過去記事一覧 (2019 年)

7 月

/tt/news/1907/19/news04.jpg
システム更新でアクセシビリティー向上

SKILCRAFT製造元が「Oracle ERP Cloud」を導入 視覚障害者がより働きやすく

自動化によって仕事を奪うのではなく、守りたい――。多数の視覚障害者を雇用するIBVIの「Oracle ERP Cloud」導入事例から、同社が重視したビジネスプロセス改善のポイントに迫る。

/tt/news/1907/08/news06.jpg
クラウド勤怠管理システムの選び方

「勤怠管理システム」が“悪ふざけ動画”で再評価される理由

「悪ふざけ動画」のような不祥事と、不適切な労働環境は無関係ではない。加盟店の事件はブランド全体に影響するため、法令順守を目的としてフランチャイズ事業者が勤怠管理システムを見直す動きが出てきている。

/tt/news/1907/18/news06.jpg
カスタマーエクスペリエンス(CX)の観点で比較

ネット通販と実店舗はどちらが優れているか? TargetのPOS障害から考える

小売り大手Targetで起きたPOSシステムの障害は、電子商取引システムがその隙間を埋められる可能性を示した。まだネット通販が実店舗に取って代われる段階には至っていないものの、その状況に近づきつつある。

/tt/news/1907/17/news11.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「AI作曲家」が作ったBGMとは? ゲーム業界IT裏事情

最新のテクノロジーがゲーム業界を支えている。AIが自動でBGMを生成する「AI作曲家」の登場、IoTが下支えした「Fortnite」の世界的ヒットなど、業界の新たな潮流を紹介する。

/tt/news/1907/05/news04.jpg
クラウド勤怠管理システムの選び方

「特定技能」で増える外国人材、勤怠管理システムの見直しが急務になる理由

労働環境は世相や意識の変化といったトレンドに大きな影響を受ける。新たな在留資格「特定技能」による外国人材の増加は、勤怠管理システムの機能を大きく変える可能性がある。

/tt/news/1907/05/news03.jpg
「人工知能のバイアス」を考える【後編】

“偏り”がプラスに作用することも 「AI」のバイアスとどう向き合うか

AIシステムのバイアスはリスクとなる一方、有益な結果をもたらすこともある。本稿では、AIシステムのバイアスの長所と短所を取り上げる。

6 月

/tt/news/1906/28/news11.gif
今すぐ着手する必要がある

できるリーダーは「AI」戦略で差をつける

AIをまだ先のことと考えるビジネスリーダーは、影響力のあるこのトレンドに乗り遅れる可能性が高い。今すぐAIテクノロジーの導入を検討した方がよい。

/tt/news/1906/26/news07.jpg
「人工知能のバイアス」を考える【前編】

Amazon、Facebookも批判の的に 「公平・公正なAI」はなぜ難しいのか

AIシステムのバイアスは、人種や性差に基づく誤った判断をもたらすことがある。Amazon.comとFacebookの事例から、現在のAIシステムが抱える課題について考える。

/tt/news/1906/26/news01.jpg
「BI」×「自然言語クエリ」のメリット【後編】

「自然言語クエリ」が“分析の民主化”を実現するこれだけの理由

ビジネスインテリジェンス(BI)ツールに自然言語クエリ機能が搭載されていればユーザーの使い勝手は大幅に向上する。その結果、分析する人の能力を補完し、洞察の品質や精度が向上する可能性がある。

/tt/news/1906/20/news05.jpg
「COBIT 2019」基礎解説【後編】

ITガバナンスの新指針「COBIT 2019」 4つのコアガイドに書かれていること

組織のITガバナンスとマネジメントの成熟度を評価するのに役立つフレームワーク「COBIT」がアップデートされた。最新版の「COBIT 2019」で新たに追加された要素とコアガイドの使用方法について紹介する。

/tt/news/1906/18/news07.jpg
「BI」×「自然言語クエリ」のメリット【前編】

ビール大手がMicroStrategy製BIの社内普及に役立てた「自然言語クエリ」とは?

