過去記事一覧 (2022 年)

7 月

/tt/news/2207/07/news02.jpg
ITを使って「顧客忠誠度」を高める【後編】

愛され続ける企業が「良い商品を作る」よりも重視する“単純なこと”

顧客との良い関係性を築くために重要なのは、「顧客にとって価値のある企業」であり続けることだ。価値ある存在であり続け、顧客の再来を目指すために企業ができることは。

6 月

/tt/news/2206/30/news04.jpg
ITを使って「顧客忠誠度」を高める【中編】

Salesforce、Microsoftも注力 顧客の“リピートしたい気持ち”を育むツールとは?

顧客忠誠度を高め、顧客のリピート率を向上させるために役立つ施策やツールは幾つかある。その中から「顧客行動の分析」「顧客フィードバックの活用」「忠誠度プログラム」を紹介する。

/tt/news/2206/30/news02.jpg
コロナ禍のIT活用促進術【第3回】

はやり物が大嫌いなITリーダーこそ「メタバース」を追うべき理由

話題になったはずのITが一時的な流行で終わり、廃れることは珍しくない。それでも“はやりのIT”を注視することには意味がある。「ミーハーになれ」ということではない。これは「心構え」の問題だ。

/tt/news/2206/30/news10.jpg
拡張分析がもたらす「BI改革」【前編】

「BIは難しい」はもう古い BI民主化を急加速させた“あの技術”とは?

企業はビジネスインテリジェンス(BI)を活用することでさまざまな洞察を得て、ビジネスの改善に役立てることができる。最近のBIツールは「使いやすさ」が売りだ。BIの“民主化”を促しているのは何か。

/tt/news/2206/29/news08.jpg
Teslaの「テレワーク廃止」宣言が求人に及ぼす影響は【前編】

マスク氏「テレワーク禁止令」衝撃の中身 週40時間出社しない社員は……

TeslaのCEOイーロン・マスク氏は従業員に対して、今後はテレワークを認めない方針を示した。自社Webサイトのキャリアページに掲載していたテレワーク求人も現在はなくなっている。決断の影響は。

/tt/news/2206/29/news01.jpg
「信頼せよ、されど確かめよ」の理念に基づく生産性モニタリング【第5回】

“無駄な会議”を見える化する「生産性モニタリングツール」とは?

生産性モニタリングツールは、従業員個人だけでなく組織の働き方に関するデータも収集する。「無駄な会議がある」「火〜木曜日は生産性が高い」といった洞察が得られれば、大胆な組織改革に役立つ可能性がある。

/tt/news/2206/28/news15.jpg
「データドリブン経営」の時代にIT部門が担う役割【第1回】

「データドリブン時代の勝ち組IT担当者」が外さない“あのスキル”とは?

データ主導のビジネスを実現するためにIT部門の力は不可欠だが、ITインフラの運用管理スキルだけでは太刀打ちできない可能性がある。IT部門が「データドリブン経営」に貢献するのに必要なスキルとは。

/tt/news/2206/27/news05.jpg
「セキュリティ意識向上研修」の効果を高める方法【第2回】

毎年やっても意味がない? 「セキュリティ研修」を無駄にする“あの慣習”

「年に1度、必ずセキュリティ研修を実施する」。こうした取り組みはセキュリティを向上させる上で効果がありそうだが、実はある“欠陥”があると専門家は語る。それは何なのか。

/tt/news/2206/23/news10.jpg
ITを使って「顧客忠誠度」を高める【前編】

新規開拓より高コスパ リピーターを賢く増やす「顧客忠誠度」の高め方

リピート顧客は新規顧客に比べて販売コストが低く、売上高が予測しやすい。顧客の再来を促すには、企業やブランドへの愛着や忠誠心を示す「顧客忠誠度」を高めることが重要だ。そのためには何ができるのか。

/tt/news/2206/23/news08.jpg
コロナ禍のIT活用促進術【第2回】

人の仕事を奪いたくないITリーダーこそ「自動化」を生かせる“納得の理由”

自動化は人の仕事を奪うのではないか――。こうした不安は杞憂とは言い切れないものの、「人を生かす」ことを突き詰めると、むしろ自動化が合理的な手段であることが分かる。それはどういうことなのか。

/tt/news/2206/22/news02.jpg
「信頼せよ、されど確かめよ」の理念に基づく生産性モニタリング【第4回】

週4日勤務に踏み切ったソフト開発会社が「会議」を減らした“納得の理由”

ソフトウェア開発会社Blackthorn.ioは新たな勤務形態として、給与は変えずに1日9時間、月曜から木曜の週4日勤務制に移行した。この変化に伴い、同社の従業員はどのように働き方を変えたのか。

/tt/news/2206/22/news01.jpg
FUJIFILM Business Innovation Asia Pacific女性CIOの挑戦【後編】

男性中心の組織で“ガラスの天井”を突破した女性CIOが守り続ける「信念」

FUJIFILM Business Innovation Asia PacificのCIOとしてDXの取り組みをけん引するヘンリエッタ・ヨウ氏は、自身のキャリアを通じて「あること」を重視し続けているという。それは何なのか。

/tt/news/2206/21/news05.jpg
Amazonの騒動から学ぶ「従業員の本音を知る方法」【後編】

企業は本当に“従業員監視”をしたがっているのか? 監視以外で本音を知る方法

従業員の考え、本音を知るために従業員監視ツールは役立つのだろうか。こうしたツールを使わずに従業員の本音を知る方法はあるのだろうか。こうした疑問に対する答えを探る。

/tt/news/2206/20/news17.jpg
「セキュリティ意識向上研修」の効果を高める方法【第1回】

「情報漏えいを引き起こす内部関係者」の半数以上は“あんな人”

Proofpointが発表した調査レポートによると、内部関係者に起因するデータ侵害の頻度が高まっている。その半数以上は内部関係者の“ある行動”によって引き起こされている。その行動と対策とは。

/tt/news/2206/16/news04.jpg
コロナ禍のIT活用促進術【第1回】

予算不足を嘆くITリーダーこそ「ITエバンジェリスト」になるべき理由

新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって、ビジネスをとりまく環境が一変した後の社会では、ITリーダーが「社内向けエバンジェリスト」を担うべきだという考えがある。その理由は何か。

/tt/news/2206/15/news01.jpg
「信頼せよ、されど確かめよ」の理念に基づく生産性モニタリング【第3回】

「週休2日・9時5時勤務」は本当の本当に生産的なのか?

企業も従業員も当たり前のこととして受け入れてきた勤務形態は、本当に生産性の向上をもたらすのだろうか。働き方の変化は、勤務形態の「これまでの常識」に再考を促す。

/tt/news/2206/15/news05.jpg
メリットは全く異なる

ローコードツールとノーコードツールを区別すべき納得の理由

ローコードツール/ノーコードツールは同じではない。目的もメリットも異なる。両者を単に「開発の効率化」に寄与するツールであると考えるべきではない。

/tt/news/2206/15/news10.jpg
「感情分析AI」の倫理的問題【前編】

Zoom「感情分析AI」に人権団体が抗議 何を心配しているのか?

複数の人権保護団体が、Zoom Video Communicationsに対して「感情を分析するAI技術」の研究中止を求めて共同書簡を提出した。どのような懸念があるのか。

/tt/news/2206/14/news07.jpg
Amazonの騒動から学ぶ「従業員の本音を知る方法」【前編】

Amazonが“従業員監視”を計画か その意図は? 法的な問題は?

Amazon.comから流出した内部文書の内容が物議を醸している。同社は業務監視ツールを導入し、従業員同士のやりとりで特定のワードをブロックしようとしているという内容だ。同社の意図とは。

/tt/news/2206/13/news06.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

GoogleがセキュリティベンダーMandiantを巨額買収 その狙いは?

GoogleはセキュリティベンダーのMandiant買収を発表した。MandiantがFireEyeと分離してから、1年も経たないうちの買収となる。GoogleとMandiantの狙いは何か。

/tt/news/2206/10/news07.jpg
Web会議は創造性を損ねるのか【後編】

「Web会議はアイデアを殺す」は本当か? 対面会議は常に“正解”か?

科学誌『Nature』が掲載したある論文は、Web会議は対面会議と比べて新しいアイデアを創造しにくいと指摘する。ただし論文著者は「結論を出すのは慎重になるべきだ」と説く。専門家の見解は。

/tt/news/2206/09/news06.jpg
4要素で分類 事業存続を左右するビジネスリスク【後編】

「技術」リスクの軽視が“壊滅的な被害”を招く?

事業の基盤となる4つの要素からリスクを把握することで、企業を取り巻くリスクの全容やその関係性の把握に役立つ。本稿は、技術と設備の面から見たリスクを解説する。

/tt/news/2206/08/news05.jpg
「信頼せよ、されど確かめよ」の理念に基づく生産性モニタリング【第2回】

アパレル会社が“従業員監視”で分かった「サボり社員」よりも深刻な事実

服飾メーカーFAM Brandsは生産性モニタリングツールを一部の部署に試験導入。テレワークで生産性を維持できていることを確認したという。その結果、同社の人事戦略にどのような変化があったのか。

/tt/news/2206/07/news01.jpg
ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第5回】

ネットワーク管理者の「採用ミスマッチ」を防ぐための面接質問回答例

採用のミスマッチは誰も幸せにしない。これを防ぐためには採用担当者と求職者が「企業が今後何に重点を置いて事業を進めるのか」を理解する必要がある。求職者が面接で聞くべきこと、面接官が答えるべきことは何か。

/tt/news/2206/04/news01.jpg
Web会議は創造性を損ねるのか【前編】

調査が示した「Web会議では良いアイデアが出ない」という事実

科学誌『Nature』に発表された研究結果によれば、Web会議のブレーンストーミングでは、対面会議と比べて新しいアイデアが生まれにくい。企業はこの事実をどう受け止めるべきか。

/tt/news/2206/02/news01.jpg
人材多様性を高める求人票「4つのヒント」【第3回】

「あるとよい」要件ばかりの“てんこ盛り求人票”はなぜ駄目か

多様な求職者に応募してもらうために企業がやりがちな悪手は、必須ではないスキルを“念のため”求人票に書いてしまうことだ。求人票に記載する職務要件を最小限に絞り込むことは、なぜ重要なのか。

/tt/news/2206/02/news08.jpg
4要素で分類 事業存続を左右するビジネスリスク 【前編】

“売れない製品”を生む判断ミスの元凶「人材」リスクとは?

