2021年02月07日 10時30分 公開
特集/連載

Windows 10の「Windows Update」が動かない場合の“奥の手”とは?「動かないWindows Update」の対処法【後編】

Windows 10の再起動といった基本的な対処で「Windows Update」のトラブルを解消できない場合でも、取り得る手段はまだある。標準のトラブルシューティングツールを含めて、幾つかの手段を紹介しよう。

[Brien Posey,TechTarget]

 「Windows 10」の更新管理機能「Windows Update」を使った更新プログラムの適用が、さまざまな原因でうまくいかなくなることがある。前編「Windows 10で『Windows Update』が失敗したらまずやることは?」が示す基本ポイントをチェックしてもWindows 10を更新できない場合は、Windows 10のWindows Update用トラブルシューティングツールを実行してみるとよい。

Windows Updateトラブルシューティングツールを使う

 トラブルシューティングツールを利用するには、次の手順を踏む。

  1. 「スタート」(通常は画面左下にあるWindowsロゴ)を押して「設定」(歯車のアイコン)をクリック
  2. 「更新とセキュリティ」をクリック
  3. 「トラブルシューティング」をクリック
  4. 「追加のトラブルシューティングツール」のリンクがある場合はクリック
  5. 「起動して稼働中」の項目内にある「Windows Update」をクリック
  6. 「トラブルシューティングツールの実行」をクリック

 トラブルシューティングツールを実行すると、Windows Updateの大部分の問題を解決できる。広く網を張り、Windows 10の更新におけるさまざまなバグや問題を検出できるからだ。

「更新プログラム破損問題」の対処法

 以上の方法で問題を解決できない場合、さらに確認すべきことがある。更新プログラムのファイルの破損だ。

警告

以下の手法では、Windows 10の更新に関連するファイルや設定を変更する。変更内容が不適切な場合、Windows 10の機能に支障を来す可能性がある。変更内容に絶対に間違いがないと確信している場合以外は実行してはならない。

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。