ビジネスインテリジェンス(BI)ツールに自然言語技術が搭載されていれば、従業員にとっての「使いやすさ」のハードルが大幅に下がる可能性がある。飲料大手Hijos de Riveraの事例から、その実力を探る。

5 月

/tt/news/1905/30/news07.jpg
「COBIT 2019」基礎解説【前編】

いまさら聞けない「COBIT」とは? ITガバナンスとマネジメントの指針

ITサービスマネジメントもビジネス環境の素早い変化に適応できないと、停滞のリスクを負うことになる。組織のITガバナンスとマネジメントの成熟度を評価するのに役立つフレームワーク「COBIT」について解説する。

/tt/news/1905/29/news07.jpg
「変革型CIO」の条件【後編】

チェンジメーカーになれるCIO、なれないCIOを見分ける簡単な方法

ごく簡単な項目を確認するだけで、変革型CIO(最高情報責任者)になれるCIOかどうかを判断できるという。何を確認すればよいのか。

/tt/news/1905/28/news06.jpg
新テクノロジーの導入を進めるCapital One

大手金融機関が8000個のアプリを「AWS」へ移行 クラウドに何を期待したのか

米金融機関Capital Oneは、カスタマーサービスを向上させるべく、クラウドや機械学習、DevOpsなど新テクノロジーの導入を続けている。本稿では、その取り組みについて詳しく解説する。

/tt/news/1905/23/news07.jpg
企業がAIを活用するための8つのヒント【前編】

優秀なAI人材を得る3つの方法とは? 汚いデータを使えるようにするには?

企業でのAI(人工知能)利用について、前後編にわたり8つのポイントを説明する。前編ではAI人材の確保やビジネスへの活用、データの収集・整形方法について、具体例を交えながら紹介する。

/tt/news/1905/21/news09.jpg
「変革型CIO」の条件【前編】

企業のチェンジメーカーになる「変革型CIO」の役割と避けるべき落とし穴

変革型のCIO(最高情報責任者)が果たすべき役割とは何だろうか。専門家は「組織の変化をよく理解し、会社の方向性に即した変革を進めることが重要だ」と強調する。

/tt/news/1905/21/news04.jpg
プロジェクトの価値を判断するための洞察

プロジェクトポートフォリオマネジメント(PPM)を使うべき「隠れたメリット」とは

プロジェクトポートフォリオマネジメント(PPM)ソフトウェアがあれば、プロジェクトの管理や優先順位付け、リソースの割り当てを改善できる。それ以外にも、さまざまな潜在的メリットがある。

/tt/news/1905/18/news01.jpg
炎上の予兆を未然に検知

“ネット炎上”対策を自動化 SNSへの書き込みを解析するツールが充実

従業員のSNS投稿やユーザーの口コミが“ネット炎上”のきっかけとなることがある。ネット炎上が企業に及ぼす影響が大きくなる中、その対策を目的としたツールが充実しつつある。

/tt/news/1905/16/news06.jpg
メリットもあればリスクもある

メーカーや銀行などが作ったIT製品を選択する際に知っておきたいこと

非IT専門ベンダーが自社開発のソフトウェアを外販するようになった。このモデルにはメリットもあるがリスクもある。こうしたツールを利用する前に、知っておくべきことをまとめた。

4 月

/tt/news/1904/25/news05.jpg
ヒントは採用支援ツールにあった

「ブーメラン社員」のために、人事部門が退職支援ツールに求める機能とは

米国では、退職後に復職する従業員を「ブーメラン社員」と呼び、無視できない存在になっている。人事部門は退職プロセスを改善するために、手作業を自動化すること以上の価値をもたらすツールを求めている。

/tt/news/1904/16/news04.jpg
不正送金や支払先改ざんを引き起こす

RPAで深刻化、仕事の手順を勝手に変える「ビジネスプロセス詐欺」(BPC)とは?

企業の支払いフローを改ざんし不正送金させる「ビジネスプロセス詐欺」(BPC)のリスクが、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツールの普及とともに増加する恐れがある。具体的な対策は何だろうか。

/tt/news/1904/12/news02.jpg
リスク別セキュリティ製品ガイド

サイバーリスク対策を「未知と既知」「内部と外部」で分類 役立つ製品は?

