「Microsoft 365」のバックアップに必要なのは“純正”と“第三者”のどっち?「Microsoft 365 Backup」が登場【後編】

Microsoftが「Microsoft 365 Backup」を投入することで、バックアップ分野にはどのような影響があるのか。Microsoftとバックアップ専業ベンダーとの関係を踏まえて考察する。

2024年02月07日 05時00分 公開
[Tim McCarthyTechTarget]

 Microsoftの製品をサブスクリプション形式で利用できるサービス群「Microsoft 365」向けのバックアップサービス「Microsoft 365 Backup」の登場は、SaaS(Software as a Service)向けバックアップ市場や、ユーザー企業の運用にどのような影響を与えるのか。バックアップ分野では何が求められているのか。Microsoftとバックアップ専業ベンダーの関係を踏まえつつ、今後の影響を探る。

バックアップに必要なのは純正なのか、第三者なのか?

 MicrosoftはMicrosoft 365 Backupを提供するに当たり、「既存のバックアップやリカバリー(データ復元)製品と競合する考えはない」と説明する。Microsoft 365 BackupのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を用いて他のバックアップ製品・サービスとの連携が可能だという。

 「Microsoftはバックアップ専業ベンダーとの対立ではなく、共存を望んでいる」。調査会社Data Center Intelligence Group(DCIG)のCEO(最高経営責任者)、ジェローム・ウェント氏はそう述べる。

 「大半の企業は引き続き専業ベンダーのバックアップ製品・サービスを利用すると考えられる」。そう語るのは、SaaS向けバックアップベンダーHYCUの製品担当シニアバイスプレジデント、スビア・スンダラム氏だ。HYCUは2023年、SaaS向けのバックアップとリカバリーを開発できるツール「R-Cloud」を投入した。これを使えば、開発者はHYCUのAPIを通じて、自社IT製品にバックアップとリカバリーの機能を迅速に追加しやすくなる。

 利用するSaaSが多様化すれば、その分のデータ保護の対策を用意するのが望ましい。だが「SaaSが増えるほどデータ保護の対策は難しくなる」と、調査会社The Futurum Groupのアナリスト、クリスタ・マコーマー氏は言う。

 バックアップ専業ベンダーが追加するバックアップ機能を利用することが選択肢になるが、ベンダーが新しいSaaS向けの機能をすぐに提供できるとは限らない。HYCUはそうしたニーズを見いだしてR-Cloudの投入を決めたという。

 調査会社Data Center Intelligence Group(DCIG)のCEOジェローム・ウェント氏は、バックアップの機能を誰が用意するのか、データ保護の責任がどこにあるのかという問題は、これから一段と複雑化すると予測する。サードパーティーのバックアップ製品が存在する中で、Microsoftがバックアップの新サービスを提供することは、混乱と運用の複雑さを招く可能性がある。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...