病院がコロナ対策の次に「ランサムウェア」対策を真剣に考えるべき理由医療機関を狙うランサムウェアの脅威と対策【前編】

米国連邦政府の各機関は、今後ランサムウェア攻撃が急増する懸念があると、医療機関のCIOに警鐘を鳴らしている。サイバーセキュリティ専門家が予想する脅威とは。

2020年12月28日 05時00分 公開

 2020年10月下旬、米連邦捜査局(FBI)、米保健社会福祉省(HHS)、米国土安全保障省(DHS)の国家保護・プログラム総局(CISA)は、サイバー犯罪脅威の増加と差し迫った危険性を医療機関に警告するサイバーセキュリティ勧告を共同で発表した。この勧告は医療機関の最高情報責任者(CIO)に厳戒態勢を求めるだけでなく、戦闘準備を命じるような内容になっている。

新型コロナの次に対処すべき危機

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。