過去記事一覧 (2020 年)

11 月

/tt/news/2011/28/news01.jpg
営業職からジャーナリストまでキャリアはさまざま

Java学習者が「Javaエンジニア」の道を選ばない“納得の事情”

「Java」を学んだ人でも、必ず開発職になる必要はない。有識者の経験談を交えながら、Java学習者が選び得るさまざまな進路の可能性を紹介する。

/tt/news/2011/27/news02.jpg
リスクをいかに回避するか

テレワーク解除後に直面する安全性、生産性、プライバシーのバランス

テレワークを解除して従業員をオフィスに呼び戻す際は、安全性、生産性、プライバシーのバランスが重要になる。3つ全てがリスク要因となり、バランスが崩れると困難を引き起こすことになる。

/tt/news/2011/26/news05.jpg
「COTS」と「GOTS」を比較【中編】

政府機関が「GOTS」から「COTS」に移るべき4つの長所、無視できない2つの短所

政府機関は「COTS」ソフトウェアと「GOTS」ソフトウェアのどちらを選ぶべきか。この問いに明確な答えはないが、COTSソフトウェアを選ぶなら検討が必要な幾つかの長所と短所がある。それは何か。

/tt/news/2011/18/news06.jpg
「COTS」と「GOTS」を比較【前編】

「COTS」「GOTS」の基本的な違いとは? 政府機関のIT基礎用語

政府機関が業務効率化のためにソフトウェアを導入する場合、まず「COTS」ソフトウェアと「GOTS」ソフトウェアのどちらを選ぶかを決める必要がある。2つの基本的な違いを解説する。

/tt/news/2011/04/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

公共セクターITの5本柱

コラボレーションや情報共有をデジタルでもっとうまく行う方法を見つけることは、政府機関が取り組むべき課題だ。それを達成する方法を解説する。

/tt/news/2011/03/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

公共サービスのデジタルトランスフォーメーション

COVID-19が流行する中で、市民サービスの提供や自治体運営のデジタル化が加速している。レガシーの制約がありながら、クラウドの採用も増加しつつある。

/tt/news/2011/02/news02.jpg
Computer Weekly製品ガイド

公共セクターITのデジタルへの道

公共セクターにおけるデジタルトランスフォーメーションの進展はまちまちだ。だが中にはこの戦略を取り入れているCIOもいる。

10 月

/tt/news/2010/27/news13.jpg
コロナ禍での業務効率化にも貢献

運輸会社が次世代RPA「IPA」で業務自動化 通関担当が20人から3人以下へ

「RPA」にAI技術を組み合わせた「IPA」により、運輸会社のPolaris Transportation Groupは従業員の作業負荷を軽減し、従業員をドキュメント処理からカスタマーサービスにシフトさせている。同社の取り組みを追う。

/tt/news/2010/06/news02.jpg
どんなに忙しくても優先すべき課題

いまさら聞けない「SLA」の基礎 不履行が起こらないようにするには?

「SLA」(サービスレベル契約)は、製品やサービスの提供者と顧客双方の責任を明確化する上で重要な役割を果たす。SLAの基礎をおさらいした上で、SLAの不履行が起こらないようにするための対策を示す。

9 月

/tt/news/2009/25/news01.jpg
「ERP」と「RPA」の賢い組み合わせ方【後編】

RPAを「レガシーERPの延命策」だと考えてはいけない

「RPA」製品は定型的なビジネスプロセスの効率化に貢献する。ただし古くなったERP製品を延命させる手段にはならない――。専門家がこう警告するのはなぜなのか。

/tt/news/2009/24/news05.jpg
新型コロナと「AI」「自動化」の関係【後編】

コロナ禍でも「AI」「自動化」への投資意欲が衰えない理由

新型コロナウイルス感染症による影響が拡大する中でも、人工知能(AI)技術や自動化技術の採用意欲は衰えていないことが調査で判明した。その背景には何があるのか。

/tt/news/2009/12/news01.jpg
知っておきたいITエンジニアと雇用の関係【前編】

年収1000万円超えが狙える「クラウドエンジニア資格」とは?

