2020年05月19日 05時00分 公開
特集/連載

セキュリティ投資を病院の経営陣に納得させる“無視してはいけない3要素”ネットワークにつながる医療機器は多様化

医療機関の情報セキュリティインシデントは、患者の生死に直結する問題だ。米国の医療機関CIOは、経営陣と情報セキュリティ予算の交渉をするには3つの要素が不可欠だと強調する。それは何なのか。

[Makenzie Holland,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の危機に対処するために、医療機関のCIO(最高情報責任者)が重視している幾つかの技術領域がある。医療機関のCIOは、リモートワークを可能にすることだけでなく、遠隔医療の推進と患者の遠隔モニタリングに関する仕組みを立ち上げることを目標にしている。その実現のため、情報セキュリティ戦略がこれまで以上に重要になっている。

 医療機関の情報セキュリティは、CIOやCISO(最高情報セキュリティ責任者)にとって困難な仕事となる場合がある。CIOは組織内のセキュリティ意識を高め、財務管理部門に対してテクノロジーへの投資を促し、説得しなければならない。

 本稿は医療機関Mt. San Rafael HospitalのCIOであるマイケル・アークレタ氏が、経営陣に情報セキュリティの重要性を説き同意を得る方法について紹介する。アークレタ氏は「医療業界は、自らを改革する必要がある」と強調する。

―― 医療機関にとって、情報セキュリティとはどのような意味を持つのでしょうか。

アークレタ氏 データ保護だけでなく、患者の生死に関わる課題だと考えている。問題なのは、多くの医療機関では経営陣が情報セキュリティについて理解していないため、IT部門が情報セキュリティの投資に同意を得ることに苦労している点だ。

―― 情報セキュリティへの投資について、経営陣の同意を得る方法は何でしょうか。

経営陣の理解を得る3つの視点

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...