リスクマネジメントをする際にビジネスの基盤となる4つの要素に焦点を当てると、項目の洗い出しや関係性の把握をスムーズにし、影響を軽減する可能性がある。各要素に該当するリスクとは何なのか。

/tt/news/2205/16/news03.jpg
「電子取引データ保存の義務化」に向けた準備と運用【第1回】

2022年改正電子帳簿保存法を改正前と比較、「4つの変化」とインパクト

2022年1月施行の「電子帳簿保存法」改正の要点を、4つのポイントに注目して解説する。電子取引のデータ保存義務化は2年間の宥恕措置が付いたが、対処の必要がなくなったわけではない。実務への影響範囲は。

/tt/news/2206/01/news14.jpg
「信頼せよ、されど確かめよ」の理念に基づく生産性モニタリング【第1回】

「テレワークは生産性を高める」とアパレル会社が断言 根拠は“従業員監視”

一部の企業ではテレワークや週休3日制など、さまざまな働き方を認め始めている。こうした中、従業員の生産性を計測する動きが加速している。ある服飾メーカーの事例を追う。

5 月

/tt/news/2205/31/news04.jpg
Gartnerに聞くパンデミック後の人事部門【後編】

離職率の高い会社は研修にお金を出さなくなる? Gartnerに聞くその理由

COVID-19のパンデミック後の世界では、人事部門が研修や人材開発ツールにかける費用が減る可能性がある――Gartnerの人事調査責任者がこう考える理由と、企業が今後人事関連ツールに求める要素は何か。

/tt/news/2205/31/news02.jpg
ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第4回】

入社前に知りたい「人事評価の仕方」や「仕事の進め方」 採用面接でどう聞くか

転職活動の際、求職者は「人事評価の仕方」や「仕事の進め方」を知りたいと考えるだろう。求職者は採用面接でどのように聞けばよいのか。企業側の回答例とともに紹介する。

/tt/news/2205/30/news01.jpg
人材採用に潜むリスク【後編】

適切な人材を得るための上手な身元調査、監視システム、「密告」制度

不適切な人材を排除するためには複数の手段を組み合わせる必要がある。だがやり方を間違えると士気の低下や不信感のまん延につながる。

/tt/news/2205/30/news07.jpg
ウクライナのEdTech企業に学ぶ有事の事業継続方法【後編】

戦争はビジネスを殺せない――ウクライナEdTech企業がそう言い切る理由

戦時下においても事業を継続しているEdTech企業が、ウクライナのKeikiだ。同社のIT幹部は「戦争は技術的な面では事業に影響しなかった」と語る。その理由は何か。

/tt/news/2205/30/news06.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

HPがビデオ会議のPolyを買収 “ハイブリッドワークの主役”になれるのか?

HPは、ビデオ会議システムを手掛けるPolyを買収する。テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」が注目を浴びる中、HPはPoly買収で何を目指すのか。

/tt/news/2205/26/news03.jpg
人材多様性を高める求人票「4つのヒント」【第2回】

「エキスパート求む」と求人票に書いても“真のエキスパート”を雇えない理由

求人票は、“未来の従業員”との最初の接点だ。職場に人材の多様性を持たせたいと考えていても、求人票に“ある言葉”を使うことで意図せず一部の人材を遠ざけてしまう可能性がある。気を付けるべき表現とは。

/tt/news/2205/26/news02.jpg
世界7カ国「ハイブリッドワーク」実態調査【後編】

若者の7割が「初出社を考えると夜も眠れない」 オフィス回帰をどう進めるか

コロナ禍に伴うテレワークが長期化して、オフィス回帰を切望する従業員がいる。一方で、入社後はテレワークしかしておらず、初めての出社を不安に思う新人もいる。今後、オフィス回帰を進める上で留意すべき点は。

/tt/news/2205/25/news07.jpg
FUJIFILM Business Innovation Asia Pacific女性CIOの挑戦【前編】

旧富士ゼロックス系の女性プログラマーが「DX」を主導するCIOになるまで

FUJIFILM Business Innovation Asia PacificのCIOであるヘンリエッタ・ヨウ氏は、自身のキャリアを通じて「人とのつながりを大切にした経営」を重視している。同氏がDX推進プロジェクトを通じて達成したことは。

/tt/news/2205/25/news02.jpg
従業員の身元調査にまつわる是非【後編】

米国の事例に見る、従業員の「犯罪歴」や「SNSの発言」を継続調査することの是非

企業や事業内容によっては、従業員の採用後にも継続的な身元調査をする場合がある。企業は「犯罪歴」や「ソーシャルメディアの発言」などを継続調査する意義をどのように捉えているのか。米国の事例を紹介する。

/tt/news/2205/25/news04.jpg
RPA成功事例

年2.7億円のコスト削減を実現するRPA戦略の作り方

RPA導入に失敗する企業もある一方で、多くの従業員に歓迎され、コストダウンに成功する企業もある。成功企業の事例をぜひ参考にしてほしい。そこには他社でもマネできる何かがあるはずだ。

/tt/news/2205/25/news01.jpg
バーチャルイベントツールが「一味足りない」理由【後編】

バーチャルイベントツールが「生のイベントには程遠い」と感じる理由は?

バーチャルイベントツールは、イベントの臨場感を再現する多彩な機能が特徴だ。そのために全体的な使い勝手が複雑化している欠点もある。改善に向けた業界動向を探る。

/tt/news/2205/24/news07.jpg
Gartnerに聞くパンデミック後の人事部門【前編】

“コロナ離職”はパンデミック後も終わらない――Gartnerが言い切る理由

調査会社Gartnerの人事調査責任者は、パンデミックに由来する高い離職率は今後も続くと考えている。その理由と企業にできる対策を聞いた。

/tt/news/2205/24/news03.jpg
ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第3回】

ネットワーク管理者が採用面接で技術力と協働力をアピールできる答え方

ネットワーク管理の採用で企業がまず把握したいと考えるのは、求職者の「技術力」と「コミュニケーション能力」だ。こうした能力を測るために企業がすべき質問と、質問を受けた求職者が答えるべき内容を紹介する。

/tt/news/2205/24/news02.jpg
いざというときの火災対策マニュアル【後編】

ガスなら人もサーバも生き残る? データセンター火災の“消火と復旧”

データセンター火災が発生した場合の消火手段としては、水とガスの2種類がある。それぞれ何が違うのか。火災からの復旧に備えて、消火手段の特性を知っておくことが欠かせない。

/tt/news/2205/23/news03.jpg
人材採用に潜むリスク【前編】

「雇用した専門家が素人だった件」が発生する事情、虚偽を見抜く方法

SAP製品の経験者を採用したら実は素人だったという。人材市場の変化がこうした悲劇を助長している。オンライン面接が増える中、応募者の虚偽を見抜くにはどうすればいいのか。

/tt/news/2205/20/news02.jpg
ITを防衛に生かす英国【後編】

英国防省が「データ」を重視する“真の目的”とは?

英国は電子戦の戦力増強を進める一方で、意志決定へのデータ活用を積極的に進めようとしている。その狙いは何なのか。

/tt/news/2205/19/news08.jpg
人材多様性を高める求人票「4つのヒント」【第1回】

求人票で“ロックスター”を募集してはいけない納得の理由

求人を通じて人材の多様性を実現したい――。そう考える採用担当者にとって重要なのが、求人票の作成だ。求人票に盛り込んだ内容が、多様性の実現を遠ざけてしまう可能性があるという。どういうことなのか。

/tt/news/2205/19/news04.jpg
世界7カ国「ハイブリッドワーク」実態調査【中編】

「ハイブリッドワーク」に疲れや孤独を感じる従業員 企業に何ができるか

従業員にとってのメリットばかりが語られがちな「ハイブリッドワーク」だが、デメリットを感じる従業員もいる。こうした不満に対して、企業が支援できることは。調査結果を元に考察する。

/tt/news/2205/17/news01.jpg
IT部門の働き方改革

IT部門が週4日(週休3日)制労働を手に入れる方法

サイバー攻撃に休みはない。むしろ休日が狙われることもある。だが燃え尽き症候群を防ぐには、IT部門にも休日が必要だ。IT部門が安心して休めるようにするにはどうすればいいのか。

/tt/news/2205/17/news12.jpg
ウクライナのEdTech企業に学ぶ有事の事業継続方法【前編】

戦渦で従業員が疎開――ウクライナのEdTech企業は事業をどう継続したか

ウクライナのEdTechベンダーKeikiは、ロシアによる侵攻の戦渦の中でも事業を継続している。従業員が疎開する中で、どのように業務を進めているのか。

/tt/news/2205/17/news07.jpg
ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第2回】

「有能なネットワーク管理者に最も重要なスキル」を採用面接で問われたら何と答えるか

ネットワーク管理者の採用面接で「有能なネットワーク管理者に最も重要なスキル」を聞かれたら何と答えればよいのか。答えるためにできる準備の方法と共に紹介する。

/tt/news/2205/16/news08.jpg
ウクライナIT企業の「経済的存続」を懸けた戦い【後編】

PC以外はクラウドへ 戦渦のウクライナでIT企業が実践する「事業継続計画」とは

ロシアのウクライナ侵攻が続く中、業務を継続しているウクライナのIT企業は、どのような事業継続計画を用意していたのか。SoftjournとDataArt Solutionsの事例を紹介する。