新型コロナウイルス感染症の影響で、クラウドエンジニアの需要が高まりつつある。採用や給与にプラスの影響を与える可能性が高いクラウド関連資格を説明する。

/tt/news/2009/10/news05.jpg
「インダストリー4.0」の要

「デジタルマニュファクチャリング」の3大用途とは? 製造工程をIT化

製造工程をIT化する「デジタルマニュファクチャリング」は、製造業にさまざまなメリットをもたらす可能性がある。特に大きな効果を発揮する3つの用途を紹介する。

/tt/news/2009/08/news09.jpg
「ERP」と「RPA」の賢い組み合わせ方【前編】

ERP刷新までの“つなぎ”としてこそ「RPA」を使うべき理由

レガシー化したERP製品のアップグレードや移行を検討するには時間がかかる。刷新プロセスの途中段階で役立つ可能性があるのが「RPA」製品だ。どのように役立つのか。

/tt/news/2009/03/news03.jpg
製造業の競争力強化をもたらす「サービタイゼーション」【後編】

「サービタイゼーションの壁」とは? 製造業“コト売り化”の試練

小売・流通業界ではありふれたビジネスモデルとなった「サービタイゼーション」。製造業がサービタイゼーションに移行する際には、乗り越えなければならない壁がある。その壁とは。

8 月

/tt/news/2008/28/news03.jpg
中堅・中小企業とクラウドERP【後編】

コロナ禍で中小企業が「クラウドERP」を導入する意義と注意点とは

新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、中堅・中小企業の「クラウドERP」導入にどのような影響をもたらすのか。導入検討時に想定すべきメリットと注意点を探る。

/tt/news/2008/27/news10.jpg
製造業の競争力強化をもたらす「サービタイゼーション」【前編】

「サービタイゼーション」の4段階とは? 製造業“コト売り化”の手順

単なる製品販売だけではない「サービタイゼーション」へのビジネスモデル移行は、製造業にとって逆境に適応する回復力と収益力の強化に役立つ可能性がある。どのように移行を進めるべきなのか。

/tt/news/2008/14/news03.jpg
中堅・中小企業とクラウドERP【前編】

中小企業がコロナ禍で実感した「クラウドERP」のメリットとは?

「クラウドERP」の導入でパンデミック時の事業継続に成功した、米国の中堅・中小企業Safety Management Group。同社はなぜクラウドERPを選び、どのようなメリットを得たのか。

/tt/news/2008/13/news01.jpg
多様化する「接触追跡」技術【後編】

ウェアラブルデバイスを利用する新型コロナ「接触確認」製品とは?

新型コロナウイルス感染者との接触追跡を実現する手段はさまざまだ。ベンダー各社はプライバシーに配慮し、インストールの手間を省いた職場向け接触追跡製品を開発している。どのような手段があるのか。

/tt/news/2008/06/news04.jpg
多様化する「接触追跡」技術【前編】

打刻データを使った職場向け「新型コロナ接触確認アプリ」とは?

企業が新型コロナウイルス感染防止と経済活動を両立させる動きを本格化させる中、職場に人が戻り始めている。職場で新型コロナウイルス感染者との接触を追跡する製品も充実し始めた。どのようなものがあるのか。

7 月

/tt/news/2007/30/news10.jpg
「BaaS」の利点と課題【前編】

「BaaS」とは? テレワーク前提時代のバックアップの“必需品”

企業の間でテレワークが広がる中、データのバックアップの手段に変化が求められている。“テレワーク前提時代”の有力なバックアップ手段となり得るのが「BaaS」(Backup as a Service)だ。その根拠とは。

/tt/news/2007/21/news01.jpg
新型コロナが投げ掛けるプライバシー問題【第5回】

新型コロナ拡大防止のためなら「プライバシー」を犠牲にすべきなのか

企業や政府による新型コロナウイルス感染症対策には、プライバシー保護の観点から批判の声もある。人の命を左右する感染症の拡大を食い止める上で、プライバシーをどう考えるべきなのか。

/tt/news/2007/18/news01.jpg
「Windows 10」更新プログラム再入門【後編】

「Windows 10」の更新でフリーズを起こさないためのテスト方法

「Windows 10」の更新プログラムをインストールする際は、生産性が妨げられないように注意すべきだ。問題を避けるためには具体的に何に注意し、どのような対処をすべきなのだろうか。

/tt/news/2007/14/news02.jpg
新型コロナが投げ掛けるプライバシー問題【第4回】

AI×サーマルカメラの「画像分析で発熱確認」は新型コロナ終息後も常識に?

新型コロナウイルス感染症の対策として、AI技術とサーマルカメラを用いた非接触の体温測定を実現する製品が出回っている。そうした製品は感染症の流行が過ぎ去っても使われ続けるという声がある。その理由は何か。

/tt/news/2007/09/news01.jpg
サプライチェーン管理を変えるデータ活用【後編】

医療用品メーカーがデータ活用システム構築で直面した「変化への恐怖」とは?

医療用品メーカーPaul Hartmannは、サプライチェーン管理を効率化し需要予測の精度を高めるために、データを活用した予測システムを構築した。新システムを取り入れる際に、同社が直面した課題とは。

/tt/news/2007/08/news02.jpg
「在宅勤務」長期化に備える【後編】

新型コロナが問う「オフィスに莫大な金を払い続ける」ことの是非

全社的に在宅勤務などのテレワークに移行した企業が職場への出社を再開させる場合、考慮すべきことが幾つかある。実は今までのオフィスに対する考え方自体、新しい時代には“常識”ではなくなる可能性さえあるのだ。

/tt/news/2007/07/news03.jpg
新型コロナが投げ掛けるプライバシー問題【第3回】

政府主導の「新型コロナ接触確認アプリ」には何の意味があるのか?

