「障害に強いネットワーク」の作り方 レジリエンスと冗長性を確保するには?クラウドに最適なネットワークとは【第3回】

ネットワークは予期しないトラブルが生じて停止することがある。ネットワークチームはダウンタイム発生に備えなければならない。どうすればいいのか。

2024年02月07日 05時00分 公開
[Verlaine MuhunguTechTarget]

 ネットワークの誤設定、デバイスの欠陥、悪天候など、ネットワークを混乱させる可能性のある問題は数え切れない。そのためネットワークチームは、ネットワークのレジリエンス(障害発生時の回復力)と冗長性を確保する必要がある。

 レジリエンスを確保できている状態とは、ネットワークの構成変更や機能停止が起きても、接続性をユーザーに提供できる状態のことだ。

レジリエンスや冗長性を獲得する方法は

 ネットワークチームは障害や災害に備えて、ネットワークを復元するための復旧計画を策定しておくべきだ。この計画には、データのバックアップ、災害復旧(DR)テスト、インシデント対応などの対策を盛り込む必要がある。

 クラウドベンダーは、ユーザーがネットワークのレジリエンスと冗長性を実現できるよう、さまざまなツールやサービスを提供している。例えばクラウドサービス群「Amazon Web Services」(AWS)は、以下のツールを提供している。

  • ロードバランサーの「Amazon Elastic Load Balancing」
  • ドメイン名とIPアドレスの変換を担うDNS(ドメインネームシステム)サービス「Amazon Route 53」

 冗長化は、データやアプリケーションが常に利用可能であることを保証し、ダウンタイムや停止を回避する仕組みのことだ。基本的にはロードバランシング、データレプリケーション、フェイルオーバークラスタリング(複数のサーバを束ねて障害時に切り替える仕組み)など、さまざまなメカニズムを使用する。

 冗長性を確保するときは複数の視点から考える必要がある。

  • 地理的な冗長性
    • 複数の拠点間でデータを複製する。1つのデータセンターが影響を受けても、他のデータセンターは安全なままであるべきだ。
  • ハードウェア
    • 複数のフォールトトレラント(無停止型)マシンを使用してソフトウェアを処理し、サービスの中断を回避する。
  • ビジネスプロセス
    • 請求や在庫管理といったビジネスプロセス単位で、システムが停止しないようOSやアプリケーションを複製しておく。ビジネスプロセスごとのデータをバックアップしておくだけでも、復旧が容易となる。

 第4回はネットワークのサービス品質と自動化について解説する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...