ遅くなるのか? SaaSが引き起こすネットワーク問題

SaaSなどのクラウドサービスは生産性向上につながる一方で、ネットワークの逼迫(ひっぱく)といった問題も招きます。本稿はネットワークの問題を生じさせるクラウドサービスの特性を考察します。

/tt/news/2002/13/news07.jpg
パブリッククラウドとの比較が分かりやすい

「プライベートクラウド」「パブリッククラウド」「コロケーション」の違いは?

コロケーション施設を使ってプライベートクラウドを構築することはできる。ただしコロケーション施設を使えば常にプライベートクラウドになるわけではない。パブリッククラウドも含めて、3つの用語の違いを探る。

/tt/news/2002/13/news04.jpg
「MaaS」で広がる可能性【後編】

「MaaS」(Market as a Service)がSaaS開発者を楽にする理由と、2つの課題

アプリケーションをSaaS(Software as a Service)として開発、提供しやすくする「MaaS」(Market as a Service)の商用サービスが登場した。何を可能にし、どのような課題があるのか。

/tt/news/2002/12/news03.jpg
自社で構築するのは大変

Kubernetes向けオープンソース管理ツールスイートSaaS登場

Kubernetesの運用管理に役立つオープンソースツールなどを統合したSaaSが登場した。この環境を独自に構築するのは容易ではない。SaaSとして利用できるなら合理的かもしれない。

/tt/news/2002/12/news06.jpg
ハイブリッドクラウドを利用する5つのメリット【後編】

「ハイブリッドクラウド」がコンプライアンス問題に対処しやすい理由

ハイブリッドクラウドによって、パブリッククラウドとプライベートクラウドの“いいとこ取り”が可能になる。セキュリティとコンプライアンス、一貫性の面でのハイブリッドクラウドのメリットについて説明する。

/tt/news/2002/07/news06.jpg
西日本の企業以外も注目の理由

AWSの新「大阪リージョン」と「大阪ローカルリージョン」の違いとは?

AWSは2021年初頭に「大阪リージョン」を新設する。すでに大阪で運用している「大阪ローカルリージョン」とは何が違うのか。

/tt/news/2002/10/news01.jpg
手帳ブランドによるデジタル革命

モレスキンのツール&アプリが提案する「PowerPoint文化からの脱却」

手帳ブランドとして知られるMoleskineが今、紙とデジタルの融合による新たな文化を提案している。同社の製品は“PowerPoint疲れ”している企業文化に一石を投じる。

/tt/news/2002/07/news04.jpg
NYTいわく「AWSはストリップマイニングしている」

オープンソース利用方法の批判報道にAWSが反論「全く筋違いの主張だ」

New York Timesが、AWSはオープンソースプロジェクトに貢献せずに利益だけを得ていると批判する記事を掲載。AWSは「全く筋違いの主張だ」と反論した。

/tt/news/2002/06/news08.jpg
クラウド接続用ネットワークの基礎【後編】

クラウド間をまたいで動くデータを監視する「クラウド管理ツール」とは?

ハイブリッドクラウドやマルチクラウドなど、複数のインフラでのアプリケーション運用が当然の時代になった。こうした中、異なるインフラ間を接続するネットワークのデータ監視はどうすればいいのだろうか。

/tt/news/2002/05/news08.jpg
ハイブリッドクラウドを利用する5つのメリット【前編】

「ハイブリッドクラウド」がインフラコスト削減とリソース不足解消に役立つ訳

「ハイブリッドクラウド」はどのような用途があるのか。利用することでどのようなメリットがあるのだろうか。コスト管理とアジリティの観点から説明する。

/tt/news/2002/05/news07.jpg
「MaaS」で広がる可能性【前編】

「MaaS」とは? SaaSを手軽に開発するための新たな選択肢

開発したアプリケーションをSaaS(Software as a Service)として提供する環境を整えることは簡単ではない。そのための場として利用できる「MaaS」(Market as a Service)とは何だろうか。

/tt/news/2001/17/news04.jpg
「脱クラウド」が意味するもの【第1回】

クラウドをやめてオンプレミス回帰する「脱クラウド」は日本で広がるのか

企業ITにとって欠かせない存在になったクラウド。運用管理の効率化などさまざまな利点があるが、使い方を間違えると「オンプレミスの方が良かった」という結果になる。そこで生まれる選択肢が「脱クラウド」だ。

