過去記事一覧 (2021 年)

3 月

/tt/news/2103/01/news10.jpg
情報ガバナンスと記録管理の違い【前編】

いまさら聞けない「情報ガバナンス」とは? なぜ必要なのか

「情報ガバナンス」と「記録管理」は似て非なる業務だ。両者の違いを理解するために、まずは情報ガバナンスとは何かをあらためて整理しよう。

2 月

/tt/news/2102/26/news04.jpg
経営幹部をうなずかせるCX戦略の伝え方【後編】

「CX」投資の勘所とは 「理由なき投資」「ツールだけ投資」が駄目な理由

CX戦略への投資を考えるとき、推進担当者はどのようなことに気を付ければいいのだろうか。経営者からの投資を得やすくする伝え方と合わせて、CX投資の勘所を紹介する。

/tt/news/2102/26/news01.jpg
ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【後編】

DXリーダーにこそ「傾聴力」が欠かせないシンプルな理由

テレワークが当たり前になり、働き方の常識が大きく変わった。企業はDXを推進する上で、こうした変化を捉えて組織構造やリーダーシップのスタイルを見直す必要がある。どう見直せばよいのか。

/tt/news/2102/24/news01.jpg
2021年のDXトレンド予測【後編】

「リアルタイムデータ処理」「MLOps」が2021年のDXに必要な理由

2021年はビジネスそのもののスピードを加速させる技術に注目が集まるだろう。リアルタイムのデータ処理を可能にする技術分野や、機械学習モデル開発の効率化、といったトレンドを探る。

/tt/news/2102/17/news07.jpg
経営幹部をうなずかせるCX戦略の伝え方【前編】

「CX」投資を経営幹部に納得させるには? まずは「事実と数字の整理」から

カスタマーエクスペリエンス(CX)戦略について経営幹部の賛同と投資サポートを得るために、CX推進担当者はどのような行動を取ればよいのか。経営幹部へのプレゼンテーションの際に考慮が必要な要素を解説する。

/tt/news/2102/16/news02.jpg
2021年のDXトレンド予測【中編】

DXの加速に「ノーコード/ローコード開発」と「マルチクラウド」が不可欠な理由

システムを最新化し、ビジネスの変革を加速させる上で重要な意味を持つトレンドは幾つかある。その中から「ノーコード/ローコード開発」「マルチクラウド」を解説する。

/tt/news/2102/12/news01.jpg
ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【中編】

ITリーダーは「DX推進に必要なIT人材がいない」問題をどう解決すればよいのか?

テレワークの普及は人材採用に寄与するとの声があるものの「IT人材不足がビジネスの妨げになっている」と悩む企業はいまだに少なくない。ITリーダーが取り得る現実的な解決策は。

/tt/news/2102/11/news01.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

在宅勤務を続けるべきか、やめるべきか 調査から分析

テレワークを実践する上での障壁は「テレワークを続けるかどうか」の判断にどう影響するのか。「予想以上にうまくいった」と考える企業ではどのような効果が見られたのか。調査結果を基に、アナリストが解説する。

/tt/news/2102/09/news04.jpg
「グリーンストレージ」の基礎【後編】

「クラウドストレージ」が“省電力ストレージ”の本命になれる理由

電力効率の高い「グリーンストレージ」を採用するなら「クラウドストレージ」の利用が有効な選択になる。その理由を整理した上で、ストレージ関連のコストを抑制するための基本的な考え方を紹介する。

/tt/news/2102/09/news01.jpg
Boseのサプライチェーン強化【後編】

音響大手Boseがサプライチェーンの混乱時に実践する「危機管理プロセス」とは

音響メーカーBoseは、サプライチェーンの回復力強化のためのシステムを導入し、混乱に素早く対処できるよう備えている。同社は危機の重要度と影響度を3つのレベルに分けている。それはどのようなものか。

/tt/news/2102/08/news06.jpg
2021年のDXトレンド予測【前編】

アジャイルが「DX」に貢献する理由 もう単なるソフトウェア開発手法ではない?

