2020年12月29日 08時30分 公開
特集/連載

「“遅いWindows 10”をレジストリ掃除で解消」は危険なだけで無駄だった?Windows 10時代のレジストリクリーニング【前編】

「Windows」のレジストリ編集は危険を伴うが、うまくクリーニングできれば遅くなったPCの動作を改善できる――。こうした考え方は、現在では必ずしも正しいとは言えないという。どういうことなのか。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Windows


 「Windows 3.1」の登場以来、「Windows」の「Registry」(レジストリ)はハードウェアの詳細、ユーザーアカウント情報、アプリケーション設定などの中央データベースとして機能してきた。数十年にわたる進化に伴い、レジストリのメンテナンスの必要性について混乱が生じている。「Windows 10」を運用するIT管理者やエンドユーザーはレジストリの仕組みを学び、レジストリの保護や最適化に向けた最良の方法をおさらいする必要がある。

警告

レジストリをクリーニングしようとする前に、レジストリはWindowsの不可欠な部分であることに注意が重要だ。レジストリを不適切に変更すると、システムが不安定化するなど機能に支障を来す恐れがある。変更内容に絶対に間違いがないと確信している場合以外は、レジストリに変更を加えたり、保存したりしてはならない。

 簡単に言えばレジストリは、設定や選択内容を保存した項目(キーと値の組み合わせ)の巨大な構成ファイルだ。レジストリにはWindows標準ツールの「Registry Editor」(レジストリエディター)でアクセスできる。

 Windowsはレジストリを使って、ハードウェア、ソフトウェア、エンドユーザーとのやりとりの詳細を登録する。例えばエンドユーザーがあるアプリケーションを、特定のファイルタイプのデフォルトプログラムとして選択すると(例えばDOCXファイルを開くプログラムとして「Microsoft Word」を選択すると)、Windowsはデフォルトアプリケーションを“覚えておく”ために、その選択をレジストリに登録する。

レジストリのクリーニングは危険なだけ?

 レジストリのクリーニングには過去のイメージと現状とのギャップがあり、そのために混乱が生じている。この問題は初期のWindowsに端を発する。

ITmedia マーケティング新着記事

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...

news175.jpg

ネトフリ「広告付きプラン」は誰得? 業界関係者の反応は……
広告モデルへの一部移行がうわさされるNetflix。新たなプランが増えることで視聴者と広告...

news034.jpg

変革ビジョンはなぜ形骸化してしまうのか?――調査が明かした経営層と現場の社員のギャップ
掛け声ばかり勇ましくて実際の取組みは遅々として進まない――。DXに関して同じ悩みを抱...