企業を狙ったサイバー攻撃が後を絶たない。サイバーリスクを的確に把握して被害発生を防ぐために、「内部起因」「外部起因」、および「未知」「既知」の軸に沿ってサイバーリスクを分類し、それぞれの対策を考える。

/tt/news/1904/11/news06.jpg
新たなテクノロジーの渦へ

21世紀のCIOはますます「戦略の人」となる

CIO(最高情報責任者)には、自社事業の可能性を引き出すために新たなテクノロジーを探ることが求められる。本稿では、CIOに求められる新たな職務について考える。

/tt/news/1904/10/news03.jpg
クラウド勤怠管理システムの選び方

勤怠管理システムと人事・給与システムを連携させる際の意外な落とし穴

クラウド勤怠管理システムを導入するなら、人事・給与システムと連携させるのが自然だ。連携時には企業ごとの勤怠管理業務ルールの違いに注意する必要がある。自社に合った仕様を正しく見極めるヒントを紹介する。

/tt/news/1904/09/news10.jpg
自動化に向いているプロセスとは

「非効率なプロセスも自動化すべし」導入企業が語るRPA成功のためのヒント

RPAの導入効果を上げるには、導入計画の策定と、ビジネスに関係する複数の要素の調整が必要になる。成功につなげるRPA戦略を構築する方法について、botを導入した企業の経営幹部が語った。

/tt/news/1904/08/news02.jpg
2019年度のIT投資動向に関する調査レポート

2019年のIT投資、現状維持しつつもRPAやチャットbotに興味津々

TechTargetジャパン会員を対象に、「2019年度のIT投資動向に関する読者調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。

/tt/news/1904/07/news01.jpg
口座開設や接客を自動化

「RPA」を業務自動化に生かす大手銀行、導入が進まない地方銀行

銀行業界は、セキュリティ対策や顧客の口座開設プロセスの効率化にRPAツールを使い始めている。大手銀行とFinTech企業を中心にRPAツールの導入が進みつつあるが、地方銀行にとっては依然として障壁がある。

/tt/news/1904/03/news07.jpg
デジタル変革に直結するERPの技術動向と導入戦略

「ERPはアジャイル開発」が標準に? まだ枯れていない「ERP」のトレンド

ERPシステムは数十年前から存在しているが、技術開発の動向は停滞していない。デジタルトランスフォーメーションに取り組もうとしているなら無視はできないERPシステムのトレンドについて、専門家の予想を紹介する。

/tt/news/1904/02/news10.jpg
UIデザインの次の大きな波

Google Empathy Labのアプローチは“デザイン感覚” 共感型UIを追求する

Google Empathy Labの責任者であるダニエル・クレテック氏が、国際カンファレンス「Wisdom 2.0」で、UIデザインの次の大きな波について解説した。それは人々の痛みや幸福といった感情を感じる技術だ。

/tt/news/1904/01/news02.jpg
Panorama Consultingの「Clash of the Titans 2019」調査

ERP市場が激戦化:SAPが依然リードも、OracleとMicrosoftが追い上げ、Inforも台頭

ある調査によると、SAPは“ティア1”ERP市場をリードし続けているが、OracleとMicrosoftが追い上げを見せている。Inforも躍進しており、この市場では明らかにディスラプション(創造的破壊)が起こっている。

/tt/news/1904/01/news01.jpg
事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第17回】

「人の脆弱性」がセキュリティ最大のリスク どうやって「最悪の事態」を想定する?

どれだけシステムにセキュリティ対策を施しても、最後に残るのは「人の脆弱性」。全社員に「情報漏えいが起きたら大変なことになる」と意識付けるにはどうすればよいか――ポイントは「情報の洗い出し」です。

3 月

/tt/news/1903/29/news06.jpg
目に見える自動化と、目には見えない自動化の違い

人間、チャットbot、協働ロボットが共存する労働環境に必要な管理スキルとは

チャットbot、協働ロボット、人工知能(AI)が仕事に及ぼす影響、そしてデジタルな労働力が人間の職場に混在する環境には新たな管理スキルが求められる理由について、エキスパートに話を聞いた。

/tt/news/1903/28/news08.jpg
何がキャリアを脅かすのか

CIOが解雇される5大要因、自分の身を守るためにできることとは

CIOは自分のキャリアパスの守りを固めた方がいい。CIOが解雇される5つの理由、そしてそれを避ける方法について解説する。

/tt/news/1903/27/news13.jpg
オープンソース化するAI技術

Googleが機械学習の可能性を広げる「GPipe」をオープンソースに その影響は

GoogleでAIの研究開発を担うGoogle AIは、大規模な高精度ディープニューラルネットワーク構築用ライブラリ「GPipe」をオープンソースとして公開した。その意味するものとは。

