2022年08月04日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドPC「Windows 365」とは? Windows 10ユーザー向けの基礎知識「Windows 365」と「Windows 10」の違いを比較【第1回】

「Windows 10」のユーザー企業は、MicrosoftのDaaS「Windows 365」に移行することでメリットが得られる可能性がある。Microsoft 365の仕組みと主要な機能を説明する。

[Robert Sheldon,TechTarget]

 Microsoftの「Windows 365 Cloud PC」(Windows 365)は、同社のDaaS(Desktop as a Service)「Azure Virtual Desktop」を基にしたDaaSだ。ユーザー企業はクライアントデバイスでMicrosoftのOS「Windows 10」を利用するよりも、Windows 365を利用した方がメリットが大きくなる可能性がある。本稿は、特にWindows 10搭載クライアントデバイスのユーザー企業がWindows 365の利用を検討するときに、重要なポイントを説明する。

Windows 365を利用するメリット

 Windows 365はエンドユーザーごとに専用の仮想マシン(VM)を割り当てる。このVMを「Cloud PC」(クラウドPC)と呼ぶ。クラウドPCはOSとしてMicrosoftのWindows 10または「Windows 11」のいずれかを実行できる。クラウドPCは同社のクラウドサービス群「Microsoft Azure」をインフラにしており、クライアントデバイスをインターネットに接続すれば、どこからでも利用できる。

 MicrosoftはWindows 365を全ての規模のユーザー企業に訴求する。同社はユーザー企業やエンドユーザーのニーズに応えるために、複数の構成のクラウドPCを用意している。

 Windows 365を利用することで、エンドユーザーはさまざまな場所やクライアントデバイスで「Windows」を使えるようになる。オフィスだけでなく自宅や出張先から作業したり、作業途中でクライアントデバイスを変えたりすることが可能だ。Windows 365は、保存したWindowsの設定や作業内容をログアウト後も保持するので、エンドユーザーは作業の中断箇所から再開できる。

 エンドユーザーはWindowsだけでなく、Appleの「macOS」「iOS」、Googleの「Android」など、さまざまなOSを搭載するクライアントデバイスを使って、クラウドPCを起動して作業できる。クライアントデバイスでクラウドPCを利用するには、Microsoftのリモートアクセスアプリケーション「Microsoft Remote Desktop」(Microsoftリモートデスクトップ)か、Web技術の標準仕様「HTML5」準拠のWebブラウザが必要だ。

 クラウドPCはWindows 10搭載クライアントデバイスとほぼ同じように動作する。エンドユーザーはクラウドPCでMicrosoftやサードパーティー製のアプリケーションを実行可能だ。他のMicrosoftサービスを利用したり、同社のアプリケーションストア「Microsoft Store」でアプリケーションを入手したりすることもできる。


 次回はWindows 365を利用する場合と、クライアントデバイスでWindows 10を利用する場合では、ライセンスがどう変わるのかを検証する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...