在宅勤務者の急増で「ソフトウェアライセンスが足りない」問題をどう解決するか新型コロナが招く「ライセンス」問題と対処法【後編】

新型コロナウイルス感染症の対策で在宅勤務者が増えた企業は、必要なソフトウェアライセンス数の確保に苦慮している。計画外の出費を最小限に抑えるこつは。

2020年05月19日 05時00分 公開
[Colm WarnerTechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大によって社会にはさまざまな変化が起きたが、規制対応や顧客の機密保持に関する要件に変化はない。必要な場合に、理想的には可能な場合にいつでも、従業員がVPN(仮想プライベートネットワーク)経由で企業のリソースに接続したり、暗号化形式でデータを送信したりできるようにする必要がある。

セキュリティソフトウェアのライセンス問題

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年2月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news102.jpg

バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと...

news034.jpg

良いメルマガと嫌われるメルマガ 違いはどこにある?
B2Bマーケティングにおけるメルマガ施策は簡単そうに見えて難しいもの。どのようなポイン...