/tt/news/1903/26/news08.jpg
Barclays Bankが試験導入

「IBM Q System One」が切り開く量子コンピュータの未来

いつの日か、量子コンピューティングは宇宙の謎を解き明かすかもしれない。量子コンピューティングを早期導入したBarclays Bankの前に今立ちはだかる最大の壁は、量子コンピュータで実行できる程度に問題をシンプルにすることだ。

/tt/news/1903/24/news01.jpg
単なるバズワードではない

「アイディエーション」とは? アイデアが生まれやすい環境を整えるツールの力

「アイディエーション」という言葉を、会議室関連テクノロジーのキャッチフレーズで耳にしたことがあるかもしれない。アイディエーションツールは、共同作業においてどのような役割を持つのだろうか。

/tt/news/1903/18/news04.jpg
複数社との取引が必要な場面も

ERP導入の成否を分ける「コンサルタント選び」で失敗しないコツは?

ERP導入プロジェクトを進めるに当たっては、コンサルタント選定の適否が失敗と成功の分かれ目になる可能性がある。どの専門家も口をそろえて「コンサルタントを賢く選ぶべきだ」という。

/tt/news/1903/16/news01.jpg
「仕事場でAR」が当たり前に?

エンタープライズにARを 「Microsoft HoloLens 2」登場

MicrosoftのARヘッドセット「HoloLens 2」が登場した。仕様が更新され、Microsoftのエンタープライズ向けクラウドサービスを組み込んだ新機能を搭載。IoT(モノのインターネット)への導入を支援するという。

/tt/news/1903/15/news06.jpg
コンテナ技術は成熟段階に

「運用自動化は当たり前」に? コンテナ、AIOps、CI/CDツールの新しいアプローチ

2019年は、コンテナオーケストレーション、AIOps、CI/CDといったツールを社内で毎日のように使うようになるかもしれない。専門家はこれらのデプロイツールに関してどのような展開を予想しているのだろうか。

/tt/news/1903/14/news01.jpg
見過ごされがちな「RPA導入の鍵」(後編)

「事業部門主導のRPA導入」に多い勘違い

事業部門はRPAによって業務を自動化したいと考える。だが、重要な点を勘違いしたまま導入しようとする。RPA導入を円滑に進め、メリットを最大化するには何が必要なのか。

/tt/news/1903/13/news05.jpg
高機能な製品は、現場のトレーニングで苦労する場合も

クラウドERP 10製品を徹底比較 辛口ユーザーが語るメリットとデメリット

ERP市場でしのぎを削るクラウドERPベンダーを調査すれば、自社に最適なソフトウェアを決定する複雑なプロセスがほんの少し楽になるだろう。代表的な10社のクラウドERP製品をレビューする。

/tt/news/1903/12/news05.jpg
従量制、階層性、定額制、フリーミアム……

SaaS ERPの複雑すぎるサブスクリプション、主要6パターンを理解しよう

SaaS ERPの登場によって、コストを抑えながら柔軟性と拡張性を獲得できると期待されている。だがそれを真の意味で実現するには、従量制やユーザー単位といった一般的な料金体系の仕組みを理解することが先決だ。

/tt/news/1903/11/news04.jpg
Accentureの最新技術レポート

CIOなら意識しないと恥をかく「ポストデジタル時代」5つのトレンド

最新の「Accenture Technology Vision」レポートはデジタル台帳(ブロックチェーン)、AI(人工知能)、拡張現実(AR)、量子コンピューティングを「CIO(最高情報責任者)にとって欠かせない新技術」と位置付けた。

/tt/news/1903/08/news07.jpg
増え続けるデータをどう扱えばいいのか

「ディザスタリカバリー(災害復旧)計画」を見直すべき4つの理由

技術面の進化によってディザスタリカバリー(災害復旧、DR)に関する一般的な負荷は軽減されてきたが、財源、セキュリティといった、より戦略的な面では、さらに見直しを図る必要がある。

/tt/news/1903/07/news06.jpg
単純作業から、複合的な作業の自動処理へ

次世代のRPA型bot「デジタルレイバー」「デジタルペルソナ」とは何か?

ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は、個々のタスクを自動化するものから、特定業務の仕事全体を自動化するものに進化し始めている。RPAベンダー大手Automation Anywhereが提供する「デジタルワーカー」がその一例だ。

/tt/news/1903/06/news01.jpg
見過ごされがちな「RPA導入の鍵」(前編)

事業部門を悩ませるRPAの導入障壁

事業部門がRPA(ロボティックプロセスオートメーション)による業務の自動化を企図したとき、ある壁が立ちはだかる。RPA推進の障壁とは何か。それを取り除くにはどうしたらいいのか。

2 月

/tt/news/1902/28/news04.jpg
経営戦略とセキュリティの方針の一致が鍵に

10人のCISOが語る「きっと話題になる10の課題」

CISOはデータ処理から人員対策まで、任せられる役割が増えつつある。本稿では、2019年にCISOが直面するであろう10の課題とその解決策について取り上げる。

/tt/news/1902/27/news07.jpg
最新ITの導入でビジネスに差をつける

幾つ知っている? 2019年に注目度アップする10のITトレンド

データセンターの小型化、サーバレスコンピューティング、デジタルダイバーシティーとは何だろう。2019年にIT運用の原動力となる10個のITトレンドと、こうしたトレンドが自社のビジネスをどのように変えるかを考える。

/tt/news/1902/27/news05.jpg
海外拠点のリスク管理・対策に有効

監査業務を効率化する「AI」「プロセスマイニング」「GRCツール」とは?

海外展開する日本企業に不足しているのが、テクノロジーを活用したリスク・コンプライアンス管理だ。グローバルガバナンスを構築するために、AI技術やデータ分析などのテクノロジーをどう役立てればよいだろうか。

/tt/news/1902/26/news09.jpg
LinkedInとIndeedの調査から見えること

リモートワークなどの柔軟な働き方を認めれば採用への応募が増加する?

ある調査結果によると、働く場所や時間を従業員自身が自由に決められるような柔軟な業務ポリシーがある企業ほど、求職者の支持を集める可能性がある。

/tt/news/1902/24/news01.jpg
次はクラウドゲーミング

ゲーム業界成功の裏でIoTが果たした役割 「Fortnite」が世界的にヒットしたのはなぜか

モノのインターネット(IoT)の仕組みを活用したことでゲーム業界に新たなトレンドが生まれ、業界が活性化した。IoTのどのような要素がゲーム業界を変化させたのだろうか。

/tt/news/1902/22/news08.jpg
ケースマネジメントによる業務改善について解説

RPA導入に失敗する企業がやりがちなこと

RPA型botはすぐに導入でき、それでいて営業利益の改善という結果を示すことができる。しかしRPAは、新しいタイプの顧客や需要に合わせて現行プロセスを見直すことが必要なときには適していない。

/tt/news/1902/22/news06.jpg
YouTubeやブログでも学べる

データサイエンティストを目指すなら知っておきたい学習方法

データサイエンスを学ぶ場所と機会は大学の外側にも広がっている。大規模公開オンライン講座(MOOC)やオンラインで公開しているドキュメントなどがあり、データサイエンティストとしてのスキルセット獲得に役立つ。

/tt/news/1902/20/news08.jpg
パーソナライズ広告の個人データ利用が争点に

なぜGoogleはGDPR違反で62億円の制裁金を科されたのか

Googleは大手企業として初めてGDPRの制裁を受け、罰金5700万ドルが科せられた。今回の制裁の理由とGoogleの今後について詳しく説明する。

/tt/news/1902/18/news07.jpg
6つの領域を調査

2018年のIT投資動向総括「企業がITインフラへの投資を止めることはない」

Synergyは2018年度のITインフラへの投資トレンド調査の結果を公開した。データセンターサーバ、ネットワークセキュリティ、ワイヤレスLANなど各分野の中で、一番投資された分野とは。

/tt/news/1902/18/news06.jpg
乱立する決済サービスをまとめる製品も

NFC非搭載スマホでもタッチ決済が可能に インサーが決済用SDカードを開発

インサーはキャッシュレス決済製品群を発表した。NFC規格に準拠していないスマートフォンでタッチ決済を可能にする製品と、複数の決済カードを登録可能なスマートフォン向けアプリケーションの2つだ。

/tt/news/1902/20/news02.jpg
クラウド勤怠管理システムの選び方

情シスが知っておきたい、人事のお仕事カレンダー

勤怠管理業務のシステム化プロジェクトは、人事や総務と情報システム部門が密に連携して進める必要がある。「人事部門の繁忙期」を知らずにいると、思わぬところでトラブルが起きかねない。

