過去記事一覧 (2019 年)

5 月

/tt/news/1905/22/news01.jpg
クラウドベースセキュリティのススメ【前編】

クラウドベースセキュリティ選択時に着目すべき7つのポイント

端末の種類と用途が多様化した今、従来のセキュリティ対策製品では全ての脅威に対応し得ない。そこでクラウドベースのセキュリティサービスだ。そのメリットと7つのポイントを紹介する。

/tt/news/1905/21/news07.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「iPhone使いならMac好き」は幻想? 「Chromebook」がスマホ世代に受ける理由

スマホ世代が職場で利用するデバイスは、本当に「Mac」や「Windows」搭載PCでいいのだろうか。セキュリティ、コスト、クラウドサービスの使いやすさなどから、こうした世代に適した業務用デバイスについて考える。

/tt/news/1905/17/news01.jpg
どのクラウドに移行したのか

Azureではできなかった、IoTを活用した介護システムの実現

クラウドで介護システムを提供するKarantis360は、当初Azureを利用していた。だがAzureにはパフォーマンスに問題があった。これを解決しつつIoTを活用するためKarantis360が選んだクラウドとは?

/tt/news/1905/17/news05.jpg
コンテナ化の波に乗る

Google「Anthos」はAWS、Azureのハイブリッドクラウド支援製品と何が違うのか?

Googleは、ハイブリッドクラウドの運用を支援する製品として「Anthos」(旧「Cloud Services Platform」)を提供している。Anthosは、アプリケーションの最新化を目指す企業の間で広く利用される可能性がある。

/tt/news/1905/16/news03.jpg
AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド戦略【後編】

AWS、Microsoft、Googleの「ハイブリッドクラウド」戦略は何が違うのか?

ハイブリッドクラウド市場は今後、どのように動くのか。AWS、Microsoft、Googleの主要クラウドベンダー3社の戦略は。調査会社の話を基に整理する。

/tt/news/1905/15/news05.jpg
5つの理由を整理

クラウド形式の統合コミュニケーション「UCaaS」がSMBにも大企業にも受ける理由

コラボレーションニーズの高まりにつれて、「UCaaS」の採用が全ての市場セグメントで進んでいる。ただしユーザーの企業規模によって、その実態は異なる。

/tt/news/1905/14/news03.jpg
仮想デスクトップのスムーズな連携を実現

VMware Cloud on AWSとオンプレミスの両方で「Horizon」を運用すべき理由

クラウドの「VMware Cloud on AWS」とオンプレミスでデスクトップ仮想化製品「VMware Horizon」を利用すると、ハイブリッドクラウド環境の管理性が向上する他、新たなユースケースを実現できる。

/tt/news/1905/13/news02.jpg
IaaSとSaaSのコスト最適化【後編】

勝手導入されたSaaSの検出から一元化まで、SaaS管理の勘所

使われているSaaSの把握が第一歩だが、全て把握できる単一の検出方法は存在しない。使われているSaaSの検出方法から、ユーザー部門も納得の一元化方法まで、SaaS管理のコツを紹介する。

/tt/news/1905/13/news05.jpg
マルチクラウド環境のデータ連携を考える

クラウドから別のクラウドへのデータ移行を容易にする手段10選

複数のクラウドを利用するマルチクラウド環境では、データの移行が複雑になる。クラウド同士のデータ移行に利用できる10個の製品/サービスと、その特徴を解説する。

/tt/news/1905/10/news08.jpg
クラウドで復活する「DWH」【前編】

AWS、Microsoft、IBMも注力する「クラウドDWH」 ライバルHadoopに勝る勢い

Hadoopの登場で守勢に立ったDWHが、クラウドに新たな活路を見いだしている。活性化の兆しを見せるDWH市場で、クラウドDWHが特に存在感を増している理由を探る。

