過去記事一覧 (2019 年)

2 月

/tt/news/1902/14/news04.jpg
レガシーデータへの対処がポイント

ビジネス変革プロジェクトを成功させる 「短期的解決策」と「長期的解決策」

ビジネス変革には強固なデータ基盤が必要だ。本稿では、データ品質に関する問題の短期的解決策と、データ品質向上に向けた長期的アプローチの基礎を専門家が紹介する。

/tt/news/1902/12/news05.jpg
技術動向を的確に読みとる

教育から始めるAI活用 CIOはどのように従業員と会社を導くべきか

AI技術の活用を一任されたCIOは、まずはAI分野で起きている最新の情報を知るよう努めるべきだ。そして、IT部門のスタッフにも情報収集に関して同様の習慣を身に付けさせる必要がある。

/tt/news/1902/08/news11.jpg
「データを無駄にしない」がテーマ

2019年のBI/アナリティクスのトレンドは、AI、グラフDB、マルチクラウド

BIとアナリティクスの主要なトレンドとして、機械学習、マルチクラウド、グラフデータベースの台頭が挙げられる。これらは企業にどのような影響を与えるのか。

/tt/news/1902/08/news08.jpg
建設業界のCIOが語る

迫り来るデジタルディスラプター 企業が「最も取り組むべき施策」とは何か?

Arcadisの最高情報責任者(CIO)を務めるジャスティン・ライト氏に、建設業界に属する同社の顧客が立ち向かわなければならないデジタルディスラプターによる脅威と、それを支援するための同社の取り組みについて話を聞いた。

/tt/news/1902/07/news02.jpg
リンダ・ヒル氏のマネジメント論

「集合天才」を支えて環境を整える、それがイノベーションリーダーの役割だ

ハーバードビジネススクール教授のリンダ・ヒル氏は、イノベーションリーダーの役割とはステージセッター(環境整備者)であり、チームが天才性を発揮できるように支えることを自身の役割として認識することが必要だと説く。

/tt/news/1902/06/news04.jpg
Schneider ElectricやBoxなどに直撃

2019年に本気で取り組みたいITトピックは? 5人のCIOが新年の誓い

5人のCIOに、ITに関する2019年の誓いを紹介してもらった。野心は限りなく大きい。RPAやAIなど、センシティブなデータの処理やビジネスの拡張につながるプロジェクトが挙がっている。

/tt/news/1902/03/news01.jpg
管理職も技術職も、人生の選択に悩む

技術職もいつかは管理職になるべきなのか? 後悔しないキャリアの選び方

熟練の技術者が管理職になるケースもあれば、技術系のキャリアを貫くケースもある。しかし誰しも、本当にこの選択が正しかったのか迷う日が来るだろう。本稿では、技術職から管理職に転身した筆者が「管理職の実情」を解き明かす。

1 月

/tt/news/1901/30/news09.jpg
SAPが提案する「これからの企業のあるべき姿」

SAPの「インテリジェントエンタープライズ」は何を目指す ERP専門家の見解は

SAPに関して顧客が注目すべきこれからのトレンドについて、業界の専門家5人が解説する。SAPが新しい年に向かうべき方向について、歯に衣(きぬ)着せぬ発言もあった。

/tt/news/1901/28/news07.jpg
富士キメラ総研の国内IT市場調査

「スクラッチ開発」は時代遅れ? 「クラウド」「パッケージ」へ移行進む

富士キメラ総研の調査・分析によると、2019年度のIT市場はクラウドとパッケージ形態の需要が増加する見込み。ソフトウェア売上額については、業種特化型製品の売り上げが全体の8割に上ると予測する。

/tt/news/1901/25/news09.jpg
音声、UX、クラウドなども動向も確認

2019年、CIOの要注目トレンドはEverything as Code(EaC)、そしてAI

最高情報責任者(CIO)は、顧客のため、従業員のため、会社のために、最上級のユーザーエクスペリエンスを提供すべくその役割を遂行しなければならない。

/tt/news/1901/25/news08.jpg
エンドユーザーはどんな基準で選んでいる?

