「iPadでもWindowsが使える」のはWindows 365だけじゃない 第二の手は?iPadをただのタブレットで終わらせない【後編】

Microsoftは「Windows」をiPadでも利用できる方法として「Windows 365」を提供している。ただし選択肢はそれだけではない。Windows 365を使う方法と併せて、2つの方法を紹介する。

2024年06月09日 08時00分 公開
[Michael GoadTechTarget]

 クライアントOS「Windows」やそのアプリケーションを多種多様なデバイスで操作する方法として、幾つかの選択肢がある。Microsoftの仮想デスクトップ(クラウドPC)サービス「Windows 365」(Windows 365 Cloud PC)はその一つだ。Windows 365を使うと、ノートPCやスマートフォンだけでなく、Appleのタブレット「iPad」でWindowsのデスクトップを使うことも可能になる。

 iPadでWindowsを使うためのもう一つの方法として、Microsoftは別の方法も用意している。どのような方法なのか。

iPadでWindowsを使う方法 「Windows 365」と第二の手とは?

 まずはWindows 365を使う手順から紹介しよう。Windows 365のセットアップを開始する場合は、管理者がWindows 365の製品サイトにアクセスして、自社に最適なプランと構成を選択する必要がある。

 管理者はMicrosoft 365管理センターを通じて、Windows 365の仮想デスクトップを管理できる。ユーザー主に中小企業向けのプランである「Windows 365 Business」の場合は、「Windows 365のポータルサイト」で管理できる。

 大企業の利用を想定したプランである「Windows 365 Enterprise」の場合は、デバイス管理ツール「Microsoft Intune」(以下、Intune)の利用が可能。ID・アクセス管理サービス「Microsoft Entra ID」(旧称「Azure Active Directory」)や、セキュリティツール「Microsoft Defender for Endpoint」も含めて管理することが可能だ。

「Safari」経由でWindows 365に接続

 エンドユーザーは会社が用意した認証情報を利用してWindows 365のポータルサイトにサインインすれば、iPadが搭載するWebブラウザ「Safari」でクラウドPCに接続できる。

「Microsoftリモートデスクトップ」経由でWindows 365に接続

 Appleの「App Store」から「Microsoftリモートデスクトップ」というアプリケーションをダウンロードすることが可能だ。Intuneのようなモバイルデバイス管理(MDM)ツールで管理されているデバイスであれば、管理者はMicrosoftリモートデスクトップのアプリケーションを配布できる。

 エンドユーザーがサービスの利用を開始する手順は以下の通り。

  1. 自分のiPadでMicrosoftリモートデスクトップを開く
  2. 画面の下部中央にある「追加」ボタンをタップする
  3. 「ワークスペースの追加」を選択する
  4. IT部門から提供されたワークスペースのURLを入力し、「追加」を選択する
    • 所属する会社の認証情報でログインし、「追加」をタップして設定を保存する
  5. 使いたいデスクトップをタップして、必要なパスワードを入力する

Windows 365ではない“もう一つの方法”

 Windows 365の導入を望まない企業には、iPadでWindowsのアプリケーションを利用できる別の選択肢がある。Microsoftは同社のイベント「Microsoft Ignite 2023」で、Windowsや同社のさまざまなアプリケーションやサービスを利用できる「Windows App」(Windowsアプリ)というサービスを発表した。

 Windows Appは、どこからでもWindows 365のクラウドPCや、DaaS(Desktop as a Service)「Azure Virtual Desktop」、開発者向けワークステーションサービス「Microsoft Dev Box」などに接続できるホーム画面を提供する。Windows Appは、本稿執筆時点ではプレビュー版となっている。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。