/tt/news/1905/09/news01.jpg
今後伸びるのはAzureかGCPか

AWSの独走状態に陰り? クラウドトップ3に変化の兆し

パブリッククラウド市場におけるAWSの地位は盤石に見えるが、AzureとGCPがAWSに追い付きつつあるようだ。今後急成長が予想されるのはどのサービスなのか。

/tt/news/1905/09/news04.jpg
オンプレミスとは異なる要件

いまさら聞けない、クラウドのネットワークを理解する「6大基礎用語」

パブリッククラウドのネットワーク要件はオンプレミスとは異なる。クラウドベースのアプリケーションを運用する際に必要なネットワークの基本的なサービスや機能を紹介しよう。

/tt/news/1905/08/news03.jpg
クラウドベンダーが満たすべき要件を解説

医療で使えるクラウドかどうかを見極める「HIPAA」の5大要件

医療データを扱うクラウドベンダーは、データのプライバシーとセキュリティを確保するため、HIPAAに準拠しなければならない。ユーザー企業がクラウドを利用するときに気を付けるべきHIPAAの要件を5つ紹介する。

/tt/news/1905/07/news08.jpg
「BigQuery」での成功体験が決め手

なぜ大手新聞社は「AWS」から「Google Cloud Platform」への移行を決めたのか

大手新聞社Telegraph Media Groupはデジタル版のサービスを充実させるため、インフラとして利用するクラウドサービスを「Amazon Web Services」から「Google Cloud Platform」へ切り替えることを検討している。

/tt/news/1905/07/news07.jpg
オンプレミスだけの自由さとは

「DaaS」ではなく「オンプレミスVDI」で仮想デスクトップを実現すべき4つの理由

VDIの主要な実現方法にはオンプレミス型とDaaS型の2種類がある。製品選択の自由など、オンプレミスでVDIを運用する場合の利点を紹介する。

4 月

/tt/news/1904/26/news01.jpg
IaaSとSaaSのコスト最適化【前編】

今すぐできるIaaSコストお手軽節約術

パブリッククラウドを利用する際の最優先事項はコスト管理だ。IaaSの場合は今すぐできる簡単な方法から着手しよう。その後考慮すべきさらなる節約のヒントも紹介する。

/tt/news/1904/26/news05.jpg
「いいとこ取り」のIT環境を

クラウドファースト懐疑派が歓迎する「ハイブリッドクラウドファースト」とは

「クラウドファースト」は全ての企業やワークロードに適するわけではない。ハイブリッドクラウドは、パブリッククラウドとローカルデータセンターの「いいとこ取り」により、最適なIT環境を実現する。

/tt/news/1904/25/news07.jpg
コスト削減と自動化を推進する

サーバレスで「労働時間の4割がインフラのお守り」という常識が変わる

IaaSとPaaS分野で「サーバレスコンピューティング」が注目されつつある。Gartnerのアナリスト、アラン・チャンドラセカラン氏のインタビューを基に、この技術が企業にもたらすメリットを説明する。

/tt/news/1904/25/news06.jpg
クラウドとの親和性も追い風に

「ブロックチェーンストレージ」とは何か? 5つの質問で基礎を知る

ブロックチェーンストレージに対する関心が高まっている。この新しい技術を検討するに当たり、よくある5つの疑問とそれに対する回答を紹介する。

/tt/news/1904/24/news01.jpg
オープンソースとクラウドプロバイダー(後編)

Redis Labsの2度のライセンス変更はフリーライドを防げるか

クラウドプロバイダーがオープンソースベースのサービスを展開すると、開発企業のサポートビジネスは破綻する。オープンソースビジネスは転換点を迎えているのかもしれない。

/tt/news/1904/23/news03.jpg
クラウドアプリ開発の初心者向けガイド

クラウドネイティブアプリ開発者なら覚えておきたい「4つの基礎」

クラウドネイティブアプリケーションを開発する際に、検討すべき要素とは何か。基礎となる要素4つと、開発を支援するツールについて説明する。

/tt/news/1904/22/news04.jpg
AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド戦略【前編】

AWS、Microsoft、Googleの「ハイブリッドクラウド」製品をざっくり理解する

主要クラウドベンダーであるAWS、Microsoft、Googleの3社がハイブリッドクラウド戦略を本格化させている。各社の製品と現状を紹介する。

/tt/news/1904/18/news03.jpg
クラウド戦略の根幹

「ハイブリッドクラウド」は「ハイブリッドIT」「マルチクラウド」とどう違うのか?

