「AIチップはどう進化するのか」を決めるのはムーアの法則じゃない"あの法則"半導体ベンダーAMDのAI戦略【後編】

AI技術用の半導体製品は、これからどう進化するのか。半導体の進化をけん引してきたムーアの法則は、今後の半導体の進化にも当てはまるのか。AMDのCTOに聞いた。

2024年03月19日 07時30分 公開
[Pratima HarigunaniTechTarget]

関連キーワード

AMD | 人工知能 | CPU


 人工知能(AI)技術の活用拡大を支援するための半導体製品の開発に注力するプロセッサベンダーAdvanced Micro Devices(AMD)。同社の最高技術責任者(CTO)マーク・ペーパーマスター氏は、AI分野の技術動向をどう見ているのか。

 「18カ月で半導体のトランジスタ集積数が2倍になる」という“ムーアの法則”が半導体製品の進化をけん引してきた。今後はどうなるのか。進化の展望をペーパーマスター氏に聞いた。

ムーアの法則なんかじゃない 「AIチップ」が当てはまるのは"あの法則"

―― ムーアの法則は、AIチップ(AI関連の演算を担う半導体)に適用されるのでしょうか。

ペーパーマスター氏 AI技術の性能はムーアの法則よりも、アーキテクチャの改善やハードウェアとソフトウェアを協調させる設計に大きく左右されると見ている。AIチップにむしろ当てはまるのは「ファントホッフの法則」だ。ファントホッフの法則は、標準がいかに拡張できる設計を可能にするかを示しているものだ。現在、AIチップの標準は事実上、AI技術を開発するベンダーが決めている。標準から大きく離れれば、拡張性が阻害されることになるだろう。

―― AIチップは「クーメイの法則」(コンピュータのエネルギー効率が18カ月で倍増)の影響をどれくらい受けるのでしょうか。

ペーパーマスター氏 クーメイの法則は、ムーアの法則と相関するエネルギー効率向上の経験的観察だった。先に述べたように、AI技術の性能はムーアの法則だけではカバーできない要素に左右される。そのため、クーメイの法則も当てはめにくいと考えている。

―― 技術革新の一つとして、インターコネクト規格「Universal Chiplet Interconnect Express」(UCIe)があります。UCIeの可能性をどう捉えていますか。

ペーパーマスター氏 UCIeは、異なる種類のコンピュートエンジンやアクセラレーターを相互接続し、システムのイノベーションを実現するための重要な要素だ。UCIeによって、システムの性能、コスト、電力効率の最適化を図れる。AI技術の進化はIT業界全体に大きな成長機会をもたらす。しかし、コストがかさむことがネックだ。UCIeを活用すれば、AI技術を利用する際のコスト削減につなげられる。

―― AI技術の進化は、人間の脳の構造を模す技術「ニューロモルフィックコンピューティング」について、どのように進んでいますか。

ペーパーマスター氏 AMDはAI戦略の一環として、ニューロモルフィックコンピューティングの実証実験に注力している。現在、ニューロモルフィックコンピューティング用のGPU(画像処理装置)や小型AIチップの開発を進めているところだ。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。