人の行動や体温に関するデータを分析し、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止しようとする政府の試みには、プライバシー面の不安が伴うとの意見もある。各国はどう対処しているのか。

/tt/news/2007/03/news03.jpg
パンデミックと投資動向【後編】

新型コロナで「OneDrive」「Dropbox」などの需要が拡大する理由と注意点

パンデミックによって企業の間でテレワークに移行する動きが広がったことで顕著になったのは、「OneDrive」「Dropbox」をはじめとするファイル同期サービスへの需要の高まりだ。その背景には何があるのか。

/tt/news/2007/01/news08.jpg
「在宅勤務」長期化に備える【中編】

在宅勤務が招く「私物PC・スマホ解禁」だけではない深い問題とは?

在宅勤務などのテレワークをする従業員が急増した場合、IT部門はテレワーク中の従業員の業務用端末をどう用意し、どう管理すればよいのか。端末運用の課題と解決策を探る。

6 月

/tt/news/2006/30/news10.jpg
新型コロナが投げ掛けるプライバシー問題【第2回】

新型コロナ「接触確認アプリ」が抱える“根本的な問題”とは?

新型コロナウイルス感染症対策として、感染者との接触の有無を知らせる接触確認アプリケーションの開発が進んでいる。エンドユーザーのプライバシー侵害を懸念する声が上がっているが、問題は他にもある。

/tt/news/2006/26/news07.jpg
パンデミックと投資動向【中編】

コロナ禍でも買われるIT製品、後回しされるIT製品の違いは?

新型コロナウイルス感染症の拡大は、企業のIT製品の投資動向にどのような影響を与えるのか。調査結果から探る。

/tt/news/2006/25/news01.jpg
「真の自律型企業」の姿とは【後編】

次世代RPA「IPA」に期待し過ぎてはいけない“納得の理由”

「インテリジェントプロセスオートメーション」(IPA)に期待を寄せ、市場発展の可能性を見出すアナリストは少なくない。ただし「導入直後に成果を発揮する万能薬のようなものではない」との声もある。それはなぜか。

/tt/news/2006/24/news07.jpg
サプライチェーン管理を変えるデータ活用【前編】

医薬用品メーカーは「注文の6割が電話、メール、FAX」の惨状をどう脱却したか

医療用品メーカーPaul Hartmannは注文と納品にかかる手間とコストの削減に課題を感じていた。ビジネスプロセスの効率化と需給の予測精度を向上させるために、同社が必要としたものは何か。

/tt/news/2006/22/news08.jpg
新型コロナが投げ掛けるプライバシー問題【第1回】

GoogleとAppleも開発 新型コロナ「接触確認技術」の利点と注意点とは?

新型コロナウイルス感染拡大を阻止するため、企業や政府は感染者との接触を確認する技術の開発を進めている。GoogleとAppleも共同開発に乗り出した、こうした接触確認技術がもたらすメリットと注意点とは。

/tt/news/2006/19/news07.jpg
パンデミックと投資動向【前編】

コロナ禍の納期遅れでも「ストレージ」を買う企業、買わない企業を分ける条件

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって一部ではストレージ製品の納期の遅れが発生している。企業のIT投資にどのような影響があるのか。

/tt/news/2006/17/news02.jpg
新型コロナウイルスがコールセンターに与えた影響【後編】

コロナ禍のコールセンターで採用が進むAI・自動化技術は完璧なのか?

テレワークに移行したコールセンター業務の負担を軽減したいのであれば、チャットbotやIVR(自動音声応答)といったAI/自動化技術が役に立つ。ただし限界もある。

/tt/news/2006/12/news07.jpg
パンデミックで変わるPC市場

在宅勤務で「PC」が品薄に “特需”はいつまでも続くのか?

新型コロナウイルス感染症の拡大で在宅勤務などのテレワーク用PCの需要が増加した。ただし需要増が今後も続くかどうかについては、専門家によってさまざまな見方がある。PC市場の先行きは。

/tt/news/2006/10/news06.jpg
「真の自律型企業」の姿とは【前編】

医薬品企業が次世代RPA「IPA」を導入 その理由と効果とは?