マルチクラウドとハイブリッドクラウドには明確な違いがある。両者の概念を理解した上で、クラウドをどのように採用するのが適切かを検討する必要がある。

/tt/news/1904/17/news07.jpg
新たに検討が必要な「2つのR」

Gartnerお墨付きのクラウド移行手法「5つのR」は今でも有効か?

クラウドコンピューティングの進化に伴い、アプリケーションは単一のソフトウェアではなく、サービスの集合体となっている。そのため企業は、これまでのクラウド移行の手法を再検討する必要がある。

/tt/news/1904/16/news08.jpg
競争はますます激化

マルチユーザーWindows 10が使える「Windows Virtual Desktop」と他のDaaSの違い

MicrosoftがDaaS「Windows Virtual Desktop」で「Windows 10」のデスクトップをマルチユーザーで利用可能にすることは、DaaS市場に大きな変化をもたらす。競争はますます激化し、他のDaaSベンダーも革新を迫られる。

/tt/news/1904/10/news03.jpg
クラウド勤怠管理システムの選び方

勤怠管理システムと人事・給与システムを連携させる際の意外な落とし穴

クラウド勤怠管理システムを導入するなら、人事・給与システムと連携させるのが自然だ。連携時には企業ごとの勤怠管理業務ルールの違いに注意する必要がある。自社に合った仕様を正しく見極めるヒントを紹介する。

/tt/news/1904/10/news01.jpg
AWS vs. MS vs. Google(第3回)

競合にも利用されるAWSと、それでも残る懸念

AWSを忌避する企業もあれば、積極的に活用している企業もある。だが政府はAmazonに疑念を抱き、介入を強めている。

/tt/news/1904/10/news07.jpg
オンデマンド、スポットの“いいとこどり”

AWS、Azure、GCPの激安プラン「リザーブドインスタンス」はどれだけ安い?

パブリッククラウド利用において長期的な“約束”にはどのような意味があるだろうか。インスタンスの利用を長期で予約する際、AWS、Microsoft、Googleの料金体系にはどのような違いがあるのか、詳しく見てみよう。

/tt/news/1904/06/news02.jpg
DaaS市場を一変させる可能性

Windows Virtual Desktopで実現できる「マルチユーザー版Windows 10」とは?

「Windows Virtual Desktop」を使うと「Windows 10」をマルチユーザーで利用できるようになる。DaaS市場の様相を一変させる可能性がある、この新しいサービスのメリットとデメリットを検証する。

/tt/news/1904/05/news06.jpg
デスクトップの配信方式に違いが

DaaSの2大方式を比較 「サーバベース」と「クライアントベース」の違いは?

DaaSは一般的に、サーバOSのデスクトップを利用する「サーバベース」か、クライアントOSのデスクトップを利用する「クライアントベース」のいずれかに分類できる。両者のメリットとデメリットは。

/tt/news/1904/05/news04.jpg
落とし穴を回避

BIをクラウドへ、低コストで移行するための5つのヒント

BIや分析をクラウドに移行するには戦略が必要だ。何を詳しく調査し、どのような点に注意して、どんなことに取り組むべきか、専門家やIT担当者からヒントを得る必要がある。

/tt/news/1904/04/news01.jpg
優先度高くても進まないWindows 10移行

優先度高いWindows 10移行と低いDaaS/シンクラ導入意向

Windows 7のサポート終了という節目を目前に控え、DaaSやシンクライアントに力を入れるITベンダー。しかし、企業の関心は高くない。企業はWindows 10への移行をどのように考えているのか。

/tt/news/1904/03/news10.jpg
対処の迅速さに評価の声も

「Google Cloud Platform」(GCP)の障害を引き起こしたエンジニアの行動とは?