/tt/news/2205/13/news09.jpg
世界7カ国「ハイブリッドワーク」実態調査【前編】

調査が示す「テレワークとオフィスワークの共存がこれからも続く理由」

「ハイブリッドワーク」は今後も続く――Web会議デバイスベンダーが世界7カ国のハイブリッドワーカーを対象とした調査でこのような結論を出した。テレワークとオフィスワークの組み合わせが支持される理由は。

/tt/news/2205/12/news03.jpg
1位の「給与」は簡単に上げられない

ITワーカーを引き留めるカギは「転職理由」2位と3位の解決にあり

約70%のITワーカーが転職を考えている。その理由の1位である「給与」を上げるのは容易ではない。だが理由の2位と3位を改善すればITワーカーを引き留めるチャンスがある。

/tt/news/2205/12/news06.jpg
IT製品の宣伝文句を見極める3つのポイント【第4回】

「新技術の宣伝文句はどうせ盛っている」と考える企業がチャンスを逃す理由

新技術の宣伝文句には美辞麗句が並びがちだ。経歴の長いIT担当者の中には、あえて冷静に捉えようと考える人もいる。だが初めから「新技術は自社には関係ない」と考えるとチャンスを逃す可能性がある。

/tt/news/2205/12/news04.jpg
混乱の時代を乗り切るためのサプライチェーン改善策【後編】

“脱オフショア”がコロナ禍で進む? サプライチェーンリスクを減らす「次の一手」は

社会情勢が不安定な状況でサプライチェーンにダメージを受けた企業が、調達品の供給源や製造拠点の移動を検討するのは自然な流れだ。こうした動向は今後加速するのか。IDCに聞いた。

/tt/news/2205/11/news07.jpg
「同一労働同一賃金」を実現するITツール【後編】

「私の年収、低過ぎ?」の不満をなくすIT製品とは?

従業員に賃金を平等に支給し、適正な金額であること証明する上で役立つIT製品がある。「同一労働同一賃金」の実現に役立つ主要製品を紹介する。

/tt/news/2205/10/news05.jpg
従業員の身元調査にまつわる是非【中編】

優秀な従業員を失う可能性があっても、“あの業界”が採用後の身元調査を継続する理由

身元調査は企業にも従業員にも一定のリスクがある。それでも採用後の身元調査を継続する企業が少なからず存在する。Honk Technologiesの取り組みを見ていこう。

/tt/news/2205/10/news06.jpg
ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第1回】

優れたネットワーク管理者を採用するために面接官が聞くべき“あの質問”

優れたネットワーク管理者は、自己研さんに力を入れている可能性がある。採用面接でそれを確認するためにはどのような質問を投げ掛ければよいのか。

/tt/news/2205/10/news04.jpg
いざというときの火災対策マニュアル【中編】

サーバを水没させない――データセンター火災から機器を守る消火方法

火災を予防することが先決だが、それと同時に火災が発生した場合の備えも検討しておく必要がある。データセンターで火災が発生した場合の消火手段を紹介する。

/tt/news/2205/09/news10.jpg
ウクライナIT企業の「経済的存続」を懸けた戦い【中編】

ウクライナのIT人材流出が「安価な労働力」の前提を崩壊させる

ウクライナのIT企業DataArt Solutionsは「戦渦の影響で、ウクライナではIT人材の大規模な流出が起きている」と説明する。避難のためにウクライナのIT人材が諸外国に移住した後、起こり得る「労働市場の変化」は。

/tt/news/2205/06/news05.jpg
Mayo Clinicが挑戦 ゲーミフィケーションによる従業員教育【後編】

医療機関がゲーミフィケーションで育成目指す“今のリーダーに足りない力”とは

米国医療機関Mayo Clinicは、人材多様性の拡大と受容を重視したマネジメント能力育成を目指して、研修にゲーミフィケーション手法を取り入れた研修システムを採用する。この研修システムが目指している到達点は。

/tt/news/2205/02/news12.jpg
ウクライナIT企業の「経済的存続」を懸けた戦い【前編】

戦渦のウクライナで事業を継続するIT企業、それぞれの「信念」

戦渦に巻き込まれながら、ウクライナのIT企業は目の前の仕事に最善を尽くそうとしている。安全な地域に移転して事業を継続する、それぞれの企業の信念とは。

/tt/news/2205/02/news14.jpg
NEWS

従業員エンゲージメント向けの「Oracle ME」 人材を定着させる機能とは?

OracleはHR(人事)関連のサービス群「Oracle ME」を発表した。従業員一人一人に個別最適化した情報を提供できる点が特徴だ。組織マネジメントに有効なOracle MEの機能とは。

4 月

/tt/news/2204/29/news01.jpg
「同一労働同一賃金」を実現するITツール【前編】

あのExcelが「同一労働同一賃金」実現に役立つ?

D&Iを強化しようと考える世間の風潮の中で、賃金格差の解消に目を向ける企業がある。賃金格差の解消に役立つIT製品を紹介する。身近な“あのツール”も有用だ。

/tt/news/2204/28/news05.jpg
混乱の時代を乗り切るためのサプライチェーン改善策【中編】

有事に適応できる企業、できない企業の違い 「レジリエンス」を高める秘策は

予測が困難な時代は「いかに状況に適応できるか」が重要な鍵を握る。サプライチェーンのレジリエンスを高め、不慮の事態が生じてもいち早くビジネスを立て直すための考え方について、IDCに聞いた。

/tt/news/2204/27/news07.jpg
バーチャルイベントツールが「一味足りない」理由【中編】

Zoomだけじゃない「バーチャルイベント」に使える3大ツール 本命は?

「バーチャルイベント」に利用できるツールは幾つかあるものの、実現できることは大きく異なる。適切な選定のために、主要ツールの違いを理解しよう。

/tt/news/2204/26/news13.jpg
従業員の身元調査にまつわる是非【前編】

「従業員の身元調査」の気になる中身と、実施に必要な“覚悟”とは?

調査によれば、9割以上の企業が従業員に対して何らかの身元調査を実施している。企業は従業員の何を調べているのか。身元調査に踏み切る企業が直面する課題とは何か。調査結果を交えて説明する。

/tt/news/2204/26/news01.jpg
「ビジネス向けメタバース」の光と影【後編】

メタバースでのセクハラを防げ――MicrosoftとMetaが本気で対策

メタバースにおけるハラスメントを防止するために、MicrosoftとMetaはVRサービスのハラスメント対策機能を強化した。具体的な機能を説明する。

/tt/news/2204/26/news12.jpg
いざというときの火災対策マニュアル【前編】

段ボールやプラスチックはNG? 「データセンター火災」を防ぐ基本行動

データセンターの火災は企業に甚大な損害をもたらす。最悪の事態を防ぐために、企業はどのような火災対策を取るべきなのか。

/tt/news/2204/26/news09.jpg
IT製品の宣伝文句を見極める3つのポイント【第3回】

IT投資の前に知っておくべき“あのコスト”とは? 知る方法は?

適切な技術戦略を立てるための重要な要素の一つがコストの把握だ。より正確にコストを把握し、予算を編成するためにはどうすればよいか。

/tt/news/2204/26/news03.jpg
コンプライアンス違反の通報と職場の変化【後編】

健全な企業になるには「コンプライアンス違反通報のしやすさ」が重要な理由

コンプライアンス違反の通報が多いことは、従業員にとっての働きやすさを示している可能性があると専門家は語る。従業員にとって「声を上げやすい仕組み」とは。米国における社会的潮流の変化と企業の動向を探る。

/tt/news/2204/25/news08.jpg
NEWS

ポーラ・オルビスが会計システム刷新 「Oracle Cloud ERP」を選んだ理由とは

ポーラ・オルビスはクラウド型ERPの「Oracle Cloud ERP」を導入し、会計システムを刷新した。 会計・経営管理情報をグループ全体で一元的に管理する。システム選定の決め手になったポイントは。

/tt/news/2204/22/news13.jpg
ITを防衛に生かす英国【前編】

「電子戦」強化に乗り出す英海軍 予算170億円で何が実現する?

英海軍は約1億ポンドを投じて、電子戦における戦力を増強しようとしている。具体的な強化施策の内容はどのようなものなのか。

/tt/news/2204/22/news12.jpg
Mayo Clinicが挑戦 ゲーミフィケーションによる従業員研修【前編】

医療機関が人材育成に「ゲーミフィケーション」を採用した理由

米国医療機関のMayo Clinicは、従業員研修にゲーミフィケーションの手法を採用しようとしている。この研修システムの特徴は双方向コミュニケーションとチーム育成を重視している点だ。ユーザーの反応は。

/tt/news/2204/22/news06.jpg
Microsoftのハイブリッドワーク支援戦略【後編】

「Teams」がちょっと便利になるMicrosoftこだわりの機能とは?

テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」にまつわる不便さの解消を目指し、Microsoftは「Teams」「Outlook」の強化を続けている。主要な機能を見てみよう。

/tt/news/2204/21/news05.jpg
混乱の時代を乗り切るためのサプライチェーン改善策【前編】

「1円でも安く」から「1秒でも早く」へ コロナ禍で変わるサプライチェーン

コロナ禍やウクライナ侵攻など、突発的で予測できない事案によって世界中のサプライチェーンが混乱している。刻々と変わる状況の中、回復力のあるサプライチェーンを構築するには、どのような転換が必要なのか。

/tt/news/2204/20/news10.jpg
仮想空間で進むハラスメント対策【後編】

「メタバースの過剰な監視」がもたらすのは安心か、それとも“悪夢”か

VR技術を扱うベンダーは、仮想空間内での悪質ユーザーによるハラスメントを防ぎ、安全を確保するための取り組みを推進している。これに対して専門家は、「過剰な監視」による悪影響を指摘する。

/tt/news/2204/20/news13.jpg
バーチャルイベントツールが「一味足りない」理由【前編】

イベントのオンライン移行で「失われたもの」とは?