ITリーダーがDX実現に向けて求められる役割の中には、企業文化に関係することも含まれるようになる。具体的な役割を理解する上で重要なキーワードが「アジャイル」だ。

/tt/news/2102/05/news04.jpg
コロナ禍で変化する遠隔会議製品のトレンド【後編】

「Web会議」「テレビ会議」が楽しくなる考え方と“自分らしさ”の出し方

新型コロナウイルス感染症が終息しても、Web会議ツールやテレビ会議システムといった遠隔会議製品を使う習慣は残るだろう。日常的に遠隔会議製品を使って快適に働くためのこつは。

/tt/news/2102/04/news01.jpg
ボトルネック解消が成功の鍵

ビジネスプロセスの自動化を阻むボトルネックの見つけ方

ビジネスプロセスの自動化を検討しているなら、まずボトルネックを最適化する必要がある。事例を参考に、自社に最適な方法論を見つけよう。

/tt/news/2102/04/news06.jpg
予測不可能な時代の道しるべ

テレワーク前提時代に知っておきたい「UC」市場の4大トレンド

新型コロナウイルス感染症の今後の状況はいまだ不透明で、2021年は不確実性に満ちている。これからの新しい働き方を模索する上で知っておきたい、ユニファイドコミュニケーション(UC)の4つのトレンドを紹介する。

/tt/news/2102/03/news04.jpg
バイデン政権下で巨大IT企業はどうなる【後編】

バイデン政権に「GAFA弱体化」を進める大義名分と覚悟はあるのか?

反トラスト政策の支持者は、バイデン政権への移行とともに巨大IT企業の独占状態が解消されるものと予想する。一方ビジネス視点に立つと、巨大IT企業が弱体化することで米国経済は痛手を受ける可能性がある。

/tt/news/2102/02/news01.jpg
受け入れがたい問題に直面

「海外で発生したロックダウン」による影響から学んだ教訓

自国や自社にロックダウンが生じていなくても油断はできない。海外のロックダウンがIT部門を悩ませることもある。何が起きたのか。

/tt/news/2102/02/news02.jpg
Boseのサプライチェーン強化【中編】

音響大手Boseに聞く、サプライチェーンの混乱をいち早く察知する4つの要素とは

音響メーカーBoseはサプライチェーン強化に向けてシステム構築を進める際、サプライチェーンの混乱を察知し迅速に対処するために、幾つかの要素を重視したという。何を重視しているのだろうか。

/tt/news/2102/01/news21.jpg
「グリーンストレージ」の基礎【前編】

「SSD」「HDD」を“省エネ”で比較 「グリーンストレージ」に適するのは?

ストレージの電力効率を考える上では、消費電力に加えて容量や寿命など、さまざまな要素を加味する必要がある。主要なストレージである「SSD」と「HDD」を電力効率の観点で比較してみよう。

1 月

/tt/news/2101/30/news01.jpg
「無料アプリがなくなる」とFacebook

Facebookが「Appleのプライバシー保護強化」に異例の批判 双方の言い分は?

Appleは同社製デバイスユーザーに関する新たなプライバシー保護策の導入を進めている。これに対してFacebookは異例の批判を始めた。それはなぜなのか。

/tt/news/2101/28/news02.jpg
ムダな自動化を回避

なぜ業務を自動化しても業務が効率化しないのか

最新のツールを活用すれば業務の自動化は実現する。だがそれが業務の改善や効率化に直結するとは限らない。自動化しても業務が改善しないのは、重要なステップを見落としたからだ。

/tt/news/2101/28/news06.jpg
コロナ禍で変化する遠隔会議製品のトレンド【前編】

コロナ共存時代の必需品「Web会議」「テレビ会議」はどう進化するのか?

新型コロナウイルス感染症のパンデミックで企業活動を継続する手段として、Web会議ツールやテレビ会議システムなどの遠隔会議製品の活用が広がった。感染症の終息が見通せない中、遠隔会議製品はどう進化するのか。

/tt/news/2101/27/news02.jpg
バイデン政権下で巨大IT企業はどうなる【中編】

バイデン政権はトランプ政権よりも「GAFA」に“攻撃的”か?

バイデン政権への移行で、巨大IT企業に対する連邦当局の取り締まりはさらに厳しいものになるのか。反トラスト政策と米政治家の思惑を探る。

/tt/news/2101/26/news01.jpg
過去の経験を生かす

米TechTargetのコロナ禍対応

米TechTargetはコロナ禍にどう対応し、対処したのか。IT運用・製品開発担当バイスプレジデントは大雪の経験が生きたと語る一方、予想外の出来事を挙げた。

/tt/news/2101/26/news07.jpg
ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【前編】

ITリーダーは「コロナ禍で生まれた新たな顧客ニーズ」にどう応えればよいのか?