「Google Cloud Platform」(GCP)の複数のサービスが2019年3月、障害に見舞われた。アナリストは、Googleの素早い対処と透明性を評価する。

/tt/news/1904/03/news08.jpg
Google、Microsoft、AWSなどのツールを使ってデータ活用

打倒Amazonに「AI」(人工知能)と「データ分析」で挑む小売企業

小売企業で、実店舗とオンラインでの購買履歴を活用したマーケティングが進んでいる。AI技術の活用やデータ分析によって、顧客に合わせて商品を提案し、需要を生み出すことができる。

/tt/news/1904/02/news07.jpg
開発者が注目するAIテクノロジー

AWS、Google、Azureの自然言語処理APIを比較 長所短所は?

クラウドによってAIテクノロジーが利用しやすくなり、アプリケーションに自然言語処理を組み込もうと考える開発者が増えている。

/tt/news/1903/28/news03.jpg
Community CloudとLightning Platformを利用

セブン銀行が「ATM受取」にSalesforceを採用 2年のはずの構築期間が1年に

セブン銀行の新サービス「ATM受取」。サービスの提供に当たり、同社はクラウドを利用してシステムを構築した。2年かかるといわれた開発期間は、クラウドの導入でどのくらい短縮されたのか。

3 月

/tt/news/1903/30/news01.jpg
プレビュー版を提供開始

「Windows Virtual Desktop」の衝撃 Windowsをクラウド提供の意味は?

クラウドベースのデスクトップ・アプリケーション仮想化ツール「Windows Virtual Desktop」は2019年後半に提供開始する見込みで、「Office 365 ProPlus」を統合する。

/tt/news/1903/29/news01.jpg
オープンソースとクラウドプロバイダー(前編)

MongoDBとAmazon DocumentDBの関係に見るオープンソース支援の在り方

MongoDBが自社の収益を守るためライセンスを変更した。するとAWSはMongoDB互換サービス「Amazon DocumentDB」を発表した。

/tt/news/1903/28/news04.jpg
新システムの社内普及に「チェンジマネジメント」を導入

J・フロントリテイリングが「G Suite」を1万人規模で利用 社内普及の方法とは

J・フロントリテイリングは、全国の拠点で働く1万2000人のグループ従業員に向けて「G Suite」を導入した。新しいシステムを早期に定着させるために、同社が導入したのが「チェンジマネジメント」と呼ばれる手法だ。

/tt/news/1903/27/news02.jpg
Telegraph Media GroupのCIOが絶賛

老舗新聞社がAWSからGoogle Cloud Platformに移行した意外な理由

英国の老舗新聞社がパブリッククラウドの移行を開始した。同社がそれまでのAWSからGCPに移行する決断を下した理由は意外なものだった。同社CIOが絶賛するGoogleの一面とは?

/tt/news/1903/27/news12.jpg
アドオン、レポート機能、モバイルサポートで比較

多要素認証(MFA)製品ベンダー4社を比較 自社に最適な製品はどれ?

企業にとって適切な多要素認証ツールとはどのように決まるのだろうか。本稿では、多要素認証の主要ベンダーであるRSA Security、Symantec、CA Technologies、OneSpanの製品を、複数の観点から比較する。

/tt/news/1903/26/news05.jpg
ハイブリッドクラウドの監視を効率的に強化

「アラートが鳴りやまないクラウド」にしないためのベストプラクティス5選と主要ツール

データと警告に過負荷を感じることなく、効率的にハイブリッドクラウドインフラを監視するには、既存のプロセスを幾つか見直す必要がある。本稿では監視のために最初に実施すべき「5つのベストプラクティス」を取り上げる。

/tt/news/1903/22/news15.jpg
オンプレミス寄りか、クラウド寄りか

「ハイブリッドクラウド」を実現する製品とは? 選定の勘所は?

