もうWindowsはどうでもいい? なぜ企業は「Windows 11」に興味がないのかWindowsアップグレードの現実【前編】

Windows 10のサポート終了が迫っているにもかかわらず、「Windows 11」へのアップグレードが軽視されている。Windows 11が不人気な背景には何があるのか。

2024年03月26日 08時00分 公開
[Cliff SaranTechTarget]

 MicrosoftのクライアントOS「Windows 10」のサポート終了の期限が設定されている現状では、企業は「Windows 11」への移行を真剣に考えなければならない。ところが直近の調査によると、Windows 11へのアップグレードは軽視され、人気がない。企業がWindows 11に関心を示さない背景には何があるのか。

なぜ企業は「Windows 11」に興味をなくしたのか

 米TechTargetの調査部門Enterprise Strategy Group(ESG)は、IT支出の優先課題に関する調査「2024 Technology spending intentions」を実施した。この調査では、PC作業の生産性向上やPC刷新を優先課題とする傾向が顕著だった一方、Windows 11へのアップグレードに関しては意見が分かれる結果となった。同調査は、世界のIT意思決定者1432人を対象にしたものだ。

 Windows 11へのアップグレードに関しては、米国と欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域で明確な差が生じた。米国のIT意思決定者は、PCの刷新とWindows 11へのアップグレードに対する支出を優先課題と位置付ける傾向が強かった一方、EMEAでは対照的な結果になった。

 エンドユーザーのIT利用に関する分野のうち、Windows 11へのアップグレードの優先順位は、北米では2位だった。これに対してEMEA地域では、Windows 11へのアップグレードは同分野で6位にとどまった。

 EMEA地域では、Windows 11へのアップグレードは軽視される傾向にある一方で、PC刷新はエンドユーザーのIT利用の分野で2位に入っている。MicrosoftがWindows 10のサポート終了を2025年10月に設定しているにもかかわらず、企業はWindows 11へのアップグレードにはそれほど関心を示していない。ただしPC更改が進むことで、Windows 11へのアップグレードが進むことは確かだ。企業はOSのアップグレードよりも、PCの更改を重視している。

 その他、Windows 11へのアップグレードよりも企業の優先課題として顕著だったのは、「Microsoft 365」や「Google Workspace」といったオフィススイートを含む業務用ツールの活用だ。1432人のうち36%が、業務用ツールを最優先の課題に挙げた。この結果には、IT意思決定者がコラボレーションの合理化や、組織全体の業績向上によりつながるツールの提供を重視している傾向が出ていると考えられる。


 後編は同じ調査を基に、生産性向上に関する課題や、デバイスの更改に関する優先課題を中心に紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。