新型コロナウイルス感染症の問題が続く中で、顧客ニーズが大きく変化している。こうした中、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業のITリーダーが直面する課題とその解決策は。

/tt/news/2101/20/news12.jpg
バイデン政権下で巨大IT企業はどうなる【前編】

バイデン政権誕生で「GAFAの解体」が進むのか?

反トラスト政策を支持する勢力は、バイデン政権が反トラスト関連の訴訟や法制化を進めると予想する。本当にそうなのか。

/tt/news/2101/19/news02.jpg
プライバシー保護にAIを生かす【第4回】

AI×データプライバシーが実現する「異常検出」「応対自動化」「消費者知識の強化」とは

データプライバシー管理に関わる業務を効率化し得るのがAI技術だ。どのような用途があるのか。

/tt/news/2101/18/news09.jpg
Boseのサプライチェーン強化【前編】

音響大手Boseが「サプライチェーン強化」を決意した理由 東日本大震災が契機

2011年に発生した東日本大震災やタイの洪水は、音響メーカーBoseのサプライチェーンに混乱を引き起こした。同社はこの時に得た教訓を、新型コロナウイルス感染症のリスクと混乱への備えに役立てている。

/tt/news/2101/16/news01.jpg
「システム障害」の切り抜け方【後編】

システム障害にいら立つユーザーがほっとする“魔法の言葉”

システム障害に直面したユーザーは、そのいら立ちをヘルプデスクにぶつけてしまうことがある。IT部門のヘルプデスクは、苦情をどう受け止め、どのように対処すればよいのか。

/tt/news/2101/14/news02.jpg
データプライバシー管理に「AI」を生かす【第3回】

AI×データプライバシーの主な用途「データ特定」「フェデレーテッドラーニング」とは?

データプロフェッショナルの労力削減につながるAIデータプライバシーツールは、多くの点で企業に恩恵をもたらす。本稿ではこの技術の用途について解説する。

/tt/news/2101/12/news09.jpg
SlackのCEOいわく「ソフトウェア史上最も戦略的な組み合わせ」

SalesforceのSlack買収は「Teams」打倒の決定打か、“Chatterの失敗”の再来か

SalesforceがSlack Technologiesを買収したことで、「Microsoft Teams」に対する「Slack」の競争力が強まる可能性があるとアナリストは予想する。ただしSalesforceにとっては、買収は常に成功だったとは限らない。

/tt/news/2101/10/news01.jpg
「システム障害」の切り抜け方【前編】

「サーバがダウンしました」をうまく伝える方法

システム障害を解決するスピードよりも、IT部門がそれをどう説明するかの方が、ユーザーにとって大きな意味を持つことがある。障害発生時にユーザーをいら立たせない「優れた謝罪」のこつは。

/tt/news/2101/08/news03.jpg
オフィス勤務再開を支える3つの音声認識技術【後編】

スマートスピーカー、声紋認証、STTとは? コロナ禍出社に役立つ音声認識技術

「接触回避」と「清潔管理」は、コロナ禍のオフィス勤務で特に気を付ける必要がある。これらの課題の解決に役立つのが「音声認識技術」だ。主要な技術を紹介する。

/tt/news/2101/07/news04.jpg
データプライバシー管理に「AI」を生かす【第2回】

データプライバシー管理に「AI」を使うなら無視できない課題とは?

データプライバシー管理にAI技術を利用すれば、業務の労力削減が期待できる。ただし過度な期待は禁物だとの声もある。どういうことなのか。

/tt/news/2101/07/news01.jpg
事例で学ぶスキル向上と再教育の意義【後編】

社員を第一に考えない会社が「DX」を語るな――シュナイダーが考えるDXの進め方

DX推進は競合他社との戦いに必要だ――こうした考え方は間違いではないが、より重要な視点を見落としてはいないか。重電メーカーSchneider Electricが重視するのが「従業員ファースト」の視点だ。

/tt/news/2010/30/news02.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

「テレワーク急増でExcelツールが使いにくくなった」らどうする?

コロナ禍をきっかけに社内のVPNやVDIがつながりにくくなり、それまで社内のファイルサーバで共有していたExcelツールの使い勝手も悪くなる問題が浮上しています。どのような解決策があるのでしょうか。