オンプレミスとパブリッククラウドが併存するハイブリッドクラウドを構築する動きが広がっている。管理ツールを中心に、関連製品の選定ポイントや今後の注目動向などについて、ITRの甲元宏明氏の話を基にまとめる。

/tt/news/1903/25/news09.jpg
Boxアカウントがなくてもデータ共有が可能に

Boxの機能やUIを組み込んだカスタムアプリを開発できる「Box Platform」

Box Japanが「Box Platform」の国内提供を開始する。ファイル同期サービス「Box」と各種サービスやシステムを連携させた、カスタムアプリケーションの開発を可能にするサービスだ。

/tt/news/1903/22/news05.jpg
AWS vs. MS vs. Google(第2回)

局地戦でAWSに勝利したMicrosoftとGoogleだが……

MicrosoftとGoogleがAWSから顧客を奪うことに成功した。AWSに対する小売業界の懸念と合わせるとAWSが劣勢に立たされているように見える。だが果たしてそれだけだろうか?

/tt/news/1903/22/news09.jpg
開発手法はアジャイルに

クラウドでABAP開発環境が使えると何がすごいのか 「SAP Cloud Platform」の進化

SAPは「SAP Cloud Platform ABAP Environment」の提供によって、SAP ABAP開発者はそのスキルをクラウド環境でも生かせるようになった。だが、開発手法は見直す必要があるかもしれない。

/tt/news/1903/19/news07.jpg
VMwareとの連携も重要に

関係者を驚かせた「AWS Outposts」はハイブリッドクラウドの本命になるか?

AWSは「AWS Outposts」を使ってクラウドのソフトウェアをオンプレミスに移そうとしている。AWS Outpostsは、「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)と同じハードウェアを採用するマネージドサービスだ。

/tt/news/1903/15/news08.jpg
「遅滞なく進むケースは皆無」という実態

マイグレーションでダウンタイムを抑えるために注意すべき点は?

データ、ソフトウェア、ハードウェアのマイグレーションでは、新しい環境の機能と設定をフル活用し、アプリケーションのダウンタイムを最小限に抑える必要がある。企業のマイグレーションの実態を見てみよう。

/tt/news/1903/15/news06.jpg
コンテナ技術は成熟段階に

「運用自動化は当たり前」に? コンテナ、AIOps、CI/CDツールの新しいアプローチ

2019年は、コンテナオーケストレーション、AIOps、CI/CDといったツールを社内で毎日のように使うようになるかもしれない。専門家はこれらのデプロイツールに関してどのような展開を予想しているのだろうか。

/tt/news/1903/12/news02.jpg
AWS vs. MS vs. Google(第1回)

小売業者に敬遠されるAmazon Web Services

小売業界におけるクラウドビッグ3の戦いは熾烈(しれつ)を極め、興味深い局面を迎えている。ダントツでリードするAWSも、この市場では弱点を抱えている。AWSはなぜ小売業者に嫌われるのか。

/tt/news/1903/12/news08.jpg
企業はいつ判断すべきか

「AWS Outposts」はクラウドとオンプレミスの境界を曖昧にする 成功条件は?