Web会議ツールをはじめとする動画技術は、働く人々を結ぶ役割を果たしてきた。ただしイベントの用途に関しては、まだ十分な支持を集めているとは言えない。何が足りないのか。

/tt/news/2204/20/news03.jpg
IT業界の女性活躍に必要なこと【後編】

IT業界の女性は「メンター」を求めている? 企業は女性のキャリア支援で何ができるか

女性がキャリアを積みやすい企業になるには、どのような施策が必要なのか。調査を基にIT業界で働く女性が求めている支援策を紹介する。

/tt/news/2204/18/news05.jpg
コンプライアンス違反の通報と職場の変化【前編】

コンプライアンス違反の通報が多い企業ほど働きやすい“なるほどの理由”

コンプライアンス違反の内部告発が多い――。これは一見、危険な兆候のように思えるが「実態はそう深刻ではない」と専門家は話す。内部告発の増加が企業にメリットをもたらす理由とは。

/tt/news/2204/15/news08.jpg
Microsoftのハイブリッドワーク支援戦略【前編】

在宅組と出社組間の“あの違和感”を解消する「Teams」「Outlook」の機能とは

Microsoftは「Teams」と「Outlook」を強化し、ハイブリッドワーク向けの機能を充実させる。「今日はテレワークか、オフィスワークか」を気軽に選びやすくする、会議の調整機能やWeb会議の画面レイアウトとは。

/tt/news/2204/15/news03.jpg
IT製品の宣伝文句を見極める3つのポイント【第2回】

「最新で最高のツール」という宣伝に踊らされる人、冷静に見極められる人の違い

ビジネスを取り巻く環境が急速に変化する中で、CIOは常に「いつ、どのような技術を導入するか」という判断に追われている。新技術のきらびやかな広告を目にして導入を悩んだとき、最適な選択をするには。

/tt/news/2204/14/news04.jpg
IT業界の女性活躍に必要なこと【前編】

IT業界で働く女性が困る「研修不足」以外の“あの問題”とは?

専門家は、全世界の労働人口に占める女性の割合が低いことを課題に挙げ、IT業界で女性がキャリアを積むための支援策が重要だと指摘する。調査を基に、IT業界で女性活躍を阻む障壁を探る。

/tt/news/2204/13/news08.jpg
仮想空間で進むハラスメント対策【前編】

「仮想空間でのハラスメント」を女性の5割が経験 ベンダーの対策は?

仮想空間での痴漢やストーカーといった迷惑行為は、企業が仮想空間で会議やイベントを実施する際の妨げになる。仮想空間におけるハラスメントの実情と、ベンダーが打ち出している対策を紹介する。

/tt/news/2204/13/news04.jpg
持続可能性向上のためにIT部門が知っておくべきこと【後編】

これからの「企業価値」の話をしよう 投資家にも社員にも愛される企業とは

株主利益を最優先とする「株主資本主義」から、利害関係者全ての利益を追求する「ステークホルダー資本主義」へと、世の中の価値観が変わりつつある。この変化の中で重視すべきサステナビリティ向上のトレンドは。

/tt/news/2204/13/news02.jpg
クラウドRPAを取り巻く業界動向【後編】

「クラウドRPAはこれから売れる」と専門家が予想する理由

さまざまなベンダーがクラウドRPAを提供する中、オンプレミスRPAに偏っていたユーザー企業のニーズに変化が見え始めた。「今後の新規導入はクラウドRPAが主流になる」と専門家は言い切る。その理由は。

/tt/news/2204/08/news07.jpg
IT製品の宣伝文句を見極める3つのポイント【第1回】

約9割が「DX」にプレッシャー CIOを惑わせる“あおり文句”の誘惑

DX推進に責任を負うCIOは、プレッシャーと戦い続けている。こうした中、きらびやかに見える“あおり文句”に、つい心を動かされるCIOがいてもおかしくはない。

/tt/news/2204/07/news10.jpg
持続可能性向上のためにIT部門が知っておくべきこと【前編】

AI万能論に警鐘も IDCに聞く、「サステナビリティ」向上に貢献するIT分野とは

企業の評価軸の一つとして、「持続可能性」(サステナビリティ)が注目を集めている。サステナビリティの向上を目的として、ニーズが上昇しているIT分野は何か。

/tt/news/2204/07/news13.jpg
マーケティングチャネルとしての存在感を増す音声SNS

Amazon版Clubhouse「Amp」の本命用途は遊びじゃなくて“あの用途”

Amazonは北米で音声SNS「Amp」のβ版を提供開始した。「Clubhouse」や「Twitter Spaces」など、音声SNSは企業の新たなマーケティングチャネルとなりつつある。アナリストが注目するAmpの用途は。

/tt/news/2204/07/news06.jpg
NEWS

パナソニックがDX推進に向けて「RISE with SAP」を採用した理由とは

パナソニックは全社的なDX推進のため、SAPのクラウドサービス「RISE with SAP」を採用した。グローバルで「SAP S/4HANA Cloud」への移行を加速させる。その狙いとは。

/tt/news/2204/07/news04.jpg
PwCに聞く、CIOが戦略的指導力を発揮する方法【後編】

“データ集めのプロ”なんていらない PwCが語る「CIOが本当に重視すべき力」

企業の間でデータ活用を重視する動きが広がっている。データの真価を引き出すために、CIOは従業員にどのようなスキルを求めるべきなのか。PwCに聞く。

/tt/news/2204/07/news01.jpg
Web会議の「不公平な壁」をなくす5つのヒント【第5回】

アクセンチュアやガートナーが伝授 ハイブリッドワークに合った企業文化の変え方

オフィスワークとテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」を成功に導く鍵は「企業文化」だと専門家は話す。米国企業がテレワーカーとオフィスワーカーの結束を高めるために取った方策を紹介する。

/tt/news/2204/06/news04.jpg
「ビジネス向けメタバース」の光と影【中編】

メタバースがハラスメントの舞台に――専門家が危機意識

MicrosoftやMetaなどのベンダー各社が力を入れ始めた「メタバース」。今後の成長を占う上で避けられないのが、メタバースにおけるハラスメントの問題だ。

/tt/news/2204/06/news01.jpg
セキュリティ軽視から重視へ オランダ教育機関の変化【第4回】

セキュリティ重視へ 変化する「教育IT先進国オランダ」の意識

いち早くIT化を進めることで、パンデミックの難局を乗り越えたオランダの教育機関。IT活用をさらに進める一方で、セキュリティ意識にも変化の兆しがある。

/tt/news/2204/05/news01.jpg
Web会議の「不公平な壁」をなくす5つのヒント【第4回】

Web会議の「音声、映像、通信」を改善するためにIT部門は何ができる?

Web会議の音声や映像の乱れは、参加者のストレスの元だ。テレワークおよびWeb会議の効率を高めるために企業が従業員に提供すると望ましいものについて解説する。

/tt/news/2204/01/news13.jpg
PwCに聞く、CIOが戦略的指導力を発揮する方法【前編】

デジタル化促進で脚光を浴びるCIO 企業の成長に必要な「戦略的指導力」の鍵は

新型コロナウイルス感染症の影響で企業のデジタル化が進み、推進役のCIOは脚光を浴びている。新たな需要を満たしながら会社を率いていくために、CIOに求められているスキルは。

3 月

/tt/news/2203/31/news12.jpg
CIOはDXをけん引するパイロット【後編】

“エンジニア型CIO”から今すぐ脱却を DXを成功させるCIOの条件

DX推進を成功させるためには、CIO(最高情報責任者)にはどのような能力や考え方が必要になるのか。調査結果を基に探る。

/tt/news/2203/31/news05.jpg
Webサイトの「エコ基準」【後編】

「1クリック分のCO2排出量」を減らすことがとても大事な理由

「Webサイトを含めあらゆるデータの背後には、それをホストするサーバがあり、膨大な量の二酸化炭素を排出している」と専門家は指摘する。現実的な「インターネットの省エネ化」とは。

/tt/news/2203/31/news03.jpg
環境に優しいストレージ運用法【後編】

HDD、SSD、テープを「電力」で比較 電力を食わないストレージとは?

ストレージの電力使用量を減らすには、ストレージがどのような方法でデータを読み書きしているのかを知ることが重要だ。環境に優しいストレージ運用に必要な、基本的な知識を整理する。

/tt/news/2203/31/news11.jpg
クラウドRPAを取り巻く業界動向【中編】

「クラウドRPA」がすぐには売れない理由

ユーザー企業の間でクラウドサービスへのシステム移行が加速する中、クラウドRPAの導入が進まない。「オンプレミスRPA以外は選ばない」というニーズも根強い。この理由を、専門家はどう見るか。

/tt/news/2203/31/news06.jpg
Web会議の「不公平な壁」をなくす5つのヒント【第3回】

快適な「ハイブリッド会議」にオンラインホワイトボードが“効果あり”な理由

リモート参加者とオフィスからの参加者が混在する「ハイブリッド会議」を快適に進めるには、環境整備が重要だ。ハイブリッド会議における音響設備やオンラインホワイトボードの意義について解説する。

/tt/news/2203/30/news16.jpg
CIOはDXをけん引するパイロット【前編】

DXにかかわるCIOの3タイプ「機長」「副操縦士」「エンジニア」とは?

米国のある調査によれば、CIO(最高情報責任者)がDXを推進する際の役割は「機長」「副操縦士」「エンジニア」のいずれかに分類できるという。それはどういうものなのか。

/tt/news/2203/30/news11.jpg
RPAを導入した英国大学のポジティブな変化【後編】

RPA導入の大学IT幹部が語る「コロナ禍の大混乱」と「Azure×スマホ」活用

「RPA」導入により校務効率化を進めるスタッフォードシャー大学。同校のIT幹部は、パンデミックにおける混乱にどう向き合ったのか。今後ITをどう活用しようとしているのか。

/tt/news/2203/30/news05.jpg
セキュリティ軽視から重視へ オランダ教育機関の変化【第3回】

教育機関はどのようなサイバー攻撃を受けているのか?