ドイツの化学・医薬品企業Merckの医薬営業部門は、ビジネスプロセスの自動化を実現するために「インテリジェントプロセスオートメーション」(IPA)を導入した。IPAがもたらす価値は何か。

/tt/news/2006/10/news02.jpg
新型コロナウイルスがコールセンターに与えた影響【中編】

コールセンターのテレワーク化は「人の命が懸かった課題」 実践企業が語る

コールセンター業務をテレワークに移行した企業は、どうやって移行し、何に課題を見出しているのか。実際の企業の事例から探る。

/tt/news/2006/08/news01.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

「自作Excelツールが動かない」という泣き付きがなくならない理由と対処法

接する機会が少ない部署から突然「Microsoft Excelで作成した自作ツールが動かなくなった」と相談が――。ありがちなこうした事態を避けるために、IT担当者はどのように対処すべきでしょうか。

/tt/news/2006/08/news03.jpg
人事部門のRPA活用事例集【後編】

RPAの真の活用は雇用の喪失ではなく高齢化の支援をもたらす

RPAが普及し組織での利用が拡大するとどうなるのか。正しく活用するなら、それは雇用を奪うものではないという。先進事例からRPA活用の在り方を考えよう。

/tt/news/2006/06/news01.jpg
「Windows 10」更新プログラム再入門【前編】

「Windows 10」の2大更新プログラムとは? 過去のWindowsとの違いは

従来の「Windows」からアップグレードの考え方が大きく変わった「Windows 10」。その中核要素が「更新プログラム」だ。代表的な2種類の更新プログラムと、更新プログラムがもたらすメリットとは。

/tt/news/2006/04/news04.jpg
緊急事態宣言の解除で常識は変わるか

コロナ終息後も「フルタイムで在宅勤務」は本当に常識になるか?

新型コロナウイルス感染症対策として在宅勤務などのテレワークを採用が広がっている。テレワークは今後も定着するのか。それとも以前の勤務形態に戻るのだろうか。専門家の見解は。

/tt/news/2006/03/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

エッジコンピューティングに伴うパラダイムシフト

オフィスエッジとモバイルエッジの次に来るのは産業エッジだ。コンピューティングパラダイムのシフトについて解説する。

/tt/news/2006/03/news06.jpg
新型コロナウイルスがコールセンターに与えた影響【前編】

コールセンターのテレワーク化に成功する企業、苦労する企業の決定的な違い

コールセンターの業務を在宅勤務などのテレワークに移行できるかどうかは、機材の整備状況だけではなく、各企業の文化が大いに関係している。成否を分けるポイントとは。

/tt/news/2006/01/news07.jpg
バイオ、医療、建設業の事例に学ぶ

社内デスクトップPCの持ち帰りも 3社が語る「テレワーク長期化」対策とは?

新型コロナウイルス感染対策としてのテレワークは長期化が避けられない。新しい働き方に備えるために、IT部門はどのような対策を取るべきなのか。バイオテクノロジー企業、医療機関、建設企業の事例を紹介する。

5 月

/tt/news/2005/29/news02.jpg
Computer Weekly製品ガイド

クラウドファーストの終焉――クラウドへの集約とエッジへの分散

エッジコンピューティングはIT業界で最も重要なトレンドの一つであり、クラウドに取って代わるかもしれないという見方もある。

/tt/news/2005/29/news12.jpg
必要だからこそ自動化技術に取り組む好機

コロナ禍で「AIをサプライチェーンに使う」企業が急増か?

新型コロナウイルス感染症の世界的流行に直面し、市場は混乱している。サプライチェーンの管理を安定させ、少しでも正確な予測を立てるためには人工知能(AI)技術が役に立つ可能性がある。それはなぜか。

/tt/news/2005/28/news01.jpg
人事部門のRPA活用事例集【前編】

新入社員が直面する「残念なエクスペリエンス」をRPAで解決

RPAによる人事プロセスの自動化はさまざまなメリットをもたらす。3つの成功事例がRPA導入のヒントを提供してくれる。

/tt/news/2005/22/news09.jpg
テレワーク文化になじんでいないと難しいことも

「ERP」は出社せずに導入できるのか? 新型コロナの在宅勤務で課題に

パンデミックの影響で出張や対面打ち合わせが困難になったために、ERPシステムを導入中の企業は「いかにテレワークで導入作業を進めるか」を検討する必要に迫られている。そもそもテレワークでの導入は可能なのか。

/tt/news/2005/21/news03.jpg
パンデミックが招くサプライチェーンへの影響【後編】

新型コロナでサプライチェーンが混乱、影響を最小限に抑える方法とは?

新型コロナウイルス感染症の拡大をきっかけとして発生したサプライチェーンの混乱。それに対処するために企業ができることとは何か。

/tt/news/2005/21/news01.jpg
レジリエンス計画が必要な理由【後編】

重要なはずの「レジリエンス」はなぜ後回しにされるのか?

