2021年07月17日 10時00分 公開
特集/連載

クラウドPC「Windows 365」の衝撃 Windows 10やWindows 11が使える定額制DaaS「Windows 365」先取りチェック【前編】

Microsoftの「Windows 365」は、「Windows 10」「Windows 11」搭載の仮想デスクトップが使えるDaaSだ。同社の既存DaaS「Azure Virtual Desktop」とは異なり、定額制の料金体系を採用した。その背景に何があるのか。

[Mike Gleason,TechTarget]

 Microsoftが2021年7月開催のイベント「Microsoft Inspire 2021」で発表した「Windows 365」は、エンドユーザーごとの月額定額料金で提供する「DaaS」(Desktop as a Service)だ。同社は2021年8月に、一般企業向けプランの「Windows 365 Business」と、大企業向けプランの「Windows 365 Enterprise」の提供を開始する。同社はWindows 365を「Cloud PC」(クラウドPC)だと説明している。

 Windows 365のユーザー企業は、クライアントOS「Windows 10」を搭載する仮想デスクトップをクラウドサービスとして利用できる。新OS「Windows 11」の提供開始後は、Windows 11搭載の仮想デスクトップも選択できるようになる。エンドユーザーは「Windows」「Android」「macOS」「iPadOS」「Linux」搭載デバイスで、Windows 365を利用できる。

Windows 365が「定額制DaaS」として登場した“納得の背景”

ITmedia マーケティング新着記事

news130.jpg

学生・若手社会人の7割以上が「クリエイティビティ」を重視――アドビ調査
「就職活動・若手社会人に必要なクリエイティブスキルに関する調査」の結果です。

news065.jpg

これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティ...

news020.jpg

SDGsステートメント策定までにやったこと 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【後編】
前編に引き続き、LMGのSDGs推進活動をご指導いただいた北九州市立大学教授の眞鍋和博氏と...