攻撃者は企業だけでなく、教育機関も標的にする。オランダの教育機関が受けた被害を例に、実際に教育機関がどのようなサイバー攻撃を受けているのかを整理する。

/tt/news/2203/29/news03.jpg
「響く」セキュリティ研修の作り方【後編】

セキュリティ研修の内容はこの「4つのトピック」で成立する

セキュリティ研修の成否は情報の伝え方に加え、そもそも「何」を伝えるかで決まる。実はカバーすべき内容はそれほど多くなく、4つのトピックを取り上げれば大丈夫だ。どのようなものなのか。

/tt/news/2203/29/news10.jpg
クラウドRPAを取り巻く業界動向【前編】

「クラウドRPA」が売れない 「RPAはオンプレミス」がまだ常識

RPA市場でクラウドシフトの機運が高まらない。RPAベンダー各社がクラウドRPAをこぞって提供する一方で、ユーザー企業の間ではクラウドRPAの利用は広がっていないという。調査結果を基に実態を整理する。

/tt/news/2203/29/news07.jpg
Web会議の「不公平な壁」をなくす5つのヒント【第2回】

テレワーク拡大で「Web会議」を進めやすくなったのはなぜ?

新型コロナウイルス感染症のまん延に伴いテレワークに移行する人が増えたことで、テレワーカーは以前よりもWeb会議に参加しやすくなったという見方がある。その「本質的な理由」とは。

/tt/news/2203/29/news02.jpg
NFTをめぐる知財訴訟【後編】

「NFTによる知財侵害」を訴えたエルメスとナイキ、それぞれの主張

高級ファッションのHermesやスポーツ用品のNikeなどが、非代替性トークン(NFT:Non Fungible Token)による権利侵害を争点に訴訟を起こした。両者の主張とは。

/tt/news/2203/28/news10.jpg
RPAを導入した英国大学のポジティブな変化【中編】

「RPA」は効率化にも「DX」にも役立つ――大学IT幹部が断言

スタッフォードシャー大学で「RPA」導入を担当するIT幹部は、RPAは効率化だけでなく「DX」にも役立つと評価する。その理由と、実際に起きた変化は。

/tt/news/2203/30/news01.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か:Excel 2021の新関数「XLOOKUP」解説【後編】

Excel関数「XLOOKUP」は何がすごいのか 「VLOOKUP」との違いとメリット

「Excel 2021」で注目の新関数「XLOOKUP」は、従来の関数「VLOOKUP」のどのような欠点を克服しているのでしょうか。書式例とともに、そのメリットを解説します。

/tt/news/2203/25/news04.jpg
iPhoneを「手放せない道具」に変えるAppleの戦略【後編】

Appleの「Tap to Pay」が「Square」の脅威に? 投資家が混乱の訳

Appleが「iPhone」を決済端末に変える「Tap to Pay」を発表した後、市場では「Block(旧Square)の脅威になるのではないか」との反応が広がった。それはなぜなのか。

/tt/news/2203/25/news01.jpg
2022年の熱いIT投資先【後編】

次世代RPA「ハイパーオートメーション」が急成長か Gartnerが予測

Gartnerは、2022年に大幅な成長が見込まれる分野として「ITサービス」と「ハイパーオートメーション」を挙げる。これらの2つの分野が伸びる理由とは。

/tt/news/2203/25/news12.jpg
「レガシー脱却」にかける思いとは

Google元幹部が生んだ勘定系「Vault」を導入 新興銀行Lunarの狙いは

北欧のチャレンジャーバンクLunarは、Thought Machineの勘定系システム「Vault」を採用した。Lunarがシステム選定に当たって重視したポイントは。

/tt/news/2203/25/news09.jpg
仕事がはかどる「Windows 11」の機能【後編】

Windows 11で「Android」アプリを動かす“夢”がついに現実へ

米国では「Windows 11」の2022年2月の累積更新プログラムで、「Android」アプリケーション実行機能のパブリックプレビュー版が利用できるようになった。どのような機能なのか。

/tt/news/2203/24/news07.jpg
Webサイトの「エコ基準」【前編】

「画像だらけで重いWebサイト」は認めない 環境保護団体EFWAの認定制度とは

英国の環境保護団体Eco-Friendly Web Alliance(EFWA)は、2030年までに新たに排出される二酸化炭素量を50万トン削減することを目指し、「環境に優しいWebサイト」の認定制度を開始した。これはどういうものなのか。

/tt/news/2203/23/news14.jpg
RPAを導入した英国大学のポジティブな変化【前編】

警察出身の大学IT幹部が語る、大学と警察が「RPA」を導入するそれぞれの理由

警察と大学で「RPA」導入に携わったスタッフォードシャー大学のIT幹部によると、RPA導入の理由は2つの組織で全く異なっていた。それぞれの導入理由とは。

/tt/news/2203/24/news04.jpg
環境に優しいストレージ運用法【中編】

ストレージの電力使用量を下げる具体的な方法 「クラウドで解決」実は難しい?

グリーン化を掲げ、IT機器を環境に優しい形で運用する動きは、ストレージとも無関係ではない。ストレージの電力使用量を低下させるこつを踏まえ、環境に配慮したストレージ運用を始めるためのノウハウを紹介する。

/tt/news/2203/24/news06.jpg
Web会議の「不公平な壁」をなくす5つのヒント【第1回】

オフィスワーカーもテレワーカーも不満を抱くWeb会議になってしまう残念な理由

オフィスワーカーとテレワーカーが混在する「ハイブリッド会議」は、双方に不満を抱かせる可能性がある。ある企業の例を基に、不公平が生じる理由を解説する。

/tt/news/2203/23/news07.jpg
セキュリティ軽視から重視へ オランダ教育機関の変化【第2回】

セキュリティの予算もなければ計画もないオランダ教育機関の“惨状”

オランダの教育機関と企業の間には、セキュリティへの投資に大きな差があることが調査で明らかになった。調査結果から見えた、教育機関の“惨状”とは。

/tt/news/2203/22/news05.jpg
「響く」セキュリティ研修の作り方【中編】

セキュリティ研修で従業員の心をつかむために欠かせない4つのポイント

せっかくセキュリティ研修を実施しても、内容が退屈であれば、参加者は熱心に耳を傾けない。学びたくなる研修プログラムを作るための、4つのポイントを紹介する。

/tt/news/2203/22/news04.jpg
NFTをめぐる知財訴訟【中編】

「NFT」が引き起こす知財問題 企業に立ちはだかる「法的な曖昧さ」の影響は

活用が広がりつつある「NFT」(Non Fungible Token:非代替性トークン)。一方で企業が無視できない課題として、NFTによる権利侵害がある。法律専門家は問題の核心をどう見るか。

/tt/news/2203/21/news03.jpg
顧客コミュニケーションに「UCaaS」を生かす【後編】

人材難のコンタクトセンターでエージェントを300%増やした物流企業の秘策

オペレーターなどのエージェント不足に悩むコンタクトセンター。物流を手掛けるDHL Supply ChainはUCaaS「Avaya OneCloud」を導入し、エージェントの定着や確保につなげている。同社の取り組みの中身とは。

/tt/news/2203/21/news01.jpg
活況のFinTech業界に影を落とすジェンダーギャップ【後編】

FinTechが大盛況なのに「女性FinTech創業者の資金調達が進まない」問題

投資額が大幅に伸びた2021年の英国FinTech業界。一方で男性創業者と女性創業者の調達資金には差があり、FinTech業界が抱えるジェンダーギャップの問題は解決に至っていない。

/tt/news/2203/23/news01.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か:Excel 2021の新関数「XLOOKUP」解説【前編】

「VLOOKUP」の使い方をおさらい――Excel新関数「XLOOKUP」を使う前に

「Excel 2021」には注目すべき新関数「XLOOKUP」があります。XLOOKUPを理解するには、同様の役割を担う既存関数「VLOOKUP」の知識が役立ちます。VLOOKUPの基本事項をおさらいしましょう。

/tt/news/2203/19/news02.jpg
仕事がはかどる「Windows 11」の機能【前編】

“古いWindows”では使えない「Windows 11」の「Teams」便利化機能

Microsoftは「Windows 11」に、「Microsoft Teams」を使ったWeb会議中の効率化に役立つ機能を追加した。どのような機能なのか。仕事にどう役立つのか。

/tt/news/2203/18/news10.jpg
iPhoneを「手放せない道具」に変えるAppleの戦略【前編】

iPhoneを“店舗決済端末”に変える「Tap to Pay」とは?

「iPhone」を決済端末に変える「Tap to Pay」が登場し、2022年春にはオンライン決済「Stripe」で利用可能になる見込みだ。そもそもTap to Payとは何なのか。

/tt/news/2203/17/news08.jpg
環境に優しいストレージ運用法【前編】

「クラウドストレージを使えば電力使用量を減らせる」は大きな誤解だった?

「エコ」意識が高まり、エネルギー価格が高騰する中、環境に配慮したIT機器の運用は企業にとって喫緊の課題となっている。その代表例はストレージだ。どうすればストレージの電力使用量を抑えられるのか。

/tt/news/2203/17/news01.jpg
IT投資成功の鍵はCIOとCFOの関係にあり【後編】

CFOとの連携強化を目指すCIOなら習得して損はない「ビジネスの共通言語」とは

CIOが「CFOとの連携強化」を課題に感じているなら、習得すべき知識とスキルは何か。調査レポートを基に考察する。

/tt/news/2203/16/news06.jpg
セキュリティ軽視から重視へ オランダ教育機関の変化【第1回】

IT幹部の調査で判明 オランダの教育機関が抱える“セキュリティの闇”とは

オランダの教育機関は、セキュリティにどう向き合っているのか。課題とその解決策とは。IT幹部を対象にした調査結果や専門家の見解を基に、現状を探る。

/tt/news/2203/15/news10.jpg
「響く」セキュリティ研修の作り方【前編】

セキュリティ研修を「めんどくさい義務」から「有意義な時間」に変えるには

攻撃を防ぐために重要だが従業員にはあまり人気がないセキュリティ研修。その内容や情報の伝え方に工夫を凝らせば、学習効果を高め、セキュリティの強化につなげられる。どうすればいいのか。

/tt/news/2203/15/news02.jpg
調査からに見るD&Iとパンデミック【後編】

「パンデミックが多様性を妨げた」が3割 その理由と解決策は

テレワークの普及がD&Iを後押しする一方で、パンデミックに伴う投資の縮小でD&I施策に悪影響が出ていることを懸念する企業もある。調査レポートを基に、IT業界におけるD&Iの現状と将来展望について考察する。

/tt/news/2203/15/news09.jpg
NFTをめぐる知財訴訟【前編】

NFTとは? 400億ドル規模に急成長、知財重視の企業には懸念も

「NFT」(Non Fungible Token:非代替性トークン)の市場が盛り上がりを見せている。一方で法律専門家は、知的財産権や著作権、商標権に関する法整備が追い付いていないことを危惧する。

/tt/news/2203/14/news01.jpg
2040年までに何が起こる?

