“動かないWindows 10”を「レジストリクリーニング」で解消するWindows 10時代のレジストリクリーニング【中編】

「Windows」のレジストリクリーニングは、遅くなったPCの改善効果はそれほど期待できないが、動かなくなったOSやアプリケーションのトラブルシューティング手段にはなる。どのような効果があるのか。

2021年01月04日 08時30分 公開
[Stephen J. BigelowTechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Windows


 前編「『“遅いWindows 10”をレジストリ掃除で解消』は危険なだけで無駄だった?」は、「Windows」の動作に不可欠な「Registry」(レジストリ)の概要と、レジストリのクリーニングがシステムに与える影響を整理した。レジストリは、Windowsの設定や選択内容を保存した項目(キーと値の組み合わせ)の巨大な構成ファイルだ。

警告

レジストリをクリーニングしようとする前に、レジストリはWindowsの不可欠な部分であることに注意が重要だ。レジストリを不適切に変更すると、システムが不安定化するなど機能に支障を来す恐れがある。変更内容に絶対に間違いがないと確信している場合以外は、レジストリに変更を加えたり、保存したりしてはならない。

レジストリのクリーニングで“動かないWindows”を解消

 「Windows 10」を使うほとんどの人は、レジストリに一切触れる必要がない。レジストリをいじっても効果が得られるどころか、残念な結果になりやすいからだ。今日レジストリのクリーニングが必要なのは一般的に、他に手の打ちようがないOSやアプリケーション関連の問題を緩和する必要がある場合に限られる。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後...

news100.jpg

メタバース生活者定点調査2023 メタバース利用経験は横ばいでも認知は向上
博報堂DYホールディングスによる「メタバース生活者定点調査2023」の結果です。メタバー...

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...