AWSは、AWSのクラウドインフラと同等のシステムをオンプレミスに持ち込むサービス「AWS Outposts」を提供予定だ。このハイブリッドクラウドサービスが、自社のニーズに合うかどうか確認する方法を解説する。

/tt/news/1903/12/news07.jpg
ローカルバックアップとの併用が鍵

クラウドバックアップの長所と短所、知っておくべき主要ベンダー

利用予定であるクラウドバックアップの種類や長所と短所をあらかじめ把握しておこう。場合によっては、テープベースのローカルバックアップも役立つかもしれない。

/tt/news/1903/11/news05.jpg
ITインフラは「究極の仮想化」へ 

5G、クラウド、ギガビット無線LANで企業ネットワークインフラが消滅する日

クラウド、5G、スモールセル、BYODなどによって、企業のネットワークインフラが完全になくなる可能性はあるだろうか。将来的になくなる可能性が大いにある。

/tt/news/1903/08/news08.jpg
企業全体で進めよう

プライベートクラウド構築で最初に手を付けるべき5つのステップ

プライベートクラウドを導入するITチームはまず、自社にとってクラウド戦略が正確に何を意味するかを定めてから進めなければならない。

/tt/news/1903/08/news06.jpg
運用環境に応じて選ぶ

クラウド環境でマネージドKubernetesを使うメリットとデメリット

クラウドベンダーが提供するマネージドKubernetesをマルチクラウド環境に導入する場合、幾つか問題が生じる。マネージドKubernetesのメリットを生かせるかどうかを確認したければ、本稿で紹介する3つのステップに従うとよい。

/tt/news/1903/07/news04.jpg
ネイティブか、サードパーティーか

API管理ツール比較:AWS、Microsoft、Googleの戦略と主要製品は

企業にとってAPIの重要性や、APIを適切に管理する必要性が増している。本稿ではクラウドサービスを利用したアプリケーション開発におけるAPI管理ツールの選び方について解説する。

/tt/news/1903/07/news01.jpg
Computer Weekly導入ガイド

Microsoft Azureはクラウドネイティブに対応できるのか

Linuxを中心に構築されてきたクラウドネイティブにAzureは対応できるのか。クラウドネイティブアプリケーションのデプロイに適しているのか。

/tt/news/1903/05/news08.jpg
「Cloud Services Platform」とは

Googleのハイブリッドクラウド戦略が加速 マネージドKubernetesとIstioを活用

Googleはハイブリッドクラウドプラットフォーム「Cloud Services Platform」の提供を試みている。ヒントは、コンテナ統合管理ツール「Kubernetes」が果す大きな役割にある。

/tt/news/1903/05/news07.jpg
利用シーンやメリットを比較

注目すべきオープンソースのクラウド監視ツール5選

オープンソースのクラウド監視ツールは、ベンダーのネイティブオプションよりも多くのメリットをもたらす可能性がある。本稿で紹介する5つのツールを確認して、自社のクラウド戦略に最適なツールを見極めてほしい。

/tt/news/1903/04/news02.jpg
クラウド化はもはや避けられない

東京海上日動、JR東日本、日立、三井物産はなぜ「クラウド」「SD-WAN」を使うのか

金融、交通、電機、商社。それぞれの業界をけん引する大手4社が、パブリッククラウドやSD-WANを利用し、ITインフラの変革を進めている。その取り組みの目的とは。

/tt/news/1903/04/news03.jpg
両者を徹底比較

SAP S/4HANAをクラウドで使いたいならパブリックとプライベートのどちら?

「SAP S/4HANA」の導入オプションにはパブリッククラウドとプライベートクラウドがある。両者の機能の違いを整理し、比較してみた。

/tt/news/1903/01/news06.jpg
先生と子ども両方が恩恵を受ける

西条市教育委員会が「Azure」でクラウド化、業務改善と成績アップを実現

愛媛県西条市は「Microsoft Azure」を導入し、教職員の業務システムのクラウド化を実施。仮想デスクトップによるテレワーク環境を整備することで、業務改善やセキュリティ強化を実現した。

2 月

/tt/news/1902/28/news05.jpg
リフト&シフトだけでは不完全

クラウド移行“4つの落とし穴”とは

クラウド移行を成功に導き、クラウドのメリットを最大限に生かすには、「リフト&シフト」方式では不十分だという。その理由をCloud Academyのアンドリュー・ラーキンの話を基に解説する。