障害発生時の回復力「レジリエンス」は確かに重要だ。一方で具体的な取り組みに着手できている企業は多くはない。その背景には何があるのか。取り組みのハードルを下げる手段とは。

/tt/news/2005/19/news02.jpg
新型コロナが招く「ライセンス」問題と対処法【後編】

在宅勤務者の急増で「ソフトウェアライセンスが足りない」問題をどう解決するか

新型コロナウイルス感染症の対策で在宅勤務者が増えた企業は、必要なソフトウェアライセンス数の確保に苦慮している。計画外の出費を最小限に抑えるこつは。

/tt/news/2005/19/news01.jpg
テレワークがIT部門に与えた影響【中編】

新型コロナ対策のテレワークでITトラブルが急増? IT投資動向にも変化が

テレワークの推進は、企業のIT投資の動向にも影響している。調査結果を基に、企業が直面した具体的な変化を説明する。

/tt/news/2005/15/news08.jpg
パンデミックが招くサプライチェーンへの影響【前編】

コロナ禍の“トイレットペーパーパニック”を「ブルウィップ効果」で説明する

新型コロナウイルス感染症の拡大によって世界各地で買いだめの問題が生じている。その結果、一部の商品の流通に「ブルウィップ効果」が生じる可能性があるという。どういうことなのか。

/tt/news/2005/14/news05.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「RPA」導入に満足する企業、苦労する企業の違いは?

導入したロボティックプロセスオートメーション(RPA)製品に満足している企業がある一方、RPA製品のグローバル展開に時間がかかり、すぐには成果が得られなかった企業もある。両社の違いを生んだ要因とは。

/tt/news/2005/14/news01.jpg
緊急事態のテレワーク基礎ガイド【後編】

在宅勤務最大の課題は“孤立感”? 配慮すべきインフラと社員のメンタル

突然の在宅勤務を始める従業員がつまずきやすいポイントは「自宅のインターネット回線」そして「孤独で不安な状況で働くこと」だ。これらの課題に配慮するための方法とは。

/tt/news/2005/13/news04.jpg
新型コロナが招く「ライセンス」問題と対処法【前編】

Zoomなどの「Web会議ライセンス不足」問題が在宅勤務で顕在化 解決策は?

新型コロナウイルス感染症の対策で在宅勤務が広がる中、需要が高まっている「Web会議」。想定外のユーザー数急増で直面しがちなのがライセンスの問題だ。どう対処すべきなのか。

/tt/news/2005/12/news01.jpg
「COVID-19」で変わるエンドポイント管理【後編】

新型コロナで広がる“私物端末で在宅勤務”に「ゼロトラスト」が必要な理由

テレワークを迅速に導入するには従業員の私物デバイスの利用を認めることが選択肢の一つになる。ただしその際は十分なセキュリティ対策が必要だ。どのような点に注意すればよいのだろうか。

/tt/news/2005/07/news04.jpg
緊急事態のテレワーク基礎ガイド【中編】

新型コロナウイルス感染対策の在宅勤務で「UEM」「EMM」の重要性が高まる理由

在宅勤務を始める従業員が増えると、「UEM」や「EMM」といったモバイルデバイスを管理するツールの重要性が高まるという見方がある。それはなぜなのか。

/tt/news/2005/01/news05.jpg
「COVID-19」で変わるデバイス管理【前編】

新型コロナが「私物Apple端末は管理しなくてよい」という“常識”を変える?

新型コロナウイルス感染症が拡大する中で、テレワークの必要性が一気に高まった。働き方の変化は、デバイス管理の在り方にも影響を与え始めている。

4 月

/tt/news/2004/29/news02.jpg
プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2019年度)

プログラミング学習の壁からWeb会議の選び方まで 新規会員が気になった話題は

「経営とIT」「中堅・中小企業とIT」「医療IT」「教育IT」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2019年度にユーザー企業の新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。

/tt/news/2004/28/news06.jpg
緊急事態のテレワーク基礎ガイド【前編】

「Zoom」だけじゃない、新型コロナ対策の在宅勤務に役立つITツールとは?

新型コロナウイルス感染症の拡大防止策の一環で、在宅勤務などのテレワークを取り入れる動きが世界規模で急速に広がっている。テレワークに役立つITツールと、技術面での課題を整理する。

/tt/news/2004/24/news04.jpg
Citrixのテレワーク事例【後編】

新型コロナウイルス対策の在宅勤務でCitrixが技術より「人」を重視する理由

Citrix Systemsは新型コロナウイルス感染症の対策として中国全土の従業員をテレワーク体制に移行させた。同社は2カ月以上にわたる経験から、問題解決には「技術よりも人が重要だ」と考えている。それはなぜか。

/tt/news/2004/23/news07.jpg
「レジリエンス」が必要な理由【前編】

「レジリエンス」とは何か? なぜ必要か? 事業継続計画(BCP)を補完

ビジネスの継続性を維持するためには「レジリエンス」が重要だ。ベンダー各社が注目する理由とは何か。レジリエンスの市場動向を整理する。

/tt/news/2004/23/news05.jpg
パンデミックに対するネットワークの備え【後編】

パンデミック時のテレワーク急増で確認すべきネットワーク10大チェックリスト

テレワークを実施する従業員が増えるパンデミック時には、通常時とは異なるネットワークの問題が浮上する。ネットワーク担当者は具体的にどのような問題に対処すべきなのか。

