2022年04月28日 08時15分 公開
特集/連載

「Windows 365 Cloud PC」の使い方とメリットは?「Windows 365」の機能と使い方【中編】

MicrosoftのDaaS「Windows 365 Cloud PC」は、エンドユーザーが簡単に利用できることが特徴だ。使い方と用途を説明する。

[Chris Twiest,TechTarget]

 MicrosoftのDaaS(Desktop as a Service)「Windows 365 Cloud PC」(Windows 365)は、エンドユーザーに「Cloud PC」(クラウドPC)という仮想マシン(VM)とユーザープロファイルを提供する。クラウドPCは「Windows 10」または「Windows 11」を実行する仮想マシンであり、Microsoftのクラウドサービス群「Microsoft Azure」のインフラで稼働する。前編「『Windows 365 Cloud PC』と『Azure Virtual Desktop』の違いとは」に続く本稿は、Windows 365の使い方と適した用途を説明する。

「Windows 365」はこう使う

 エンドユーザーは、クラウドオフィススイートの「Microsoft 365」のポータルサイトまたはWindows 365のWebサイト経由で自分のクラウドPCを起動させる。クラウドPCの管理ポータルを通して、組織が許可する範囲で自分のクラウドPCの終了と起動、再起動、リセット、名称変更などができる。

 クラウドPCを利用する手段はWebブラウザだけではない。エンドユーザーはMicrosoftの画面転送ソフトウェア「Microsoft Remote Desktop」(Microsoftリモートデスクトップ)をインストールして、このソフトウェアから自分のクラウドPCにアクセスすることも可能だ。

Windows 365 Cloud PCの用途

 Windows 365の用途は一般的なDaaSやVDI(仮想デスクトップインフラ)と変わらない。IT部門は会社のデータやソフトウェアへのアクセス経路をクラウドPCに一元化できる。エンドユーザーはどのような場所にいても、どのようなデバイスからも、同じ「Windows」デスクトップを利用できる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news032.jpg

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...

news009.jpg

複雑化するマーケティング、CMOがまず着手すべきこととは?
本連載では、これからのデジタルマーケティングで継続的に成果を創出するために必要な新...