「自動化で4900万の雇用が喪失」に隠された本当の恐怖

Forresterは、仕事の自動化によって2040年までにヨーロッパで4900万の雇用が失われると予想する。深刻な事態に見えるが、労働市場への影響は軽微だという。予想される未来は明るいと言えるのか?

/tt/news/2203/11/news09.jpg
2022年の熱いIT投資先【前編】

できるCIOは「スプリント」を重視――Gartnerが描く“未来志向”のCIO像

IT支出は増加し、数年単位で進行するプロジェクトが主流になる――Gartnerは2022年のIT支出動向をこう予測する。こうした中でCIOに求められる考え方とは。

/tt/news/2203/10/news06.jpg
IT投資成功の鍵はCIOとCFOの関係にあり【中編】

こんなCIOはCFOに見限られる 両者の関係が「緊張状態」になる理由

IT投資が盛んな昨今、CIOとCFOの関係はビジネスの成否に影響する可能性がある。CIOがCFOと付き合う上で避けるべき「関係を悪化させる振る舞い」について解説する。

/tt/news/2203/10/news01.jpg
事業継続管理者に必要な12個のスキル【第4回】

事業継続管理者はタフじゃないと務まらない? 必要スキルに見る担当者の適正

事業継続管理者は、リスク評価能力を持つことが大前提だ。これに加えて、経営陣とBC/DR推進プログラムに関する合意形成をする力や、プログラムを進める粘り強さが必要になる。なぜこうしたスキルが必要なのか。

/tt/news/2203/09/news16.jpg
顧客コミュニケーションに「UCaaS」を生かす【前編】

Zoomを使っていた“固定電話依存”の企業が「UCaaS」を導入した理由

ITスキル研修を手掛けるLearning Peopleは、パンデミックにおける顧客とのやりとりにUCaaS「Avaya Cloud Office」を利用している。「Zoom」を利用していた同社が、なぜUCaaSの導入を決断したのか。

/tt/news/2203/08/news08.jpg
Kronos給与計算SaaSのランサムウェア被害と法的影響【後編】

「ランサムウェア攻撃を受けたSaaSベンダー」に規制当局が求める責任とは

Kronosの給与計算SaaSに対するランサムウェア事件は、不利益を被ったユーザー企業の従業員からの訴訟問題だけでなく、政府機関といった規制当局からの取り締まり強化に発展する懸念がある、と専門家は指摘する。

/tt/news/2203/08/news07.jpg
SaaSサブスクリプション管理のベストプラクティス3選【後編】

無駄なSaaSサブスク契約をなくすには「カレンダーアプリ活用」が有効な訳

不要になったSaaSを継続利用して、余計なコストをかけないためにできることは幾つかある。その一つがカレンダーアプリケーションの活用だ。IT部門が管理をする際に役立つベストプラクティスを紹介する。

/tt/news/2203/08/news04.jpg
テレワークでかかる見えにくいコスト4つ【後編】

テレワークで孤立する社員を放置すると“余分なコスト”が生まれる理由

テレワークによって生産性が下がるタイプの従業員もいる。そうした従業員の悩みを「個人の問題」と放置して、適切な支援を提供しないでいると、雇用主は思わぬコストを負担する可能性がある。その理由は。

/tt/news/2203/08/news02.jpg
企業に問題ありと言うしかない

女性を活用できない企業が共通して口にする、奇妙な言い訳

労働人口が減少する中、人類の半分を占める女性の採用・活用は企業にとって死活問題だ。しかし、女性の活用に失敗している企業は同じことを言うという。

/tt/news/2203/08/news01.jpg
アプリケーションアーキテクト面接の頻出質問集【後編】

面接で「データの収集、分析時に何を重視するか」と聞かれた場合の正しい答え方

アプリケーションアーキテクトになるには、技術に関する知識や経験、問題解決能力などのスキルが必要だ。志望者は、採用面接である振る舞いをすることで必要な能力を持つ人材だとアピールできる。その振る舞いとは。

/tt/news/2203/04/news04.jpg
銀行のクラウド活用の実情【後編】

銀行がクラウド活用を諦める“最大の原因”とは?

銀行はクラウドサービスを利用する上で、どのような課題を抱えているのか。全世界の金融機関を対象にしたクラウドサービス利用動向調査の結果から探る。

/tt/news/2203/04/news02.jpg
やはり社内文化に問題

「仕事は快適&興味深い」のに退職者が多いIT業界の闇

IT企業は社内文化に致命的な欠点を抱えているようだ。IT業界での仕事を快適、興味深いと感じているにもかかわらず、多くの若者がIT業界を去ろうとしている。

/tt/news/2203/03/news02.jpg
ランサムウェア攻撃の被害を防ぐ「5W」【後編】

ランサムウェア対策に失敗しないためには「どこ」で感染するかを考えるべし

ランサムウェア攻撃に立ち向かうためには、攻撃の対象が何かを正確に把握し、企業が一丸となって対策を講じる必要がある。その理由とは何か。経営者も含め、全員の意識を高めるためのこつは。

/tt/news/2203/03/news09.jpg
IT投資成功の鍵はCIOとCFOの関係にあり【前編】

CIOとCFOの良好な関係がIT投資の成功を左右する理由

企業のIT活用がより積極化する中、IT投資の良しあしがビジネスの行く末を左右する。ある専門家は、IT投資の成果を最大化するにはCIOとCFOの連携が重要だと語る。その理由は。

/tt/news/2203/03/news01.jpg
事業継続管理者に必要な12個のスキル【第3回】

リスクが測れない事業継続管理者はいらない スキルをどのように生かすか

リスクを測るスキルや危機管理スキルは、事業継続管理者に必要不可欠だ。これらの能力を生かすと、災害が起こる前にどのような準備ができるのか。準備の際にどのような要素を重視するといいのか。

/tt/news/2203/02/news09.jpg
活況のFinTech業界に影を落とすジェンダーギャップ【前編】

FinTech企業の英国投資額トップ5は? Revolut、Monzo……

2021年の英国のFinTech業界は投資が減速した2020年から一転し、投資額は前年比で200%以上増加した。特に投資を集めているFinTech企業とは。

/tt/news/2203/01/news15.jpg
SaaSサブスクリプション管理のベストプラクティス3選【前編】

退職者しか知らない“謎のSaaSサブスク契約”を生まない方法

サブスクリプション形式で利用するSaaSの管理をおろそかにすると、必要のないサービスや機能にコストをかけてしまうことがある。身近な“あるアプリケーション”が契約管理に有効だ。

/tt/news/2203/01/news16.jpg
Kronos給与計算SaaSのランサムウェア被害と法的影響【前編】

ランサムウェアで給与過少払い テスラ、ペプシコ系従業員によるSaaS訴訟の中身

Kronosの給与計算SaaSに対するランサムウェア攻撃を巡って、ユーザー企業の従業員が集団訴訟を提起している。原告は「システム停止の結果、不正確な給与計算から給与の過少支払いが生じた」と訴える。

/tt/news/2203/01/news03.jpg
終わらないコロナ禍、企業が考えるべき人材管理の備え【後編】

従業員のワクチン接種、もし義務化されたら人事部門はどうすればよいか

米国バイデン政権下で、一定規模以上の企業に対し、従業員のワクチン接種義務化が進もうとしていた。もしこれが実現した場合、人事部門はどのように対処する必要があったのか。

2 月

/tt/news/2202/28/news10.jpg
調査から見るD&Iとパンデミック【前編】

「人材多様性の欠如」が英国でも問題視 テレワークはD&Iの追い風になるか

パンデミックの影響で企業のIT活用やテレワークが拡大し、結果としてD&Iの取り組みが進んでいる。調査レポートを基に、英国における「雇用の多様性」の問題を考察する。

/tt/news/2202/25/news12.jpg
銀行のクラウド活用の実情【前編】

調査で判明 銀行がクラウドを使い始めた“なるほどの理由”

全世界の銀行でクラウドサービスの採用が進んでいる。その理由とは何か。銀行のIT戦略の動向は。調査結果を基に説明する。

/tt/news/2202/24/news01.jpg
転職者は不安でいっぱい

リモート入社時研修が労使双方に与える苦悩 大量退職を避けるには?