/tt/news/1902/14/news04.jpg
レガシーデータへの対処がポイント

ビジネス変革プロジェクトを成功させる 「短期的解決策」と「長期的解決策」

ビジネス変革には強固なデータ基盤が必要だ。本稿では、データ品質に関する問題の短期的解決策と、データ品質向上に向けた長期的アプローチの基礎を専門家が紹介する。

/tt/news/1902/12/news05.jpg
技術動向を的確に読みとる

教育から始めるAI活用 CIOはどのように従業員と会社を導くべきか

AI技術の活用を一任されたCIOは、まずはAI分野で起きている最新の情報を知るよう努めるべきだ。そして、IT部門のスタッフにも情報収集に関して同様の習慣を身に付けさせる必要がある。

/tt/news/1902/08/news11.jpg
「データを無駄にしない」がテーマ

2019年のBI/アナリティクスのトレンドは、AI、グラフDB、マルチクラウド

BIとアナリティクスの主要なトレンドとして、機械学習、マルチクラウド、グラフデータベースの台頭が挙げられる。これらは企業にどのような影響を与えるのか。

/tt/news/1902/08/news08.jpg
建設業界のCIOが語る

迫り来るデジタルディスラプター 企業が「最も取り組むべき施策」とは何か?

Arcadisの最高情報責任者(CIO)を務めるジャスティン・ライト氏に、建設業界に属する同社の顧客が立ち向かわなければならないデジタルディスラプターによる脅威と、それを支援するための同社の取り組みについて話を聞いた。

/tt/news/1902/07/news02.jpg
リンダ・ヒル氏のマネジメント論

「集合天才」を支えて環境を整える、それがイノベーションリーダーの役割だ

ハーバードビジネススクール教授のリンダ・ヒル氏は、イノベーションリーダーの役割とはステージセッター(環境整備者)であり、チームが天才性を発揮できるように支えることを自身の役割として認識することが必要だと説く。

/tt/news/1902/06/news04.jpg
Schneider ElectricやBoxなどに直撃

2019年に本気で取り組みたいITトピックは? 5人のCIOが新年の誓い

5人のCIOに、ITに関する2019年の誓いを紹介してもらった。野心は限りなく大きい。RPAやAIなど、センシティブなデータの処理やビジネスの拡張につながるプロジェクトが挙がっている。

/tt/news/1902/03/news01.jpg
管理職も技術職も、人生の選択に悩む

技術職もいつかは管理職になるべきなのか? 後悔しないキャリアの選び方

熟練の技術者が管理職になるケースもあれば、技術系のキャリアを貫くケースもある。しかし誰しも、本当にこの選択が正しかったのか迷う日が来るだろう。本稿では、技術職から管理職に転身した筆者が「管理職の実情」を解き明かす。

1 月

/tt/news/1901/30/news09.jpg
SAPが提案する「これからの企業のあるべき姿」

SAPの「インテリジェントエンタープライズ」は何を目指す ERP専門家の見解は

SAPに関して顧客が注目すべきこれからのトレンドについて、業界の専門家5人が解説する。SAPが新しい年に向かうべき方向について、歯に衣(きぬ)着せぬ発言もあった。

/tt/news/1901/28/news07.jpg
富士キメラ総研の国内IT市場調査

「スクラッチ開発」は時代遅れ? 「クラウド」「パッケージ」へ移行進む

富士キメラ総研の調査・分析によると、2019年度のIT市場はクラウドとパッケージ形態の需要が増加する見込み。ソフトウェア売上額については、業種特化型製品の売り上げが全体の8割に上ると予測する。

/tt/news/1901/25/news09.jpg
音声、UX、クラウドなども動向も確認

2019年、CIOの要注目トレンドはEverything as Code(EaC)、そしてAI

最高情報責任者(CIO)は、顧客のため、従業員のため、会社のために、最上級のユーザーエクスペリエンスを提供すべくその役割を遂行しなければならない。

/tt/news/1901/25/news08.jpg
エンドユーザーはどんな基準で選んでいる?

