スマートフォンを使った「患者遠隔監視システム」とは? 2大手法を紹介ウェアラブルデバイスや専用センサーを利用

患者の通院回数を減らすのと同時に、医療サービスを向上させる――。その手段になり得るのが、モバイルデバイスとアプリケーションを組み合わせた「患者遠隔監視システム」だ。主要な実現手法を説明する。

2020年03月02日 05時00分 公開
[Reda ChouffaniTechTarget]

 スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスとその関連技術は、遠隔地の患者が重要な医療情報を医師に送信するために利用できる。こうした技術を用いた患者の遠隔監視システムは、医師と患者の協力体制に変化をもたらし、治療効果の向上と治療コスト削減に貢献する。

患者の遠隔監視はどのように役立つのか

 患者がモバイルデバイスを使って自身の体温や脈拍、血圧、呼吸数などの身体データを医師に送るのが、患者遠隔監視システムの基本的な仕組みだ。医師はこれらのデータを利用して、従来であれば患者の次回通院時まで気付くことができなかった病気の兆候を特定できる。

 Bluetoothなどの近距離無線通信を利用すれば、モバイルデバイスと医療機器の間でデータを送受信できる。これにより医療機器が収集した患者データを医療アプリケーションに転送し、活用することが容易になる。

 病院で治療を受けていない患者の身体データに医師がアクセスできるようになれば、医師は遠隔で患者の重篤な合併症の兆候を特定することが可能になる。入院前の患者が抱える問題にも目星が付けられるようになるため、再入院する患者に適切な医療サービスを提供しやすくなる。患者の通院や入院の回数を減らしつつ慢性疾患の治療効果を向上させるために、モバイルアプリケーションを利用して患者を遠隔監視する病院もある。

患者遠隔監視の2大手法

 モバイルデバイスを利用した患者遠隔監視には、主に以下の2つの手法がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。