時節柄、入社時研修もリモートで実施されるようになり、新入社員や中途採用者は困難な状況に立たされている。これは人事担当者にとっても同じだ。両者が抱える課題、「大量退職」を生まない対策とは何か。

/tt/news/2202/24/news08.jpg
事業継続管理者に必要な12個のスキル【第2回】

BIA、プロジェクト管理、そしてIT知識が事業継続管理者を助ける理由

次世代の事業継続管理者は、変化に適応しつつ的確にリスクに対処する力を求められる。ビジネスインパクト分析(BIA)、プロジェクト管理、ITに関する知識や経験は大きな力になる。その理由は何か。

/tt/news/2202/23/news03.jpg
テレワークの開始直後には見えにくい「4つのコスト」【前編】

「テレワークでコスト削減」は幻想 新たにかかる“意外なコスト”とは

テレワークの導入によって新たなコストが生まれることもある。その一つが、従業員宅に業務環境を整備するためのコストだ。テレワーク導入前に慎重に検討すべき「見えにくいコスト」の正体とは。

/tt/news/2202/23/news02.jpg
「働き方を選びたい」の声に応える

テレワーク時代の今こそ考える「オフィス勤務」は何が良く、何が駄目なのか

「コロナ禍でも働き方を選びたい」という従業員の声に応える上で、テレワークだけでなくオフィス勤務を選べるようにすることは重要だ。テレワークが普及した今、あらためてオフィス勤務の利点と課題を整理しよう。

/tt/news/2202/22/news01.jpg
ITに不満なのは若手かベテランか

テレワーク中のITトラブルが企業に突き付ける驚きの損失額

多くのテレワーカーがIT関連のトラブルによるダウンタイムを経験している。結果、巨額の損失を生み出している。また世代格差も判明した。自社ITに不満を持っている世代とは?

/tt/news/2202/22/news07.jpg
アプリケーションアーキテクト面接の頻出質問集【前編】

面接官が「これまでで最も難しかった開発プロジェクト」を聞く理由

アプリケーションアーキテクト職に就く人材に対して、企業が求めるスキルは何か。「これまで最も難しかった開発プロジェクト」といった企業の面接官が応募者に問い掛けがちな質問から、求められる人材像を読み解く。

/tt/news/2202/21/news06.jpg
終わらないコロナ禍、企業が考えるべき人材管理の備え【前編】

オミクロン流行でオフィス復帰を断念した企業、従業員の不安に寄り添う「助言」とは

新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の流行によって、オフィス復帰を延期した企業がある。いつオフィス勤務を再開できるのか先の読めない状況で、リーダーシップ戦略の専門家が重視する「助言」とは。

/tt/news/2202/18/news01.jpg
メタバースでさらに悪化!?

「3人に1人が監視されている」 企業の監視ツール利用に法規制を

Webカメラやソフトウェアを利用した監視が横行している。労働者の3人に1人が何らかのデジタル監視の対象になっているという。企業の監視ツール利用を法的に規制するときがきたのかもしれない。

/tt/news/2202/17/news09.jpg
ランサムウェア攻撃の被害を防ぐ「5W」【前編】

企業が“ランサムウェア攻撃責任者”を決めるのはなぜ重要なのか

ランサムウェア攻撃による被害を減らすために、事前に計画を立てることが肝だ。具体的にどうすればいいのか。「5W」(5つの問い)に沿った計画作りのこつを紹介する。

/tt/news/2202/17/news06.jpg
事業継続管理者に必要な12個のスキル【第1回】

次世代の事業継続管理者に必須な“あのスキル”とは

パンデミックや未曽有の自然災害など、事業継続、災害復旧対策の策定時に想定すべき事態が多様化している。変化に対処できる事業継続管理者になるにはどのようなスキルを身に付けることが望ましいのか。

/tt/news/2202/16/news07.jpg
受講者の44%は女性

「スキルブートキャンプ」とは? “エリートIT人材”を産学官で育てる

英国政府が後援する「Skills Bootcamp」は、ITを活用する職場で必要なスキルを身に付けるための講座だ。同講座は「企業が求めるIT人材」を育てることができるという。その理由は何か。

/tt/news/2202/16/news03.jpg
Cookieを拒否しにくいのはアウト

FacebookとGoogle、Cookieの違反行為で罰金合計270億円

フランス当局がFacebookとGoogleに巨額の制裁金を科した。Cookieの受け入れと拒否の方法に偏りがあったからだ。Cookieの利用は企業にとって大きなリスク要因になりつつある。

/tt/news/2202/15/news03.jpg
「仕事から離れる権利」を尊重するには【後編】

「社員の健康を守るためのPC監視」はありなのか? 問われるプライバシー問題

心身の健康を守る目的で、MicrosoftやCisco Systemsは従業員のPC利用状況や生産性の監視ツールを提供している。こうした監視ツールは雇用主からの需要がある一方で、その存在意義を疑問視する専門家もいる。

/tt/news/2202/15/news02.jpg
CIOがCEOの戦略的相棒になる6つの心構え【後編】

“指示待ちCIO”“優秀な問題解決CIO”では不十分な理由と、CIOが成長する方法

CEOの戦略的パートナーの地位を得るためにCIOができることは幾つかある。新たな脅威を見極め対処したり、未来のビジネスへの道筋を作ったりすることが、その一例だ。具体的にどのように取り組めばよいかを紹介する。

/tt/news/2202/01/news14.jpg
「CO2削減」の具体的な成果につなげる

データセンター脱炭素のこつは? “最も持続可能な企業”のノウハウ

膨大な電力を必要とするデータセンターなどの事業において脱炭素を進めるにはどうすればいいのか。Schneider Electricの知見を基に、CO2削減のポイントをまとめる。

/tt/news/2202/14/news11.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

SkillsoftがCodecademyを5億2500万ドルで買収へ サービスはどう変わる?

企業向けにオンライン学習サービスを提供するSkillsoftは、個人向けオンライン学習サービスCodecademyを運営するRyzacを買収する。この買収で、利用企業にとって何が変わるのか。

/tt/news/2202/10/news02.jpg
テレワークなら海外企業でも働ける

IT人材の75%が転職検討中 報酬以外で引き留める方法は?

IT人材は売り手市場であり、約75%が転職を考えているという。テレワークによる「働く場所の多様化」は国境さえ無意味にしてしまった。人材を確保するために企業ができることは何か。

/tt/news/2202/10/news04.jpg
「オンボーディング」のRPA活用【後編】

「RPA」があれば楽になる新人受け入れ作業5選

新人スタッフの受け入れ時、人事部門にはさまざまな手作業のプロセスが発生する。中にはRPAで自動化できる工程もある。RPAが活用する5つの利用シーンを紹介する。

/tt/news/2202/09/news01.jpg
ハイブリッドワークで変わるコミュニケーション手段【後編】

Zoomが「Web会議依存」からの脱却を進めなければならない理由

ハイブリッドワークが浸透する中、Zoom Video Communicationsをはじめとするベンダー各社は、コミュニケーション手段の多様化を推し進めようとしている。その背景には何があるのか。

/tt/news/2202/08/news09.jpg
「店舗廃止は社会的損失」との批判も

支店を閉じる銀行、黒字化するチャレンジャーバンク ネットバンク移行は必然か

英国のLloyds Banking Groupは、支店の利用頻度低下を理由に支店ネットワークを縮小する。コロナ禍の影響から、欧州全域でオンラインバンキングに注力する流れが加速しているが、顧客からは批判も挙がっている。

/tt/news/2202/08/news05.jpg
「仕事から離れる権利」を尊重するには【中編】

“働き過ぎる文化”にメスを ZoomやTeamsが「仕事から離れる」機能を加えた訳

ITベンダーは「従業員の燃え尽き症候群」の解決に向けた機能拡充に取り組んでいる。一方で専門家は「過重労働を是とする企業文化やマインドセットの問題は、ITツールだけでは解決できない」と警鐘を鳴らす。

/tt/news/2202/08/news04.jpg
CIOがCEOの戦略的相棒になる6つの心構え【中編】

“生き残りに必死なCIO”が“成長を導くCIO”に生まれ変わるには

パンデミック初期に、その状況を乗り切るための「生き残りモード」に戦略を変えた企業がある。時間がたった今、CIOがすべきことは、ビジネス成長を見据えた「成長モード」への迅速な戦略変更だ。

/tt/news/2108/18/news03.jpg
「Web会議疲れ」の解決策【後編】

“脱・Web会議依存”が重要な、これだけの理由

Web会議の依存度が高まるほどWeb会議疲れが生じやすくなる。この当たり前の問題を解決するためにも、多種多様なコミュニケーション手段を用意し、それぞれの長所短所を理解して使い分ける必要がある。

/tt/news/2202/07/news01.jpg
IT業界は手が届かない!?

多様性欠如、社内文化への嫌悪感――若年層に嫌われるIT業界

多くの若者が、IT業界を目指すのは手遅れだと感じているという。さまざまなネガティブなイメージも持っている。若者に機会を提供する取り組みもあるが、それも別の問題を発生させている。

/tt/news/2202/03/news08.jpg
「オンボーディング」のRPA活用【前編】

「RPA」で新人受け入れを楽にする“理想的な導入手順”とは?

新人の受け入れ時には、必要書類の作成や給与情報の入力など、人事部門はさまざまな登録作業に追われる。こうしたオンボーディングの過程で発生する定型作業にRPAが役立つ可能性がある。成功のために何をすべきか。

/tt/news/2202/03/news05.jpg
ハイブリッドワークに備えるインドのIT企業【後編】

インドのIT業界ではハイブリッドワークが常識に 「新しい働き方」に備えるには

調査によれば、インドのIT業界における約7割の企業が、オフィスワークとテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」を採用している。新たな働き方に適応するためにできることは。

/tt/news/2201/27/news04.jpg
脱炭素社会におけるITの役割【後編】

ソフトウェアも“省エネ化”する「脱炭素」や「SDGs」の試みとは?

「脱炭素」や「SDGs」に対してIT分野ではどのような取り組みが求められるのか。社会のデジタル化が今後も進んで、IT機器の利用機会が多様化する中で、これらは軽視できないテーマになりつつある。

/tt/news/2202/02/news08.jpg
業界標準を狙うフレームワークが登場

データセンターの環境対策 持続可能性を高める“5つの指標”とは?