/tt/news/2004/22/news06.jpg
クラウド利用状況の調査結果から見る

“なんちゃってマルチクラウド”を防ぐには? 日本企業が直面する課題と対策

インフラとして複数のクラウドを利用する企業の動きが広がり、新たな課題が浮上している。調査で判明したマルチクラウド管理の課題と、その解決策を説明する。

/tt/news/2004/17/news06.jpg
パンデミックに対するネットワークの備え【前編】

新型コロナウイルスで脚光 「テレワーク」を止めないネットワークの条件とは

パンデミックや災害は突然発生する。テレワークを実施する必要が生じる際、ネットワーク面ではどのような問題を考慮する必要があるのだろうか。

/tt/news/2004/17/news03.jpg
Citrixのテレワーク事例【前編】

中国全土の従業員をテレワークに移行させたCitrix、実現のために何をしたのか?

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっていた2020年1月ごろの中国は、折しも新年の休暇期間だった。Citrix Systemsは中国全土に散った従業員に連絡を取りテレワーク体制に移行。同社がしたこととは。

/tt/news/2004/10/news10.jpg
事業維持に不可欠

新型コロナウイルスにセキュリティ担当者が備えるための13か条

感染症対策への備えとしてセキュリティ担当者は何を実施すべきか。深刻な感染症流行が発生した場合でも、企業のセキュリティ体制を維持できるようにするためのヒントを紹介する。

/tt/news/2004/10/news06.jpg
ITIL導入を成功に導くための基礎知識【後編】

「ITIL」導入成功の鍵は“ITIL依存”を避けること?

ITサービスの書籍群「ITIL」はフレームワークとして利用することができ、数種類の認定資格がある。この認定資格と、ITILを導入するときのポイントを解説する。

/tt/news/2003/31/news03.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

Excelツールの引き継ぎ資料を誰も作らない理由を「ゲーム理論」で考える

「Microsoft Excel」の自作ツールに不具合が生じてから「引き継ぎ資料がない」「製作者もいない」と気付くケースは珍しくありません。ほとんどの人が引き継ぎ資料を作りたがらないからです。なぜなのでしょうか。

/tt/news/2004/09/news02.jpg
各プロセスの連携は必須

いまさら聞けない「リスク評価」「リスク分析」「リスク管理」の違いとは?

「リスク評価」「リスク分析」「リスク管理」は何が違うのか。セキュリティ対策と予算計画の適切な意思決定をするために、これらの違いを理解しよう。

/tt/news/2004/06/news03.jpg
まずは各省庁の関連情報を確認

新型コロナウイルスのパンデミック対策で「BCP」を改善する3つのステップ

新型コロナウイルス感染症や季節性インフルエンザなどのパンデミックに対処する上で、「BCP」が果たす役割は大きい。企業のBCPを十分な状態に整えるにはどうすべきか。

/tt/news/2004/03/news07.jpg
ITIL導入を成功に導くための基礎知識【前編】

「ITIL」はなぜ必要なのか? 導入のメリットを整理

「ITIL」は組織のITサービス運営の助けとなる書籍群で、フレームワークとしても利用できる。ITILの基本事項と、ITILが組織のIT運用に役立つ理由を説明する。

/tt/news/2003/25/news09.jpg
IT予算計画で重視するもの【後編】

2020年こそ未来に向けてアプリケーションのモダナイズを 鍵は「柔軟性」

ITインフラやアプリケーションがレガシーなままでは変化に適応することは難しい。アプリケーションのモダナイゼーション(最新化)を目指す上で重視すべきポイントと、現状を把握するために確認すべきことは何か。

3 月

/tt/news/2003/30/news08.jpg
医療IT、2020年のトレンド予測【後編】

2020年の米国医療業界を揺らす2つの話題「AI」「国民皆保険」 医療機関の反応は

人工知能(AI)技術は長らく医療業界で注目を集めていたトレンドだったが、2020年には蜜月が終わる可能性がある。米国の医療業界は、国民皆保険制度「メディケアフォーオール」計画の動向を慎重視している。

/tt/news/2003/26/news05.jpg
IT予算計画で重視するもの【前編】

2020年のIT予算計画、まず「事業部門の目標」と「既存IT環境の問題」を見極めよ

IT予算計画の策定は概してストレスが多く複雑な作業だ。まずは事業部門のリーダーやユーザーとコミュニケーションを取り、既存のIT環境にどのような問題があるか洗い出す必要がある。どう進めればよいのか。

/tt/news/2003/25/news02.jpg
AWSの障害対策における4つのポイント【後編】

AWS障害からの復旧計画時に意識したい「RPO」「RTO」とは?