/tt/news/2002/04/news03.jpg
「クラウドホスト型VDI」と「DaaS」を理解する【後編】

「仮想デスクトップインフラ」(VDI)の選定がより難しくなった理由

クラウドホスト型VDIやDaaSなど、VDIの運用負荷が軽減する動きはあるものの、製品やサービス選定はより難しくなっている。背景にはVDI市場を取り巻く変化がある。

1 月

/tt/news/2001/31/news07.jpg
クラウド接続用ネットワークの基礎【前編】

クラウドのネットワーク構築で検討すべき「クラウド性能監視ツール」選びの勘所

クラウドを利用するためのネットワーク構築時には、クラウドの性能への影響を監視することが重要だ。こうした作業を効率化する「クラウド性能監視ツール」を適切に検討するには、どのような観点を持つべきか。

/tt/news/2001/30/news05.jpg
ハイブリッドクラウドを構築するための4つのヒント【後編】

「ハイブリッドクラウド」で高額請求を回避できるデータ配置方法とは?

ハイブリッドクラウドを構築するときは、データの配置方法とセキュリティ対策を検討することが必要だ。それぞれどのようなリスクがあり、どう対処すべきなのか。

/tt/news/2001/29/news03.jpg
活性化するベアメタルクラウド市場

Google「Bare Metal Solution」とAWS、Microsoft、IBMのベアメタルの違いは?

Googleのベアメタルクラウド「Bare Metal Solution」は、高パフォーマンスのハードウェアが必要な企業の関心を集めそうだ。競合サービスとの比較を通じて、同サービスの特徴を説明する。

/tt/news/2001/28/news05.jpg
「クラウドホスト型VDI」と「DaaS」を理解する【前編】

「クラウドホスト型VDI」と「DaaS」の違いとは 楽なのはどちらか

VDI市場では「クラウド型VDI」と「DaaS」が台頭しつつある。この2つの違いと、VDIの管理負荷を軽減するために、選定の際留意しておきたい点について説明する。

/tt/news/2001/22/news06.jpg
ハイブリッドクラウドを構築するための4つのヒント【前編】

「ハイブリッドクラウド」の構築で最初に検討すべき2つの運用モデルとは

ハイブリッドクラウドは適切に構築すれば、オンプレミスとクラウド、両者のいいとこ取りが可能になる。ハイブリッドクラウドを構築するための最初のステップについて説明する。

/tt/news/2001/17/news02.jpg
ワイン醸造業者が出した答え【後編】

ワイン醸造所がオンプレミス回帰でストレージも刷新 譲れなかった条件とは?

ワイナリーのPalmaz Vineyardsは、いったんオンプレミスからパブリッククラウドに移したワイン発酵プロセス監視システムのインフラを、オンプレミスに戻した。ただし単純に以前と同じ構成に戻したわけではなかった。

/tt/news/2001/16/news02.jpg
保存データを外部に流出させない

「Amazon S3」の“うっかり”設定ミスを防ぐ「IAM Access Analyzer」とは

Amazon Web Services(AWS)のセキュリティ新機能「AWS Identity and Access Management Access Analyzer」は、ユーザーが保存したデータを“うっかりミス”で漏えいさせる事態を防止するという。その詳細とは。

/tt/news/2001/15/news06.jpg
それぞれのメリット・デメリットやコストの違いを解説

VMware Horizonはどこで運用? クラウド、オンプレミス、ハイブリッドを比較

「VMware Horizon」はオンプレミスやクラウドの他、ハイブリッドクラウドでも運用でき、運用方法によってメリットやデメリットが異なる。どの運用方法を選ぶべきなのか。

/tt/news/2001/09/news01.jpg
パブリッククラウドがベストとは限らない

企業に広がる「パブリッククラウドからオンプレミス」への移行

パブリッククラウドからオンプレミスにアプリケーションを戻す動きが広がっているという調査結果が発表された。これは何を意味するのか?

/tt/news/2001/09/news04.jpg
「Neo」と「Cloud Foundry」が中核要素

「SAP Cloud Platform」とは? クラウド版SAP S/4HANAとの違いは

SAPのPaaS「SAP Cloud Platform」は、同社の他のサービスとどう違うのか。主要な機能と特徴を説明する。

/tt/news/2001/09/news03.jpg
ワイン醸造業者が出した答え【前編】

ワイン醸造所がクラウドに移した発酵監視システムをオンプレミスに戻した理由

ワイナリーのPalmaz Vineyardsは、機械学習によって発酵タンク内の状態を監視するシステムを開発した。パブリッククラウドにデータを保存する仕組みにしたが、問題が発生した。それはどのようなものだったのか。