2011年04月14日 09時00分 公開
特集/連載

診療所のIT化を統合的に支援する「Doctor-SEED i」診療所向け電子カルテ製品紹介:日立メディカルコンピュータ

診療所がレセコンや電子カルテを導入する際には、それぞれのニーズに応じたIT化を進めるのが理想的だ。今回は、診療所のIT化を統合的に支援する日立メディカルコンピュータの製品を紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]
photo 日立メディカル 牧内氏

 日立メディカルコンピュータ(以下、日立メディカル)のメディカル事業部 営業本部 営業統括部 首都圏支店 副支店長の牧内啓行氏は「診療所における理想的なIT化は医師のニーズによって異なり、いきなり全てを電子化してしまうと大きな負担がかかることもある」と説明する。その上で、同社では「まずは、身近な部分からIT化を進めてもらうことを提案することも少なくない」と語る。

 日立メディカルでは、診療所向けの院内情報統合システム「Doctor-SEED i」を提供している。牧内氏によると「Doctor-SEED iでは、レセコン、診療支援システム、電子カルテという区分にこだわらず、最適なIT化の導入が可能だ」という。

関連ホワイトペーパー

電子カルテ | 運用管理 | コールセンター | IT戦略 | サーバ | VPN


ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...