/tt/news/1902/25/news02.jpg
企業向けコミュニケーション技術

クラウドベースのコミュニケーション「UCaaS」と「CPaaS」を比較する

企業がオンプレミスからクラウドに移行するにつれ、CPaaSとUCaaSの利用が広がっている。本稿では、この2つの選択肢が提供する機能と、企業コミュニケーションへの適合状況を確認する。

/tt/news/1902/20/news01.jpg
中小企業のクラウドストレージ導入(後編)

中小企業向けクラウドストレージのセキュリティとコスト

クラウドストレージの導入に際して気になるのはセキュリティとコスト、さらにはデータ保護だ。中小企業向けクラウドストレージはどの程度のサービスが提供されるのだろうか。

/tt/news/1902/19/news03.jpg
クラウドの活用も有効

ワイヤレスネットワークが災害復旧(DR)計画にもたらすメリットとは?

事業継続(BC)計画と災害復旧(DR)計画では、ITの回復力(レジリエンス)が重要だ。ワイヤレスネットワークの利点がビジネスの継続性にどのように役立つかを探る。

/tt/news/1902/15/news10.jpg
サーバレス関数のパフォーマンス向上が鍵

「サーバレスアプリケーション」のデプロイを高速化する5つのポイント

サーバレスアプリケーションのデプロイを迅速化するには、その構成要素であるサーバレス関数のパフォーマンスを向上させる必要がある。具体的に何をすべきなのか。本稿では主要な5つのポイントを紹介する。

/tt/news/1902/13/news06.jpg
そのインスタンスは高性能すぎる可能性

クラウドの仮想マシン導入コストを削減する方法

多くの企業では、クラウドの仮想マシン(VM)に余計なコストをかけている可能性がある。本稿ではVMを適切なサイズにするための見直し方と、利用料を予算内に収めるための手順を説明する。

/tt/news/1902/04/news09.jpg
事例だけでなく中身で選ぶ

「クラウドERP」の失敗しない選び方 オンプレミスとの違いも解説

自社に適した「クラウドERP」を導入するには、どのような点に注意して選定すればよいのか。勘所を示す。

/tt/news/1902/01/news08.jpg
産業用IoTの浸透で変化が

産業用クラウドのトレンドはパブリックからハイブリッドへ

2018年7月発表のレポートによると、産業用IoTシステムは今後パブリッククラウドからハイブリッドクラウドに移行する傾向がある。データの保存量を増やし、デバイスレベルでの処理を可能にするためだという。

/tt/news/1902/01/news11.jpg
拡張と分散とは何を意味するのか

2019年のネットワーク9大動向:SD-WAN、脱クラウド、エッジ 革新の予兆は?

2019年、SDNやSD-WANが定着し、一方でマルチクラウド、エッジコンピューティング、インテントベースネットワーク、データセンターへの回帰などが台頭する。

/tt/news/1902/01/news07.jpg
リアルタイムで音声や映像をAI処理

クラウド連携可能なWebRTC開発キット NTTコミュニケーションズが提供

NTTコミュニケーションズが2019年1月に提供開始した「Media Pipeline Factory」は、クラウドサービスとの連携で音声・映像のAI処理などが可能なWebRTC開発キットだ。

/tt/news/1902/01/news06.jpg
新人IT担当者でも分かるITトレンド

クラウドDWH(データウェアハウス)は今までのDWHと何が違うのか?

Googleの「BigQuery」やAWSの「Redshift」などの「クラウドDWH」が充実しつつある。クラウドDWHには、オンプレミスのDWHと比べてどのような特徴があるのだろうか。

1 月

/tt/news/1901/31/news12.jpg
Oracle Databaseが勝敗の決め手

AWSやMicrosoft Azureにクラウドで対抗するOracleの秘策 顧客が望む結末は?