「Amazon Web Services」(AWS)に障害が起きたときのために、どのように復旧計画を立てればよいのだろうか。「復旧対象のデータの評価」「復旧計画に使う指標」「復旧の訓練」の観点から説明する。

/tt/news/2003/24/news07.jpg
医療IT、2020年のトレンド予測【前編】

2020年に「遠隔医療」と「健康の社会的決定要因の分析ツール」に注目が集まる理由

Forrester ResearchとFrost & Sullivanの調査は、2020年の医療ITのトレンドは「遠隔医療」と「健康の社会的決定要因を分析するツール」が支持を広げると予測する。その理由は何か。

/tt/news/2003/19/news09.jpg
ベンダーによる支援策のリンク集

新型コロナウイルス対策を支える「テレワーク」関連製品の無料提供と相談窓口

拡大を続ける新型コロナウイルス感染症対策として、企業の間でテレワークの採用が広がっている。こうした中、ベンダー各社がテレワーク関連製品の一時無料化などの支援策を提供し始めた。主要な取り組みを集約した。

/tt/news/2003/18/news08.jpg
AWSの障害対策における4つのポイント【前編】

AWSの可用性を確保する方法とは?

適切なデータ保護と復旧の対策は、障害が起きる前に講じておかなければならない。「Amazon Web Services」(AWS)の障害に備えてやるべきことは幾つかある。主要な対策を紹介しよう。

/tt/news/2003/16/news07.jpg
コンテンツ管理の基礎知識

いまさら聞けない「コンテンツ管理製品」とは? 4大“常識”製品を紹介

「コンテンツ管理」システムは単なるドキュメント管理から、コラボレーションまで機能を広げている。もはや「常識」とも言える4種類のコンテンツ管理システムの役割をおさらいする。

/tt/news/2003/11/news01.jpg
規制の正当性とは何か

GoogleとFacebookを当局が規制するのは本当に正しいのか?

市場が独占状態にあることは好ましくない。市場を独占する支配的な企業は規制する必要がある。それは誰の利益のためなのだろうか。GoogleやFacebookによって不利益を被っているのは誰なのか。

/tt/news/2003/06/news03.jpg
「プロセスマイニング」の生みの親・アールスト氏に聞く【後編】

「プロセスマイニング」ツール導入を経営陣に納得してもらうコツは?

「プロセスマイニング」とAI技術の関係とは。プロセスマイニングツールの導入をスムーズに進めるには。これらの疑問に、プロセスマイニングの第一人者、ウィル・ファン・デル・アールスト氏が答える。

/tt/news/2003/04/news04.jpg
病院のIT導入における「変更管理」戦略【後編】

病院のIT化になぜ「組織横断型チーム」が必要なのか “変えたくない人”を攻略

医療機関で新しいテクノロジーの導入を成功させるこつは、組織横断型チームを結成して綿密なコミュニケーションを続けることだ。大規模医療グループのITリーダーが重視するポイントを解説する。

/tt/news/2003/03/news02.jpg
2020年の見逃せないセキュリティスタートアップ5社【後編】

BigID、CyCognito、Signal Sciencesとは? セキュリティの熱いスタートアップ

2019年にベンチャーキャピタルが投資したセキュリティ分野のスタートアップの中でも、2020年に成長が見込まれる5社とはどこか。そのうち3社について紹介する。

2 月

/tt/news/2002/28/news08.jpg
「サイバーセキュリティ保険」を賢く契約する【後編】

「サイバーセキュリティ保険」の落とし穴と、契約時の8大チェック項目とは?

「サイバーセキュリティ保険」を選定、契約する際に確認すべきこととは何か。契約時に頭に入れておくべき“落とし穴”とは。簡潔に紹介する。

/tt/news/2002/28/news07.jpg
「プロセスマイニング」の生みの親・アールスト氏に聞く【前編】

「プロセスマイニング」とは ワークフロー製品への“失望”で導入が進む?