データセンターの持続可能性を高めるためのフレームワークをSchneider Electricが発表した。環境対策がより強く求められるようになっていることが背景にある。フレームワークは具体的にどのような内容なのか。

/tt/news/2202/01/news26.jpg
「仕事から離れる権利」を尊重するには【前編】

「コロナ禍前よりも精神的に疲れた」人が8割 “いつでも連絡できる”の弊害か

コロナ禍をきっかけにコミュニケーションツールを使う機会が広がり、「仕事から離れられない」という問題が深刻化している。調査が示す「燃え尽き症候群の急増と離職リスク」とは。

/tt/news/2202/01/news25.jpg
CIOがCEOの戦略的相棒になる6つの心構え【前編】

CIOがコロナ禍で「頼れる戦略的技術アドバイザー」の地位を築くヒント

パンデミックはテレワーク導入を後押しし、プロジェクトを主導したCIOの発言力を強めるきっかけにもなった。この経験を通じて積み重ねた信頼を維持し、CIOがCEOの戦略的技術アドバイザーになるには。

1 月

/tt/news/2201/31/news08.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

Qlik製品がUiPathのRPA製品と連携 自動化機能強化の狙いは

Qlikは同社のデータ分析ソフトウェアをUiPathのRPA製品と連携させ、自動化機能の強化を図る。「老舗」と「若手」はパートナーシップで何を狙うのか。

/tt/news/2201/28/news07.jpg
TechTarget発 世界のITニュース

Log4j騒動のあおり? MicrosoftやApple製品の重大パッチ適用が後回しされる訳

MicrosoftやAppleの製品に脆弱性が見つかりパッチが公開されたが、ユーザー企業の適用に遅れが出る可能性がある。防御策の妨げになるのは、話題の“あの脆弱性”だ。

/tt/news/2201/27/news10.jpg
コロナ禍の雇用不安を乗り越えるには

“コロナ離職”を本気で防ぎたいなら「女性の“仕事への不安”」に向き合うべし

コロナ禍の影響で生じた離職リスクに歯止めをかけるために、企業はさまざまなアプローチを試している。こうした中、雇用主は女性の職場復帰を図ることが重要だとGartnerは指摘する。その理由は。

/tt/news/2201/27/news07.jpg
ハイブリッドワークに備えるインドのIT企業【前編】

「オフィスに早く戻りたい」と考えるインドのIT労働者 その理由は

ある調査によるとインドのIT企業は週3回程度のオフィス復帰を計画している。雇用主だけでなく、従業員もオフィス復帰に前向きな理由は。

/tt/news/2201/27/news06.jpg
保険会社がMDMを活用するベストプラクティス【後編】

「マスターデータ管理」(MDM)に保険会社が失敗しないための“やることリスト”

「MDM」(マスターデータ管理)は、導入しただけで企業にメリットをもたらすものではない。MDMの価値を引き出すために、保険会社は何に取り組めばよいのか。専門家の見解を基に解説する。

/tt/news/2201/20/news05.jpg
脱炭素社会におけるITの役割【前編】

「脱炭素×IT」で何ができるのか? “偽りのSDGs”批判にも抗力を発揮

「脱炭素」の動きが強まる中、ITには何が求められ、何ができるのか。IT分野における取り組みの現状や、今後力を注ぐべき点を探る。

/tt/news/2201/26/news04.jpg
英国調査から見る「ネットバンクとの付き合い方」【後編】

「APP詐欺」の恐ろしさとは? 銀行を脅かす新たな脅威

金銭のやりとりが発生する銀行サービスは、サイバー犯罪者の格好の標的だ。「APP詐欺」などの新たな手口が広がる中、銀行は被害防止に向けて、業界の垣根を越えた協力を求めている。

/tt/news/2201/25/news10.jpg
ハイブリッドワークで変わるコミュニケーション手段【前編】

Web会議ブームでも「電話」は消えない 「音声通話」と「ビデオ通話」は融合か

Zoom Video Communicationsは「ユーザーにとって音声通話とビデオ通話の境目は薄くなった」とみる。同社は今後のユーザーニーズをどう捉え、どの製品分野を重視するのか。

/tt/news/2201/25/news08.jpg
「コロナ後も生き延びる企業」の評価指標【後編】

「従業員ウェルネス」「レジリエンス」とは テレワーク疲れや非常事態に備える

コロナ禍の影響を受けて変化したビジネスと、その周辺環境に適応するには、事業や人材の評価指標を見直す必要がある。新たな評価指標となる「従業員ウェルネス」と「レジリエンス」について解説する。

/tt/news/2201/31/news03.jpg
「続けたくなるテレワーク環境」の作り方【第3回】

いまさら聞けない、テレワーク用デバイスに「最低限やるべき」5つのセキュリティ対策

やむを得ない事情でテレワークを実施している企業でも、IT資産を守るために「これだけは実施すべき」という、5つのセキュリティ対策とは。不正アクセスの入り口となるデバイスの管理方法に焦点を当て、解説する。

/tt/news/2201/21/news01.jpg
結末は予想通り……

悪化する男性のメンタルヘルス――彼を追い詰めるあの固定観念

英国男性の多くがコロナ禍によってメンタルヘルスの悪化に苦しんでいるという。彼らを追い詰めているプレッシャーや固定観念は、日本人にも共通するものだった。

/tt/news/2201/20/news19.jpg
保険会社がMDMを活用するベストプラクティス【前編】

保険会社が「マスターデータ管理」(MDM)にあらためて熱視線の“謎”

「MDM」(マスターデータ管理)の価値をあらためて見直す動きが、保険会社の間で広がりつつある。保険会社はMDMに何を期待しているのか。導入成功のためには何をすればよいのか。

/tt/news/2201/19/news10.jpg
英国調査から見る「ネットバンクとの付き合い方」【前編】

「ネットバンクの被害は銀行が補償して当然」と期待する人が7割 銀行の本音は

調査によると、英国のインターネットバンキングユーザーは詐欺被害を銀行が補償することを期待している。こうした考え方が広がる背景には、セキュリティ意識の高まりがある。

/tt/news/2201/18/news01.jpg
従業員は何を望んでいるか

多くの企業に広がるスキルギャップ、解決しなかった結果は?

ITリーダーの多くがスキルギャップに悩んでいる。品質目標を達成できないと訴えている。だが従業員も不満を募らせている。

/tt/news/2201/18/news10.jpg
「コロナ後も生き延びる企業」の評価指標【前編】

コロナ後に生き残る企業は「成果主義」? CIOが重視したい新たな評価指標は

新型コロナウイルス感染症が社会にもたらした影響によって、働き方に大きな変化が生じた。その結果、昔ながらのマネジメントを続けることがリスクになる可能性がある。新たな時代に即した評価指標を決めるこつは。

/tt/news/2112/15/news03.jpg
「メタバース」はビジネスに役立つか【後編】

「メタバース」はWeb会議を超えるか? MetaやMicrosoft、Ciscoが熱視線

Metaだけでなく、MicrosoftやCisco Systemsなどのユニファイドコミュニケーションベンダー各社が「メタバース」の市場に参入している。メタバースでのビジネスコミュニケーションは今後の主流になるのか。

/tt/news/2201/14/news07.jpg
オンラインとオフラインの境界をなくす技術

テレワークでの“ぼっち感”や“いらいら”を解消する3つの「AI」活用例

テレワークとオフィス勤務の従業員の間で起きるコミュニケーションの問題を改善する、人工知能(AI)技術の有効な活用例を紹介する。テレワークの生産性と協調性を高める使い方とは。

/tt/news/2201/13/news02.jpg
意思決定者の残念な「妄想」

「意思決定者は分かってない」――意思決定者と従業員の悲しい擦れ違い

ある意識調査の結果、意思決定者と従業員の間には深い溝があることが分かった。「意思決定者の妄想」は従業員の意識とどれほど懸け離れているのだろうか。

/tt/news/2201/12/news09.jpg
パートナーやユーザー企業からは落胆の声

「Microsoft 365」の月額料金が値上げ 中小企業から非難ごうごうの理由

Microsoftは「Microsoft 365」の月額サブスクリプション料金を値上げする。この料金変更によって、米国の中堅・中小規模のパートナーやユーザー企業から苦情が噴出している。

/tt/news/2201/11/news05.jpg
小さなことから始めよう

今CO2排出量に無頓着な企業が将来直面するものとは?

多くの企業がITシステムの二酸化炭素排出量を気にしていない。削減するどころか排出量が増加する可能性さえある。だが、将来的にこの姿勢が問われることになるかもしれない。

/tt/news/2201/11/news14.jpg
遠隔医療分野はどこまで成長するか

「遠隔医療」が医療費2兆円削減の可能性 調査から見る「市場成長の条件」は

Juniper Researchの調査によると、オンライン診療をはじめとする「遠隔医療」は欧米諸国の将来的な医療費節減につながる可能性がある。ただしアナリストは、幾つかの「成長の阻害要因」に警鐘を鳴らす。

/tt/news/2201/07/news02.jpg
ビールメーカーBrewDogは脆弱性にどう対処したのか【後編】

ビールメーカーBrewDogが「モバイルアプリ脆弱性」の公開に消極的だった理由

モバイルアプリケーションに脆弱性が見つかったBrewDog。情報公開に消極的だった同社の対応から、セキュリティの向上について学ぶべき教訓は何か。

/tt/news/2201/07/news14.jpg
「インテリジェントワークプレース」は是か非か

オフィス業務を自動化しても社員が幸せにならない理由

オフィスワークの自動化やコラボレーションツールを活用した「インテリジェントワークプレース」は、業務効率化に貢献する技術だ。ただし「導入すれば従業員が幸せになるとは限らない」と懸念を示す専門家もいる。

/tt/news/2201/06/news08.jpg
テレワーカーの監視は是か非か

「監視ソフト入り業務端末」が招く、予想通りの悲惨な結末

セキュリティあるいは生産性の観点からテレワーカーを監視したいという考えは理解できる。だが従業員の業務端末に監視ソフトウェアをインストールするとどうなるか。もちろん、予想通りの結果になる。

/tt/news/2201/04/news01.jpg
2022年IT優先度調査

2022年に企業が投資を検討している納得&意外なIT分野とは?

前年に比べてIT予算を増額した企業が増えている。彼らは2022年、何に投資しようと考えているのか。順当なIT分野が挙がる一方で、新しい動きを表す意外なものが浮上した。