セルフサービスBIのサブスクリプション料金モデルに変化が起きている

セルフサービスBIツールが広く利用されるに伴い、サブスクリプションの料金モデルにも変化が起きている。例えば、クラウドやグループのデータ使用状況、データの共有方法に応じた選択肢が登場している。

/tt/news/1901/24/news11.jpg
痕跡の確保から復旧まで

ランサムウェア被害対策ガイドラインはどのように更新すべきか

ランサムウェア攻撃の増加により、ランサムウェア対策ガイドラインを最新のバージョンにする必要性が出てきた。ガイドラインはどのような要素を取り入れて更新すべきだろうか。

/tt/news/1901/23/news07.jpg
レガシーデータを自動で整理

低品質データのクレンジングにRPA型botを投入すべき理由

データのクリーニングに問題はないだろうか。本稿では現在データを取り巻く状況を明らかにする。ビジネスプロセス改善の専門家とそのチームによる、データクレンジングにRPA型botを使う実験も紹介する。

/tt/news/1901/21/news05.jpg
AWSやMicrosoftの戦略から見えるもの

AIフィーバーはまだ冷めない 次はどの分野でAIが活躍するか?

2019年は人工知能(AI)技術にとって大きな年になりそうだ。仮想アシスタントの普及や、活発なベンチャーキャピタル投資といったトレンドが続き、新たな流れも生まれるからだ。

/tt/news/1901/18/news07.jpg
Google StackdriverやAWS CodeDeployはどう役に立つのか

DevOpsを実現する4つのAと最新サービス管理ツール

クラウド時代のITサービス提供プロセスでは、DevOpsという言葉が頻繁に使われる。DevOpsを実践し、最新の要件に合わせたサービス管理に必要な「4つのA」とツールとは

/tt/news/1901/18/news06.jpg
クラウド移行の先に何があるのか

2019年のクラウド市場5大動向 マルチクラウドが常態化する新時代が幕開け

マルチクラウドの急速な普及、企業のクラウド移行戦略の変更などが新たに注目されている。2019年のクラウドコンピューティングの動向について専門家に予想を聞いた。

/tt/news/1901/17/news03.jpg
「採用はAIに任せる時代」は誇大広告か

「人事の自動化」6大トレンド 人事業務はbotやAIにどこまで置き換わるのか

価格の低下や技術の向上が後押しとなり、人事の業務に自動化技術を採用するシーンが増えている。ソフトウェアbotやチャットbotがどのように活用され、人事の働き方はどのように変化しているのか。

/tt/news/1901/17/news02.jpg
Blue Prism、UiPath、Automation Anywhere

RPAの大手3社と新興企業を使い分けるマルチベンダーRPA その背景は

複数ベンダーのRPAソフトウェアを導入する企業が増えている。用途に応じてRPAソフトウェアを使いわけるFaureciaのユースケースを基に、その理由を探る。

/tt/news/1901/15/news09.jpg
企業のデジタル化の要はIT部門

頼りにされるが扱いは軽い 時代遅れのCIOからどう脱却する?

最高情報責任者(CIO)の過半数は、社内のITの事務管理を中心にする「頼りになるオペレーター」状態から抜け出せていない。企業のデジタル化を進めるには、CIOが自身の役割を変えなければならない。

/tt/news/1901/14/news01.jpg
ユーザーニーズと業務環境のズレ

働き方をモバイル中心へ変える「デスクトップトランスフォーメーション」注目の訳

最新の業務環境では、働く上でのデバイスを限定しないことが重要になっている。IT部門は、デスクトップ環境を中心とした管理手法から脱却し、最新のユーザーニーズに合わせて業務環境を進化させなければならない。

/tt/news/1901/11/news11.jpg
従業員の集中力を乱すものの正体とは?

オフィススイートでどうやって生産性を上げるのか 2019年に注目したいトレンド

従業員の生産性向上につながる製品や技術は、今後も引き続き注目すべきテーマだ。専門家3人に、これに関する2019年の予想を聞いた。

/tt/news/1901/09/news04.jpg
人事担当者が語る、成功する採用戦略

優秀な人材を獲得する 採用マーケティングを高める6つのポイント

求職者が主導する売り手市場では、最高の人材の獲得は困難を極める。人材獲得競争に勝つための、採用マーケティング戦略の6つのポイントを説明する。

/tt/news/1901/08/news05.jpg
社内と社外のコミュニケーションを包括する方向性

「コミュニケーションツールは1社にまとめたい」 だから2019年UC市場はこう変わる

企業内のコミュニケーションニーズを1つでまかなえる製品を求めるユーザー企業が少なくない。ユニファイドコミュニケーション(UC)ベンダーは買収策やAPI開発といったアプローチを選んでいるようだ。