Oracleは顧客を「Oracle Cloud」へ移行させるための取り組みに、自社のデータベース製品を活用している。その戦略が成功する可能性はあるのか。

/tt/news/1901/31/news11.jpg
「仮想化」がキーワード

いまさら聞けない「クラウドストレージ」と「仮想ストレージ」

クラウドストレージは必ずしもパブリッククラウドを意味するわけではない。仮想化や仮想データストレージも仮想サーバや仮想デスクトップに関係するとは限らない。これらが実際は何を意味するのかを解説する。

/tt/news/1901/29/news04.jpg
これから必要な統合運用管理の方法

アプリ統合を楽にする「iPaaS」、主要ベンダーの特徴と製品選びのポイントは?

ハイブリッドクラウドのアーキテクチャが広がるのに伴い、アプリケーションやデータの統合に有用な製品へのニーズが高まっている。iPaaSがその助けになる可能性がある。

/tt/news/1901/25/news04.jpg
中小企業のクラウドストレージ導入(前編)

中小企業が考慮すべきクラウドストレージの要件

中小企業にとってもクラウドストレージが現実的な選択肢になってきた。まずは中小企業にとってのストレージ要件を整理しよう。

/tt/news/1901/24/news04.jpg
クラウドに幻滅する理由

いまだに信じられている5つのクラウド神話

いまだにクラウド移行に失敗したり、想定したような結果が得られず幻滅したりしている企業は多い。残念ながら、クラウド神話を信じる人はまだまだ多い。

/tt/news/1901/24/news10.jpg
オンプレミス、クラウド、仮想環境をまとめる

マルチクラウド管理ツールはどう選ぶ? 主要製品の特徴を比較する

クラウド管理ツールを選定する際、IT担当者が評価すべきポイントについて解説する。本稿で取り上げる6つの機能が搭載されているかどうかが確認のポイントだ。

/tt/news/1901/24/news06.jpg
クラウドBIの導入効果は

ダイソーがクラウドBI「Amazon QuickSight」へ移行 “重い”BIはどう変わったのか

オンプレミスで運用するBIツールのデータ処理スピードが遅く、十分なデータを取り込むことができないという課題を抱えていた大創産業。解決のために、同社はBIツールのインフラをAWSへ移行した。

/tt/news/1901/18/news06.jpg
クラウド移行の先に何があるのか

2019年のクラウド市場5大動向 マルチクラウドが常態化する新時代が幕開け

マルチクラウドの急速な普及、企業のクラウド移行戦略の変更などが新たに注目されている。2019年のクラウドコンピューティングの動向について専門家に予想を聞いた。

/tt/news/1901/17/news04.jpg
Partners HealthCareの導入事例を紹介

クラウド型STaaS「ClearSky Data」が研究機関のIT部門にもたらすメリット

Partners HealthCareは、セキュリティが確保され、医療規制に準拠した状態で、研究者がすぐに利用できるストレージとしてクラウド型STaaSを採用した。本稿はその選定理由について説明する。

/tt/news/1901/17/news01.jpg
ベンダー選びのポイントは?

サービスとしてのネットワーク「NaaS」でLAN、WAN、データセンターはどう変わる

「Network as a Service」(NaaS)によってネットワークインフラを設計する場合、LAN、WAN、データセンターのどこで採用するかによってその設計が異なる。それぞれの導入方法を解説する。

/tt/news/1901/15/news10.jpg
メリットとデメリットを整理

「仮想マシン」と「物理サーバ」を比較 コンテナにはどちらを選ぶべき?

物理サーバと仮想マシンのどちらがコンテナ導入に適するのか。どちらにも、それぞれ大きな長所と短所がある。

/tt/news/1901/11/news05.jpg
余っているストレージ容量を共有

Storjによるクラウドストレージの「Uber化」は成功するのか

使っていないもの、余っているものを共有し、対価を得る。これをストレージに適用するとどうなるのか。Storjの挑戦は成功するのか。成功の条件とは何か。