2021年07月17日 10時00分 公開
特集/連載

クラウドPC「Windows 365」の衝撃 Windows 10やWindows 11が使える定額制DaaS「Windows 365」先取りチェック【前編】

Microsoftの「Windows 365」は、「Windows 10」「Windows 11」搭載の仮想デスクトップが使えるDaaSだ。同社の既存DaaS「Azure Virtual Desktop」とは異なり、定額制の料金体系を採用した。その背景に何があるのか。

[Mike Gleason,TechTarget]

 Microsoftが2021年7月開催のイベント「Microsoft Inspire 2021」で発表した「Windows 365」は、エンドユーザーごとの月額定額料金で提供する「DaaS」(Desktop as a Service)だ。同社は2021年8月に、一般企業向けプランの「Windows 365 Business」と、大企業向けプランの「Windows 365 Enterprise」の提供を開始する。同社はWindows 365を「Cloud PC」(クラウドPC)だと説明している。

 Windows 365のユーザー企業は、クライアントOS「Windows 10」を搭載する仮想デスクトップをクラウドサービスとして利用できる。新OS「Windows 11」の提供開始後は、Windows 11搭載の仮想デスクトップも選択できるようになる。エンドユーザーは「Windows」「Android」「macOS」「iPadOS」「Linux」搭載デバイスで、Windows 365を利用できる。

Windows 365が「定額制DaaS」として登場した“納得の背景”

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

2021年の「広告」「Web解析」「SEO」 重要トピックスを振り返る
2021年のデジタルマーケティングのアップデート内容について「広告」「Web解析」「SEO」...

news041.jpg

緊急事態宣言解除後の2021年10月、ドラッグストア&食品スーパーで売れたモノ――True Data調査
緊急事態宣言解除後の人々の生活様式はどう変化したのでしょうか。

news067.jpg

Facebook上の動画コンテンツにインストリーム広告を挿入可能に ブランドとクリエイター双方のメリットは?
Facebook上の動画コンテンツの前後や途中に挿入できる広告であるインストリーム広告を日...