セルフサービスBIのサブスクリプション料金モデルに変化が起きている

セルフサービスBIツールが広く利用されるに伴い、サブスクリプションの料金モデルにも変化が起きている。例えば、クラウドやグループのデータ使用状況、データの共有方法に応じた選択肢が登場している。

/tt/news/1901/24/news11.jpg
痕跡の確保から復旧まで

ランサムウェア被害対策ガイドラインはどのように更新すべきか

ランサムウェア攻撃の増加により、ランサムウェア対策ガイドラインを最新のバージョンにする必要性が出てきた。ガイドラインはどのような要素を取り入れて更新すべきだろうか。

/tt/news/1901/23/news07.jpg
レガシーデータを自動で整理

低品質データのクレンジングにRPA型botを投入すべき理由

データのクリーニングに問題はないだろうか。本稿では現在データを取り巻く状況を明らかにする。ビジネスプロセス改善の専門家とそのチームによる、データクレンジングにRPA型botを使う実験も紹介する。

/tt/news/1901/21/news05.jpg
AWSやMicrosoftの戦略から見えるもの

AIフィーバーはまだ冷めない 次はどの分野でAIが活躍するか?

2019年は人工知能(AI)技術にとって大きな年になりそうだ。仮想アシスタントの普及や、活発なベンチャーキャピタル投資といったトレンドが続き、新たな流れも生まれるからだ。

/tt/news/1901/18/news07.jpg
Google StackdriverやAWS CodeDeployはどう役に立つのか

DevOpsを実現する4つのAと最新サービス管理ツール

クラウド時代のITサービス提供プロセスでは、DevOpsという言葉が頻繁に使われる。DevOpsを実践し、最新の要件に合わせたサービス管理に必要な「4つのA」とツールとは

/tt/news/1901/18/news06.jpg
クラウド移行の先に何があるのか

2019年のクラウド市場5大動向 マルチクラウドが常態化する新時代が幕開け

マルチクラウドの急速な普及、企業のクラウド移行戦略の変更などが新たに注目されている。2019年のクラウドコンピューティングの動向について専門家に予想を聞いた。

/tt/news/1901/17/news03.jpg
「採用はAIに任せる時代」は誇大広告か

「人事の自動化」6大トレンド 人事業務はbotやAIにどこまで置き換わるのか

価格の低下や技術の向上が後押しとなり、人事の業務に自動化技術を採用するシーンが増えている。ソフトウェアbotやチャットbotがどのように活用され、人事の働き方はどのように変化しているのか。

/tt/news/1901/17/news02.jpg
Blue Prism、UiPath、Automation Anywhere

RPAの大手3社と新興企業を使い分けるマルチベンダーRPA その背景は

複数ベンダーのRPAソフトウェアを導入する企業が増えている。用途に応じてRPAソフトウェアを使いわけるFaureciaのユースケースを基に、その理由を探る。

/tt/news/1901/15/news09.jpg
企業のデジタル化の要はIT部門

頼りにされるが扱いは軽い 時代遅れのCIOからどう脱却する?

最高情報責任者(CIO)の過半数は、社内のITの事務管理を中心にする「頼りになるオペレーター」状態から抜け出せていない。企業のデジタル化を進めるには、CIOが自身の役割を変えなければならない。

/tt/news/1901/14/news01.jpg
ユーザーニーズと業務環境のズレ

働き方をモバイル中心へ変える「デスクトップトランスフォーメーション」注目の訳

最新の業務環境では、働く上でのデバイスを限定しないことが重要になっている。IT部門は、デスクトップ環境を中心とした管理手法から脱却し、最新のユーザーニーズに合わせて業務環境を進化させなければならない。

/tt/news/1901/11/news11.jpg
従業員の集中力を乱すものの正体とは?

オフィススイートでどうやって生産性を上げるのか 2019年に注目したいトレンド

従業員の生産性向上につながる製品や技術は、今後も引き続き注目すべきテーマだ。専門家3人に、これに関する2019年の予想を聞いた。

/tt/news/1901/09/news04.jpg
人事担当者が語る、成功する採用戦略

優秀な人材を獲得する 採用マーケティングを高める6つのポイント

求職者が主導する売り手市場では、最高の人材の獲得は困難を極める。人材獲得競争に勝つための、採用マーケティング戦略の6つのポイントを説明する。

/tt/news/1901/08/news05.jpg
社内と社外のコミュニケーションを包括する方向性

「コミュニケーションツールは1社にまとめたい」 だから2019年UC市場はこう変わる

企業内のコミュニケーションニーズを1つでまかなえる製品を求めるユーザー企業が少なくない。ユニファイドコミュニケーション(UC)ベンダーは買収策やAPI開発といったアプローチを選んでいるようだ。