Windows 11を人気OSにする“奥の手”が「Windows 365」だった?物理PCとの融合目指す「Windows 365」【前編】

Microsoftは「Windows 365」を物理PCのように利用可能にするための機能を充実させている。これらの機能が「Windows 11」の普及を後押しする可能性があるとの声がある。その理由とは。

2022年05月06日 10時15分 公開
[Mike GleasonTechTarget]

 Microsoftは、DaaS(Desktop as a Service)の「Windows 365 Cloud PC」(Windows 365)を、物理PCのような使い勝手にすることを目指している。その一環として、同社はユーザー企業の従業員が自宅やオフィスで、Windows 365の仮想デスクトップ(クラウドPC)と「Windows 11」搭載PCを簡単に切り替えて利用するための機能を拡充させる。これによって物理PCでクラウドPCを直接起動させたり、クラウドPCをオフラインで使ったりすることが可能になる。

Windows 365が「Windows 11」の普及を手助けする?

 これらの機能は、物理PCを使い慣れた従業員でも、クラウドPCを快適に利用できるようにする。「ユーザー企業はこれらの機能により、従業員がオフィス以外の場所にいる場合でも、私物端末を使う場合でも、安全に仕事を進められるようにすることができる」。Microsoftが2022年4月に開催したオンラインイベント「Windows Powers the Future of Hybrid Work」で同社の経営幹部はこう述べた。

 Microsoftは2021年夏にWindows 365を提供開始した。Windows 365では、競合DaaSのようなデータ使用量に応じた課金制ではなく、ユーザー数に応じた料金体系を採用した。

 Windows 365によって、MicrosoftはWindows 11の普及に弾みをつけられる可能性がある。Windows 11は普及がなかなか進まない。ハードウェア要件が厳しいためだ。ユーザー企業はWindows 365を利用することで、ハードウェア要件を満たさない端末でも、クラウドPCを介してWindows 11を利用できるようになる。


 後編は、Windows 365のクラウドPCを物理PCのように利用可能にする主な機能を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...