「プロセスマイニング」は企業に何をもたらすのか。企業がプロセスマイニングを導入するきっかけとは何か。プロセスマイニングの第一人者であるウィル・ファン・デル・アールスト氏に聞いた。

/tt/news/2002/27/news05.jpg
病院のIT導入における「変更管理」戦略【前編】

病院のITリーダーはなぜ「根回し」を重視するのか

システム変更時のトラブルや混乱を回避するために、医療業界のITリーダーが重視するのは「根回し」だ。それはなぜなのか。

/tt/news/2002/25/news10.jpg
2020年の見逃せないセキュリティスタートアップ5社【前編】

Clumio、Siemplifyとは? 投資家が注目するセキュリティスタートアップ

2020年、セキュリティ分野のスタートアップで注目すべきはどの企業だろうか。多くの資金提供を受けたスタートアップとして、2020年に存在感を増すと考えられる5社のうち、2社を取り上げる。

/tt/news/2002/20/news04.jpg
RPA3大ソフトウェアロボットの違い【前編】

RPAの「非アテンド型」ソフトウェアロボットとは? 人手介さず作業を実行

RPAのソフトウェアロボットは大きく分けて3種類ある。中でも一般的な、人の介入なしに単純作業を自動化する「非アテンド型」ソフトウェアロボットの特徴を説明する。

/tt/news/2002/13/news06.jpg
「サイバーセキュリティ保険」を賢く契約する【前編】

いまさら聞けない「サイバーセキュリティ保険」とは? メリットと課題を解説

「サイバー攻撃は経営に直結する重大なリスクだ」という認識が広がりつつある中、にわかに注目を高めているのが「サイバーセキュリティ保険」だ。どのような保健なのか。契約前に確認すべき注意点とは。

/tt/news/2002/08/news01.jpg
快適さと失業リスクは表裏一体?

「AI」「自動化」に9割の若者が歓喜し、6割の若者が恐怖する理由

1990年代以降に生まれた「ジェネレーションZ」世代にとって、人工知能(AI)技術と自動化技術は仕事を助ける手段だが、不安の声もある。それはなぜなのか。

/tt/news/2002/06/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

RPAによるデジタルトランスフォーメーションの先に見える懸念

ロボティックプロセスオートメーションを利用してデジタルトランスフォーメーションを推進する企業が増えている。この市場の進展について解説する。

/tt/news/2002/04/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

RPAに組み込むべきセキュリティ対策

RPAの利点は人の行動を模倣できる点にある。その原則を念頭に、botによる自動化のセキュリティ対策を講じ、セキュリティの失敗を防止しなければならない。

/tt/news/2002/04/news04.jpg
「RPA」「DPA」「BPA」「IPA」とは【後編】

プロセスオートメーション用語「DPA」の本当の意味は? 新用語「IPA」とは

プロセスオートメーション分野の製品分野は多種多様だが、違いはほとんどないと見る専門家もいる。一方で機械学習などの新たなテクノロジーを組み合わせて、より高度な処理を実現する新しい製品分野も登場している。

1 月

/tt/news/2001/30/news03.jpg
Computer Weekly製品ガイド

RPAによって自動化したプロセスをさらにスマート化する方法

組織のデジタルトランスフォーメーション戦略を支援するRPAについて解説する。

/tt/news/2001/29/news02.jpg
「RPA」「DPA」「BPA」「IPA」とは【前編】

いまさら聞けない「RPA」「DPA」「BPA」の違い 何を自動化するのか?

「RPA」「DPA」「BPA」など、プロセスオートメーション分野のテクノロジーを指す用語が多様化している。それぞれどのように異なるのだろうか。

/tt/news/2001/21/news02.jpg
「RPA」から「IPA」へ【後編】

「学習」するロボットは業務の自動化にどう役立つのか

RPAを高度化した技術である「インテリジェントプロセスオートメーション」(IPA)は、ソフトウェアロボットに「学習」させることができる点が特徴だ。学習によって何が可能になるのか。IPAの利用例を基に説明する。

/tt/news/2001/18/news01.jpg
米国のHuawei禁輸措置に対抗か

中国“Windows禁止令”でHuawei製「Harmony OS」の開発に弾みがつく?

中国当局は政府機関で使用する「非中国製ソフトウェアを搭載したコンピュータ」を交換するよう命じたという。Huaweiが開発する独自OS「Harmony OS」のプロジェクトにとっては追い風になる可能性がある。

/tt/news/2001/14/news09.jpg
「RPA」から「IPA」へ【中編】

RPAをまずは導入すべし 次世代RPA「IPA」の失敗しない入れ方

OCRや自然言語処理、チャットbotなどの技術によって、「RPA」よりも高度な業務自動化を実現する「IPA」。RPAはどのようにしてIPAに発展したのか。IPAの適切な導入手順とは。

/tt/news/2001/10/news04.jpg
食品産業とブロックチェーン【後編】

「ブロックチェーン」を食品のトレーサビリティ確保に使うのは是か非か?

ブロックチェーンの信頼性はフードトレーサビリティの確保に役立つ。ただし新技術にありがちな課題から、ブロックチェーンの可能性に懐疑的な視線を向ける専門家もいる。

/tt/news/2001/08/news04.jpg
「RPA」から「IPA」へ【前編】

RPAと「インテリジェントプロセスオートメーション」(IPA)の違いとは?

「RPA」より高度な業務自動化技術として、AI技術を組み込んだ「IPA」がある。IPAはRPAと何が違うのか。